果肉とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 部分 > 果肉の意味・解説 

か‐にく〔クワ‐〕【果肉】

果実の皮と種子との間にある肉質部分


か‐にく クヮ‥ 【果肉】

〔名〕 石果肉質部分。また一般果実の肉の部分をいう。〔植物小学(1881)〕


果肉(かにく)

英字pulp
コーヒー実の外皮に含まれたゴム質の部分のことです。パルプとも呼ばれます。

果肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 22:53 UTC 版)

果肉(かにく)とは、被子植物果実のうち、漿果核果など動物に摂取されて種子散布を行うものの中で、多肉質で糖分脂肪等の栄養素や水分を蓄積し、種子散布に与る動物を誘引する機能を持ち、動物の食物となる部分を指す。また特に人間の生活において、野菜果物として食用になる栽培植物の果実の、多肉多汁の食用部分を指す。




「果肉」の続きの解説一覧

果肉

出典:『Wiktionary』 (2017/05/31 13:55 UTC 版)

名詞

(かにく)

  1. 果実の皮と種子にある、柔らかく食用となる部分

発音

か↗にく
か↘にく



果肉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「果肉」の関連用語

果肉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



果肉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2021 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの果肉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの果肉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS