肉とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 部分 > の意味・解説 

にく【肉】

[音]ニク(呉) [訓]しし

学習漢字2年

動物皮下で骨を包む柔らかい組織。「肉塊肉片筋肉贅肉(ぜいにく)・皮肉・髀肉(ひにく)」

食用にする動物の肉。「肉牛肉汁肉食牛肉魚肉鶏肉酒肉生肉精肉冷肉

人のからだ。「肉体肉薄肉欲苦肉霊肉

生身ですること。じか。「肉眼肉声肉筆

身近なもの。血縁。「肉親骨肉

肉のように柔らかいもの。「印肉果肉朱肉梅肉葉肉

難読肉叢(ししむら)・肉豆蔲(にくずく)・肉刺(まめ)


にく【肉】

動物皮膚の下にあって骨に付着している柔らかい部分。主に筋肉から成る。「肉がつく」

食用にする動物筋肉脂肪部分。特に、鳥獣のそれをいう。「よりも肉を好む」

果物などの、皮と種子の間にある部分果肉。「肉の厚い果実

精神対す人間のからだ。肉体。「霊と肉の合一

物の厚み。「肉の厚い紙」

骨格基本となる部分に付け加えられる、内容の厚み・深み豊かさなど。「文章に肉をつける」

印肉のこと。「朱肉


しし【肉/×宍】

人のからだの肉。

「身(せい)は短(ひく)き方にて、—肥満(こえ)たり」〈浪・黒蜥蜴

(いのしし)・鹿(しか)などの食用肉

(ゐ)の—、鹿(か)の—はしらず」〈平家一一


しし【肉・宍】

〔名〕 人体の肉や、食用とする(いのしし)や鹿(しか)などの肉をいう。

古事記(712)中「大鞆和気命と負はせる所以は、初めて生(あ)れましし時、鞆(とも)の如き宍(しし)、御腕(みただむき)に生(あ)りき」

古本説話集(1130頃か)五二物のししをくふ人は、仏のたねをたちて、ぢごくにいるみち也」


にく【肉】

〔名〕

動物皮膚におおわれ、内部骨格を包む柔軟質のもの。主として筋肉部分。〔文明本節用集室町中)〕

談義本風流志道軒伝(1763)五「からだには肉(ニク)薄く、顔は皺のみにして頷長く」〔論語郷党

食用とする動物筋肉脂肪部分。特に、牛、豚、などのそれをいう。

不空羂索神呪心経寛徳二年点(1045)「能く酒、宍(ニク)及び諸薫辛を断て」

果実の皮と種子の間にある柔らか部分果肉。実。

素人庖丁‐初(1803)「の肉(ニク)又は常の梅干の肉(ニク)にてもよし」

④ (霊に対して肉体生身のからだ。また、衣服などをつけない裸の肉体や、性欲対象としての肉体

露団々1889)〈幸田露伴〉四「人類が他の動物より不幸でなくて、幸福なる所以は、肉(ニク)と心とに付て、二つながらの利害を知る故です」

(5) 近世上方で、密淫売をする素人の女をいった。

洒落本肉道秘鍵(18C前)「凡肉の在所近来町々に鼠屋と号て窃に会合耳を専らにする事也」

(6) キリスト教で、人間そのもの、またこの世、罪に属するものをさす。霊に対していう。

引照新約全書(1880)羅馬書「肉の事を念ふは死なり、霊の事を念ふは生(いのち)なり」

(7) 物の厚さ。厚み。太さ。「板の肉」

青べか物語1960)〈山本周五郎もくしょう「駒もいちおう黄楊(つげ)材で、肉が薄く、盤へ置くときには冷たそうないい音がした」

(8) 骨子骨格基本をおおう豊かさ深さ厚さなど。

愚秘抄1314頃)本「濃体、有一節体、面白体、此三は肉なるべし

(9) 印肉のこと。

鳩翁道話(1834)一「印形をとり出し、肉(ニク)をつけて、既に判を押うとするとき」

(10) 「にくジュバン肉襦袢)」の略。

*夢声戦争日記徳川夢声昭和七年1942一月九日「大ボストンバッグに、化粧品ニク(肥った将軍扮するため着用のもの)、弁当など入れて九時家出


にく 【肉】

宗教では霊と肉のことが問題となる。カトリックではイエス生誕を「受肉」という。パウロヨハネは、人々が肉の思い・肉の欲を捨てて、神の愛を求めて霊の救いを得るように、と説いた。仏教では色心不二といって、肉(色)と心(霊)は不二一体だと説く色心互融とも)。動物の肉を食することに関しては、ヒンドゥー教徒のように非暴力精神、または牛の崇拝から、菜食主義民族もいる。イスラム世界で豚を食べることがタブーなのは、周知のとおり。キリスト教成立初期肉食忌避傾向強く、とくにカタリ派現世を悪と見、その象徴である肉を食するのを拒んだ。だが現在では肉食容認が多い。小乗仏教では乞食生活だから、肉の供養があれば食べるが、三種浄肉といって自分のために殺されたのを見てないもの、自分のために殺されたと聞いてないもの、以上のような疑いのないものの、見・聞・疑なき三種限られた大乗仏教では慈悲精神により肉食避けようになったが、日本では明治政府が僧に肉食勝手の許可出している。

作者小田実

収載図書昭和文学全集 29
出版社小学館
刊行年月1988.2

収載図書海冥太平洋戦争にかかわる十六短編
出版社講談社
刊行年月2000.12
シリーズ名講談社文芸文庫


作者水月佐和

収載図書
出版社文芸社
刊行年月1998.4


作者小滝トオル

収載図書ラヴ・オールウェイズ
出版社角川書店
刊行年月2001.8
シリーズ名文芸シリーズ


作者小林泰三

収載図書家に棲むもの
出版社角川書店
刊行年月2003.3
シリーズ名角川ホラー文庫


作者ヨシイドク,ヨシイミツ

収載図書ねむりばこ
出版社新風舎
刊行年月2004.7


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/01 06:06 UTC 版)

(にく、: flesh


  1. ^ 中国語では動物全般を「禽獣魚虫」で表すが(「禽」は「鳥」の意味)、日本の古語では鴨などの禽肉を単に「トリ」、獣肉を「シシ」、魚肉を「ウヲ」と呼び、「」の肉を「イノシシ」、「鹿」の肉を「カノシシ」、また肉だけでなく生体も同じくそのまま呼んだ(このため「禽獣」を「トリシシ」とも読む)。「ししおどし」の「しし」は肉ではなく獣のことである。後に漢語呉音からきた「ニク」に代わり、「肉」の異体字の「宍」で「宍肉ししにく」、人名での「シシ」などに語が残っている。(シカも参照)。なお「獅子」はここでの「シシ」とは訓みが偶然一致しているだけで関係はない。なお「ウヲ」は訓読みであり、大和言葉、古代以来の純粋な日本語であり、仏教による禁忌によってタンパク質の摂食が獣肉から魚肉に代わり、酒宴で饗されることが多くなって「サカナ(酒菜、肴)」は魚肉のことと一般化され、やがて生体も「サカナ」と呼ぶ慣習が生まれた。
  2. ^ なお筋肉は運動(身体を動かしたり移動させたりすること)にかかわっている。脂肪組織はエネルギーを蓄えたり、外部からの衝撃をやわらげる役割などをになっている。だが、古代の人はそんなことはほとんど知らず、考えてもいなかっただろうことは想像に難くない。
  3. ^ 「肉声でも聞こえる広さの部屋」などと言う。
  1. ^ a b c d e 広辞苑第六版「肉」
  2. ^ デジタル大辞泉肉声』 - コトバンク


「肉」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/10/29 23:26 UTC 版)

発音(?)

名詞

ニク、(語義1.2.の古語)しし

  1. 動物皮膚に覆われた包む柔らかい組織
  2. 鳥獣類から切り取った食肉魚肉含まないことが多い。
  3. 1. 2. に類似する柔らかい部分果肉印肉などの
  4. 霊魂対比しての肉体
  5. 性的イメージ喚起させるものとしての肉体
  6. 基本的骨組みに付け加えていく具体的内容

翻訳

造語成分

  1. ニク血縁関連する語を作る
  2. ニク本人による。手づからの。直接の。じかの。

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



肉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「肉」に関係したコラム

  • CFDで取り扱うコモディティの一覧

    CFDで取り扱うコモディティは、エネルギー、貴金属、農産物の3つに大別できます。CFDのエネルギーには、原油や天然ガス、ガソリンなどの銘柄があります。WTI原油先物もそのうちの1つで、外国為替市場や証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「肉」の関連用語

肉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



肉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの肉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS