12月6日とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 12月6日の意味・解説 

12月6日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/20 09:37 UTC 版)

12月6日(じゅうにがつむいか)は、グレゴリオ暦で年始から340日目(閏年では341日目)にあたり、年末まであと25日ある。




  1. ^ “仙台市の地下鉄東西線が開業 沿線開発で震災復興”. 日本経済新聞. (2015年12月6日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK06H04_W5A201C1000000/ 2015年12月6日閲覧。 
  2. ^ NHK受信料制度「合憲」 最高裁が初判断 携帯視聴では論点残る”. 産経ニュース. 産経新聞社 (2017年12月6日). 2017年12月6日閲覧。
  3. ^ 「はやぶさ2」カプセル全て発見、主要部分回収終了(sorae 2020年12月6日)
  4. ^ Joseph-Louis Gay-Lussac French scientist Encyclopædia Britannica
  5. ^ “宍戸錠さん死因は虚血性心疾患、本人希望すでに密葬”. 日刊スポーツ新聞社. (2020年1月23日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202001230000574.html 2020年11月5日閲覧。 
  6. ^ “重要なお知らせ” (プレスリリース), ZABADAK公式サイト, (2016年7月6日), http://www.zabadak.net/information/2016/0402_20160706_notice.html 2020年10月27日閲覧。 
  7. ^ コラムニスト勝谷誠彦さん、肝不全で死去 57歳 - 日刊スポーツ 2018年11月28日
  8. ^ “勝谷誠彦氏 28日未明に死去 公式ホームページが発表”. Sponichi Annex. (2018年11月28日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/11/28/kiji/20181128s00041000035000c.html 2020年12月23日閲覧。 
  9. ^ 島﨑信長. “島﨑信長(島崎信長)のプロフィール”. 信長の野望. 2020年10月30日閲覧。
  10. ^ Jean-Baptiste-Siméon Chardin French painter Encyclopædia Britannica
  11. ^ “海老一染之助さん、急性肺炎で死去 日本のお正月を彩り続けた傘回し芸”. 産経ニュース. (2017年12月7日). http://www.sankei.com/entertainments/news/171207/ent1712070004-n1.html 2021年2月22日閲覧。 
  12. ^ a b 赤松健『魔法先生ネギま!』2巻、講談社、2003年、118頁。ISBN 978-4-06-363276-7
  13. ^ 松江名俊『史上最強の弟子ケンイチ 公式ガイドブック 史上最強の秘伝書』小学館少年サンデーコミックス〉、2014年、132頁。ISBN 978-4-09-125016-2
  14. ^ 星野桂『D.Gray-man キャラクター ランキングブック キャラグレ!』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2011年、158頁。ISBN 978-4-08-870268-1
  15. ^ キャラクター”. TVアニメ『NEW GAME!』オフィシャルサイト. 2016年10月28日閲覧。
  16. ^ キャラクター”. TVアニメ「ハイスクール・フリート」公式サイト. 2016年4月11日閲覧。
  17. ^ 堂本裕貴『りぶねす』3巻、講談社講談社コミックス〉、2015年、138頁。ISBN 978-4-06-395542-2
  18. ^ ツバキ(CV:鈴木 亜理沙)|ラピスリライツ(ラピライ)公式サイト|KLabGames” (日本語). ラピスリライツ 〜この世界のアイドルは魔法が使える〜公式サイト. 2020年12月6日閲覧。


「12月6日」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「12月6日」の関連用語

12月6日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



12月6日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの12月6日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS