規範とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 規範の意味・解説 

規範

規範(きはん)とは、行動判断を導く基準標準を指す言葉である。これは、社会生活を営む上でルール法則道徳的な価値観などを含む。規範は、個々行動規定し社会全体秩序を保つ役割を果たす。 規範には、法律規則慣習道徳などが含まれる法律規則は、社会公的な規範であり、違反する罰則科せられることがある一方慣習道徳は、社会の非公的な規範であり、これらを守ることで社会一員として認められ尊重される。 規範は、社会の中で生活する全ての人々影響与える。例えば、交通ルール運転者歩行者行動規定し、安全を確保するための規範である。また、ビジネス世界ではビジネスマナーエチケットが規範として存在し、これを守ることでスムーズな人間関係を築くことができる。

き‐はん【規範/軌範】

読み方:きはん

行動判断の基準となる模範手本。「社会生活の—」

《(ドイツ)Norm哲学で、判断評価行為などの基準となるべき原則


規範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/13 08:19 UTC 版)

規範(きはん、: norm)とは、「〜である」と記述される事実命題に対し、「〜べきである」と記述される命題ないしその体系をいう。法規範や社会規範がその典型であり、道徳倫理も規範の一種である。社会学において人間社会集団におけるルール慣習慣習法参照)のひとつでもある。規範についての規範はメタ規範という。




「規範」の続きの解説一覧

規範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 04:07 UTC 版)

アイルランドの国旗」の記事における「規範」の解説

アイルランド国旗の上国旗ペナント掲げてならない国旗群ごとに、または場所ごとに1つだけ掲揚されるべきである。すべての場合において、国旗は名誉の場所に掲揚されるべきである。 アイルランド国旗建物玄関先で同じ高さの他の国旗と一緒に掲揚する場合は、右側観察者左側)から先に掲揚なければならないアイルランド国旗他の国旗と掲揚する際は、国旗は名誉の場所(行進する右側、すなわち旗が接近している観察者左側)に掲揚されなければならないアイルランド国旗掲揚されている間は、追悼式の際に死者向けて行う場合除き敬礼褒め言葉の形で浸してならない国旗使って垂れ流す場合は、緑色の頭の部分にする。 壇上掲揚する場合は、国旗話者の上後ろ掲揚すること。 国旗を壁などの背景対し平または垂直に掲揚する場合は、横位置では右(観察者の左)に、縦位置では最上段に緑を掲揚なければならない五線交差させて表示する場合には、国旗右側及び前方、すなわち国旗向かっている観察者左側表示されるべきである。

※この「規範」の解説は、「アイルランドの国旗」の解説の一部です。
「規範」を含む「アイルランドの国旗」の記事については、「アイルランドの国旗」の概要を参照ください。


規範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/04 03:05 UTC 版)

政府間主義」の記事における「規範」の解説

政府間主義形態欧州連合の機構における政策決定過程といった記述置いておくと、政治学では政府間主義を、欧州連合統合過程という方向性考え方において努力する価値のある、あるいは規範的な目標みなしている。このような権限分散という理想モデルとは、「それぞれの祖国からなるヨーロッパ」とよばれる概念である。政府間主義とは、超国家的機関組織優先するためにそれらの権限の拡大認め超国家主義観念に対して国家主権保持するものということを指すのである欧州連合の歴史において、政界影響力を持つ人物たちが政府間主義一派形成し現代国家集合体における政治制度重大な影響及ぼした。元フランス大統領シャルル・ド・ゴールによるヨーロッパ政治方向づけはたびたび政府間主義的な協議決定メカニズムの例として挙げられるフランス1965年7月から1966年1月までの間、閣僚理事会における特定多数決方式導入断固として反対し、会議への出席拒んで定足数に満たさせないという事態を起こしたpolitique de la chaise vide日本語直訳で「空席政治」)と言われる協議拒否戦略に対して非公式協議繰り返され結果、重要案件採択にさいして全会一致要することとするいわゆるルクセンブルク妥協合意され事実上加盟国拒否権を持つことが認められた。ド・ゴールはこの出来事で、フランス主権委譲をする意思がないということ明確にした。

※この「規範」の解説は、「政府間主義」の解説の一部です。
「規範」を含む「政府間主義」の記事については、「政府間主義」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「規範」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

規範

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 23:56 UTC 版)

名詞

きはん

  1. 判断評価行為などの従うべき拠所となるもの。

関連語

翻訳


「規範」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



規範と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「規範」の関連用語

規範のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



規範のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの規範 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアイルランドの国旗 (改訂履歴)、政府間主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの規範 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS