妄想とは? わかりやすく解説

ぼう‐そう〔バウサウ〕【妄想】

読み方:ぼうそう

[名](スル)もうそう(妄想)」に同じ。

昨日の―を憶出(おもいだ)して」〈二葉亭訳・片恋


もう‐そう〔マウサウ〕【妄想】

読み方:もうそう

[名](スル)古くは「もうぞう」とも》

根拠もなくあれこれと想像すること。また、その想像。「―にふける」「愛されていないと―してひとりで苦しむ」

仏語とらわれの心によって、真実でないものを真実である誤って考えることまた、その誤った考え妄念邪念

根拠のないありえない内容であるにもかかわらず確信をもち、事実論理によって訂正することができない主観的な信念現実検討能力障害による精神病症状として生じるが、気分障害薬物中毒等でもみられる内容により誇大妄想被害妄想などがある。


妄想

作者森鴎外

収載図書舞姫
出版社集英社
刊行年月1991.3
シリーズ名集英社文庫

収載図書鴎外全集 第8巻 小説・戯曲 8
出版社岩波書店
刊行年月1987.7

収載図書ちくま日本文学全集 025 森鴎外
出版社筑摩書房
刊行年月1992.2

収載図書灰燼 かのように森鴎外全集 3
出版社筑摩書房
刊行年月1995.8
シリーズ名ちくま文庫

収載図書森鴎外
出版社筑摩書房
刊行年月2000.10
シリーズ名明治文学

収載図書山椒大夫高瀬舟 77改版
出版社新潮社
刊行年月2006.6
シリーズ名新潮文庫

収載図書森鴎外
出版社筑摩書房
刊行年月2008.6
シリーズ名ちくま日本文学


妄想

作者ジェラール・ド・ネルヴァル

収載図書ふらんす幻想短篇精華集―冴えわた30華々
出版社透土社
刊行年月1990.8


妄想

作者北沢秀樹

収載図書文明盗賊
出版社新風舎
刊行年月1995.8


妄想

作者

収載図書フーコー短編小説傑作選 7
出版社フーコー
刊行年月2001.4


妄想

作者藤木稟

収載図書眠れない夜のための短編集
出版社新潮社
刊行年月2004.8


妄想

作者江戸美保

収載図書滅離辺流―しょーとしょーと
出版社まぐまぐ
刊行年月2006.2
シリーズ名まぐまぐ!文庫


妄想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/05 10:15 UTC 版)

医学分野における[注 1]妄想(もうそう)」(: delusion)とは、その文化において共有されない誤った確信のこと[2]。妄想を持つ本人はその考えが妄想であるとは認識できない(病識がない)場合が多い。精神医学用語であり、根拠が薄弱であるにもかかわらず、確信が異常に強固であるということや、経験検証説得によって訂正不能であるということ、内容が非現実的であるということが特徴とされている[3]


注釈

  1. ^ 日本語における「妄想」とは、1. 妄想(通用語:根拠なき想像)、2. 妄想(仏語:妄念、邪念)、3. 妄想(医学用語)[1]

出典

  1. ^ a b kb.
  2. ^ a b Kaplan, 井上 et al. (2016), Chapt.7.4.
  3. ^ a b 福島貴子、針間博彦 (2014年6月10日). “妄想”. 脳科学辞典. 脳科学辞典編集委員会. 2019年3月27日閲覧。
  4. ^ 内沼 (2007), pp. 3–4, (2) 二重見当識と急性期の妄想体.
  5. ^ GSM 2007 [要ページ番号]
  6. ^ Segal (2010), p. 299.
  7. ^ Segal (2010), p. 325.
  8. ^ 碓井真史妄想を持つ人との付き合い方:困っている人々を助けるために」『Yahoo!ニュースヤフー株式会社、2017年7月11日。2022年9月4日閲覧。
  9. ^ Segal 2010 [要ページ番号]
  10. ^ a b kb-Brit 誇大妄想.
  11. ^ 神経症(5) ~こころがもたらすからだの病気~ < 2005年3月号”. 特定非営利活動法人日本成人病予防協会 (JAPA) (2019年8月29日作成、同年10月17日更新). 2022年9月4日閲覧。
  12. ^ 丹羽亮平(院長)[1] (2017年9月12日). “幻覚・妄想の具体例および統合失調症について”. 名駅さこうメンタルクリニック. 2022年9月4日閲覧。 “その他、以下のものなどがあります。(...略...)宗教妄想:「自分は神の生まれ変わりだ」”
  13. ^ GSM 2007 [要ページ番号]
  14. ^ 高橋 (1986), p. 76.
  15. ^ シュタイナー & 衣笠 1997.
  16. ^ a b c d e f g kb小学国.
  17. ^ a b c d e f kb泉.
  18. ^ 今泉 (2008), p. 56.



妄想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 20:51 UTC 版)

化物語 ポータブル」の記事における「妄想」の解説

勝敗概念無くセリフBGM背景画自由に設定し会話劇のムービー作成するモードターン概念もないため、同じキャラクターに連続でセリフ喋らせることも可能。データ動画への変換行えるようになっている。ストーリーモードクリア後に解放されるモード

※この「妄想」の解説は、「化物語 ポータブル」の解説の一部です。
「妄想」を含む「化物語 ポータブル」の記事については、「化物語 ポータブル」の概要を参照ください。


妄想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 04:49 UTC 版)

小島慶子 キラ☆キラ」の記事における「妄想」の解説

キー局女性アナウンサーありながら異常にコンプレックス抱き続けている話が次々出てきて、おかしなことに意地張る赤坂駅降りるとき、隣の人を「大手広告代理店あたりでブイブイやっているいけ好かないヤツに違いない」と勝手に妄想して、「あんなヤツ負けるか」と、その人より早く改札出ようとする。 大木酒井若菜交際報道があったときは、「大木Fカップの人と付き合っていながら、私とスタジオにいるときは、こんなに胸の小さい女もいると心の中蔑んでいる」と、誰もそんなこと言っていないのに勝手に妄想して放送で激怒する。 店で西洋人男性客に「筑紫哲也思想尊敬している」と話しかけられただけで「あんたみたいな青い瞳かっこいい白人流暢な日本語でそんな話をすれば女はボーッとなると思ってるんでしょ。あんたの落とした女のリストに私を加えたでしょ。私は前に籠絡されない好きになってやるもんか」と心の中で叫ぶ。 セブン-イレブンnanaco支払うとき、意地でもnanacoと言わずピヨピヨと言う同僚への悪口組み合わされ場合も多い。岡村仁美に飴をあげたのに机上での袋の位置変わっていないため、実際は岡村が飴を食べていたにもかかわらず、人のあげたもの粗末にする人間だと一方的に恨んでいたなど。岡村には放送謝っていた。

※この「妄想」の解説は、「小島慶子 キラ☆キラ」の解説の一部です。
「妄想」を含む「小島慶子 キラ☆キラ」の記事については、「小島慶子 キラ☆キラ」の概要を参照ください。


妄想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/25 01:54 UTC 版)

トゥルーマン・ショー妄想」の記事における「妄想」の解説

詳細は「妄想」を参照 妄想(持続的な誤った確信)という症状は、器質的疾患がない限り精神疾患存在を示す。妄想の内容は(妄想を患う人物の想像力範囲内において)極めて多様だが、被害のようないくつかのテーマ特定されている。これらのテーマ特定の診断示唆するものとして重要視される例として被害妄想伝統的に精神病サイコシス)と関連づけられている

※この「妄想」の解説は、「トゥルーマン・ショー妄想」の解説の一部です。
「妄想」を含む「トゥルーマン・ショー妄想」の記事については、「トゥルーマン・ショー妄想」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「妄想」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

妄想

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 13:36 UTC 版)

表記

名詞

もうそう、稀:ぼうそう

  1. とりとめもなく思い浮かぶ現実離れした空想。またそのような空想ふけること。
  2. みだらな考え
  3. 精神疾患脳疾患薬物服用などが原因で、根拠のない判断基づい作り上げられ、他者からの訂正に対して容易くつがえることのない主観的信念
  4. もうぞう、もぞう)(仏教心の迷いによって真実でないものを真実である誤って考えること

発音(?)

も↗ーそー

動詞

活用

サ行変格活用
妄想-する

「妄想」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



妄想と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「妄想」の関連用語

妄想のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



妄想のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの妄想 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの化物語 ポータブル (改訂履歴)、小島慶子 キラ☆キラ (改訂履歴)、トゥルーマン・ショー妄想 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの妄想 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS