想とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 考え > の意味・解説 

そう〔サウ〕【想】

考え思いまた、芸術作品などの構想。「想をめぐらす」「作品の想を練る」

《(梵)saṁjñāの訳》仏語五蘊(ごうん)の一。対象の姿を心の中思い浮かべる表象作用


そう【想】

[音]ソウサウ)(呉) (慣) [訓]おもう

学習漢字3年

[一]ソウ

心に思い浮かべる。おもう。おもい。考え。「想起想像想定想念回想感想奇想空想懸想(けそう)・幻想思想随想発想瞑想(めいそう)・妄想予想理想連想

まだできていない作品などに関する具体的なイメージ。「楽想構想詩想

[二]〈ソ〉おもい。「愛想


そ【想】

⇒そう


そう サウ 【想】

〔名〕

かんがえ。おもい。思想

童子問(1707)上「子必想外耳目之所見聞

北村透谷(1934)〈唐木順三〉「想を無限の彼岸におくことは、それだけ強力に実を批判することに外ならない

② (梵 sa&msubdot;jñā の訳) 仏語五蘊(ごうん)の一つ外界対象感受した印象感覚に対して、その差別のすがたを取って知覚表象するはたらき想蘊

正法眼蔵123153法性「色・受・想・行・識にあらざるゆゑに法性なり」

芸術作品などの構想

*詩辨(1891)〈内田魯庵〉「美妙は詩に声調ありと説て声調起すの想(サウ)なるものあるを知らず


おも・う おもふ 【思・想・憶・懐】

〔他ワ五(ハ四)〕 何か具体的な考え感情を心にいだく。

① (はたから見た様子を示す語が上にあって) そういう顔つきをする。(気持を)顔に表わす

万葉(8C後)四・七二三小金門(をかなと)に 物悲しらに 念有(おもへり)し 吾(あ)が子の刀自(とじ)を」

(10C終)七九「わざと思ひ立ちて宮仕へに出で立ちたる人の、物憂がり、うるさげに思ひたる」

物事理解したり、感受したりするために心を働かす断定推量回想など種々の心の働きにいう。

(イ) あることについて、これこれだと考える。判断する。思慮する。

万葉(8C後)一五・三七七二「帰りける人きたれりといひしかばほとほと死にき君かと於毛比(オモヒ)て」

(ロ) そうだと深く信じこむまた、自信をもつ。

*竹取(9C末‐10C初)「世の中見えぬ皮衣のさまなれば、是をとおもひ給ひね」

平家13C前)四「われとおもはん人々寄りあへや」

(ハ) ある事の起こる前にその事について想像する。予想する。また、こうだろうと推量する。

万葉(8C後)五・九〇四「於毛波(オモハ)ぬに 横しま風にふふかに おほひ来ぬれば」

平家13C前)一〇「これまでくだるべしとは、かけてもおもはざりき」

(ニ) 過ぎてきたことをふりかえって心に浮かべる。回想する。追想する。

書紀720仁徳即位前・歌謡「苛(いら)なけく そこに於望比(オモヒ) 愛(かな)しけく ここに於望臂(オモヒ) い伐(き)らずそ来る 梓弓(あづさゆみ)(まゆみ)」

(ホ) 物事に対して自然にある感情をいだく。感慨をもよおす。感じる。

古事記(712)中・歌謡「道の後(しり) 古波陀嬢子(こはだをとめ)は 争はず 寝しくをしもぞ 愛(うるは)しみ意母布(オモフ)」

古今(905‐914)仮名序「目に見えぬ鬼神をもあはれとおもはせ」

③ ある対象に心を向ける。そちらへ強く心がひかれる

(イ) こうしたいと願う。希望する。こうしようと決心する。決意する。

古事記(712)中・歌謡「(ま)かむとは 吾(あれ)はすれど さ寝むとは 吾は意母閇(オモへ)ど」

(ロ) 物事心にとめる気にかけるまた、あれこれと心配する。心を悩ませる。

万葉(8C後)一七・三九六七「山峡(やまがひ)に咲けるをただ一目君に見せてば何をか於母波(オモハ)む」

平家13C前)三「是程国の恥をおもふ大臣上古にもいまだきかず」

(ハ) 慕わし感じる。恋しがる愛する。また、大切にする

万葉(8C後)一五・三七三八「於毛比(オモヒ)つつ寝(ぬ)ればかもとなぬばたまのひと夜もおちず夢(いめ)にし見ゆる」

[語誌](1)「面(おも)」に「ふ」を付け活用させたものとして、原義を「顔に現われる」の意とする説がある。また、一説に「重(おも)」に「ふ」を付け活用させたもので、何も考えない心の静かな状態に対して物を思う意識を「重い気分気持ということ表現したものだという。
(2)考える」は、「筋道立てて客観的判断する」という頭のはたらき表わすもので、それに達するまでの過程重点がある。一方、「思う」は思考感情具体内容重点がかかり、主観的感情的要素強くいっている。


行政入力情報

団体名称
所轄 長野県
主たる事務所所在地 上田市本郷589番地
従たる事務所所在地
代表者氏名 宮嶋 美穂
法人設立認証年月日 2011/05/18 
定款記載された目的
この法人は、障害者及びその家に対して障害者自立支援法に基づく各種事業障害者及びその家族の日常生活就労等についての支援に関する事業行い地域社会福祉増進を図り、もって広く公益寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療・福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

特定非営利活動法人想

行政入力情報

団体名称 特定非営利活動法人想
所轄 茨城県
主たる事務所所在地 土浦市富士崎一丁目1番13-1005号ダイヤパレス土浦
従たる事務所所在地
代表者氏名 紙谷 良則
法人設立認証年月日 2017/12/25 
定款記載された目的
この法人は、土浦市及び近隣市町村対象として、成年後見制度啓発利用促進を図る活動行い、さらに市民後見人として成年後見サービスの提供をもって判断能力低下した人たちの個人の尊厳自己決定権保持され、住み慣れた場所で安全に安心して暮らせる環境づくりと地域福祉充実した社会実現寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療・福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

特定非営利活動法人想

行政入力情報

団体名称 特定非営利活動法人想
所轄 新潟県
主たる事務所所在地 小千谷市本町2丁目5番10号レオパレススペクトラム210
従たる事務所所在地
代表者氏名 望月 博
法人設立認証年月日 2021/01/18 
定款記載された目的
この法人は、障害者および高齢者が住み慣れ地域自立した生活をいつまでも送れるように就労支援事業等を行うことによって社会進出社会復帰適正な福祉及び社会的理解の向上の実現寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療・福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/13 09:11 UTC 版)

(そう、サンスクリット語: saṃjñāパーリ語: saññā)とは、事物の形象を心の中に思い浮かべること[1]・表象作用[2]を意味する仏教用語。心に像を思い浮かべる作用や、心に浮かぶ像のこと[3]。例えば、眼をつむって「桜」というイメージを思い浮かべること[4]






「想」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2019/05/28 10:36 UTC 版)

発音

名詞

  1. そう考え構想
  2. そう (仏教) 事物形象思い浮かべること。表象作用五蘊ごうんのひとつ。

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



想と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「想」の関連用語

想のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



想のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2021 the Cabinet Office All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの想 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS