基準    とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 基準 > 基準    の意味・解説 

き‐じゅん【基準】


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/08 08:33 UTC 版)

基準(きじゅん)とは、行動判断の根拠となる数値である。何かを比較する時に用いる。




「基準」の続きの解説一覧

基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 00:46 UTC 版)

放射性同位体熱電気転換器」の記事における「基準」の解説

RTG用いられる放射性物質は、次のいくつかの特徴備え必要がある。 高いエネルギー放射生み出さなければならない崩壊当たりのエネルギー放出は、モル当たりのエネルギー生産比例する一般的にアルファ崩壊ではストロンチウム90またはセシウム137ベータ崩壊の約10倍のエネルギー生み出す放射は、容易に吸収され熱放射変換される形でなければならないアルファ放射好ましくベータ放射は、制動放射かなりの量のガンマ線X線放出しそのため防護壁厚くしなければならない同位体は、別の崩壊系列であっても多量のガンマ線中性子線その他の透過性放射線を出すものであってならない比較継続的に長期間エネルギーを放出するように、半減期長いもでなければならない。ある量での時間当たりのエネルギー放出量(仕事率)は、半減期反比例する半減期2倍崩壊当たりのエネルギーが同じ半導体は、モル当た半分仕事率しか産まないRTGによく使われる放射性同位体半減期数十年であるが、特定の目的のためには、さらに短い半減期同位体使われることもある。 宇宙飛行用には、質量体積当た多くの量の仕事率を産む燃料でなければならない大きさ制限がないならば、密度重量地球で使うにはそれほど問題にならない放射線エネルギー崩壊前後質量損失量が既知であれば、崩壊エネルギー計算できる

※この「基準」の解説は、「放射性同位体熱電気転換器」の解説の一部です。
「基準」を含む「放射性同位体熱電気転換器」の記事については、「放射性同位体熱電気転換器」の概要を参照ください。


基準(4)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 03:54 UTC 版)

文化遺産 (世界遺産)」の記事における「基準(4)」の解説

(4) 人類の歴史上重要な時代例証する建築様式建築物群、技術集積または景観優れた例。 基準(4)のみが適用され物件には、ルーゴローマ城壁スペイン)、レヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財スロバキア)、フォントネーのシトー会修道院フランス)、ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックルスイス)、クロンボー城デンマーク)、ペタヤヴェシの古い教会フィンランド)、バハラ城塞オマーン)、アブ・メナエジプト)、ビニャーレス渓谷キューバ)、グアラニーのイエズス会伝道所群(ブラジル・アルゼンチン)などがある。 クロンボー城 バハラ城塞 ビニャーレス渓谷

※この「基準(4)」の解説は、「文化遺産 (世界遺産)」の解説の一部です。
「基準(4)」を含む「文化遺産 (世界遺産)」の記事については、「文化遺産 (世界遺産)」の概要を参照ください。


基準(5)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 03:54 UTC 版)

文化遺産 (世界遺産)」の記事における「基準(5)」の解説

(5) ある文化(または複数文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続危ぶまれている人と環境関わりあい際立った例。 基準(5)のみが適用され物件には、クルシュー砂州ロシア / リトアニア)、マドリウ=ペラフィタ=クラロ渓谷アンドラ)、ホッローケーの古い村落その周辺ハンガリー)、ヴェーガ群島ノルウェー)、アシャンティの伝統的建築物群ガーナ)、オマーンの灌漑システム・アフラジオマーン)などがある。文化的景観はしばしばこの基準が適用されるマドリウ=ペラフィタ=クラロ渓谷 ヴェーガ群島 クルシュー砂州

※この「基準(5)」の解説は、「文化遺産 (世界遺産)」の解説の一部です。
「基準(5)」を含む「文化遺産 (世界遺産)」の記事については、「文化遺産 (世界遺産)」の概要を参照ください。


基準(6)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 03:54 UTC 版)

文化遺産 (世界遺産)」の記事における「基準(6)」の解説

(6) 顕著で普遍的な意義有する出来事現存する伝統思想信仰または芸術的文学的作品直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会考えている)。 基準 (6) のみが適用され登録されるのは、例外的なケースである。原爆ドーム日本)、ゴレ島セネガル)、アウシュヴィッツ強制収容所ポーランド)など、いわゆる負の世界遺産と考えられる遺産は、基準(6)のみの適用見られるこのほかリラ修道院ブルガリア)、独立記念館アメリカ合衆国)、ランス・オ・メドー国定史跡カナダ)、ヘッド-スマッシュト-イン・バッファロー・ジャンプカナダ)なども、(6) のみが適用されている。 原爆ドーム リラ修道院 独立記念館 ヘッド-スマッシュト-イン・バッファロー・ジャンプ 登録に当たっては複数の基準が適用されることが多くなかには4項目、5項目が適用されるケースもあるが、6項目全て適用され物件莫高窟中国)、泰山中国)、ヴェネツィアとその潟イタリア)の3件のみである(2015年第39回世界遺産委員会終了時点)。

※この「基準(6)」の解説は、「文化遺産 (世界遺産)」の解説の一部です。
「基準(6)」を含む「文化遺産 (世界遺産)」の記事については、「文化遺産 (世界遺産)」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 05:55 UTC 版)

マルコーニ賞」の記事における「基準」の解説

通信分野における重要な技術的貢献発明に加えて次の要素考慮される実用的な側面 起業家精神 人道主義

※この「基準」の解説は、「マルコーニ賞」の解説の一部です。
「基準」を含む「マルコーニ賞」の記事については、「マルコーニ賞」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 09:28 UTC 版)

撤回 (論文)」の記事における「基準」の解説

論文撤回するのは、その論文データ結論応用開発、あるいは研究利用するのが不適当だからであるこの場合論文捏造改竄重大な間違いがあることが多い。また研究倫理違反する文章盗用重複出版だと、研究公正の観点で論文撤回される。

※この「基準」の解説は、「撤回 (論文)」の解説の一部です。
「基準」を含む「撤回 (論文)」の記事については、「撤回 (論文)」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 01:52 UTC 版)

シーベルト」の記事における「基準」の解説

環境省では、放射性物質汚染対処特措法基づ汚染状況重点調査地域指定や、除染実施計画策定する地域要件を、毎時0.23 μSv以上(追加被ばく線量年間1 mSv)の地域であるとしている。また、福島第一原発事故避難基準年間20ミリシーベルトとしている。 避難の基準(比較チェルノブイリ原発事故東京電力福島第一原発事故1年目 100 mSv 1年目20 mSv 2年目 30 mSv 3・4 年25 mSv 5 年目 20 mSv 6 年目~ 5 mSv

※この「基準」の解説は、「シーベルト」の解説の一部です。
「基準」を含む「シーベルト」の記事については、「シーベルト」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 07:24 UTC 版)

ローズ奨学制度」の記事における「基準」の解説

セシル・ローズ遺言にて、奨学生選別に以下の4つの基準が示されていた。 執筆した論文学校で成績 スポーツ選手のように、ある一点集中して才能を発揮できるエネルギー 真実勇気義務への執着弱者への同情保護やさしさ無欲さ、友情 道徳重んじ周囲の人間興味を持っていること 遺言では本来、イギリス帝国アメリカ合衆国ドイツの学生奨学金与えることになっていた。公式にはこの3ヶ国選んだ理由は「3つの列強相互理解深まれば、戦争がなくなる」と考えたからとされている。なお、セシル・ローズ人種差別主義強く影響しているとする説もある。

※この「基準」の解説は、「ローズ奨学制度」の解説の一部です。
「基準」を含む「ローズ奨学制度」の記事については、「ローズ奨学制度」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/13 14:58 UTC 版)

ユーロリージョン」の記事における「基準」の解説

欧州国境地域協会 (The Association of European Border Regions) はユーロリージョン識別のために以下の基準を設けている。 国境どちらか一方地方および地域当局団体時に議会を含むこと。 議会事務局およびその資源使った技術的管理的チームともなった国境横断的団体であること。 私法性質持ちそれぞれの国の法律適合した国境いずれかの側にある非営利団体または財団基づくこと。 公法性質持ち、特に地域当局 (territirial authority) の参加取扱いつつ、国家間合意基づくこと。 ユーロリージョン国境横断的に運営され、その形式極めて多様であるので、用語「ユーロリージョンに対し単一の法的枠組み関連づけることは困難である

※この「基準」の解説は、「ユーロリージョン」の解説の一部です。
「基準」を含む「ユーロリージョン」の記事については、「ユーロリージョン」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/02 01:31 UTC 版)

四大毒蛇」の記事における「基準」の解説

インドには危険な毒蛇が多いが、上の4種は毒が強く人家近く農地など人との関わりが深い地域生息するため、咬まれる被害が多いという特徴がある。彼らが捕食するネズミなどは人間の居住地域繁殖しやすい。彼らは夜行性であり、多くの被害者夜間裸足で歩いて彼らを誤って踏みつけてしまい咬まれるに至る。 アマガサヘビカーペットバイパー近縁種多く生息するため、それらも一緒に含まれていることが多い。 なお、同じインド周辺生息し毒が強いキングコブラは、四大毒蛇には含まれない相対的に小さい種である四大毒蛇と比べてキングコブラ遥かに多くの毒を注入するが、キングコブラ比較臆病な性質持ちジャングル奥に住むため人間との接触少ない。またキングコブラ捕食するのは他のなどの爬虫類だけで、ネズミ飼育環境下など特殊な状況でない限り基本的に捕食しない。 インドでは四大毒蛇のために作られた血清開発されている。これは広く用いられており、四大毒蛇のどれに咬まれてもこの血清治療可能である

※この「基準」の解説は、「四大毒蛇」の解説の一部です。
「基準」を含む「四大毒蛇」の記事については、「四大毒蛇」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/13 15:17 UTC 版)

母体保護法指定医師」の記事における「基準」の解説

医師免許取得後5年以上経過し、かつ産婦人科診療研修3年以上受けるか日産科婦人科学専門医資格が必要とされている合わせて研修期間中に20以上の人工妊娠中絶手術又は流産手術実地指導受けた実績が必要。20例のうち人工妊娠中絶手術10例以上を占めることが必要。また、資格取得時までに必要とされる講習会出席することが求められる3年間の婦人科の研修施設としては年間120以上の分娩数と年間50以上の開腹手術腹腔鏡手術実施し、2名以上の母体保護法指定医師勤務し緊急対応出来施設であることが必要。主任指導医原則として日本産科婦人科学会専門医資格が必要。

※この「基準」の解説は、「母体保護法指定医師」の解説の一部です。
「基準」を含む「母体保護法指定医師」の記事については、「母体保護法指定医師」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 06:03 UTC 版)

貧困線」の記事における「基準」の解説

ロバート・アレンにより算出され最低限必要な年間生活費内訳貧困線2011年アメリカドルPPPベース)及び絶対貧困国名食費非食費(住居費除く)住居貧困線PPPドル/日)絶対貧困率(%)統計アフリカ ニジェール 446 192 39 1.85 42.56 2014 ジンバブエ 438 152 46 1.74 28.75 2017 ガンビア 323 159 49 1.45 4.07 2015 リベリア 799 306 63 3.20 72.56 2016 エジプト 789 276 100 3.19 25.85 2017 アルジェリア 766 259 88 3.05 3.11 2011 中国及び東南アジア 中国 454 339 81 2.39 1.55 2016 タイ 730 272 267 3.48 0.79 2017 インドネシア 736 298 154 3.25 25.20 2018 ミャンマー 643 511 53 3.31 21.30 2017 ベトナム 850 271 173 3.55 9.18 2018 南アジア インド 462 220 60 2.03 25.56 2011 バングラデシュ 439 208 34 1.87 13.88 2016 スリランカ 715 143 29 2.43 3.23 2016 中東 トルコ 412 232 118 2.09 0.26 2018 北米大陸 アメリカ 347 366 646 3.72 1.50 2016 メキシコ 346 135 250 2.00 1.96 2018 ヨーロッパ リトアニア 565 1062 59 4.62 2.86 2017 イギリス 210 429 635 3.49 0.34 2016 フランス 339 374 753 4.02 0.04 2017 食費1日当た2100カロリーで50gのタンパク質、34gの脂肪に加えて鉄分葉酸・チアミン・ナイアシン・ビタミンCとB12十分に摂取した食事の場合を想定した費用 非食費(住居費以外):気候気温によって異なる衣料光熱費は、極寒サンクトペテルブルク,1907-1908年時支出調査)と熱帯ボンベイ,1921-1922年支出調査)で最低限必要な数量調査し気温差に比例して最低限必要な数量算出した費用である。 住居費は1人当たり3m2の狭さを基準とした家賃絶対貧困率は、ロバート・アレンにより算出され貧困線の場合である。 絶対的貧困ぜったいてきひんこん)とは、食料衣服衛生住居について最低限要求基準により定義される貧困レベルである。1970年代に「人間基本的必要の充足」を開発の目的であるとしたロバート・マクナマラ総裁時代世界銀行用いられはじめた概念で低所得栄養不良不健康教育欠如など人間らしい活から程遠い状態を指す。この指標絶対的なものであるため、各々の国家文化・科学技術水準などに関係なく同じレベルでなければならないとされているこういった絶対的指標は、各個人の購買力だけに着目すべきであり、所得分布などの変化からは独立してなければならない絶対的貧困を示す具体的な指標は国や機関によって多様であるが、2000年代初頭には、1人あたり年間所得370ドル以下とする世界銀行の定義や、40歳未満死亡率医療サービス安全なへのアクセス率、5歳未満低体重児比率成人非識字率などを組み合わせた指標貧困測定する国際連合開発計画定義など代表的なものとされている国連ミレニアム宣言により制定された『ミレニアム開発目標』ではこうした世界絶対的貧困率2015年まで半減させることが明記された。 世界銀行は、2013年4月開催されIMFとの合同総会で、2030年までに極度の貧困1日1.25ドル未満)で生活する人の割合2030年までに3%まで減らし所得下位40%の人々所得引き上げ繁栄共有するという2つ目標を掲げた。更に、2015年10月国際貧困ライン2011年購買力平価PPPに基づき1日1.90ドル設定、これは年換算365日693.5ドル366日695.4ドル2015年10月以前は2008年2005年購買力平価に基づき設定された1日1.25ドル設定されていた、これは年換算365日456.25ドル366日457.5ドル)。 このように絶対的貧困は、一定の指標定め、その基準に沿って一律に定義されるしかしながらこうした貧困の定義に対しては、何が必要かをめぐる社会的文化的個別性や、ニーズ充足する手段獲得における社会内部で階層化(たとえばピーター・タウンゼント相対的剥奪という語で示そうとした状況)、そしてまた貧困状況もたらす社会構造に対する批判的視点必要ではないかとの批判存在するまた、別の批判1つに、貧しさとは、場所によって生存必要最低限条件変わること、そしてこれを満たさない状態を絶対的貧困であるとの見解ロバート・アレン示しているそのため、ロバート・アレンは、国によって異なる気候食生活反映させた貧困線定義した。そして、食費住居費・衣料光熱費などの食費以外を合算し必要最低限費用貧困線とした。 その結果、右の表より、それぞれの国で異な貧困線出てきた。この表では、大半の国の貧困線が、世界銀行定め1日1.9ドルPPPを超えている。そして、アメリカヨーロッパ諸国以外、食費比重多く逆にアメリカ・イギリス・フランスの先進諸国3国は、住居費の比重重かった。またアレン計算によれば低所得国貧困層消費最低限要件を満たす支出内容に似る一方高所得者消費肉類動物性脂肪多く差が大きい。 そして、世界絶対的貧困人口ロバート・アレン算出した貧困線の方が、世界銀行貧困線を使うよりも約5割多くなった。

※この「基準」の解説は、「貧困線」の解説の一部です。
「基準」を含む「貧困線」の記事については、「貧困線」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/02 13:21 UTC 版)

強装弾」の記事における「基準」の解説

アメリカ合衆国では、武器弾薬に関する基準は、SAAMI(英語版)(Sporting Arms and Ammunition Manufacturers' Institute)によって管理および公表されており、各口径標準内圧も、以前はCUP(en:Copper units of pressure)単位で、現在はPSI単位公表されている。いくつかの弾薬について、SAAMIは公式な+Pの圧力定めている。一般的に、+Pの圧力は、通常の弾薬圧力よりも約10%ほど高い(下の表も参照)。SAAMIは+P+の圧力について標準定めていないが、+P+は+Pロードよりも圧力が高いことを示すいずれの場合でも、プルーフ・テスト弾よりは圧力が低い。すべての銃は、販売前にプルーフ・テスト弾の発射耐えることが義務付けられている。プルーフ・プレッシャーは、SAAMIによって、動作時の圧力に対するパーセンテージとして定められており、これは+P+弾薬圧力を30-40%上回っている。比較として、マグナム口径は、その元になった弾薬のほとんど2倍圧力になるようにロードされることがある強装弾一般的には護身用弾薬で、コンパクトな銃から最大の威力を発揮する必要がある警察などによって使われるしたがって、ほとんどの強装弾ホローポイント弾か、ほかの形式拡張する(expanding)弾頭をもつ弾薬である。 「より高い圧力」は、「高い圧力」と同じではない通常+P弾は、一般的なマグナム弾よりも、はるかに低い圧力である。+Pの標準は、仮に誤って+P弾を+Pに対応していない銃で使用しても、銃の物理的な状態が良好ならば、一度で破裂してしまう危険を最小にできるような値に設定されている。しかし、+P弾対応していない銃で+P弾を何発も発射すると、あっという間に銃が故障してしまう。したがって、+P弾は、メーカーが+Pを使って安全だ指定した銃でだけ使うべきである。

※この「基準」の解説は、「強装弾」の解説の一部です。
「基準」を含む「強装弾」の記事については、「強装弾」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/04 07:37 UTC 版)

たこつぼ心筋症」の記事における「基準」の解説

日本循環器学会による診断基準 心尖部バルーニング呈する原因不明疾患で、左室は「たこつぼ」に類似する形態呈する多くの場合1 か月以内収縮常は軽快する。左室が主に傷害されるが、右室病変が及ぶこともある。左室流出狭窄呈することもある。脳血管疾患に伴いたこつぼ型心筋症類似の病態呈することもあるが、特発性たこつぼ型心筋症とは別個に取り扱う。 除外項目 冠動脈有意狭窄病変存在や冠攣縮冠動脈造影検査が必要) 脳血管疾患 褐色細胞腫 心筋炎

※この「基準」の解説は、「たこつぼ心筋症」の解説の一部です。
「基準」を含む「たこつぼ心筋症」の記事については、「たこつぼ心筋症」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/11 11:32 UTC 版)

縦と横」の記事における「基準」の解説

地球上で重力影響意識するときは、重力の働く方向を縦とし、それと直交する方向を横としている。これと同値なものとして、地球を球と見立てた時に中心から伸びる放射状全てのの方向が縦であり、球の円周接線を横であると定義するともできる基準となるものがないときは、人の両目を結ぶ方向を横とし、その軸線直交する方向を縦という。また円盤状銀河においては、その円盤回転する方向の面を横とし、その面と直交する方向を縦としている。

※この「基準」の解説は、「縦と横」の解説の一部です。
「基準」を含む「縦と横」の記事については、「縦と横」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 06:03 UTC 版)

親北」の記事における「基準」の解説

親北についての統一的な定義は存在しない。だが、2015年11月18日親北反国家行為者人名辞典朝鮮語版)(従北人名辞典)の出版発表された際に趙甲済は元北朝鮮工作員である金東植の証言から、親北該当する勢力の基準として下記の5つ絶対に批判しない主張している。 北朝鮮の最高指導者金日成金正日金正恩共産主義・社会主義国家における世襲 主体思想 北朝鮮独裁体制 北朝鮮国内人権侵害

※この「基準」の解説は、「親北」の解説の一部です。
「基準」を含む「親北」の記事については、「親北」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 05:22 UTC 版)

シニアカー」の記事における「基準」の解説

原動機用い身体障害者用の車いす」の法的要件は、道路交通法施行規則第1条の4によって 車体大きさは、次に掲げ長さ、幅及び高さを超えないこと。全長1,200mm 全幅700mm 全高1,200mm 車体構造は、次に掲げものであること。原動機として、電動機用いること。 最高速が6km/hを超えないこと。 歩行者危害を及ぼすおそれがある鋭利な突出部がないこと。 自動車又は原動機付自転車外観を通じて明確に識別することができること。 と定められており、これを満たす製品国家公安委員会型式認定を受けることもできるまた、JISでは当初電動車いす」内での扱いだったが、多発する事故対応して経済産業省2008年12月個別の基準を制定し、このとき「ハンドル電動車いす」という呼称採用された外観の特徴として、車輪大きな車椅子ではなく原動機付き自転車似たハンドルミラー備えているので、道路交通法上の車両一種誤解されやすい。

※この「基準」の解説は、「シニアカー」の解説の一部です。
「基準」を含む「シニアカー」の記事については、「シニアカー」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/21 09:14 UTC 版)

ペットボトルリサイクル推奨マーク」の記事における「基準」の解説

財団法人日本容器包装リサイクル協会経由ペットボトル容器再生加工されたプラスチックフレークペレットパウダー)を原料として製品の主要構成部材25%上使用されるものに限られ品質安全性において、関係法規、基準等に満たしている製品のみ定義される

※この「基準」の解説は、「ペットボトルリサイクル推奨マーク」の解説の一部です。
「基準」を含む「ペットボトルリサイクル推奨マーク」の記事については、「ペットボトルリサイクル推奨マーク」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/05 08:14 UTC 版)

フェアトレード・タウン」の記事における「基準」の解説

正式なガイドライン国際FLO (FLO International) に加盟しているいくつかのフェアトレード・タウン認証団体話し合い決定されものであるある町(あるいは地域)がフェアトレード実施していると認められるためには、次の5つの基準を満たさなければならない。 その町の議会フェアトレード実施する旨の決議出していること。また、議会付属する食堂出されるコーヒーは、フェアトレード製品使用すること。 少なくとも2種類フェアトレード製品入手できる小売店と、飲食できるカフェ等があること必要な小売店の数:人口1万人未の場合、2500人につき1店舗人口20万人未満の場合、5000人につき1店舗人口50万人未満の場合、1万人につき1店舗必要なカフェ等の数:人口1万人未の場合、5000人につき1店舗人口20万人未満の場合、1万人につき1店舗人口50万人未満の場合、2万人につき1店舗多数の者が利用するいくつかの施設で、フェアトレード製品使用されていること。例え不動産業者美容院教会学校など。 メディア報道使って住民活動への関心を高めること。 そのフェアトレード・タウン継続的に確実に維持するため、フェアトレード推進団体作ること

※この「基準」の解説は、「フェアトレード・タウン」の解説の一部です。
「基準」を含む「フェアトレード・タウン」の記事については、「フェアトレード・タウン」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/19 08:15 UTC 版)

危急種」の記事における「基準」の解説

IUCNでは、ある種が以下の5つ条件の内1つでも満たしていれば、危急種分類する3世以内、あるいは10年以内での個体数減少率が30%以上。 生息域分布域が250km2以下、あるいは10000km2以下(種の特長によって異なる)。 減り続けた個体数10000個体以下、あるいは10年(または3世代)で10%以上個体数減り続けた個体数1000個体以下。 100年後に絶滅している可能性10%日本の環境省定めたレッドデータブックには、IUCN危急相当するカテゴリーとして、絶滅危惧II類が定められている。ただし、種を絶滅危惧II類に選定する基準は、IUCN危急カテゴリと全く同じではないまた、絶滅危惧II類が採用される前の環境庁当時レッドデータブックでも「危急種」というカテゴリー採用されていた。

※この「基準」の解説は、「危急種」の解説の一部です。
「基準」を含む「危急種」の記事については、「危急種」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 19:54 UTC 版)

大量訂正 (論文)」の記事における「基準」の解説

実際の運用では研究の主旨結論抵触しない範囲大量訂正するという以外の明確な基準はなく、出版社裁量で決まっている出版規範委員会 (COPE) の論文訂正ガイドラインによると次の場合訂正すべきとしている。 わずかな部分間違っている他の部分信頼できる発表の場合に、そのわずかな誤り誤解を招くことがわかった場合。特にその誤り誠実な誤りの場合。 著者又は貢献者リスト正しくない場合例え著者となるべき者が省かれていたり、著者資格の基準を満たさない者が含まれている場合撤回次の場合である。 不正(例えデータ捏造)か誠実な誤り例え計算ミス実験誤り)のために発見信頼できない明白な証拠がある場合このように国際標準ルールでは研究の主旨結論間違っていない事は当然のこととして誤りわずかな場合訂正する事を基本としている。またデータ誤り等のために発見主旨結論)が信頼できない時は撤回となる。しかし、少なくない出版社が国標準ルールから逸脱し研究の主旨結論抵触しない範囲で、どのような大量の訂正でも行う事があり、実際の基準は研究の主旨結論抵触しない範囲出版社裁量で決まっている極めて例外的に全分結果研究の主旨結論誤りさえ修正する大量訂正公表される事もある日本分子生物学会研究倫理フォーラムでは、大量訂正新たに論文を書くことだから不適切であり撤回すべきという指摘があった。 また出版規範委員会評議員Tracey Bretag博士南オーストラリア大学専門研究公正)は大量訂正必要とする場合論文撤回し完全に書き直して再投稿しなければならない主張している。

※この「基準」の解説は、「大量訂正 (論文)」の解説の一部です。
「基準」を含む「大量訂正 (論文)」の記事については、「大量訂正 (論文)」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 02:28 UTC 版)

貧困」の記事における「基準」の解説

詳細は「貧困線を参照 貧困とは状態であり、基準(定義)の定め方により貧困か否かその程度異なったものと評価される絶対的な基準を定める場合もあれば、相対的な基準を用い場合もある。 ノーベル経済学賞受賞者のアマルティア・センは、貧困を「潜在能力実現する権利の剥奪(英語: a capacity deprivation)」と表現した以下に代表的な基準を記す。

※この「基準」の解説は、「貧困」の解説の一部です。
「基準」を含む「貧困」の記事については、「貧困」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 00:31 UTC 版)

欧州委員会委員長」の記事における「基準」の解説

欧州理事会これまでに指名してきた委員長候補加盟国首相などを経験した政治家であることが多かったが、このことは必ずしも要件ではない。2004年当時作成され欧州憲法条約案では、委員長候補選出にあたって欧州議会議員選挙結果考慮しなければならないという規定盛り込まれており、これはつまり委員長候補選挙勝利した欧州規模の政党から支持を受けていることを求めている。この規定は2004年委員長指名時点では効力有していなかったが、直前選挙勝利した中道右派欧州人民党が自らに属す人物推すこととなったこの結果欧州人民党ジョゼ・マヌエル・バローゾ候補者として選んだ。また同様に2009年欧州議会議員選挙でも欧州人民党バローゾ再任支持し実際に選挙勝利したことで欧州理事会からバローゾ次期委員長指名得た欧州理事会による選出にあたってこのほかの基準として、候補者ヨーロッパのどの地域出身であるか候補者どのような政治的影響力を持つか、どのような言語話すことができるか、出身国どれほどヨーロッパ統合進んでいるか、ということ挙げられる具体的には、あまり大きな発言力持たない加盟国からも支持得ていることや候補者出身国ユーロ圏シェンゲン圏含まれていることが挙げられ、またフランス候補者フランス語堪能であることを求めている。 委員長指名には、大国出身者次は小国出身者左派所属次は右派所属とする合意があるのではないかという仮説があり、実際にロイ・ジェンキンスからジョゼ・マヌエル・バローゾまでそのような法則にしたがっている。しかしながら実際には政治的な対立加盟国間の連携委員長選ばれてきている。たとえばドロール委員長選出のさいにはクロード・シェイソンを委員長とする案がフランスイギリスとの間で合意できなかった経緯があり、サンテール委員長選出についてもジャン・リュック・デハーネ委員長とする案にイギリス反対したことを受けた妥協産物であった。またロマーノ・プローディ選出は、フランスとドイツヒー・フェルホフスタット推していたことに対して反発した13か国連携して支持した結果であった

※この「基準」の解説は、「欧州委員会委員長」の解説の一部です。
「基準」を含む「欧州委員会委員長」の記事については、「欧州委員会委員長」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 03:32 UTC 版)

生物化学的酸素要求量」の記事における「基準」の解説

環境基準排水基準設定されているほか、それを踏まえ各種の基準が存在する環境基準河川の水質汚濁に係る環境基準目となっており、生活環境保全に係る目として、河川における基準が、その河川利用形態等を考慮した類型自然環境保全要する水域適用される最も厳しAA類型から大都市河口付近E類型まで)ごとに定められている。各類型BOD環境基準値の関係はAA類型が1 mg/L以下、A類型が2 mg/L以下、B類型が3 mg/L以下、C類型が5 mg/L以下、D類型が8 mg/L以下、E類型10 mg/L以下である。通常の環境では、酸素溶解量は10 mg/L程度であることから、最低限環境基準として、酸素なくならない10mg/Lが採用されている。 排水基準事業場排水海域および湖沼外へ排出に対しBOD160 mg/L以下と定められている。 その他:家庭工場からの排水量に、そのBOD濃度をかけたものBOD負荷量と呼ばれる単位質量または時間あたりの質量表される下水処理場など水処理施設設計運転する上で重要な指標となっている。

※この「基準」の解説は、「生物化学的酸素要求量」の解説の一部です。
「基準」を含む「生物化学的酸素要求量」の記事については、「生物化学的酸素要求量」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 03:08 UTC 版)

宇宙食」の記事における「基準」の解説

ISS国際宇宙ステーション)での基準 ISS使用できる調理機器加温器、注水注湯器)を使用するのにも規格が必要。ISS FOOD PLANISS宇宙食供給の基準文書宇宙日本食認証基準

※この「基準」の解説は、「宇宙食」の解説の一部です。
「基準」を含む「宇宙食」の記事については、「宇宙食」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 02:32 UTC 版)

パツリン」の記事における「基準」の解説

いくつかの国ではリンゴ製品に対しパツリン規制設けていて、世界保健機関(WHO)ではリンゴジュース中のパツリン最大濃度50 µg/Lを推奨している。

※この「基準」の解説は、「パツリン」の解説の一部です。
「基準」を含む「パツリン」の記事については、「パツリン」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/25 16:11 UTC 版)

気象警報」の記事における「基準」の解説

発表タイミングと基準について、気象庁予報警報規定第12条警報・注意報ともに「必要と認め場合随時に行う」と定めているが、実際の運用では、単位時間当たり降水量風速などの気象要素それらの複合指標数値化して予め基準を定め予報値や観測値がその基準に達した時に警報発表するものが多い。過去に何度か全面的に改正されており、2010年5月からは大雨警報土壌雨量指数洪水警報流域雨量指数という複合指標それぞれ導入している。基準は、地理的な特性過去の災害事例などを考慮して地域により差がある例え大雨警報浸水害)の発表基準となる予想雨量多雨地帯尾鷲市では3時間210mmであるが、東京都新宿区などでは1時間40mmとなっている。また、直前地震おおむね震度5強以上)・火山噴火発生したり、豪雨に起因する大規模な災害があったなどの状況に応じて、基準が引き下げられる場合がある

※この「基準」の解説は、「気象警報」の解説の一部です。
「基準」を含む「気象警報」の記事については、「気象警報」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 04:34 UTC 版)

当事者適格」の記事における「基準」の解説

訴訟類型について、若干異なるが(詳細後述一般に原告と被告分け当事者適格原告適格被告適格分かれるのは、当事者原告被告分かれること対応したものである)、以下のように定義されている。 原告適格判決によって保護されるべき法利益帰属する被告適格判決により、原告法的利益保護されるという関係にある

※この「基準」の解説は、「当事者適格」の解説の一部です。
「基準」を含む「当事者適格」の記事については、「当事者適格」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 07:22 UTC 版)

地震の年表 (日本)」の記事における「基準」の解説

この年表では以下の基準を満たす地震記載している日本排他的経済水域を含む)を震源とする地震で、マグニチュード7.0以上、またはマグニチュード6.0上で日本国内最大震度6弱以上、または死者行方不明者1人以上のいずれか1つ以上該当する場合。特にマグニチュード8.0以上、または最大震度7、または死者行方不明者1,000人以上(明治以降100人以上)の場合は太字表記する群発地震無震帯起こった地震など、特記すべき地震

※この「基準」の解説は、「地震の年表 (日本)」の解説の一部です。
「基準」を含む「地震の年表 (日本)」の記事については、「地震の年表 (日本)」の概要を参照ください。


基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 07:21 UTC 版)

恋人の聖地」の記事における「基準」の解説

センター定める「恋人の聖地」の選定基準以下のとおり地域代表する観光施設地域であること。 「恋人の聖地」の銘板設置可能なスペースあることプロジェクトの趣旨賛同し運営・管理主体明確であること。 また、主旨賛同する企業・団体が管理する所から恋人の聖地サテライト」も選定している。サテライトには結婚式場ホテルなども多数登録されている。

※この「基準」の解説は、「恋人の聖地」の解説の一部です。
「基準」を含む「恋人の聖地」の記事については、「恋人の聖地」の概要を参照ください。


基準(1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 03:54 UTC 版)

文化遺産 (世界遺産)」の記事における「基準(1)」の解説

(1) 人類創造的才能を表現する傑作。 基準(1)のみが適用され登録された物件には、タージ・マハルインド)、シドニー・オペラハウスオーストラリア)、プレアヴィヒア寺院カンボジア)がある。この基準は、「アントニ・ガウディの作品群」や「建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)のような創造的才能を発揮した個人帰する物件にしばしば適用されるはもちろんだが、ティヤ石碑群エチオピア)のように制作者制作年代定かではない物件であっても適用されることがあるタージ・マハル プレアヴィヒア寺院 アントニ・ガウディの作品群 ティヤ

※この「基準(1)」の解説は、「文化遺産 (世界遺産)」の解説の一部です。
「基準(1)」を含む「文化遺産 (世界遺産)」の記事については、「文化遺産 (世界遺産)」の概要を参照ください。


基準(2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 03:54 UTC 版)

文化遺産 (世界遺産)」の記事における「基準(2)」の解説

(2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築技術記念碑的芸術都市計画景観デザイン発展に関し人類価値重要な交流を示すもの。 基準(2)のみが適用され物件には、コローメンスコエの主昇天教会ロシア)、シュパイアー大聖堂ドイツ)、ホレズ修道院ルーマニア)、ゲガルド修道院とアザト川上流域アルメニア)、スウェル鉱山都市チリ)、王立展示館とカールトン庭園オーストラリア)などがある。交易上の要衝など、文化交流寄与した文化遺産にも適用される基準である。そうした例としては、シルクロード:長安-天山回廊の交易路網中国カザフスタンキルギス)などがある。 コローメンスコエの主昇天教会 シュパイアー大聖堂 ゲガルド修道院とアザト川上流域 スウェル鉱山都市

※この「基準(2)」の解説は、「文化遺産 (世界遺産)」の解説の一部です。
「基準(2)」を含む「文化遺産 (世界遺産)」の記事については、「文化遺産 (世界遺産)」の概要を参照ください。


基準(3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 03:54 UTC 版)

文化遺産 (世界遺産)」の記事における「基準(3)」の解説

(3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。 基準(3)のみが適用され物件には、ブリッゲンノルウェー)、アルタの岩絵ノルウェー)、ミュスタイアザンクト・ヨハン修道院スイス)、ベルン旧市街スイス)、ブトリントアルメニア)、ヘラクレスの塔スペイン)、ベニ・ハンマードの城塞アルジェリア)、メサ・ヴェルデ国立公園アメリカ合衆国)などがある。この基準は考古遺跡人類化遺跡などにも適用される考古遺跡適用されている例としてナスカとフマナ平原地上絵ペルー)、モヘンジョダロパキスタン)、メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯エジプト)など、人類化遺跡適用されている例として南アフリカの人類化石遺跡群南アフリカ共和国)、人類の進化を示すカルメル山遺跡群:ナハル・メアロット(ワディ・エル=ムガーラ)の洞窟群イスラエル)などがある。 ブリッゲン ベルン旧市街 ヘラクレスの塔 南アフリカの人類化石遺跡群

※この「基準(3)」の解説は、「文化遺産 (世界遺産)」の解説の一部です。
「基準(3)」を含む「文化遺産 (世界遺産)」の記事については、「文化遺産 (世界遺産)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「基準    」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

基準

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 23:28 UTC 版)

名詞

きじゅん

  1. 基礎になる標準

発音(?)

き↗じゅん

関連語

翻訳


「 基準」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



基準    と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「基準    」に関係したコラム

  • 株式の配当金や株主優待、新株を受け取るには

    株主は、その企業の経済的な利益を受け取る権利を持っています。その中でもよく知られているのが配当金、株主優待、新株です。配当金企業の利益をお金で受け取ることができます。配当金は、会社の利益を株主の出資比...

  • 株365の必要証拠金額は

    株365の必要証拠金額は、株365を取り扱う証券会社が東京金融取引所の算出した株価指数証拠金基準額を参考に設定しています。東京金融取引所の株価指数証拠金基準額の算出方法は次の通りです。各銘柄について、...

  • ネット証券の口座開設の基準は

    ネット証券に口座を開設するには、一定の基準をクリアしなければなりません。以下は、ネット証券の口座開設の一般的な基準です。ネット証券と証券会社との口座開設の基準の違いは、インターネット利用環境があるかど...

  • FXの口座開設の条件は

    FX(外国為替証拠金取引)の口座を開設するには、FX業者の設けた基準をクリアしなければなりません。ここでは、一般的な基準をまとめています。なお、基準はFX業者によりまちまちのため、すべてのFX業者に該...

  • 株式の投資基準とされる利回りとは

    株式の投資基準とは、その銘柄が割安か割高なのかを図るものさしのことです。株式の投資基準には、利回りや株価純資産倍率(PBR)、株価収益率(PER)などが挙げられます。ここでは、株式の投資基準の利回りに...

  • FXの一目均衡表の見方

    一目均衡表とは、細田悟一氏の開発した相場を予想するテクニカル指標のことです。細田悟一氏のペンネームが一目山人(いちもくさんじん)だったことから、一目均衡表という名が付けられました。一目均衡表は、FXや...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「基準    」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



基準    のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの基準 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの放射性同位体熱電気転換器 (改訂履歴)、文化遺産 (世界遺産) (改訂履歴)、マルコーニ賞 (改訂履歴)、撤回 (論文) (改訂履歴)、シーベルト (改訂履歴)、ローズ奨学制度 (改訂履歴)、ユーロリージョン (改訂履歴)、四大毒蛇 (改訂履歴)、母体保護法指定医師 (改訂履歴)、貧困線 (改訂履歴)、強装弾 (改訂履歴)、たこつぼ心筋症 (改訂履歴)、縦と横 (改訂履歴)、親北 (改訂履歴)、シニアカー (改訂履歴)、ペットボトルリサイクル推奨マーク (改訂履歴)、フェアトレード・タウン (改訂履歴)、危急種 (改訂履歴)、大量訂正 (論文) (改訂履歴)、貧困 (改訂履歴)、欧州委員会委員長 (改訂履歴)、生物化学的酸素要求量 (改訂履歴)、宇宙食 (改訂履歴)、パツリン (改訂履歴)、気象警報 (改訂履歴)、当事者適格 (改訂履歴)、地震の年表 (日本) (改訂履歴)、恋人の聖地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの基準 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS