慣習法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > 慣習法 > 慣習法の意味・解説 

かん しゅうほう くわんしふはふ [0][3] 【慣習法】

慣習のうちで、国家による強制がなくても、人々に法として意識され守られているもの。国家からどのような効力付与されるかは、国・時代対象により異なる。不文法典型的なもの。習慣法。 → 国家法制定法


慣習法


コモン・ロー

読み方こもん ろー
【英】: common law
同義語: 慣習法  

ローマ法流れをくむ独・仏などの大陸法法体系別途発達した英米法法体系において、立法府必要に応じて制定した成文法に対して永年判例積み重ねによって形成されてきた慣習法体系のこと。英国で何世紀にもわたって熟成され、米国を含む旧英国植民地であった国々に広まった。これらの国々のなかでは、特定の事柄についての制定法によってカバーされない、本来的、基本的個人間の法的な関係などはコモン・ローによって裁かれている。コモン・ローにおいては土地所有権はその地下にまでおよび、地下埋蔵されている鉱物に関する権益土地所有者帰属する。英米法の国々の中でも英国オーストラリアなどの国々は第二次大戦後になって石油・ガス鉱業権は国が賦与することを制定法によって定めたが、米国およびカナダにおいては鉱物採掘権に関する法体系はコモン・ローによっており、それに基づく石油・ガス採掘に関するリース契約が、これらの国における石油・ガス探鉱開発法的関係の基盤となっており、その法体系は百数十年にわたる多数判例によって確立発展してきた。連邦有地、州有地についてのリースに関しては、それぞれ連邦、州の制定法があるがそれは手続きや期間の特定などが主眼で、政府リース権者との法的関係はコモン・ローによって解釈されることに変わりはない。なお、これらの国々でも、石油・ガス資源開発技術的合理性保持させるために、石油資源保存コンサーベーション)関係の成文法制定して行政府操業についての規制与えている。

慣習法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/06 20:03 UTC 版)

慣習法(かんしゅうほう)とは、社会の成員の間に存在する一定の慣行のうち、その慣行が成員によって法的拘束力があるものと意識されているもの(法的確信を伴うもの)をいう[1]


  1. ^ a b c d e 五十嵐清 1979, p. 57.
  2. ^ 五十嵐清 1979, pp. 57-58.
  3. ^ 五十嵐清 1979, p. 58.
  4. ^ a b c 五十嵐清 1979, p. 61.
  5. ^ 落合誠一 2006, p. 18.
  6. ^ 五十嵐清 1979, pp. 61-62.
  7. ^ a b c 五十嵐清 1979, p. 62.
  8. ^ a b c 五十嵐清 1979, p. 63.
  9. ^ 五十嵐清 1979, p. 65.
  10. ^ 五十嵐清 1979, p. 68.
  11. ^ a b 落合誠一 2006, p. 24.
  12. ^ 落合誠一 2006, pp. 24-25.
  13. ^ 落合誠一 2006, p. 25.


「慣習法」の続きの解説一覧



慣習法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「慣習法」の関連用語






6
商慣習法 国語辞典
98% |||||

7
普通法 国語辞典
98% |||||


9
58% |||||

10
56% |||||

慣習法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



慣習法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2018 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの慣習法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS