岡本綺堂とは?

岡本綺堂

読み方おかもと きどう

劇作家劇評家。東京生。本名敬二、初号は狂綺堂別号に甲字楼主人。『修禅寺物語』が出世作となる。主として市川左団次のために脚本を書く。大衆小説半七捕物帳』は有名。芸術院会員昭和14年(1939)歿、68才。

岡本綺堂(おかもと・きどう)

本名岡本敬二。1872年(明5)、東京芝高輪生まれ。別名甲字楼主人。父の敬之助は奥州二本松藩士の三男生まれたが、のちに徳川幕府御家人養子となり、神奈川奉行所務める。明治維新の際は佐幕派に属し、奥州転戦英国商人元に潜伏したこともある。明治後は語学力を買われ、英国大使館勤務綺堂語学力このような影響下で培われる
父が九代市川団十郎親交があった関係で、戯作発表
1890年(明23)、東京日日新聞社編集校正見習として入社し、狂綺堂名義劇評執筆
1891年(明24)、「東京日日新聞」に小説高松城」を発表
1893年(明26)、中央新聞社移り以降1913年(大2)まで絵入日報社、東京新聞社やまと新聞社など新聞社転々とする。
1896年(明29)、「歌舞伎新報」に「紫宸殿」を発表
1902年(明35)、岡鬼太郎合作により、狂綺堂名義で「金鯱噂高浪」を発表
1911年(明44)、狂綺堂名義で、二代目市川左団次のために「修善寺物語」を発表以降、「番町皿屋敷」など新歌舞伎創造河竹黙阿弥以後、もっとも優れた劇作家と称された。
ドイル影響を受け、1917年(大6)、「文芸倶楽部」に「半七捕物帳」(最初は「江戸探偵名話」。ついで「半七聞書帳」)の第一作「お文の魂」を発表以降、「半七捕物帳」は1936年(昭11)まで、「新青年」「週刊朝日」「サンデー毎日」「写真報知」「講談倶楽部」に発表ちなみに捕物帳」という言葉綺堂創造したもの
1930年(昭5)、自ら監修する戯曲誌「舞台」を創刊
1937年(昭12)、帝国芸術院会員となる。
1939年(昭14)、肺浸潤により死去



岡本綺堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/07 13:45 UTC 版)

岡本綺堂(おかもと きどう、1872年11月15日明治5年10月15日) - 1939年昭和14年)3月1日) は、小説家劇作家。本名は岡本 敬二(おかもと けいじ)。別号に狂綺堂、鬼菫、甲字楼など。著名な作品は、新歌舞伎の作者及び「半七捕物帳」などがある。


  1. ^ a b c d e f 岡本綺堂 『中国怪奇小説集』 光文社時代小説文庫 解説岡本経一(1938年『月旦』誌)、1994年、340-348頁。
  2. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)67頁


「岡本綺堂」の続きの解説一覧





岡本綺堂と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「岡本綺堂」の関連用語

岡本綺堂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

密室

宝石

新青年

黒猫

シュピオ

探偵倶楽部

探偵春秋

探偵文学





岡本綺堂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2018 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岡本綺堂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS