慣習法とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > 慣習法 > 慣習法の意味・解説 

かんしゅう‐ほう〔クワンシフハフ〕【慣習法】

読み方:かんしゅうほう

慣習に基づいて社会通念として成立する法。立法機関制定よるものでなくても、法としての効力認められている慣習一種の不文法習慣法

「慣習法」に似た言葉

慣習法


コモン・ロー

読み方こもん ろー
【英】: common law
同義語: 慣習法  

ローマ法流れをくむ独・仏などの大陸法法体系別途に発達した英米法法体系において、立法府必要に応じて制定した成文法に対して永年判例積み重ねによって形成されてきた慣習法体系のこと。英国で何世紀にもわたって熟成され、米国を含む旧英国植民地であった国々広まったこれらの国々のなかでは、特定の事柄についての制定法によってカバーされない本来的基本的な個人間の法的な関係などはコモン・ローによって裁かれている。コモン・ローにおいては土地所有権はその地下にまでおよび、地下埋蔵されている鉱物に関する権益土地所有者帰属する英米法国々の中で英国オーストラリアなどの国々第二次大戦後になって石油・ガス鉱業権は国が賦与することを制定法によって定めたが、米国およびカナダにおいて鉱物採掘権に関する法体系はコモン・ローによっており、それに基づ石油・ガス採掘に関するリース契約が、これらの国における石油・ガス探鉱開発法的関係の基盤となっており、その法体系は百数十年にわたる多数判例によって確立発展してきた。連邦有地、州有地についてのリースに関しては、それぞれ連邦、州の制定法があるがそれは手続きや期間の特定などが主眼で、政府リース権者との法的関係はコモン・ローによって解釈されることに変わりはない。なお、これらの国々でも、石油・ガス資源開発技術的合理性保持させるために、石油資源保存コンサーベーション関係の成文法制定し行政府操業についての規制権与えている。

慣習法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 00:05 UTC 版)

慣習法(かんしゅうほう)とは、社会の成員の間に存在する一定の慣行のうち、その慣行が成員によって法的拘束力があるものと意識されているもの(法的確信を伴うもの)をいう[1]


  1. ^ a b c d e 五十嵐清 1979, p. 57.
  2. ^ 五十嵐清 1979, pp. 57–58.
  3. ^ 五十嵐清 1979, p. 58.
  4. ^ a b c 五十嵐清 1979, p. 61.
  5. ^ 落合誠一 2006, p. 18.
  6. ^ 五十嵐清 1979, pp. 61–62.
  7. ^ a b c 五十嵐清 1979, p. 62.
  8. ^ a b c 五十嵐清 1979, p. 63.
  9. ^ 五十嵐清 1979, p. 65.
  10. ^ 五十嵐清 1979, p. 68.
  11. ^ a b 落合誠一 2006, p. 24.
  12. ^ 落合誠一 2006, pp. 24–25.
  13. ^ 落合誠一 2006, p. 25.


「慣習法」の続きの解説一覧

慣習法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/13 07:47 UTC 版)

ジャージー法」の記事における「慣習法」の解説

ジャージー法制度において、慣習法源1つである。これは、「一般に受容された慣例および慣行の産物(the product of generally accepted usage and practice)」であり、「当該共同体内の意見一般的合意除いて、その背後には正式な制裁または権限存在しない。(It has no formal sanction or authority behind it other than the general consensus of opinion within the community.)」と説明されてきた。イングランド法コモン・ローにおいては上級裁判所裁判官により宣言された準則裁判官により宣言された故に拘束力のある法となるのとは異なっている。慣習法における司法府役割は、何が一般に受容された慣例および慣行であるか証拠探求することである。 慣習法上の多くの準則は、(国王裁判所による反復される確認を通じて、かつ、人々そのように行動することにより、)皆が議論経ずとも拘束力有するものと受容する限りにおいて、明確化されてきた。行政教区(Parished)の境界代官(Bailiff)の存在ならびに土地占有および相続に関する種々の準則は、このカテゴリー分類される。慣習法の多くの準則は、注釈者(Commentators)の文献ジャージー裁判所の判例法において議論されていることが確認できる注釈者著作取り扱ってない場合には、ジャージー裁判所事実的証拠により「一般に受容された慣例および慣行」を確認するノルマンディー公国の慣習法は、ジャージー1204年ノルマンディーから離脱したにもかかわらずジャージーにおける法源として部分的に影響及ぼしている。ノルマン法はの発展大きく2つ時代分かれる。「古慣習法(Ancienne coutume)」時代1199年1538年)と「新慣習法(Coutume reformée)」時代1538年1804年)である。

※この「慣習法」の解説は、「ジャージー法」の解説の一部です。
「慣習法」を含む「ジャージー法」の記事については、「ジャージー法」の概要を参照ください。


慣習法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 04:28 UTC 版)

スイス法」の記事における「慣習法」の解説

詳細は「fr:Coutume#Suisseを参照 スイスの法律は、長い歴史の中で人々受け入れられてきた原則として慣習法を採用している。慣習法により形式的意味の法律補足しまたは反対することができる。過去には、特に領土地方自治体貿易権利に関して適用されてきた。13世紀からスイス伝統が慣習法としてまた良い慣習として記録されており、口頭と書面の差は狭まっている。14世紀以降議会決定記録されてきている。 現行のスイス民法典明文で慣習法の適用規定している。 適用される成文法ない場合裁判所は慣習法に従うものとし、慣習法がない場合裁判所は、自らが立法者として行動すべき場合適用される規則に従うものとする確立した慣習は、法律の規定例外正当化する場合がある。たとえば、ヨーロッパ法では農業生産活動およびに加工包装施設においては非常に徹底した衛生対策必要であるが、ある条文は、伝統的に問題生じていないのであれば従来の方式を適用し続けることができると認めている[要出典]。

※この「慣習法」の解説は、「スイス法」の解説の一部です。
「慣習法」を含む「スイス法」の記事については、「スイス法」の概要を参照ください。


慣習法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 04:06 UTC 版)

法 (法学)」の記事における「慣習法」の解説

社会慣習基礎として妥当する規範のうち、法として確信されるに至ったものをいう制定法整備されている国家においては成文法補完する位置にあるにすぎない。しかし、制定法欠けている部分補充する役割があり、また解釈論として一定の範囲制定法優先する効力認め見解もある。慣習法は、通常判例を通じて明確化されることとなる。

※この「慣習法」の解説は、「法 (法学)」の解説の一部です。
「慣習法」を含む「法 (法学)」の記事については、「法 (法学)」の概要を参照ください。


慣習法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 02:16 UTC 版)

法解釈」の記事における「慣習法」の解説

慣習法とは、慣習に基づいて成立する法のことをいう。判例含めたものをいう場合もある。

※この「慣習法」の解説は、「法解釈」の解説の一部です。
「慣習法」を含む「法解釈」の記事については、「法解釈」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「慣習法」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「慣習法」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



慣習法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「慣習法」の関連用語

慣習法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



慣習法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの慣習法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジャージー法 (改訂履歴)、スイス法 (改訂履歴)、法 (法学) (改訂履歴)、法解釈 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS