国際とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 国際の意味・解説 

国際

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 19:29 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「国際」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「国際」を含むページの一覧/「国際」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「国際」が役に立つかも知れません。

関連項目



国際 (iRO)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 03:11 UTC 版)

ラグナロクオンライン」の記事における「国際 (iRO)」の解説

グラビティ直営全世界からプレイ可能なラグナロクオンライン多くの国でサービスされているROの中で国名冠していないサーバー1つで、設置されている国はアメリカ合衆国ワールドChaosThor(以上2つRenewal)とLoki(Classic)、Odin(Re:Start)の4つがある(2017年11月現在)。その他、テストサーバーとして誰でも参加可能なSakrayがある。様々な国々プレイヤー参加しており、時差のため特定の時間帯人数集中せずサーバー負担が少ない使用するゲームクライアントChaosThor兼用で、他3つ日本のUrdrと同じく専用ものになる。ただし、インストーラー分かれているのはOdinのみで、それ以外セットとして一通り入っているChaos以前より存在していたValkyrieYggdrasil(以上2つ基本無料)・Ymir(月額)の3ワールド2012年12月18日統合されたサーバーThorpRO後継サーバー2015年4月頃に開設Loki転生2次職まででリニューアル前仕様サーバー2014年6月頃に開設Odinリニューアル仕様サーバーだが経験値システムなどが変更されている。2017年7月頃に開設2-1次職までの状態から始まり徐々にパッチ拡張して現在のRenewalサーバー同様に近付けて行くという、日本のBreidablikサーバー初期似た手法採っている模様で、まだ未実装部分も多い。ゲームタイトルRagnarok Online Re:Startとされ、公式サイトとゲームアカウントも別扱いになっているまた、RMT業者宣伝BOTが多い。 国際的に広く開かれたサーバーで、英語の壁を除くと総じて良好な面が多いために日本版から移転してきたプレイヤーもいる。プレイヤー中には、同じ出身国プレイヤー同士人脈形成し行動するプレイヤーもいる。また、2007年3月運営終了したオセアニア(oRO)のキャラクターデータはこのiRO収容された。プレイに対する文化習慣では日本のラグナロク異な部分多くある。 基本的に無料でプレイできるが、倉庫利用料など幾つかの制限がある。制限解除には月額料金必要になり、それとはまた別に料金支払うことで、キャラクターの名前変更できるサービス(全サーバー対象)や、キャラクター他のサーバー移動できるサービス提供されている利用料金クレジットカード郵便局銀行(インターネット銀行)などから支払うことができる。また、月額料金は3ヶ月分以上まとめて支払えば割引される。基本無料である分不正プレイヤーが多い。実装状況は現在、ネコ種族ドラムなど先行するものもあるが、セカンドコスチュームがない他、メインエピソードでも日本より遅れ気味傾向にある。 期間イベント3種の各仕様サーバーに対して独自のもの実装したり、同じものでも獲得アイテムが違うなど微妙に変更して実装したりされる模様

※この「国際 (iRO)」の解説は、「ラグナロクオンライン」の解説の一部です。
「国際 (iRO)」を含む「ラグナロクオンライン」の記事については、「ラグナロクオンライン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「国際」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「国際」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




国際と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「国際」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • ETFを上場している企業の一覧

    ETFを上場するには、証券取引所の定める上場審査基準や適時開示基準、上場廃止基準といったさまざまな基準をクリアする必要があります。2012年9月現在、ETFを上場している企業は17社あります。上のグラ...

  • CFDのCO2排出権取引とは

    CO2排出権取引とは、欧州エネルギー取引所やBlue Nextなどで取引されているEUA(EU Allowance)先物に連動する銘柄の取引のことです。CFDのCO2排出権の価格は、「気候変動に関する...

  • 株式の投資基準とされるROAとは

    株式の投資基準とされるROAとは、総資本の経常利益の割合をパーセンテージで表したものです。ROAは、Return on Assetの略で、総資本経常利益率といいます。ROAは次の計算式で求めることがで...

  • ETFのセミナーの一覧

    ETFを取り扱う証券会社の中には、ETFのセミナーを開催していることがあります。また、インターネットを介した「Webセミナー」を開催しているところもあります。次の表はセミナーを開催している証券会社と過...

  • CFDの天然ガス相場の見方

    天然ガスは、石油や石炭と同じく化石燃料の1つです。次の図は天然ガスの生産量をグラフに表したものです。ロシアやアメリカ合衆国、カナダなどでの生産量の多いことがわかります。※BP Statistical ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

国際のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国際のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国際 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのラグナロクオンライン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの国際 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS