文芸倶楽部とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 出版物 > 雑誌 > 日本の文芸雑誌 > 文芸倶楽部の意味・解説 

ぶんげいクラブ 【文芸俱楽部】

文芸雑誌。1895(明治28)~1933年昭和8)博文館発行石橋思案らの編集既成大家作品をそろえて、商業文芸誌として発足花袋鏡花一葉新進作品掲載して一時代を画したが、次第大衆雑誌化した。

文芸倶楽部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/14 03:55 UTC 版)

文芸倶楽部(ぶんげいくらぶ)は、1895年明治28年)1月から1933年昭和8年)1月まで、博文館が出版した文芸雑誌純文学誌として出発したが、大正期以降、大衆化した。




  1. ^ 永井荷風『書かでもの記 三』(1918)
  2. ^ 木村毅:『文芸東西南北』、平凡社 東洋文庫625(1997)P.35)


「文芸倶楽部」の続きの解説一覧



文芸倶楽部と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「文芸倶楽部」の関連用語

文芸倶楽部のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



文芸倶楽部のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの文芸倶楽部 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS