怪力とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 強い力 > 怪力の意味・解説 

かい‐りき〔クワイ‐〕【怪力】

並外れ強い力。不思議な力、または、働き。「怪力無双


怪力

作者泉鏡花

収載図書新編 泉鏡花集 第10東北
出版社岩波書店
刊行年月2004.4


怪力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/04 09:40 UTC 版)

怪力(かいりき、かいりょく)とは、人並み外れた素晴らしい筋力、腕力をいう言葉。通常は男性のみに使用される語であるが、力の強い女性のことをしばしば怪力女と称することがある。『古今著聞集』(鎌倉後期成立)では、力女(りきにょ)という語も用いられている。また、「火事場のバカ力」というような語句も使われる(生命の危機等に発揮される力は、戦うか逃げるか反応を参照の事)。


  1. ^ 黄泉国の追手から逃れる際、千引石(ちびきのいわ、神名を道反大神)という千人でやっと動かせる石を動かし、道を塞いだ。少なくとも千人力ということになる。
  2. ^ ミオスタチンの欠如が、筋肉肥大症例の一因とされ、詳細は解明されていない部分も多いとされる(人以外の動物でも症例は確認されている)。人為的な実験として、遺伝子ノックアウトも参照。
  3. ^ 『雑学 実用知識 特装版』 三省堂企画編修部 編 第6刷1991年(1988年) p.269
  4. ^ 同『雑学 実用知識 特装版』
  5. ^ 過剰な表現ではあるが、これは先祖の勲功と威厳を高めるために、弥二郎左衛門という武者を強大な相手に設定したものとみられる。
  6. ^ 出典:首掛け石 - 【熊本城公式ホームページ】
  7. ^ 熊本ミステリー紀行2:20トンの怪力男は実在したか!? - ライブドアブログ
  8. ^ 別冊宝島904 「鬼平犯科帳」盗賊のすべて 全ストーリー・登場人物・盗賊を徹底解析! 2003年 宝島社 ISBN 4-7966-3684-6 p.54より
  9. ^ 巴の怪力話は、その子和田義秀の怪力を説明付ける為に足されたという見解もある(細川涼一『平家物語の女たち 大力・尼・白拍子』講談社現代新書 p.28)。つまり、母の怪力が遺伝したという解釈である。日本には、女性が男性に怪力を伝える伝説があり、細川は上述書でそれとの関連を指摘する。
  10. ^ 近代以降の典拠として、細川涼一『平家物語の女たち 大力・尼・白拍子』講談社現代新書 p.42、興津要『江戸小咄女百態』旺文社文庫 pp.160-163に記述がある
  11. ^ 近代以降の典拠として、『平家物語の女たち 大力・尼・白拍子』 p.42、『江戸小咄女百態』pp.164に記述がある
  12. ^ 例として、『吾妻鑑』、『今昔物語集』がある。





怪力と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「怪力」の関連用語

怪力のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



怪力のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの怪力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS