サンタクロースとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > サンタクロースの意味・解説 

サンタクロース

作者吉行淳之介

収載図書菓子祭夢の車輪
出版社講談社
刊行年月1993.12
シリーズ名講談社文芸文庫


サンタクロース

作者村岡英人

収載図書負け犬の生活
出版社新風舎
刊行年月2001.1
シリーズ名KAZE BOOKS


サンタクロース

作者ビートたけし

収載図書路に落ちてた月―ビートたけし童話集
出版社祥伝社
刊行年月2001.12


サンタクロース

作者森浩美

収載図書推定恋愛twoyears
出版社講談社
刊行年月2005.10
シリーズ名講談社文庫


サンタクロース

作者茂木周造

収載図書ダイアモンドグラス
出版社新風舎
刊行年月2006.9


サンタクロース

作者いのうええこ

収載図書読み語りおはなし十二月
出版社新風舎
刊行年月2007.8


サンタクロース

作者百田尚樹

収載図書聖夜の贈り物
出版社太田出版
刊行年月2007.11


サンタクロース

作者石黒

収載図書小論教師
出版社文芸社
刊行年月2008.10


サンタクロース

作者鈴木秀

収載図書妄想祭典ショート・ショート40
出版社文芸社
刊行年月2008.11


サンタクロース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/31 03:22 UTC 版)

サンタクロース: Santa Claus[注釈 1])は伝説上の人物で、赤い服を着て白い髯をはやした老人の姿で知られる[1][2]トナカイのひく空飛ぶそりに乗り、クリスマス・イヴに子供たちにプレゼントを配って回るとされるが、時代や地域によりサンタクロース像は異なる。子供が贈りものをもらうときは靴下をつるすという習慣がある[3]


注釈

  1. ^ 英語発音: [ˈsæntə klɔːz]

出典

  1. ^ 小学館「デジタル大辞泉」. “サンタクロース”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2021年12月23日閲覧。
  2. ^ 小学館「精選版 日本国語大辞典」. “サンタクロース”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2021年12月23日閲覧。
  3. ^ 遠藤紀勝・大塚光子『クリスマス小事典』現代教養文庫、1989年、152頁、ISBN 4-390-11317-8
  4. ^ デズモンド・モリス『クリスマス・ウォッチング』(扶桑社)「6 子どもたちはなぜクリスマスに靴下を吊るすのか?」。
  5. ^ トナカイの伝説もこれで定着した。以上の出典:デズモンド・モリス『クリスマス・ウォッチング』(扶桑社)「7 ファザー・クリスマスはなぜ煙突からやってくるのか?」
  6. ^ アト・ド・ヴリース 『イメージ・シンボル事典』
  7. ^ 『アイスランド 旅名人ブックス59』212頁。ISBN 9784861304439
  8. ^ 『アイスランド紀行 氷と火の島から』36頁。ISBN 9784779112812
  9. ^ 葛野浩昭 『サンタクロースの大旅行』80頁岩波新書 ISBN 978-4004305910
  10. ^ 『サンタクロースの大旅行』岩波新書72頁
  11. ^ Literary Sleuth Casts Doubt on the Authorship of an Iconic Christmas Poem, October 26, 2000。
  12. ^ 明治日本初のクリスマス、サンタクロースは殿様姿で登場した(堀井 憲一郎)|現代新書|講談社(2/4)、現代ビジネス、2016年10月2日。
  13. ^ 明治日本初のサンタクロースは殿様姿で登場した(堀井 憲一郎)|現代新書|講談社(3/4)、現代ビジネス、2016年10月2日。
  14. ^ “クリスマス いつから日本に定着した?”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2016年12月21日). http://www.news24.jp/sp/articles/2016/12/21/07349671.html 2019年11月30日閲覧。 
  15. ^ a b 『クリスマス~どうやって日本に定着したか』(クラウス・クラハト、克美・タテノクラハト、1999年角川書店ISBN 4-04-883598-X
  16. ^ “サンタクロースって何者?日本唯一「公認サンタ」に聞く”. 朝日新聞. (2019年12月16日). https://www.asahi.com/articles/ASMDJ3J1ZMDJUHBI00J.html 2022年2月5日閲覧。 
  17. ^ パラダイス山元著『サンタクロース、ライフ。』


「サンタクロース」の続きの解説一覧

サンタクロース(Santa Claus)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 01:27 UTC 版)

Hitman (2016年のゲーム)」の記事における「サンタクロース(Santa Claus)」の解説

ジングルベルと「ホーホーホー」という独特なとともに屋敷現れる男。

※この「サンタクロース(Santa Claus)」の解説は、「Hitman (2016年のゲーム)」の解説の一部です。
「サンタクロース(Santa Claus)」を含む「Hitman (2016年のゲーム)」の記事については、「Hitman (2016年のゲーム)」の概要を参照ください。


サンタクロース (Santa)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 08:53 UTC 版)

Fight of Gods」の記事における「サンタクロース (Santa)」の解説

クリスマスイブ子供たちのもとを訪れプレゼントを贈る伝説老人手に持つ大きな袋からプレゼント箱やクリスマスツリー取り出し攻撃用いる。

※この「サンタクロース (Santa)」の解説は、「Fight of Gods」の解説の一部です。
「サンタクロース (Santa)」を含む「Fight of Gods」の記事については、「Fight of Gods」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「サンタクロース」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「サンタクロース」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



サンタクロースと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サンタクロース」の関連用語

サンタクロースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サンタクロースのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサンタクロース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのHitman (2016年のゲーム) (改訂履歴)、Fight of Gods (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS