泉鏡花とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 泉鏡花の意味・解説 

いずみ‐きょうか〔いづみキヤウクワ〕【泉鏡花】


泉鏡花 いずみ きょうか

明治6年11月4日昭和14年9月7日(1873~1939

石川生まれ小説家北陸英和学校中退明治15年(1882)10歳で母を失うが、亡母への思慕後の作風に強い影響与えた23年1890上京し、翌24年(1891)尾崎紅葉入門28年(1895)『文芸倶楽部』に「夜行巡査」、「外科室」を発表観念小説称され脚光を浴びる。「照葉狂言」(1900以降は浪漫主義作風転じ幻想的な作品発表した代表作は「高野聖」(1900)、「婦系図」(1907)、「歌行燈」(1910)など。谷崎潤一郎川端康成三島由紀夫多くの作家影響与えた昭和12年(1937)帝国芸術院会員

キーワード 文学者
号・別称 鏡太郎(きょうたろう)
著作等近代デジタルライブラリー収載
  1. 活人形 / 泉鏡花著 春陽堂, 明26.5 (探偵小説 ; 第11集) <YDM92848>
  2. なにがし / 尾崎紅葉, 泉鏡花著 春陽堂, 明28.4 <YDM94764>
  3. 冠弥左衛門 / 泉鏡花著 田中宋栄堂, 明29.10 <YDM93382>
  4. 錦帯記 / 泉鏡花著 春陽堂, 明32.2 <YDM93495>
  5. 湯島詣 / 泉鏡花著 春陽堂, 明32.11 <YDM95665>
  6. 照葉狂言 / 泉鏡花著 春陽堂, 明33.4 <YDM94610>
  7. 通夜物語 / 泉鏡花著 春陽堂, 明34.4 <YDM301738>
  8. 仇浪 / 尾崎紅葉文禄堂, 明34.6 <YDM92789>
  9. 三枚続 / 泉鏡花著 春陽堂, 明35.1 <YDM93900>
  10. 伊勢之巻 / 泉鏡花著 春陽堂, 明38.10 <YDM92871>
  11. 風流線. [1], [2] / 泉鏡花著 春陽堂, 明37, 38 <YDM95174>
  12. 愛火 / 泉鏡花(鏡太郎)著 春陽堂, 明39.12 <YDM92727>
  13. 誓之巻 / 泉鏡花著 日高有倫堂, 明39.1 <YDM94456>
  14. 七本桜 / 泉鏡花著 日高有倫堂, 明39.6 <YDM94762>
  15. 無憂樹 / 泉鏡花著 日高有倫堂, 明39.6 <YDM95500>
  16. 深川染. [1], [2] / 泉斜汀(豊春)著 ; 泉鏡花補 春陽堂, 明40.5 <YDM95179>
  17. 婦系図 後編 / 泉鏡花著 春陽堂, 明41.6 <YDM93137>
  18. 草迷宮 / 泉鏡花著 春陽堂, 明41.1 <YDM93520>
  19. 沈鐘 / ハウプトマン著 ; 戸張竹風, 泉鏡花訳 春陽堂, 明41.9 <YDM101208>
  20. 鏡花小品 / 泉鏡花著 隆文館, 明42.9 (小品叢書 ; 第5編) <YDM96022>
  21. 春宵読本 / 泉鏡花著 文泉堂, 明42.5 <YDM96103>
  22. 神鑿 / 泉鏡花著 文泉堂, 明42.9 <YDM94131>
  23. 柳筥 / 泉鏡花著 春陽堂, 明42.4 <YDM95592>
  24. 活人形 / 泉鏡花(白水郎)著 春陽堂, 明43.9 (探偵文庫 ; 第7編) <YDM92849>
  25. 白鷺 / 泉鏡花著 春陽堂, 明43.2 <YDM205196>
  26. 鏡花叢書 / 泉鏡花著 博文館, 明44.4 (名家小説文庫 ; 第10編) <YDM93448>
  27. 銀鈴集 / 泉鏡花著 隆文館, 明44.10 <YDM93504>
  28. 三味線堀 / 泉鏡花著 籾山書店, 明44.1 <YDM93981>
  29. 歌行燈 / 泉鏡花著 春陽堂, 明45.1 (現代文叢書 ; 第7編) <YDM92963>
  30. 鏡花集 第1-4巻. [1], [2], [3], [4] / 泉鏡花著 春陽堂, 明43-大1 <YDM93447>
  31. 国貞画く / 泉鏡花著 春陽堂, 明45.4 <YDM93530>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

泉鏡花

泉鏡花の俳句

わが恋は人とる沼の花菖蒲
打ちみだれ片乳白き砧かな
母こひし夕山桜峰の松
結綿に蓑きて白し雪女郎
雲の峰石伐る斧の光かな
 

泉鏡花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/08 06:03 UTC 版)

泉 鏡花(いずみ きょうか、本名:泉 鏡太郎(いずみ きょうたろう)[1]1873年明治6年)11月4日 - 1939年昭和14年)9月7日)は、日本小説家。明治後期から昭和初期にかけて活躍した。小説のほか、戯曲俳句も手がけた。


  1. ^ 上田正昭ほか監修 著、三省堂編修所 編 『コンサイス日本人名事典 第5版』三省堂、2009年、107頁。 
  2. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)31頁
  3. ^ a b c d e f 小村雪岱「泉鏡花先生のこと」『日本橋檜物町』平凡社ライブラリー、2006年
  4. ^ 吉田昌志編『鏡花随筆集』(岩波文庫、2013年)。詳細な注を付け全五五篇を収録、編者は泉鏡花研究会幹事・昭和女子大学教授。



泉鏡花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 10:16 UTC 版)

神秘家列伝」の記事における「泉鏡花」の解説

2003年、「怪」vol.0015 明治6年生まれた「泉鏡花」は尾崎紅葉小説感銘を受け小説家志すようになり、18歳時に弟子入り果たす。その後夜行巡査」「外科室」が好評博し一躍新進作家となり、多くの作品執筆一方で鏡花異常な程の潔癖症であり、怖がり雷恐怖症でもあったが、化物幽霊大好きで多くの怪奇小説発表する

※この「泉鏡花」の解説は、「神秘家列伝」の解説の一部です。
「泉鏡花」を含む「神秘家列伝」の記事については、「神秘家列伝」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「泉鏡花」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



泉鏡花と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「泉鏡花」の関連用語

泉鏡花のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



泉鏡花のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2023 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2023 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの泉鏡花 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの神秘家列伝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS