川上音二郎とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 芸能 > 俳優 > 川上音二郎の意味・解説 

かわかみおとじろう かはかみおとじらう 【川上音二郎】 ○

1864~1911俳優博多の人。自由民権思想鼓吹したオッペケペ節を大阪寄席で唄い人気を得る。1891年明治24書生芝居組織して、のちの新派劇基礎をつくった。妻の貞奴さだやつことともに欧米巡業東京川上座、大阪帝国座建設

川上音二郎 かわかみ おとじろう

川上音二郎の肖像 その1
元治元年1月1日明治44年11月11日(1864~1911)

福岡生まれ俳優14歳上京放浪生活の末、自由党壮士となり自由童子を名のる。自由民権運動対す取締りが厳しくなると大阪落語家桂文之助入門し、浮世○○名のり時事風刺したオッペケペ節で人気を得た。明治24年(1891)川上書生芝居旗揚げし、26年(1893)渡仏翌年帰国戦争劇「壮絶快絶日清戦争」で大成功をおさめ、新派劇発展基礎固めた。29年(1896)神田川上座を開場32年(1899)女優で妻の貞奴とともに一座組織して欧米巡業し、帰国翻訳劇を上演した。のち俳優引退興行師となった。

キーワード 芸術家
号・別称
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 俳優泣せ松操藤の仇浪 / 川上音二郎(歎)著 岡安平九郎, 明24.12 <YDM88919>
  2. 薔薇の花 / 川上音二郎口演 ; 山田都一速記 駸々堂, 明26.11 (講談速記 ; 第4集) <YDM98017>
  3. 自由の妹と背 / 川上音二郎口演 ; 丸山次郎速記 駸々堂, 明27.8 <YDM98014>
  4. 川上音二郎欧米漫遊記 / 金尾種次郎著 金尾文淵堂, 明34.2 <YDM74804>
  5. 川上音二郎貞奴漫遊記 / 金尾種次郎著 金尾文淵堂, 明34.4 <YDM74805>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

川上音二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/17 22:30 UTC 版)

川上 音二郎(かわかみ おとじろう、1864年2月8日文久4年1月1日) - 1911年11月11日)は、筑前黒田藩(福岡藩)出身の「オッペケペー節」で一世を風靡した興行師芸術家新派劇の創始者。川上の始めた書生芝居、壮士芝居はやがて新派となり、旧劇(歌舞伎)をしのぐ人気を博した。「新派劇の父」と称される。




[ヘルプ]
  1. ^ なにわ人物伝 -光彩を放つ-川上 音二郎 ―かわかみ おとじろう―
  2. ^ 鑑札はにわか師として取られた事が倉田喜弘の調査で判明している
  3. ^ JAPANESE ACTORS IN CHICAGO The New York Times October 15, 1899
  4. ^ JAPANESE PLAYS IN BOSTONThe New York Times December 06, 1899
  5. ^ The Sapho Affair [リンク切れ]American Experience
  6. ^ 『自伝・音二郎貞奴』三一書房
  7. ^ 長岡祥三「日本協会の創立者アーサー・ディオシー (PDF) 」 、『英学史研究』第29号、1996年2016年3月3日閲覧。
  8. ^ 川上音二郎没す 明治44年11月12日東京朝日新聞『新聞集成明治編年史. 第十四卷』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  9. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)97頁
  10. ^ 対談「川上音二郎」地方史研究家・柳猛直 昭和56年3月
  11. ^ 美術館について 茅ヶ崎市美術館


「川上音二郎」の続きの解説一覧



川上音二郎と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「川上音二郎」の関連用語

川上音二郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



川上音二郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2019 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの川上音二郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS