肉類とは? わかりやすく解説

にく‐るい【肉類】

読み方:にくるい

食用にする肉の類。


(肉類 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 22:27 UTC 版)

(にく、: flesh)とは、


  1. ^ 中国語では動物全般を「禽獣魚虫」で表すが(「禽」は「鳥」の意味)、日本の古語では鴨などの禽肉を単に「トリ」、獣肉を「シシ」、魚肉を「ウヲ」と呼び、「」の肉を「イノシシ」、「鹿」の肉を「カノシシ」、また肉だけでなく生体も同じくそのまま呼んだ(このため「禽獣」を「トリシシ」とも読む)。「ししおどし」の「しし」は肉ではなく獣のことである。後に漢語呉音からきた「ニク」に代わり、「肉」の異体字の「宍」で「宍肉ししにく」、人名での「シシ」などに語が残っている。(シカも参照)。なお「獅子」はここでの「シシ」とは訓みが偶然一致しているだけで関係はない。なお「ウヲ」は訓読みであり、大和言葉、古代以来の純粋な日本語であり、仏教による禁忌によってタンパク質の摂食が獣肉から魚肉に代わり、酒宴で饗されることが多くなって「サカナ(酒菜、肴)」は魚肉のことと一般化され、やがて生体も「サカナ」と呼ぶ慣習が生まれた。
  2. ^ なお筋肉は運動(身体を動かしたり移動させたりすること)にかかわっている。脂肪組織はエネルギーを蓄えたり、外部からの衝撃をやわらげる役割などをになっている。だが、古代の人はそんなことはほとんど知らず、考えてもいなかっただろうことは想像に難くない。
  3. ^ 「肉声でも聞こえる広さの部屋」などと言う。
  1. ^ a b c d e 広辞苑第六版「肉」
  2. ^ デジタル大辞泉肉声』 - コトバンク


「肉」の続きの解説一覧

「肉類」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「肉類」の関連用語

肉類のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



肉類のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの肉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS