容認とは? わかりやすく解説

よう‐にん【容認】

読み方:ようにん

[名](スル)いとして認め許すこと。認容。「行動の自由を―する」


容認

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 09:28 UTC 版)

日本語の乱れ」の記事における「容認」の解説

言語規範を示すあるいは仰がれる機関近代以降日本では文部省文部科学省日本放送協会など)が必要に応じて変化容認し場合によっては積極的に規範変えることさえある。 1905年明治38年)に定められた文法上許容スベキ事項』では、当時書き言葉現れていた「従来破格又は誤謬称せられたるもの」の一部追認した。この時追認されたものには「〜なるもの」「挑戦する果たせず」といった表現があり、それぞれ従来は「〜というもの」「挑戦すれども果たせず」としなければ文法的に誤りだとされていたが、これらを誤用認識する人は現在では少なくなっている。 第二次世界大戦後には、当用漢字(のち常用漢字)によって漢字数の削減字体簡略化打ち出され現代仮名遣いによって文法語源関係なく現代標準語発音通りに表記する仮名遣い改められた(国語国字問題を参照)。1952年国語審議会の『これから敬語』では敬語の簡略化図った2018年には、文化庁文化審議会国語分科会が「コミュニケーションの在り方」と「言葉遣い」について検討し、『分かり合うための言語コミュニケーション』を発表している。 そもそも言語変化するものであるとし、地域差もあれば、同じことを表現するのに複数の方法も考えられ通用しやすい言葉遣いをする必要はあるが、伝統標準だけが正しいとか、あるいは自分の基準以外を誤り見なさず、他者言葉遣いには寛容さ求めたコミュニケーションでは、時には異なり認め伸び伸びとした伝え合い求められる

※この「容認」の解説は、「日本語の乱れ」の解説の一部です。
「容認」を含む「日本語の乱れ」の記事については、「日本語の乱れ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「容認」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

容認

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 23:13 UTC 版)

名詞

 ようにん

  1. 要求提案などを認め受け容れること。

類義語

対義語

発音(?)

よ↗ーにん

動詞

活用

サ行変格活用
容認-する

「容認」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「容認」の関連用語

容認のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



容認のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本語の乱れ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの容認 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS