宮崎滔天とは?

みやざきとうてん-たうてん 【宮崎滔天】 ○

1871~1922中国革命援助者。熊本県生まれ本名は寅来日中の孫文らと交わり中国革命同盟会結成援助辛亥革命中国渡り革命運動支援した。著「三十三年之夢」「革命評論」ほか。

宮崎滔天 みやざき とうてん

宮崎滔天の肖像 その1
明治3年12月3日大正11年12月6日(1871~1922)

熊本生まれ革命運動家。兄に民権運動家の八郎社会運動家の民がいる。徳富蘇峰大江義塾東京専門学校などに学ぶ。明治20年(1887)キリスト教入信したが2年棄教アジア革命実践目指す30年(1897)孫文知り合い以後その革命運動の重要な支援者となる。33年(1900)の恵州蜂起失敗後一時浪花節語りとなり孫文革命精神紹介38年(1905)孫文らと東京中国同盟会結成終生中国革命派を支援した。

キーワード その他
号・別称 (寅)(とらぞう)
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 狂人譚 / 宮崎滔天(寅)著 国光書房, 明35.9 <YDM93461>
  2. 三十三年の夢 / 宮崎滔天著 国光書房, 明35.8 <YDM7401>
  3. 近世名士譚 / 伊藤仁太郎(痴遊)著 忠文舎, 明41.6 <YDM4284>
  4. 支那革命軍談 / 宮崎滔天述 ; 高瀬魁介編 明治出版社, 明45.1 <YDM3089>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

宮崎滔天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/08 23:00 UTC 版)

宮崎 滔天(みやざき とうてん、明治3年12月3日1871年1月23日) - 大正11年(1922年12月6日)は、日本孫文達を支援して、辛亥革命を支えた革命家、および浪曲師。欧州に侵略されているアジアを救うには、アジア文明の中心である中国の独立と中国民衆の自由が先決であり、それが世界平和に繋がるという信念のもと[1]大陸浪人として活躍した。本名は寅蔵(もしくは虎蔵)。白浪庵滔天と号した。浪曲師としての名前は桃中軒 牛右衛門(とうちゅうけん うしえもん)。桃中軒雲右衛門の浪曲台本も書いた[2]




[ヘルプ]
  1. ^ 大陸浪人とアジア主義―宮崎滔天を例としてGrégoire SASTRE, 大学院教育改革支援プログラム「日本文化研究の国際的情報伝達スキルの育成」活動報告書、2009-03-31
  2. ^ 『現代政界の黒幕を語る』伊佐秀雄 [著] (今日の問題社, 1938)
  3. ^ a b c 文学と革命と恋愛と哲学と : 一冊の本の源流を尋ねて藤田美実、立正大学文学部論叢 80,1984
  4. ^ 村嶋英治 (2017). “1890年代に於ける岩本千綱の冒険的タイ事業(中)”. アジア太平洋討究 29号: 172. 
  5. ^ 早稲田大学リポジトリ”. 2018年4月9日閲覧。
  6. ^ その一つに中村弥六による布引丸事件がある。


「宮崎滔天」の続きの解説一覧





宮崎滔天と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「宮崎滔天」の関連用語

宮崎滔天のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

寺内正毅

榊原鍵吉

小山内薫

江頭安太郎

沢辺琢磨

田中義一

南部次郎

豊田佐吉





宮崎滔天のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2018 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宮崎滔天 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS