加盟国とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 加盟国の意味・解説 

加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 17:44 UTC 版)

婦人及児童ノ売買禁止ニ関スル国際条約」の記事における「加盟国」の解説

署名時の加盟国は28ヵ国アルバニアオーストリアオーストラリアカナダチリ中華民国コロンビアコスタリカキューバエストニアドイツ国ヴァイマル共和政)、ギリシャハンガリー英領インドイタリア日本ラトビアリトアニアノルウェーオランダペルシャ帝国ポーランド及びダンツィチ、ポルトガルルーマニアシャムスペインスウェーデンなどが加盟した大日本帝国1925年大正14年12月15日批准書寄託し、同日効力発効し同年12月21日公布された。 アメリカ合衆国国際連盟非加盟国)、イギリスフランスソビエト連邦など、当時列強中の列強加盟しなかった。

※この「加盟国」の解説は、「婦人及児童ノ売買禁止ニ関スル国際条約」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「婦人及児童ノ売買禁止ニ関スル国際条約」の記事については、「婦人及児童ノ売買禁止ニ関スル国際条約」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/07/31 06:33 UTC 版)

世界アラブ馬機構」の記事における「加盟国」の解説

アゼルバイジャン アメリカ合衆国メキシコパナマを含む) アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン イギリスアイルランドギリシャマルタを含む) イスラエル イタリア イラク イラン ウルグアイ エジプト オーストラリアインドネシアシンガポールタイフィリピンブルネイベトナムマレーシアを含む) オーストリア オマーン オランダ カザフスタン カタール カナダ クウェート クロアチア コロンビア サウジアラビア シリア ジンバブエ スイス スウェーデン スペイン スロバキア スロベニア チェコ チュニジア チリペルーを含む) デンマーク ドイツルクセンブルクを含む) トルコ ナミビア 日本 ニュージーランド ノルウェー バーレーン パキスタン ハンガリー フィンランド ブラジルパラグアイボリビアを含む) フランス ブルガリア ベネズエラ ベリーズ ベルギー ポーランド ポルトガル 南アフリカ モロッコ ヨルダン リトアニア リビア ルーマニア レバノン ロシア

※この「加盟国」の解説は、「世界アラブ馬機構」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「世界アラブ馬機構」の記事については、「世界アラブ馬機構」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/16 03:29 UTC 版)

アジア協力対話」の記事における「加盟国」の解説

ACD18の加盟国により設立された。2016年3月以降ACD以下に示す34の国で構成されている(現在のASEANおよびGCC全ての加盟国を含む)。斜体字は、他の地域地域組織であるこを示す国名加盟年月日他の加盟地域組織 アフガニスタン 000000002012-10-17-00002012年10月17日 SAARC, ECO バーレーン 000000002002-06-18-00002002年6月18日 GCC, AL バングラデシュ 000000002002-06-18-00002002年6月18日 SAARC, BIMSTEC英語版ブータン 000000002004-09-27-00002004年9月27日 SAARC, BIMSTEC英語版ブルネイ 000000002002-06-18-00002002年6月18日 ASEAN カンボジア 000000002002-06-18-00002002年6月18日 ASEAN, MGC英語版中国 000000002002-06-18-00002002年6月18日 SCO インド 000000002002-06-18-00002002年6月18日 SAARC, BIMSTEC英語版), MGC英語版), SCO インドネシア 000000002002-06-18-00002002年6月18日 ASEAN イラン 000000002004-06-21-00002004年6月21日 ECO 日本 000000002002-06-18-00002002年6月18日カザフスタン 000000002003-06-21-00002003年6月21日 CIS, ECO, SCO 韓国 000000002002-06-18-00002002年6月18日クウェート 000000002003-06-21-00002003年6月21日 GCC, AL キルギス 000000002008-10-16-00002008年10月16日 CIS, ECO, SCO ラオス 000000002002-06-18-00002002年6月18日 ASEAN, MGC英語版マレーシア 000000002002-06-18-00002002年6月18日 ASEAN モンゴル 000000002004-06-21-00002004年6月21日ミャンマー 000000002002-06-18-00002002年6月18日 ASEAN, BIMSTEC英語版), MGC英語版ネパール 000000002016-03-10-00002016年3月10日 SAARC, BIMSTEC英語版オマーン 000000002003-06-21-00002003年6月21日 GCC, AL パキスタン 000000002002-06-18-00002002年6月18日 SAARC, SCO, ECO フィリピン 000000002002-06-18-00002002年6月18日 ASEAN, カタール 000000002002-06-18-00002002年6月18日 GCC, AL ロシア 000000002005-04-04-00002005年4月4日 CIS, CoE, SCO サウジアラビア 000000002005-04-04-00002005年4月4日 GCC, AL シンガポール 000000002002-06-18-00002002年6月18日 ASEAN スリランカ 000000002003-06-21-00002003年6月21日 SAARC, BIMSTEC英語版タジキスタン 000000002006-06-05-00002006年6月5日 CIS, ECO, SCO タイ 000000002002-06-18-00002002年6月18日 ASEAN, BIMSTEC英語版), MGC英語版トルコ 000000002013-09-26-00002013年9月26日 CoE, ECO アラブ首長国連邦 000000002004-06-21-00002004年6月21日 GCC, AL ウズベキスタン 000000002006-06-05-00002006年6月5日 CIS, ECO, SCO ベトナム 000000002002-06-18-00002002年6月18日 ASEAN, MGC英語版) ^ 2004年9月27日ACD朝食会にて最終的に加盟確認された。 ^ a b c 国土一部ヨーロッパである。 ^ トルコ1999年以降欧州連合加盟候補国である。

※この「加盟国」の解説は、「アジア協力対話」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「アジア協力対話」の記事については、「アジア協力対話」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 21:12 UTC 版)

東南部アフリカ市場共同体」の記事における「加盟国」の解説

加盟国アフリカの角 加盟 ジブチ 1981年12月21日 エリトリア 1994年 エチオピア 1981年12月21日 北アフリカ エジプト 1999年1月6日 リビア 2005年6月3日 スーダン 1981年12月21日 インド洋 コモロ 1981年12月21日 マダガスカル " モーリシャス " セーシェル 2001年 アフリカ大湖沼 加盟 ブルンジ 1981年12月21日 ケニア " マラウイ " ルワンダ " ウガンダ " 南アフリカ エスワティニ 1981年12月21日 ザンビア " ジンバブエ " 中央アフリカ コンゴ民主共和国 1981年12月21日 南スーダン 2011年10月15日 旧加盟国脱退 レソト 1997年 モザンビーク 1997年 タンザニア 2000年9月2日 ナミビア 2004年5月2日 アンゴラ 2007年  ^ 10th COMESA summit ^ 自主停止:“SADC, COMESA and the EAC: Conflicting regional and trade agendas”. Institute for Global Dialogue (2008年10月). 2011年5月7日閲覧。 “African integration is great but has its hurdles”. New Vision (2010年5月26日). 2010年6月19日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2011年5月7日閲覧

※この「加盟国」の解説は、「東南部アフリカ市場共同体」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「東南部アフリカ市場共同体」の記事については、「東南部アフリカ市場共同体」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 06:50 UTC 版)

シェンゲン圏」の記事における「加盟国」の解説

シェンゲン圏26の国で構成されており、また2つの国が国管理維持しながらも協力国として参加している。シェンゲン圏のうち、アイスランドスイスノルウェーリヒテンシュタインの計4か国を除くすべての国が欧州連合加盟しており、このほかにもシェンゲン圏との境界を完全、または部分的な制限つきで開放している国家がある。欧州連合加盟していないアイスランドノルウェー2001年シェンゲン入りしているが、この2つの国は1996年シェンゲン圏入りしたほかの国とともに北欧旅券同盟形成していた。またこの2つの国と同様に、スイス2008年シェンゲン圏入りしている。シェンゲン協定はもともと欧州連合枠組み外で成立したものであり、欧州経済共同体加盟していた当時10か国のうち5か国によって結ばれたものであったシェンゲン関連規則完全な施行にあたってシェンゲン圏入りようとしている国は空域管制査証警察協力個人情報の保護についての準備状況審査を受ける必要がある。この審査過程には書面によるものや、欧州連合担当官による当該国関連機関への調査がある。 欧州連合加盟しているアイルランド以前加盟していたイギリス(2020年1月31日EU離脱)は、シェンゲン協定には参加しておらず、またアムステルダム条約シェンゲン関連法適用除外を受けている。その後イギリス警察司法協力関連の規定加わっている。アイルランドイギリス異なり2002年アムステルダム条約附属議定書4のもとでシェンゲン・アキの適用求めていたしかしながらその後アイルランド政府欧州連合理事会による審査求めるなど、シェンゲン圏入り向けた新たな要請行なっていない。 国面積 (km2)人口署名日または適用対象となった施行日対象外領域 ベルギー 7004305280000000000♠30,528 7007108275190000000♠10,827,519 1985年6月14日 1995年3月26日 ドイツ 7005357050000000000♠357,050 7007817575950000000♠81,757,595 1985年6月14日 1995年3月26日c フランス 7005674843000000000♠674,843 7007647094800000000♠64,709,480 1985年6月14日 1995年3月26日 すべての海外領土 ルクセンブルク 7003258600000000000♠2,586 7005502207000000000♠502,207 1985年6月14日 1995年3月26日 オランダ 7004415260000000000♠41,526 7007165768000000000♠16,576,800 1985年6月14日 1995年3月26日 アルバ アンティル スペイン 7005506030000000000♠506,030 7007460871700000000♠46,087,170 1992年6月25日 1995年3月26日 ポルトガル 7004923910000000000♠92,391 7007106368880000000♠10,636,888 1992年6月25日 1995年3月26日 イタリア 7005301318000000000♠301,318 7007603973530000000♠60,397,353 1990年11月27日 1997年10月26日 オーストリア 7004838710000000000♠83,871 7006837293000000000♠8,372,930 1995年4月28日 1997年12月1日 ギリシャ 7005131990000000000♠131,990 7007111251790000000♠11,125,179 1992年11月6日 2000年3月26日 デンマーク 7004430940000000000♠43,094 7006554708800000000♠5,547,088 1996年12月19日 2001年3月25日 グリーンランドd フェロー諸島d フィンランド 7005338145000000000♠338,145 7006535047500000000♠5,350,475 1996年12月19日 2001年3月25日 アイスランド a 7005103000000000000♠103,000 7005318755000000000♠318,755 1996年12月19日 2001年3月25日 ノルウェーa 7005385155000000000♠385,155 7006485482400000000♠4,854,824 1996年12月19日 2001年3月25日 スヴァールバル諸島e スウェーデン 7005449964000000000♠449,964 7006934789900000000♠9,347,899 1996年12月19日 2001年3月25日 チェコ 7004788660000000000♠78,866 7007105123970000000♠10,512,397 2004年5月1日 2007年12月21日b エストニア 7004452260000000000♠45,226 7006134027400000000♠1,340,274 2004年5月1日 2007年12月21日b ハンガリー 7004930300000000000♠93,030 7007100136280000000♠10,013,628 2004年5月1日 2007年12月21日b リトアニア 7004653030000000000♠65,303 7006332922700000000♠3,329,227 2004年5月1日 2007年12月21日b ラトビア 7004645890000000000♠64,589 7006224896100000000♠2,248,961 2004年5月1日 2007年12月21日b マルタ 7002316000000000000♠316 7005416333000000000♠416,333 2004年5月1日 2007年12月21日b ポーランド 7005312683000000000♠312,683 7007381638950000000♠38,163,895 2004年5月1日 2007年12月21日b スロバキア 7004490370000000000♠49,037 7006542405700000000♠5,424,057 2004年5月1日 2007年12月21日b スロベニア 7004202730000000000♠20,273 7006205411900000000♠2,054,119 2004年5月1日 2007年12月21日b スイスa 7004412850000000000♠41,285 7006776047700000000♠7,760,477 2004年10月26日 2008年12月12日 リヒテンシュタインa 7002160000000000000♠160 7004359810000000000♠35,981 2008年2月28日 2011年12月19日 a. ^ 欧州連合加盟していないが、シェンゲン関連では欧州連合連携している。b. ^ 陸上境界および港を対象したもの空港については2008年3月30日から対象となっている。c. ^ 東ドイツ西ドイツ吸収されたことで、旧東ドイツ領も1990年10月3日シェンゲン圏入りした。これ以前東ドイツシェンゲン協定対象外となっていた。d. ^ グリーンランドフェロー諸島査証必要としない渡航者については間接的にシェンゲン圏含まれることになる。デンマーク以外のシェンゲン加盟国が発行したシェンゲン査証ではグリーンランドフェロー諸島入ることできない。またデンマーク発行査証でも、特例認められているか、査証に「フェロー諸島において有効」「グリーンランドにおいて有効」と補記なされてなければこれらの領域入ることできないe. ^ ただしヤンマイエン島シェンゲン圏含まれる

※この「加盟国」の解説は、「シェンゲン圏」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「シェンゲン圏」の記事については、「シェンゲン圏」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/13 00:23 UTC 版)

コロンボ・プラン」の記事における「加盟国」の解説

アルファベット順( )内は加盟年。 アフガニスタン(1963) ミャンマー(1952) オーストラリア(1950) ネパール(1952) バングラデシュ(1972) ニュージーランド(1950) ブータン(1962) パキスタン(1950) フィジー(1972) パプアニューギニア(1973) インド(1950) フィリピン(1954) インドネシア(1953) シンガポール(1966) イラン(1966) スリランカ(1950) 日本(1954) タイ(1954) 韓国(1962) アメリカ(1951) ラオス(1951) ベトナム(2001) マレーシア(1957) モルジブ(1963) モンゴル(1998)

※この「加盟国」の解説は、「コロンボ・プラン」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「コロンボ・プラン」の記事については、「コロンボ・プラン」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/03/24 14:09 UTC 版)

南米ボクシング連盟」の記事における「加盟国」の解説

アルゼンチンブラジルボリビアチリエクアドルパラグアイペルーウルグアイの8カ国

※この「加盟国」の解説は、「南米ボクシング連盟」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「南米ボクシング連盟」の記事については、「南米ボクシング連盟」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/01 11:25 UTC 版)

世界理容美容機構」の記事における「加盟国」の解説

加盟国は組織強化の一環としてゾーン活動提唱している。6つゾーンのうち、自国位置するゾーン所属する。加盟国の理美容団体一つ団体のみとなっているが、日本からは全理連全美連の理事長交代で代表となることで加盟認められている。 EUゾーン 東ヨーロッパゾーン アフリカゾーン アメリカゾーン アジアゾーン

※この「加盟国」の解説は、「世界理容美容機構」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「世界理容美容機構」の記事については、「世界理容美容機構」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/14 23:04 UTC 版)

中央アジアサッカー協会」の記事における「加盟国」の解説

中央アジアサッカー協会には6つサッカー協会加盟している。また、6カ国全てアジアサッカー連盟の正式加盟国である。 協会所属男子代表女子代表 アフガニスタン 南アジアサッカー連盟SAFF)、20052014 アフガニスタン アフガニスタン イラン 西アジアサッカー連盟WAFF)、20002014 イラン イラン キルギス なし キルギス キルギス タジキスタン なし タジキスタン タジキスタン トルクメニスタン なし トルクメニスタン トルクメニスタン ウズベキスタン なし ウズベキスタン ウズベキスタン

※この「加盟国」の解説は、「中央アジアサッカー協会」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「中央アジアサッカー協会」の記事については、「中央アジアサッカー協会」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/05 14:23 UTC 版)

原子力供給国グループ」の記事における「加盟国」の解説

1974年設立当初原加盟国カナダ旧西ドイツフランス日本旧ソ連イギリスアメリカの7カ国で、その後徐々に加盟国は増加していった。 2004年には中国加盟果たしている。 2013年現在、以下の48カ国加盟している。 アルゼンチンオーストラリアオーストリアベラルーシベルギーブラジルブルガリアカナダ中国クロアチアキプロスチェコデンマークエストニアフィンランドフランスドイツギリシャハンガリーアイスランドアイルランドイタリア日本カザフスタン韓国ラトビアリトアニアルクセンブルクマルタメキシコオランダニュージーランドノルウェーポーランドポルトガルルーマニアロシアセルビアスロバキアスロベニア南アフリカスペインスウェーデンスイストルコウクライナイギリスアメリカ

※この「加盟国」の解説は、「原子力供給国グループ」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「原子力供給国グループ」の記事については、「原子力供給国グループ」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/20 00:28 UTC 版)

ラテンアメリカ議会」の記事における「加盟国」の解説

2013年現在の加盟国。 アルゼンチン アルバ ブラジル ボリビア チリ コロンビア コスタリカ キューバ キュラソー島 ドミニカ共和国 エクアドル エルサルバドル グアテマラ ホンジュラス メキシコ ニカラグア パナマ パラグアイ ペルー シント・マールテン スリナム ウルグアイ ベネズエラ

※この「加盟国」の解説は、「ラテンアメリカ議会」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「ラテンアメリカ議会」の記事については、「ラテンアメリカ議会」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 00:36 UTC 版)

国連大使」の記事における「加盟国」の解説

#国名氏名氏名 (特記のない限りラテン文字表記)信任され年月日(2022年2月25日時点) 前任者1. アフガニスタン Naseer Ahmad Faiq 臨時代理大使 en:Permanent Representative of Afghanistan to the United Nationsを参照 2. アルバニア フェリット・ホッジャ Ferit Hoxha 000000002021-10-26-00002021年10月26日 Permanent Representative of Albania to the United Nationsを参照 3. アルジェリア Mohamed Ennadir Larbaoui 000000002022-01-13-00002022年1月13日 Sabri Boukadoum (000000002014-03-14-00002014年3月14日 - ?)、Sofiane Mimouni (000000002019-10-15-00002019年10月15日 - ?) 4. アンドラ Elisenda Vives Balmaña 000000002015-11-03-00002015年11月3日 5. アンゴラ Maria de Jesus dos Reis Ferreira 000000002018-05-21-00002018年5月21日 6. アンティグア・バーブーダ ウォルトン・アルフォンソ・ウェブソン Walton Alfonso Webson 000000002014-12-17-00002014年12月17日 7. アルゼンチン María del Carmen Squeff 000000002020-08-31-00002020年8月31日 8. アルメニア Mher Margaryan 000000002018-08-31-00002018年8月31日 9. オーストラリア ミッチェル・ピーター・フィフィールド Mitchell Peter Fifield 000000002019-10-22-00002019年10月22日 en:Permanent Representative of Australia to the United Nationsを参照 10. オーストリア アレクサンダー・マルシク Alexander Marschik 000000002020-07-06-00002020年7月6日 11. アゼルバイジャン ヤシャル・T・アリイェフ Yashar T. Aliyev 000000002014-06-10-00002014年6月10日 12. バハマ Charmaine Williams 臨時代理大使 Sheila Carey (000000002017-09-13-00002017年9月13日 - ?), Chet Donovan Neymour 13. バーレーン Jamal Fares Alrowaiei 000000002011-09-14-00002011年9月14日 14. バングラデシュ ラバブ・ファテマ Rabab Fatima 000000002019-12-06-00002019年12月6日 en:Permanent Representative of Bangladesh to the United Nationsを参照 15. バルバドス フランソワ・アヨデレ・ジャックマン François Ayodele Jackman 000000002021-05-21-00002021年5月21日 en:Permanent Representative of Barbados to the United Nationsを参照 16. ベラルーシ ヴァレンティン・ルィバコフ Valentin Rybakov (ロシア語: Валентин Рыбаков) 000000002017-09-15-00002017年9月15日 en:Permanent Representative of Belarus to the United Nationsを参照 17. ベルギー Philippe Kridelka 000000002020-08-10-00002020年8月10日 en:List of Belgian Permanent Representatives to the United Nationsを参照 18. ベリーズ Carlos Cecil Fuller 000000002021-03-31-00002021年3月31日 19. ベナン マルク・エルマンヌ・G・アラバ Marc Hermanne G. Araba 000000002021-01-05-00002021年1月5日 20. ブータン ドマ・ツェリング Doma Tshering 000000002017-09-13-00002017年9月13日 21. ボリビア Diego Pary Rodríguez 000000002020-12-11-00002020年12月11日 22. ボスニア・ヘルツェゴビナ スヴェン・アルカライ Sven Alkalaj 000000002019-07-05-00002019年7月5日 23. ボツワナ Collen Vixen Kelapile 000000002018-10-26-00002018年10月26日 24. ブラジル ホナルド・コスタ・フィリョ Ronaldo Costa Filho 000000002020-02-06-00002020年2月6日 25. ブルネイ Noor Qamar Sulaiman 000000002019-02-18-00002019年2月18日 26. ブルガリア ラチェザラ・ストエヴァ Lachezara Stoeva (ブルガリア語: Лъчезара Стоева) 000000002021-02-17-00002021年2月17日 ゲオルギ・ヴェリコフ・パナヨトフ(英語版) 27. ブルキナファソ セードゥ・シンカ Seydou Sinka 000000002021-09-16-00002021年9月16日 28. ブルンジ ゼフィラン・マニラタンガ Zéphyrin Maniratanga 000000002021-04-26-00002021年4月26日 29. カーボベルデ Júlio César Freire de Morais 000000002021-11-18-00002021年11月18日 José Luis Fialho Rocha (000000002016-12-05-00002016年12月5日 - ?) 30. カンボジア Sovann Ke 000000002018-08-13-00002018年8月13日 31. カメルーン ミシェル・トンモ・モンテ Michel Tommo Monthé 000000002008-09-08-00002008年9月8日 32. カナダ Robert Rae 000000002020-08-31-00002020年8月31日 Category:カナダ国連大使en:Permanent Representative of Canada to the United Nationsを参照 33. 中央アフリカ共和国 マルシアン・オーバン・クパタマンゴ Marcien Aubin Kpatamango 臨時代理大使 34. チャド Ammo Aziza Baroud 000000002020-12-11-00002020年12月11日 35. チリ Milenko E. Skoknic Tapia 000000002018-05-21-00002018年5月21日 en:Permanent Representative of Chile to the United Nationsを参照 36. 中国 張軍(中国語版Zhang Jun 000000002019-07-30-00002019年7月30日 Category:中華人民共和国国連大使en:Permanent Representative of China to the United Nationsを参照 37. コロンビア ギジェルモ・ロケ・フェルナンデス・デ・ソト・バルデルラマ Guillermo Roque Fernández de Soto Valderrama 000000002018-10-26-00002018年10月26日 en:Permanent Representative of Colombia to the United Nationsを参照 38. コモロ Issimail Chanfi 000000002020-12-04-00002020年12月4日 39. コンゴ共和国 レーモン・セルジュ・バレ Raymond Serge Balé 000000002008-11-11-00002008年11月11日 40. コスタリカ ロドリーゴ・アルベルト・カラソ Rodrigo Alberto Carazo 000000002018-08-31-00002018年8月31日 41. コートジボワール カク・ワジャ・レオン・アドム Kacou Houadja Léon Adom 000000002018-07-12-00002018年7月12日 42. クロアチア イヴァン・シモノヴィッチ Ivan Šimonović 000000002019-09-16-00002019年9月16日 en:Permanent Representative of Croatia to the United Nationsを参照 43. キューバ ペドロ・ルイス・ペドローソ・クエスタ Pedro Luis Pedroso Cuesta 000000002020-10-16-00002020年10月16日 44. キプロス アンドレアス・ハジフリサンスー Andreas Hadjichrysanthou (ギリシア語: Ανδρέας Χατζηχρυσάνθου) 000000002021-02-17-00002021年2月17日 45. チェコ ヤクプ・クルハーネク Jakub Kulhánek 000000002022-02-15-00002022年2月15日 マリエ・ハタルドヴァー(英語版) (000000002016-08-02-00002016年8月2日 - ?) 46. 朝鮮民主主義人民共和国 キム・ソン Kim Song 000000002018-09-20-00002018年9月20日 Category:朝鮮民主主義人民共和国国連大使を参照 47. コンゴ民主共和国 ジョルジュ・ンゾンゴラ・ンタラジャ Georges Nzongola-Ntalaja 000000002022-01-13-00002022年1月13日 48. デンマーク Martin Bille Hermann 000000002019-01-14-00002019年1月14日 49. ジブチ Mohamed Siad Doualeh 000000002015-11-24-00002015年11月24日 50. ドミニカ国 ロリーン・ルース・バニス=ロバーツ Loreen Ruth Bannis-Roberts 000000002016-08-22-00002016年8月22日 51. ドミニカ共和国 ホセ・アルフォンソ・ブランコ・コンデ José Alfonso Blanco Conde 000000002020-10-19-00002020年10月19日 52. エクアドル クリスティアン・エスピノサ・カニサレス Cristian Espinosa Cañizares 000000002020-09-28-00002020年9月28日 53. エジプト Osama Mahmoud Abdel Khalek Mahmoud 000000002021-09-16-00002021年9月16日 Category:エジプト国連大使を参照 54. エルサルバドル Egriselda Aracely González López 000000002019-08-21-00002019年8月21日 Category:エルサルバドル国連大使を参照 55. 赤道ギニア アナトリオ・ンドン・ンバ Anatolio Ndong Mba 000000002010-01-07-00002010年1月7日 56. エリトリア ソフィア・テスファマリアム Sophia Tesfamariam 000000002019-09-05-00002019年9月5日 57. エストニア スヴェン・ユルゲンソン Sven Jürgenson 000000002015-08-13-00002015年8月13日 58. エスワティニ Melusi Martin Masuku 000000002017-07-05-00002017年7月5日 59. エチオピア Taye Atske Sellassie Amde 000000002018-09-10-00002018年9月10日 60. フィジー サチェンドラ・プラサード Satyendra Prasad 000000002018-05-21-00002018年5月21日 61. フィンランド ユッカ・サロヴァーラ Jukka Salovaara 000000002019-06-04-00002019年6月4日 en:Permanent Representative of Finland to the United Nationsを参照 62. フランス ニコラ・ド・リヴィエール Nicolas de Rivière 000000002019-07-08-00002019年7月8日 en:Permanent Representative of France to the United Nationsを参照 63. ガボン ミシェル・グザヴィエ・ビアン Michel Xavier Biang 000000002017-08-18-00002017年8月18日 64. ガンビア ラン・ヤブー Lang Yabou 000000002018-10-18-00002018年10月18日 65. ジョージア カハ・イムナゼ Kaha Imnadze 000000002013-07-23-00002013年7月23日 66. ドイツ アンチェ・レーンデルツェ Antje Leendertse 000000002021-09-16-00002021年9月16日 en:Permanent Representative of Germany to the United Nationsを参照 67. ガーナ ハロルド・アドライ・アジェマン Harold Adlai Agyeman 000000002021-05-21-00002021年5月21日 68. ギリシャ マリア・テオフィリ Maria Theofili 000000002017-09-13-00002017年9月13日 69. グレナダ ケーシャ・A・マグワイア Keisha A. McGuire 000000002016-04-12-00002016年4月12日 en:Grenadian Permanent Representative to the United Nationsを参照 70. グアテマラ ルイス・アントニオ・ラム・パディージャ Luis Antonio Lam Padilla 000000002019-09-05-00002019年9月5日 71. ギニア Aly Diane 000000002021-01-28-00002021年1月28日 72. ギニアビサウ エンリケ・アドリアーノ・ダ・シルヴァ Henrique Adriano Da Silva 000000002021-02-18-00002021年2月18日 73. ガイアナ カロリン・ロドリゲス=バーケット Carolyn Rodrigues-Birkett 000000002020-10-02-00002020年10月2日 Category:ガイアナ国連大使en:Permanent Representative of Guyana to the United Nationsを参照 74. ハイチ Antonio Rodrigue 000000002020-09-04-00002020年9月4日 75. ホンジュラス メアリー・エリザベス・フローレス Mary Elizabeth Flores 000000002010-04-29-00002010年4月29日 en:Permanent Representative of Honduras to the United Nationsを参照 76. ハンガリー ホルヴァート・ジュジャンナ Zsuzsanna Horváth 000000002021-02-16-00002021年2月16日 77. アイスランド Jörundur Valtýsson 000000002019-09-05-00002019年9月5日 78. インド T・S・ティルムルティ T. S. Tirumurti 000000002020-05-19-00002020年5月19日 en:Permanent Representative of India to the United Nationsを参照 79. インドネシア Arrmanatha C. Nasir 000000002022-01-04-00002022年1月4日 Category:インドネシア国連大使en:Permanent Representative of Indonesia to the United Nationsを参照 80. イラン マジード・タフテ=ラヴァーンチー Majid Takht-Ravanchi 000000002019-04-23-00002019年4月23日 Category:イラン国連大使en:Permanent Representative of Iran to the United Nationsを参照 81. イラク モハメド・フセイン・バール・アルルーム Mohammed Hussein Bahr Aluloom 000000002017-09-12-00002017年9月12日 en:Permanent Representative of Iraq to the United Nationsを参照 82. アイルランド ジェラルディン・バーン・ネイソン Geraldine Byrne Nason 000000002017-08-18-00002017年8月18日 83. イスラエル ギラド・エルダン Gilad Erdan 000000002020-08-12-00002020年8月12日 Category:イスラエルの国連大使en:Permanent Representative of Israel to the United Nationsを参照 84. イタリア マウリツィオ・マッサーリ Maurizio Massari 000000002021-07-19-00002021年7月19日 en:Permanent Representative of Italy to the United Nationsを参照 85. ジャマイカ ブライアン・クリストファー・マンリー・ウォレス Brian Christopher Manley Wallace 000000002021-09-16-00002021年9月16日 86. 日本 石兼公博 Ishikane Kimihiro 000000002019-11-19-00002019年11月19日 #日本の国連大使を参照 87. ヨルダン Mahmoud Daifallah Hmoud 000000002021-09-02-00002021年9月2日 88. カザフスタン マグジャン・イリャッソフ Magzhan Ilyassov 000000002020-10-26-00002020年10月26日 89. ケニア マーティン・キマニ Martin Kimani 000000002020-12-03-00002020年12月3日 90. キリバス テブロロ・シト Teburoro Tito 000000002017-09-13-00002017年9月13日 91. クウェート Mansour Ayyad Sh. A. Alotaibi 000000002010-03-04-00002010年3月4日 92. キルギス Aida Kasymalieva 000000002022-02-15-00002022年2月15日 Mirgul Moldoisaeva (000000002016-04-12-00002016年4月12日) 93. ラオス Anouparb Vongnorkeo 000000002020-01-28-00002020年1月28日 94. ラトビア Andrejs Pildegovičs 000000002018-09-05-00002018年9月5日 95. レバノン Amal Mudallali 000000002018-01-15-00002018年1月15日 96. レソト Nkopane Raseeng Monyane 000000002019-02-18-00002019年2月18日 97. リベリア Dee-Maxwell Saah Kemayah, Sr. 000000002018-09-20-00002018年9月20日 en:Permanent Representative of Liberia to the United Nationsを参照 98. リビア Taher M. El-Sonni 000000002020-01-06-00002020年1月6日 Category:リビア国連大使を参照 99. リヒテンシュタイン Christian Wenaweser 000000002002-10-01-00002002年10月1日 100. リトアニア リーティス・パウラウスカス Rytis Paulauskas 000000002021-05-25-00002021年5月25日 en:Permanent Representative of Lithuania to the United Statesを参照 101. ルクセンブルク Olivier Maes 000000002021-07-15-00002021年7月15日 en:Permanent Representative of Luxembourg to the United Nationsを参照 102. マダガスカル ヴェル・ヘニンツォ・アンドリアミアリソ Vero Henintsoa Andriamiarisoa 臨時代理大使 103. マラウイ アグネス・メアリー・チンビリ=モランデ Agnes Mary Chimbiri-Molande 000000002022-01-13-00002022年1月13日 104. マレーシア Syed Mohamad Hasrin Aidid 000000002019-07-05-00002019年7月5日 105. モルディブ ティルミーザ・フセイン Thilmeeza Hussain 000000002019-05-21-00002019年5月21日 Category:モルディブ国連大使を参照 106. マリ イッサ・コンフル Issa Konfourou 000000002016-09-09-00002016年9月9日 107. マルタ Vanessa Frazier 000000002020-01-06-00002020年1月6日 108. マーシャル諸島 アマトレン・エリザベス・カブア Amatlain Elizabeth Kabua 000000002016-07-05-00002016年7月5日 109. モーリタニア シディ・モハメド・ラグダフ Sidi Mohamed Laghdaf 000000002020-08-20-00002020年8月20日 110. モーリシャス ジャグディシュ・ダラムチャンド・クーンジュル Jagdish Dharamchand Koonjul 000000002015-11-24-00002015年11月24日 111. メキシコ フアン・ラモン・デ・ラ・フエンテ・ラミレス Juan Ramón de la Fuente Ramírez 000000002019-02-18-00002019年2月18日 en:Permanent Mission of Mexico to the United Nationsを参照 112. ミクロネシア連邦 ジェーン・ジミー・チギヤル Jane J. Chigiyal 000000002011-12-02-00002011年12月2日 113. モナコ イザベル・F・ピッコ Isabelle F. Picco 000000002009-09-11-00002009年9月11日 114. モンゴル ヴォルシロヴィーン・エンフボルド Vorshilov Enkhbold (モンゴル語: Воршиловын Энхболд) 000000002020-02-20-00002020年2月20日 115. モンテネグロ ミリツァ・ペヤノヴィッチ・ジュリシッチ Milica Pejanović Đurišić 000000002018-05-21-00002018年5月21日 116. モロッコ オマル・ヒラール Omar Hilale 000000002014-04-23-00002014年4月23日 en:Permanent Representative of Morocco to the United Nationsを参照 117. モザンビーク ペドロ・コミサリオ・アフォンソ Pedro Comissário Afonso 000000002020-12-08-00002020年12月8日 118. ミャンマー チョー・モー・トゥン Kyaw Moe Tun 000000002020-10-20-00002020年10月20日 Category:ミャンマー国連大使を参照 119. ナミビア ネヴィル・メルヴィン・ヘルツェ Neville Melvin Gertze 000000002017-01-09-00002017年1月9日 120. ナウル Margo Reminisse Deiye 000000002020-11-27-00002020年11月27日 121. ネパール アムリット・バハードゥル・ラーイ Amrit Bahadur Rai 000000002019-03-08-00002019年3月8日 122. オランダ Yoka Brandt 000000002020-09-02-00002020年9月2日 123. ニュージーランド Carolyn Schwalger 000000002022-01-04-00002022年1月4日 Category:ニュージーランド国連大使List of Permanent Representatives of New Zealand to the United Nationsを参照 124. ニカラグア ハイメ・エルミダ・カスティージョ Jaime Hermida Castillo 000000002018-10-18-00002018年10月18日 125. ニジェール アブドゥ・アバリー Abdou Abarry 000000002019-06-04-00002019年6月4日 126. ナイジェリア ティッジャニ・ムハンマド・バンデ Tijjani Muhammad Bande 000000002017-05-03-00002017年5月3日 127. 北マケドニア ドゥシュコ・ウズノフスキ Dushko Uzunovski (マケドニア語: Душко Узуновски) 臨時代理大使 128. ノルウェー Mona Juul 000000002019-01-14-00002019年1月14日 129. オマーン モハメド・アル・ハッサン Mohamed Al Hassan 000000002019-08-21-00002019年8月21日 130. パキスタン ムニール・アクラム Munir Akram 000000002019-11-05-00002019年11月5日 en:Permanent Representative of Pakistan to the United Nationsを参照 131. パラオ Ilana Victorya Seid 000000002021-09-16-00002021年9月16日 132. パナマ マルコバ・コンセプシオン・ハラミージョ Markova Concepción Jaramillo 000000002020-11-16-00002020年11月16日 en:Permanent Representative of Panama to the United Nationsを参照 133. パプアニューギニア Max Hufanen Rai 000000002016-06-09-00002016年6月9日 134. パラグアイ フリオ・セサール・アルオラ・ラミレス Julio César Arriola Ramirez 000000002017-03-21-00002017年3月21日 135. ペルー マヌエル・ロドリゲス・クアドロス Manuel Rodriguez Cuadros 000000002021-10-14-00002021年10月14日 136. フィリピン エンリケ・アウストリア・マナロ Enrique Austria Manalo 000000002020-07-27-00002020年7月27日 en:Permanent Representative of the Philippines to the United Nationsを参照。 137. ポーランド クシシュトフ・シュチェルスキ Krzysztof Szczerski 000000002021-09-02-00002021年9月2日 ヨアンナ・ヴロネツカ(英語版) (000000002017-12-19-00002017年12月19日 - ?) 138. ポルトガル フランシスコ・アントニオ・ドゥアルテ・ロペス Francisco António Duarte Lopes 000000002017-09-13-00002017年9月13日 139. カタール Sheikha Alya Ahmed Saif Al-Thani 000000002013-10-24-00002013年10月24日 140. 韓国 チョ・ヒョン Cho Hyun 000000002019-10-22-00002019年10月22日 141. モルドバ ゲオルゲ・レウカ Gheorghe Leucă 000000002021-11-18-00002021年11月18日 en:Permanent Representative of Moldova to the United Nationsを参照 142. ルーマニア イオン・ジンガ Ion Jinga 000000002015-08-13-00002015年8月13日 143. ロシア ヴァシリー・A・ネベンジャ Vassily A. Nebenzia 000000002017-07-28-00002017年7月28日 Category:ロシア連邦国連大使en:Permanent Representative of Russia to the United Nationsを参照 144. ルワンダ ロバート・カイナムラ Robert Kayinamura 臨時代理大使 ヴァレンティン・ルグワビザ(英語版) (000000002016-11-11-00002016年11月11日 - ?) 145. セントクリストファー・ネイビス イアン・マクドナルド・リバード Ian MacDonald Liburd 000000002021-01-18-00002021年1月18日 146. セントルシア コスモス・リチャードソン Cosmos Richardson 000000002017-02-22-00002017年2月22日 147. セントビンセント・グレナディーン インガ・ロンダ・キング Inga Rhonda King 000000002013-09-13-00002013年9月13日 148. サモア Fatumanava-o-Upolu III Pa'olelei Luteru 000000002021-06-02-00002021年6月2日 149. サンマリノ ダミアーノ・ベレッフィ Damiano Beleffi 000000002016-08-22-00002016年8月22日 150. サントメ・プリンシペ Alcínio Cravid e Silva 臨時代理大使 151. サウジアラビア アブダッラー・Y・アル=ムアッリミー Abdallah Y. Al-Mouallimi 000000002011-06-23-00002011年6月23日 152. セネガル シェーク・ニアン Cheikh Niang 000000002018-07-12-00002018年7月12日 153. セルビア ネマニャ・ステパノヴィッチ Nemanja Stevanović (セルビア語: Немања Стевановић) 000000002021-03-12-00002021年3月12日 154. セーシェル イアン・デレク・ジョゼフ・マドレーヌ Ian Dereck Joseph Madeleine 000000002021-09-16-00002021年9月16日 155. シエラレオネ Alhaji Fanday Turay 000000002021-09-02-00002021年9月2日 156. シンガポール ブルハン・ガフール Burhan Gafoor 000000002016-08-22-00002016年8月22日 157. スロバキア ミハル・ムリナール Michal Mlynár 000000002017-08-18-00002017年8月18日 158. スロベニア ボシュティヤン・マロヴルフ Boštjan Malovrh 000000002021-06-22-00002021年6月22日 Category:スロベニア国連大使を参照 159. ソロモン諸島 ロバート・シシロ Robert Sisilo 000000002017-01-23-00002017年1月23日 160. ソマリア Abukar Dahir Osman 000000002017-07-26-00002017年7月26日 161. 南アフリカ Mathu Theda Joyini 000000002021-01-22-00002021年1月22日 162. 南スーダン Akuei Bona Malwal 000000002016-07-05-00002016年7月5日 163. スペイン アグスティン・サントス・マラベル Agustín Santos Maraver 000000002018-09-05-00002018年9月5日 164. スリランカ Peter Mohan Maithri Pieris 000000002021-01-13-00002021年1月13日 en:Permanent Representative of Sri Lanka to the United Nationsを参照 165. スーダン Ammar Mohammed Mahmoud Mohammed 臨時代理大使 Mohamed Ibrahim Mohamed Elbahi (臨時代理大使) 166. スリナム Sunil Algram Sitaldin 000000002022-01-04-00002022年1月4日 167. スウェーデン アンナ・カリン・エネストレーム Anna Karin Eneström 000000002020-01-06-00002020年1月6日 en:Permanent Representative of Sweden to the United Nationsを参照 168. スイス Pascale Christine Baeriswyl 000000002020-06-26-00002020年6月26日 169. シリア バッサーム・サッバーグ Bassam Sabbagh (アラビア語: بسام صباغ‎) 000000002021-02-23-00002021年2月23日 en:Permanent Representative of Syria to the United Nationsを参照 170. タジキスタン ジョニベク・イスモイル・ヒクマト Jonibek Ismoil Hikmat 000000002021-06-04-00002021年6月4日 171. タイ スリヤー・チンダーウォン Suriya Chindawongse (タイ語: สุริยา จินดาวงษ์) 000000002021-12-06-00002021年12月6日 172. 東ティモール Karlito Nunes 000000002021-08-12-00002021年8月12日 173. トーゴ コフィ・アカクポ Koffi Akakpo 臨時代理大使 Kokou Kpayedo (000000002016-06-30-00002016年6月30日 - ?) 174. トンガ ヴィリアミ・ヴァインガ・トーネー Viliami Va'inga 000000002018-07-05-00002018年7月5日 175. トリニダード・トバゴ デニス・フランシス Dennis Francis 000000002021-09-02-00002021年9月2日 176. チュニジア Tarek Ladeb 000000002020-09-17-00002020年9月17日 177. トルコ フェリドゥン・ハディ・シニルリオール Feridun Hadi Sinirlioğlu 000000002016-10-21-00002016年10月21日 178. トルクメニスタン アクソルタン・アタイェワ Aksoltan Ataeva 000000001995-02-23-00001995年2月23日 179. ツバル サミュエル・ラロニウ Samuelu Laloniu 000000002017-07-26-00002017年7月26日 en:Permanent Representative of Tuvalu to the United Nationsを参照 180. ウガンダ アドニア・アイェバレ Adonia Ayebare 000000002017-05-03-00002017年5月3日 181. ウクライナ セルギー・キスリツァ Sergiy Kyslytsya 000000002020-02-20-00002020年2月20日 en:Permanent Representative of Ukraine to the United Nationsを参照 182. アラブ首長国連邦 ラーナー・ザキー・ヌッセイベー Lana Zaki Nusseibeh 000000002013-09-18-00002013年9月18日 183. イギリス バーバラ・ウッドワード Dame Barbara Woodward 000000002020-12-02-00002020年12月2日 en:Permanent Representative of the United Kingdom to the United Nationsを参照 184. タンザニア ケネディー・ゴドフリー・ガストーン Kennedy Godfrey Gastorn 000000002020-03-13-00002020年3月13日 en:Permanent Representative of Tanzania to the United Nationsを参照 185. アメリカ リンダ・トマス=グリーンフィールド Linda Thomas-Greenfield 000000002021-02-25-00002021年2月25日 アメリカ合衆国国際連合大使を参照 186. ウルグアイ カルロス・ダニエル・アモリン・テンコニ Carlos Daniel Amorín Tenconi 000000002019-10-15-00002019年10月15日 187. ウズベキスタン バフティヨル・イブラギモフ Bakhtiyor Ibragimov 000000002017-05-23-00002017年5月23日 188. バヌアツ オド・テヴィ Odo Tevi 000000002014-08-13-00002014年8月13日 189. ベネズエラ サムエル・R・モンカンダ・アコスタ Samuel R. Moncada Acosta 000000002017-12-19-00002017年12月19日 190. ベトナム ダン・ホアン・ザン ベトナム語: Đặng Hoàng Giang 000000002022-02-25-00002022年2月25日 ダン・ディン・クイ(ベトナム語版) (000000002018-07-12-00002018年7月12日 - ?) 191. イエメン アブドゥッラー・アリー・ファデル・アッサーディ Abdullah Ali Fadhel Al-Saadi 000000002018-12-20-00002018年12月20日 192. ザンビア ンゴサ・シンビャクラ Ngosa Simbyakula 000000002020-01-28-00002020年1月28日 en:Permanent Representative of Zambia to the United Nationsを参照 193. ジンバブエ アルバート・ランガナイ・チンビンディ Albert Ranganai Chimbindi 000000002021-07-26-00002021年7月26日

※この「加盟国」の解説は、「国連大使」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「国連大使」の記事については、「国連大使」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/13 10:03 UTC 版)

欧州宇宙機関」の記事における「加盟国」の解説

加盟国・他国地位年月日 オーストリア 加盟国 1986/12/30 ベルギー 加盟国 1978/10/03 チェコ 加盟国 2008/11/12 デンマーク 加盟国 1977/09/15 エストニア 加盟国 2015/02/04 フィンランド 加盟国 1995/01/01 フランス 加盟国 1980/10/30 ドイツ 加盟国 1977/07/26 ギリシャ 加盟国 2005/03/09 ハンガリー 加盟国 2015/02/24 アイルランド 加盟国 1980/12/10 イタリア 加盟国 1978/02/20 ルクセンブルク 加盟国 2005/06/30 オランダ 加盟国 1979/02/06 ノルウェー 加盟国 1986/12/30 ポーランド 加盟国 2012/11/19 ポルトガル 加盟国 2000/11/14 ルーマニア 加盟国 2011/12/22 スペイン 加盟国 1979/02/07 スウェーデン 加盟国 1976/04/06 スイス 加盟国 1976/11/19 イギリス 加盟国 1978/03/28 カナダ 特別協力国 1979/01/01 ラトビア 準加盟国 2020/06/30 リトアニア 準加盟国 2021/05/03 スロベニア 準加盟国 2016/07/05 正式な加盟国以外にスロベニアラトビアリトアニア準加盟国として参加している。スロベニアラトビアリトアニアスロバキアブルガリアキプロス協力国(ECS: European Cooperating State)となっており、そのうちスロベニアラトビアブルガリア参加予定協力国 (PECS: Plan for European Cooporating State) として加わっている。トルコウクライナイスラエルマルタクロアチア協力協定調印している。またカナダ1979年から特別協力国の地位を持つ。カナダ宇宙庁ESA意思決定参画している。

※この「加盟国」の解説は、「欧州宇宙機関」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「欧州宇宙機関」の記事については、「欧州宇宙機関」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/03 00:41 UTC 版)

欧州・コーカサス・アジア輸送回廊」の記事における「加盟国」の解説

現在までのTRACECA加盟国は以下の通り: アルメニア アゼルバイジャン ブルガリア ジョージア カザフスタン キルギス イラン モルドバ ルーマニア トルコ ウクライナ ウズベキスタン タジキスタン トルクメニスタン 加えて28カ国参加 欧州連合 2009年9月ブリュッセル会議における要請受理を受けてイランが正式加盟しかしながらTRACECA取り組みに対する技術支援の提供が行われなかったことから2010年国連安全保障理事会および欧州連合制裁決議行った2016年7月ギリシャTRACECA活動オブザーバーとして参加したい旨の考え表明した

※この「加盟国」の解説は、「欧州・コーカサス・アジア輸送回廊」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「欧州・コーカサス・アジア輸送回廊」の記事については、「欧州・コーカサス・アジア輸送回廊」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/03 04:28 UTC 版)

ハーグ統一売買法条約」の記事における「加盟国」の解説

加盟国は、ベルギーガンビア西ドイツ当時)、イスラエルイタリアルクセンブルクオランダサンマリノイギリスであったその後ウィーン売買条約加盟した西ドイツイタリア、オランダルクセンブルクは、同条99に基づき同条加盟と同時にハーグ統一売買法条約廃棄している。

※この「加盟国」の解説は、「ハーグ統一売買法条約」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「ハーグ統一売買法条約」の記事については、「ハーグ統一売買法条約」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/05 04:52 UTC 版)

経済協力開発機構原子力機関」の記事における「加盟国」の解説

下の34カ国、加盟国はOECD加盟存在するアルゼンチン オーストラリア オーストリア ベルギー ブルガリア カナダ チェコ デンマーク フィンランド フランス ドイツ ギリシャ ハンガリー アイスランド アイルランド イタリア 日本 ルクセンブルク メキシコ オランダ ノルウェー ポーランド ポルトガル ルーマニア ロシア スロバキア スロベニア 韓国 スペイン スウェーデン スイス トルコ イギリス アメリカ合衆国

※この「加盟国」の解説は、「経済協力開発機構原子力機関」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「経済協力開発機構原子力機関」の記事については、「経済協力開発機構原子力機関」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/03 23:15 UTC 版)

欧州環境機関」の記事における「加盟国」の解説

2013年現在欧州環境機関参加しているのは次の国々である。 欧州連合加盟28か国 欧州連合外の加盟国 アイスランド リヒテンシュタイン ノルウェー スイス トルコ 協力国 アルバニア ボスニア・ヘルツェゴビナ コソボ 北マケドニア モンテネグロ セルビア

※この「加盟国」の解説は、「欧州環境機関」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「欧州環境機関」の記事については、「欧州環境機関」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/05 09:06 UTC 版)

北アメリカサッカー連合」の記事における「加盟国」の解説

カナダ メキシコ アメリカ合衆国 なお バミューダ諸島地域カテゴリー上は北アメリカに当たるが、地理的な関係でカリブ海サッカー連合参加している。

※この「加盟国」の解説は、「北アメリカサッカー連合」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「北アメリカサッカー連合」の記事については、「北アメリカサッカー連合」の概要を参照ください。


加盟国


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/19 14:41 UTC 版)

ベンガル湾多分野技術経済協力イニシアチブ」の記事における「加盟国」の解説

設立時1997年バングラデシュ インド スリランカ タイ 加盟国 ミャンマー1997年ネパール2004年ブータン2004年) 表 話 編 歴 地域統合アジア東アジアサミット東アジア共同体 東南アジア諸国連合 (ASEAN)+3 三国協力事務局 南アジア地域協力連合 湾岸協力会議 ユーラシア経済連合 アジア相互協力信頼醸成措置会議 アジア協力対話 ベンガル湾多分野技術経済協力イニシアチブ オセアニア太平洋諸島フォーラム 南太平洋委員会 太平洋共同体事務局 ヨーロッパ欧州評議会 北欧理事会 欧州連合 (EU) シェンゲン協定 東方パートナーシップ 欧州自由貿易連合 (EFTA) 欧州経済領域 (EEA) 中欧自由貿易協定 (CEFTA) 南東欧協力プロセス (SEECP) GUAM ベラルーシ・ロシア連合国家 ヴィシェグラード・グループ アフリカアフリカ連合 (AU) CFAフラン アフリカ大陸自由貿易協定 西アフリカ諸国経済共同体 中部アフリカ諸国経済共同体 東アフリカ共同体 南部アフリカ開発共同体 東南部アフリカ市場共同体 アラブ・マグレブ連合 サヘル・サハラ諸国国家共同体 アメリカ米州機構 (OAS) ラテンアメリカ経済機構 北米自由貿易協定 (NAFTA) 南米諸国連合 メルコスール アンデス共同体 カリブ共同体 東カリブ諸国機構東カリブ・ドル中米統合機構 ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体 (CELAC) ラテンアメリカ統合連合 カリブ諸国連合 太平洋同盟 大州太平洋集団安全保障構想 アラブ連盟アフリカ-ユーラシアアジア太平洋経済協力APECユーラシア-オセアニア-アメリカイベロアメリカ首脳会議南アメリカ-スペイン・ポルトガル欧州安全保障協力機構OSCE北アメリカ-ユーラシア北大西洋条約機構NATO北アメリカ-ユーラシア独立国家共同体CIS旧ソ連構成国ユーラシア経済連合ヨーロッパ-ユーラシア経済協力機構ECO中央ユーラシア黒海経済協力機構SCOユーラシアイスラム協力機構OICユーラシアアフリカ南アメリカ平和のためのパートナーシップ北アメリカ-ユーラシア上海協力機構ユーラシア地中海連合ユーラシア-アフリカアジア欧州会合ASEMユーラシア大西洋横断貿易投資パートナーシップ協定 (TTIP/EU-USA) 環太平洋戦略的経済連携協定TPPユーラシア-オセアニア-アメリカ東南アジア諸国連合地域フォーラムARFユーラシア-アメリカ東アジア地域包括的経済連携RCEPユーラシア-オセアニア環太平洋パートナーシップ協定(TPPユーラシア-オセアニア-アメリカ日本・太平洋諸島フォーラム首脳会議太平洋) 一帯一路(BRIユーラシア-アフリカ--オセアニア-アメリカ) この項目は、国際機関関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めてます。

※この「加盟国」の解説は、「ベンガル湾多分野技術経済協力イニシアチブ」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「ベンガル湾多分野技術経済協力イニシアチブ」の記事については、「ベンガル湾多分野技術経済協力イニシアチブ」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/29 14:47 UTC 版)

国際原子力パートナーシップ」の記事における「加盟国」の解説

2010年10月現在の加盟国以下の通りアルメニア オーストラリア ブルガリア カナダ 中華人民共和国 エストニア フランス ドイツ ガーナ ハンガリー イタリア 日本 ヨルダン カザフスタン 韓国 クウェート リトアニア モロッコ オマーン ポーランド ルーマニア ロシア セネガル スロベニア ウクライナ イギリス アメリカ合衆国

※この「加盟国」の解説は、「国際原子力パートナーシップ」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「国際原子力パートナーシップ」の記事については、「国際原子力パートナーシップ」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/07 15:48 UTC 版)

欧州特許庁」の記事における「加盟国」の解説

欧州特許庁の加盟国(欧州特許条約締約国)は以下の38か国2020年1月現在)。 アルバニアオーストリアベルギーブルガリアクロアチアキプロスチェコデンマークエストニアフィンランドフランスドイツギリシャハンガリーアイスランドアイルランドイタリアラトビアリヒテンシュタインリトアニアルクセンブルクマルタモナコ北マケドニアオランダノルウェーポーランドポルトガルルーマニアセルビアスロバキアスロベニアスペインスウェーデンスイスサンマリノトルコイギリス なお、以下の2か国は、加盟国ではないが、拡張国(extension states)とされており、欧州特許による保護求めることができる。 ボスニア・ヘルツェゴビナモンテネグロ

※この「加盟国」の解説は、「欧州特許庁」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「欧州特許庁」の記事については、「欧州特許庁」の概要を参照ください。


加盟国


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 06:07 UTC 版)

国際刑事裁判所」の記事における「加盟国」の解説

詳細は「国際刑事裁判所ローマ規程の締約国を参照 締約国 - 123か国日本2007年7月17日加入アフリカ - 33か国ベナンボツワナブルキナファソカーボヴェルデ中央アフリカ共和国チャドコモロコンゴ民主共和国コンゴ共和国コートジボワールジブチガボンガンビアガーナギニアケニアレソトリベリアマダガスカルマラウィマリモーリシャスナミビアニジェールナイジェリアセネガルセーシェルシエラレオネ南アフリカタンザニアチュニジアウガンダザンビアアジア大洋州 - 17か国アフガニスタンオーストラリアバングラデシュカンボジアクック諸島東ティモールフィジー日本大韓民国モルディブマーシャル諸島モンゴルナウルニュージーランドサモアタジキスタンバヌアツ中東 - 2か国ヨルダンパレスチナヨーロッパ - 41か国アルバニアアンドラオーストリアベルギーボスニア・ヘルツェゴビナブルガリアクロアチアキプロスチェコデンマークエストニアフィンランドフランスジョージアドイツギリシャハンガリーアイスランドアイルランドイタリアラトビアリヒテンシュタインリトアニアルクセンブルク北マケドニア共和国マルタモルドバモンテネグロオランダ王国ノルウェーポーランドポルトガルルーマニアサンマリノセルビアスロバキアスロベニアスペインスウェーデンスイスイギリス北アメリカ - 1か国カナダ中南米 - 28か国アンティグア・バーブーダアルゼンチンバルバドスベリーズボリビアブラジルチリコロンビアコスタリカドミニカ国ドミニカ共和国エクアドルエルサルバドルグレナダグアテマラガイアナホンジュラスメキシコパナマパラグアイペルーセントクリストファー・ネイビスセントルシアセントビンセント・グレナディーンスリナムトリニダード・トバゴウルグアイベネズエラ署名国(締約国となった国を除く。「*」印は、批准意思がないことを表明したことを示す。) - 31か国アルジェリアアンゴラアルメニアバハマバーレーンカメルーンエジプトエリトリアギニアビサウハイチイランイスラエル*、ジャマイカクウェートキルギスモナコモロッコモザンビークオマーンロシア*、サントメ・プリンシペソロモン諸島スーダン*、シリアタイウクライナアラブ首長国連邦アメリカ*、ウズベキスタンイエメンジンバブエ脱退した国 - 2か国ブルンジフィリピン2019年3月現在

※この「加盟国」の解説は、「国際刑事裁判所」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「国際刑事裁判所」の記事については、「国際刑事裁判所」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 23:53 UTC 版)

東南アジア諸国連合」の記事における「加盟国」の解説

1967年に5か国発足して以来1984年イギリスから独立して間もないブルネイ加わるまで新規加盟国長い間現れなかった。これには冷戦期反共主義関連しフィリピンタイ反共軍事同盟である東南アジア条約機構SEATO1977年6月末解散)の加盟国としてベトナム戦争アメリカ支援して南ベトナムベトナム共和国)へ派兵行ったその後1980年代以降にシンガポールタイなどで高度経済成長実現すると、徐々に総合地域開発ど経分野での重要性増していった。 1990年代後半同地域の北方にある4か国順次加盟し現在に至る10か国体制できあがった。この10か国からなる拡大ASEANを「ASEAN-10と呼ぶことがある。特に1995年ベトナム共産党による一党独裁が続く社会主義国家ベトナムベトナム社会主義共和国)を迎え入れたことは、ASEAN反共政治同盟から東南アジア地域共同体へと変質したことを示す象徴的な出来事となった一方ベトナムとしても、ASEAN発足時には北ベトナムベトナム民主共和国)としてアメリカSEATO諸国などとベトナム戦争戦いその後カンボジア内戦などでタイなどと激しく対立していた過去払拭し、外交政策転換と体制の安定化完成させるためにASEAN加盟必要だった。なお、最後の加盟国であるカンボジア内政事情から加盟遅れたもので、当初はミャンマーラオスとともに加盟する予定であった。ベトナム影響力が強いラオスカンボジア相次ぐ加盟により、イデオロギー対立を超え東南アジア地域統合としての役割をさらに強く担うことになった2013年には共産圏であるベトナム出身者から初めASEAN事務総長選ばれASEAN共同体設立舵取り担った一方アメリカ西ヨーロッパ諸国から軍事政権による強権統治批判されているミャンマー加盟認めASEANミャンマーのひどい民主化問題で「建設的関与」というアプローチを取ることを明確にした。以後ASEAN強硬な軍事政権批判避け首脳会談での議長声明などの形で民主化求め提言続けているが、ミャンマー軍事政権はこれを拒否、あるいは自分の計画基づいた政策展開を崩さず、加盟国の内政に対するASEAN影響力には限界あること示されている。 国旗首都面積km 2人口密度(/ km 2一人当たりGDPPPP人間開発指数通貨公用語指導者加盟国家元政府の長 ブルネイ バンダルスリブガワン 5,765 j411,900 65 76,743 0.853 ブルネイドルBND; B $) マレー語 スルタン ハサナルボルキア 1984年1月7日 カンボジア プノンペン 181,035 g15,626,444 78 4,010 0.582 リエルKHR;៛) クメール語 ノロドムシハモニフンセン首相 1999年4月30日 インドネシア ジャカルタ 1,904,569 a255,975,000 113 12,378 0.707 インドネシアルピアIDR; Rpインドネシア語 ジョコ・ウィドド大統領 1967年8月8日 ラオス ビエンチャン 236,800 h6,492,400 24 7,367 0.601 ラオキップ(LAK;₭) ラオス語 トーンルン・シースリット国家主席党書記長パンカム・ウィパーワン首相 1997年7月23日 マレーシア クアラルンプール 329,847 f31,427,096 72 28,871 0.802 マレーシアリンギットMYR; RMマレーシア語 スルタン アブドゥラ ムヒディン・ヤシン首相 1967年8月8日 ミャンマー ネピドー 676,578 e51,419,420 81 6,285 0.578 ミャンマーチャット(MMK; K) ビルマ語 ウィンミン大統領 アウンサンスーチー国家顧問 1997年7月23日 フィリピン マニラ 343,448 b103,371,800 295 8,229 0.712 フィリピンペソPHP;£) フィリピン語タガログ語)と英語 ロドリゴ・ドゥテルテ大統領 1967年8月8日 シンガポール シンガポール 707.1 i5,535,000 6,619 90,531 0.932 シンガポールドルSGD; S $マレー語北京語、英語、タミル語 ハリマ・ヤコブ大統領 リーシェンロン首相 1967年8月8日 タイ バンコク 513,115 d65,339,612 126 17,786 0.755 タイバーツTHB;฿) タイ語 ラーマ10世 プラユット・チャンオチャ首相 1967年8月8日 ベトナム ハノイ 331,690 c92,700,000 248 6,876 0.694 ベトナムドンVND;₫) ベトナム語 グエン・スアン・フック国家主席 ファム・ミン・チン首相 1995年7月28日 ASEAN東南アジア諸国連合 — 4,479,210 625,000,000 135 5,869 0.669 (UNDP cal) — — 事務局長:リム・ジョク・ホイ —

※この「加盟国」の解説は、「東南アジア諸国連合」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「東南アジア諸国連合」の記事については、「東南アジア諸国連合」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 17:09 UTC 版)

アラブ石油輸出国機構」の記事における「加盟国」の解説

サウジアラビア (1968) アルジェリア (1970) バーレーン (1970) エジプト (1973) アラブ首長国連邦 (1970) イラク (1972) クウェート (1968) リビア (1968) カタール (1970) シリア (1972) 全ての国が北アフリカ地中海沿岸集中しているのが特徴的

※この「加盟国」の解説は、「アラブ石油輸出国機構」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「アラブ石油輸出国機構」の記事については、「アラブ石油輸出国機構」の概要を参照ください。


加盟国


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 01:44 UTC 版)

サヘル・サハラ諸国国家共同体」の記事における「加盟国」の解説

設立時 (1998) ブルキナファソ チャド リビア マリ ニジェール スーダン のちの加盟国 1999 中央アフリカ 1999 エリトリア 2000 ジブチ 2000 ガンビア 2000 セネガル 2001 エジプト 2001 モロッコ 2001 ナイジェリア 2001 ソマリア 2001 チュニジア 2002 ベナン 2002 トーゴ 2004 コートジボワール 2004 ギニアビサウ 2004 リベリア 2005 ガーナ 2005 シエラレオネ 2007 コモロ連合 2007 ギニア 2008 ケニア 2008 サントメ・プリンシペ 2008 モーリタニア 2009 カーボベルデ 表 話 編 歴 地域統合 ×は消滅・{ }は構想段階 アジア東アジアサミット東アジア共同体東南アジア諸国連合 (ASEAN)+3 三国協力事務局 南アジア地域協力連合 湾岸協力会議 ユーラシア経済連合 アジア相互協力信頼醸成措置会議 アジア協力対話 ベンガル湾多分野技術経済協力イニシアチブ 日中韓首脳会談 テュルク諸国機構 オセアニア太平洋諸島フォーラム 南太平洋委員会 太平洋共同体事務局 ポリネシア・リーダーズ・グループ ヨーロッパ欧州評議会 北欧理事会 欧州連合 (EU) シェンゲン協定 東方パートナーシップ 欧州自由貿易連合 (EFTA) 欧州経済領域 (EEA) 中欧自由貿易協定 (CEFTA) 南東欧協力プロセス (SEECP) GUAM ロシア・ベラルーシ連合国家 ヴィシェグラード・グループ 民主主義と民族の権利のための共同体 アフリカアフリカ連合 (AU) CFAフラン アフリカ大陸自由貿易協定 西アフリカ諸国経済共同体 中部アフリカ諸国経済共同体 東アフリカ共同体 南部アフリカ開発共同体 東南部アフリカ市場共同体 アラブ・マグレブ連合 サヘル・サハラ諸国国家共同体 アメリカ米州機構 (OAS) ラテンアメリカ経済機構 北米自由貿易協定 (NAFTA) 米国・メキシコ・カナダ協定 (USMCA) 南米諸国連合 メルコスール アンデス共同体 カリブ共同体 東カリブ諸国機構東カリブ・ドル中米統合機構 ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体 (CELAC) ラテンアメリカ統合連合 カリブ諸国連合 太平洋同盟 米州首脳会議 大州間{太平洋集団安全保障構想アラブ連盟アフリカ-ユーラシアアジア太平洋経済協力APECユーラシア-オセアニア-アメリカイベロアメリカ首脳会議南アメリカ-スペイン・ポルトガル欧州安全保障協力機構OSCE北アメリカ-ユーラシア北大西洋条約機構NATO北アメリカ-ユーラシア独立国家共同体CIS旧ソ連構成国ユーラシア経済連合ヨーロッパ-ユーラシア経済協力機構ECO中央ユーラシア黒海経済協力機構SCOユーラシアイスラム協力機構OICユーラシアアフリカ南アメリカ平和のためのパートナーシップ北アメリカ-ユーラシア上海協力機構ユーラシア地中海連合ユーラシア-アフリカアジア欧州会合ASEMユーラシア大西洋横断貿易投資パートナーシップ協定 (TTIP/EU-USA) 東南アジア諸国連合地域フォーラムARFユーラシア-アメリカ地域的な包括的経済連携協定RCEPユーラシア-オセアニア環太平洋パートナーシップ協定(TPPユーラシア-オセアニア-アメリカ日本・太平洋諸島フォーラム首脳会議太平洋) 一帯一路(BRIユーラシア-アフリカ--オセアニア-アメリカ) 日米豪印戦略対話(Quad/インド・太平洋) 民主主義サミット ミュンヘン安全保障会議 世界経済フォーラム この項目は、国際機関関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めてます。

※この「加盟国」の解説は、「サヘル・サハラ諸国国家共同体」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「サヘル・サハラ諸国国家共同体」の記事については、「サヘル・サハラ諸国国家共同体」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 01:46 UTC 版)

国際スケート連盟」の記事における「加盟国」の解説

2017/2018年には以下の国と地域加盟している。アンドラアルゼンチンアルメニアオーストラリアオーストリアアゼルバイジャンベラルーシベルギーボスニア・ヘルツェゴビナブラジルブルガリアカンボジアカナダ中国チャイニーズタイペイコロンビアクロアチアキプロスチェコデンマーク北朝鮮エストニアフィンランドフランスジョージアドイツイギリスギリシャ香港ハンガリーアイスランドインドインドネシアアイルランドイスラエルイタリア日本カザフスタンキルギスラトビアリヒテンシュタインリトアニアルクセンブルクマケドニアマレーシアメキシコモルドバモナコモンゴルモロッコオランダニュージーランドノルウェーフィリピンポーランドカタール韓国ルーマニアロシアセルビアシンガポールスロバキアスロベニア南アフリカスペインスウェーデンスイスタイトルコウクライナアラブ首長国連邦アメリカウズベキスタン

※この「加盟国」の解説は、「国際スケート連盟」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「国際スケート連盟」の記事については、「国際スケート連盟」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 07:48 UTC 版)

中央アジア非核兵器地帯条約」の記事における「加盟国」の解説

2009年3月現在中央アジア5カ国加盟している(条約加盟順)。 国名署名批准 キルギス 2006年9月8日 2007年3月22日 ウズベキスタン 2006年9月8日 2007年4月2日 トルクメニスタン 2006年9月8日 2008年4月19日 タジキスタン 2006年9月8日 2008年11月12日 カザフスタン 2006年9月8日 2008年11月26日

※この「加盟国」の解説は、「中央アジア非核兵器地帯条約」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「中央アジア非核兵器地帯条約」の記事については、「中央アジア非核兵器地帯条約」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 07:48 UTC 版)

ラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約」の記事における「加盟国」の解説

中南米33か国対象批准遅れていたキューバ2002年10月批准し33か国すべての署名批准完了した。 加盟国(ABC順) アンティグア・バーブーダアルゼンチンバハマバルバドスベリーズボリビアブラジルチリコロンビアコスタリカキューバドミニカ国ドミニカ共和国エクアドルエルサルバドルグレナダグアテマラガイアナハイチホンジュラスジャマイカメキシコニカラグアパナマパラグアイペルーセントクリストファー・ネイビスセントルシアセントヴィンセント・グレナディーンスリナムトリニダード・トバゴウルグアイベネズエラ

※この「加盟国」の解説は、「ラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「ラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約」の記事については、「ラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約」の概要を参照ください。


加盟国


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 07:49 UTC 版)

東南アジア非核兵器地帯条約」の記事における「加盟国」の解説

現在、ASEAN10か国加盟している(条約加盟順)。 国名 署名 批准 ラオス 1995年12月15日 1996年7月16日 ミャンマー 1995年12月15日 1996年7月17日 マレーシア 1995年12月15日 1996年10月11日 ブルネイ 1995年12月15日 1996年11月22日 ベトナム 1995年12月15日 1996年11月26日 タイ 1995年12月15日 1997年3月20日 カンボジア 1995年12月15日 1997年3月27日 シンガポール 1995年12月15日 1997年3月27日 インドネシア 1995年12月15日 1997年4月10日 フィリピン 1995年12月15日 2001年6月21日

※この「加盟国」の解説は、「東南アジア非核兵器地帯条約」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「東南アジア非核兵器地帯条約」の記事については、「東南アジア非核兵器地帯条約」の概要を参照ください。


加盟国


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 02:21 UTC 版)

南部アフリカ開発共同体」の記事における「加盟国」の解説

現在、16カ国加盟している。 ザンビア1975年加盟タンザニア1975年加盟ボツワナ1975年加盟モザンビーク1975年加盟アンゴラ1975年加盟レソト1980年加盟マラウイ1980年加盟エスワティニ1980年加盟旧国名スワジランドジンバブエ1980年加盟ナミビア1990年加盟南アフリカ共和国1994年加盟モーリシャス1996年加盟セーシェル1997年加盟コンゴ民主共和国1997年加盟マダガスカル2014年加盟コモロ連合2017年加盟

※この「加盟国」の解説は、「南部アフリカ開発共同体」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「南部アフリカ開発共同体」の記事については、「南部アフリカ開発共同体」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 01:50 UTC 版)

東カリブ諸国機構」の記事における「加盟国」の解説

但しアンギライギリス領ヴァージン諸島、およびモントセラトは国ではなくイギリスの海外領土である。 アンギラ アンティグア・バーブーダ イギリス領ヴァージン諸島 グレナダ セントクリストファー・ネイビス セントルシア セントビンセント・グレナディーン ドミニカ国 モントセラト この項目は、中央アメリカ関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めてます。 表 話 編 歴 地域統合 ×は消滅・{ }は構想段階 アジア東アジアサミット東アジア共同体東南アジア諸国連合 (ASEAN)+3 三国協力事務局 南アジア地域協力連合 湾岸協力会議 ユーラシア経済連合 アジア相互協力信頼醸成措置会議 アジア協力対話 ベンガル湾多分野技術経済協力イニシアチブ 日中韓首脳会談 テュルク諸国機構 オセアニア太平洋諸島フォーラム 南太平洋委員会 太平洋共同体事務局 ポリネシア・リーダーズ・グループ ヨーロッパ欧州評議会 北欧理事会 欧州連合 (EU) シェンゲン協定 東方パートナーシップ 欧州自由貿易連合 (EFTA) 欧州経済領域 (EEA) 中欧自由貿易協定 (CEFTA) 南東欧協力プロセス (SEECP) GUAM ロシア・ベラルーシ連合国家 ヴィシェグラード・グループ 民主主義と民族の権利のための共同体 ルブリン・トライアングル アフリカアフリカ連合 (AU) CFAフラン アフリカ大陸自由貿易協定 西アフリカ諸国経済共同体 中部アフリカ諸国経済共同体 東アフリカ共同体 南部アフリカ開発共同体 東南部アフリカ市場共同体 アラブ・マグレブ連合 サヘル・サハラ諸国国家共同体 アメリカ米州機構 (OAS) ラテンアメリカ経済機構 北米自由貿易協定 (NAFTA) 米国・メキシコ・カナダ協定 (USMCA) 南米諸国連合 メルコスール アンデス共同体 カリブ共同体 東カリブ諸国機構東カリブ・ドル中米統合機構 ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体 (CELAC) ラテンアメリカ統合連合 カリブ諸国連合 太平洋同盟 米州首脳会議 大州間{太平洋集団安全保障構想アラブ連盟アフリカ-ユーラシアアジア太平洋経済協力APECユーラシア-オセアニア-アメリカイベロアメリカ首脳会議南アメリカ-スペイン・ポルトガル欧州安全保障協力機構OSCE北アメリカ-ユーラシア北大西洋条約機構NATO北アメリカ-ユーラシア独立国家共同体CIS旧ソ連構成国ユーラシア経済連合ヨーロッパ-ユーラシア経済協力機構ECO中央ユーラシア黒海経済協力機構SCOユーラシアイスラム協力機構OICユーラシアアフリカ南アメリカ平和のためのパートナーシップ北アメリカ-ユーラシア上海協力機構ユーラシア地中海連合ユーラシア-アフリカアジア欧州会合ASEMユーラシア大西洋横断貿易投資パートナーシップ協定 (TTIP/EU-USA) 東南アジア諸国連合地域フォーラムARFユーラシア-アメリカ地域的な包括的経済連携協定RCEPユーラシア-オセアニア環太平洋パートナーシップ協定(TPPユーラシア-オセアニア-アメリカ日本・太平洋諸島フォーラム首脳会議太平洋) 一帯一路(BRIユーラシア-アフリカ--オセアニア-アメリカ) 日米豪印戦略対話(Quad/インド・太平洋) 民主主義サミット ミュンヘン安全保障会議 世界経済フォーラム 集団安全保障条約(CSTO/旧ソ連) インド太平洋経済枠組み(IPEF/インド・太平洋) 典拠管理 ISNI: 0000 0004 0433 2117 J9U: 987007528093205171 LCCN: n85003071 VIAF: 122790087 WorldCat Identities: lccn-n85003071

※この「加盟国」の解説は、「東カリブ諸国機構」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「東カリブ諸国機構」の記事については、「東カリブ諸国機構」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 02:25 UTC 版)

西アフリカ諸国経済共同体」の記事における「加盟国」の解説

15ヶ国アルファベット順)。 ナイジェリアガーナセネガルコートジボワールの4ヶ国指導的地位にあるが、近年内戦コートジボワールこの地位から脱落したともいわれる2000年12月モーリタニア脱退した。また2009年にはニジェールが、2021年にはマリ共和国ギニア2022年にはブルキナファソクーデター理由資格停止されている。2010年にはコートジボワール大統領選挙の結果認めないとして資格停止された。 ベナン ブルキナファソ (資格停止中) カーボベルデ ガンビア ガーナ ギニア (資格停止中) ギニアビサウ コートジボワール リベリア マリ (資格停止中) ニジェール (資格停止中) ナイジェリア セネガル シエラレオネ トーゴ

※この「加盟国」の解説は、「西アフリカ諸国経済共同体」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「西アフリカ諸国経済共同体」の記事については、「西アフリカ諸国経済共同体」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 07:50 UTC 版)

パリ宣言」の記事における「加盟国」の解説

条約調印時の国は以下の通りオーストリア帝国 フランス プロイセン王国 ロシア帝国 サルデーニャ王国 オスマン帝国 イギリス その後条約加盟した国は以下の通りアルゼンチン ベルギー ブラジル ブルガリア チリ デンマーク エクアドル ドイツ連邦内の国:アンハルト公国 バーデン大公国 バイエルン王国 ブレーメン自由都市 ブラウンシュヴァイク公国 フランクフルト自由都市 ハンブルク自由都市 ヘッセン=カッセル方伯領 ヘッセン=ダルムシュタット方伯領 リューベック自由都市 メクレンブルク=シュヴェリーン公国 メクレンブルク=シュトレーリッツ公国 ナッサウ公国 オルデンブルク大公国 ザクセン=アルテンブルク公国 ザクセン=コーブルク=ゴータ公国 ザクセン=マイニンゲン公国 ザクセン=ヴァイマル公国 ザクセン王国 ヴュルテンベルク王国 ギリシャ グアテマラ ハイチ 現在イタリア一部である国:モデナ=レッジョ公国 教皇領 パルマ公国 両シチリア王国 トスカーナ大公国 日本 メキシコ オランダ ヌエバ・グラナダ共和国 ペルー ポルトガル スペイン スウェーデン=ノルウェー スイス ウルグアイ

※この「加盟国」の解説は、「パリ宣言」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「パリ宣言」の記事については、「パリ宣言」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 10:03 UTC 版)

欧州経済共同体」の記事における「加盟国」の解説

詳細は「欧州連合加盟国」および「欧州連合の拡大を参照 欧州経済共同体とほかの2つ共同体設立した6か国は「インナー6」と呼ばれることがある(これに対して欧州自由貿易連合形成した国は「アウター7」と呼ばれた)。この6か国とはフランス西ドイツイタリアベネルクスの3か国ベルギーオランダルクセンブルク)である。最初の拡大1973年に、デンマークアイルランドイギリス加盟によってなされた1980年代にはギリシャスペインポルトガル加盟した1993年欧州連合発足したあとも2007年までにさらに15か国加盟している。 加盟国加盟日加盟国加盟ベルギー 1957年3月25日 イタリア 1957年3月25日 デンマーク 1973年1月1日 ルクセンブルク 1957年3月25日 フランス 1957年3月25日 オランダ 1957年3月25日 西ドイツ 1957年3月25日 ポルトガル 1986年1月1日 ギリシャ 1981年1月1日 スペイン 1986年1月1日 アイルランド 1973年1月1日 イギリス 1973年1月1日 加盟国は各機関において何らかの形で存在を示すことになる。閣僚理事会それぞれの政府代表する各国閣僚によって構成される。また加盟国は最低1人欧州委員会委員を出す権利有しているが、欧州委員会それぞれの出身国利益ではなく共同体利益を求めるものとされている2004年まで規模の大きい加盟国(フランスドイツイタリアイギリススペイン)は委員2人ずつ出していった。欧州議会においては人口に応じて加盟国別に議席数配分されているが、直接選挙が行われるようになった1979年以降欧州議会議員は加盟国別ではなく政党ごとに議席を持つことになっているこのほか欧州司法裁判所などほとんどの機関何らかの形態その構成員を国別出している。

※この「加盟国」の解説は、「欧州経済共同体」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「欧州経済共同体」の記事については、「欧州経済共同体」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/17 20:01 UTC 版)

開発のための革新的資金調達に関するリーディング・グループ」の記事における「加盟国」の解説

現在、オブ-ザーバー含め63カ国加盟している(順不同)。 アルジェリア, オーストリア, バングラデシュ, ベルギー, ベナン, ブータン, ブラジル, ブルキナファソ, ブルンジ, カンボジア, カメルーン, カーボベルデ, 中央アフリカ, チリ, 中国, コンゴ, キプロス, ジブチ, エクアドル, エジプト, エチオピア, フィンランド, フランス, ガボン, ドイツ, グアテマラ, ギニア, ギニアビサウ, ハイチ, インド, イタリア, コートジボワール, 日本, ヨルダン, レバノン, リベリア, ルクセンブルク, マダガスカル, マリ, モーリタニア, モーリシャス, メキシコ, モロッコ, モザンビーク, ナミビア, オランダ, ニカラグア, ニジェール, ナイジェリア, ノルウェー, ポーランド, ルーマニア, サントメ・プリンシペ, サウジアラビア, セネガル, シエラレオネ, 南アフリカ, 韓国, スペイン, スリランカ, トーゴ, イギリス, ウルグアイ, 欧州委員会, アフリカ連合 現在、1つ財団加盟している。 ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団 現在、下記の国際機関その他多数加盟している(順不同)。 国際連合 (UN) アフリカ開発銀行 (AFDB) 世界銀行 (WB) 米州開発銀行 (IADB) アジア開発銀行 (ADB) 国連食糧農業機関 (FAO) 国際通貨基金 (IMF) 国連人口基金 (UNPF) 世界エイズ・結核・マラリア対策基金 (GF) 経済協力開発機構 (OECD) 世界保健機関 (WHO) 国連エイズ合同計画 (UNAIDS) 世界食糧計画 (WFP) 国際農業開発基金 (IFAD) 国連調達部 (UNPD) 国連児童基金 (UNICEF) GAVIアライアンス

※この「加盟国」の解説は、「開発のための革新的資金調達に関するリーディング・グループ」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「開発のための革新的資金調達に関するリーディング・グループ」の記事については、「開発のための革新的資金調達に関するリーディング・グループ」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 06:55 UTC 版)

ヨーロッパオリンピック委員会」の記事における「加盟国」の解説

コード国 / IOC 名称注釈ALB アルバニア 1958年委員会開設翌年加入。 AND アンドラ 1971年委員会開設1975年加入ARM アルメニア RUS一部ロシア1900年 - 1912年 URS一部ソビエト連邦1924年 - 1988年 EUN一部EUN1992年 AUT オーストリア AZE アゼルバイジャン RUS一部ロシア1900年 - 1912年 URS一部ソビエト連邦1924年 - 1988年 EUN一部EUN1992年 BEL ベルギー 1906年委員会開設 BIH ボスニア・ヘルツェゴビナ YUG一部ユーゴスラビア1920年 - 1988年 BLR ベラルーシ RUS一部ロシア1900年 - 1912年 URS一部ソビエト連邦1924年 - 1988年 EUN一部EUN1992年 BUL ブルガリア CRO クロアチア YUG一部ユーゴスラビア1920年 - 1988年 CYP キプロス CZE チェコ BOH()1900年 - 1912年 TCH一部チェコスロバキア1920年 - 1992年 DEN デンマーク ESP スペイン EST エストニア RUS一部ロシア1900年 - 1912年使用 1924年 - 1936年 URS一部ソビエト連邦1948年 - 1988年 再度使用 1992年 FIN フィンランド FRA フランス GBR イギリス IOC 名称:グレートブリテン "グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国" 1896年 - 1920年使用の始まり 1924年 コモンウェルスゲームズチーム出場ENG イングランドNIR 北アイルランド SCO スコットランドWAL ウェールズ GEO ジョージア RUS一部ロシア1900年 - 1912年 URS一部ソビエト連邦1924年 - 1988年 EUN一部EUN1992年 GER ドイツ使用 1896年 - 1936年 国旗使用 1896年 - 1912年 国旗使用 1936年 分裂 FRG西ドイツ)及び GDR東ドイツ1952年1968年 - 1988年 EUA統合東西統一ドイツ1956年 - 1964年 再度使用 1992年 GRE ギリシャ 国使用 1896年 - 1976年 HUN ハンガリー IRL アイルランド "グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国"の一部 1896年 - 1920年使用の始まり 1924年 ISL アイスランド ISR イスラエル ITA イタリア KITItaly使用 1896年 - 1936年 KOS コソボ YUG一部ユーゴスラビア1920年 - 1988年 IOPIndependent Olympic Participants)1992年 YUG一部ユーゴスラビア1996年 - 2002年 SCG一部セルビア・モンテネグロ2004年 - 2006年 SRB一部セルビア2008年 - 2014年 LAT ラトビア RUS一部ロシア1900年 - 1912年使用 1924年 - 1936年 URS一部ソビエト連邦1948年 - 1988年 再度使用 1992年 LIE リヒテンシュタイン LTU リトアニア RUS一部ロシア1900年 - 1912年使用 1924年 - 1936年 URS一部ソビエト連邦1948年 - 1988年 再度使用 1992年 LUX ルクセンブルク MDA モルドバ IOC 名称:モルドバ共和国 RUS一部ロシア1900年 - 1912年 ROM一部ルーマニア1920年 - 1936年 URS一部ソビエト連邦1952年 - 1988年 EUN一部EUN1992年 MKD 北マケドニア IOC 名称:マケドニア・旧ユーゴスラビア共和国 YUG一部ユーゴスラビア1920年 - 1988年 IOPIndependent Olympic Participants)1992年 MLT マルタ MNE モンテネグロ YUG一部ユーゴスラビア1920年 - 1988年 IOPIndependent Olympic Participants)1992年 YUG一部ユーゴスラビア1996年 - 2002年 SCG一部セルビア・モンテネグロ2004年 - 2006年 再度使用 2008年 MON モナコ NED オランダ HOLホラント1900年 - 1988年 NOR ノルウェー POL ポーランド POR ポルトガル ROU ルーマニア RUS ロシア IOC 名称:ロシア連邦 名称 "ロシア帝国" 1900年 - 1912年 URS交換ソビエト連邦1952年 - 1988年 EUN一部EUN1992年使用の始まり 1996年 SLO スロベニア YUG一部ユーゴスラビア1920年 - 1988年 SMR サンマリノ SRB セルビア YUG一部ユーゴスラビア1920年 - 1988年 IOPIndependent Olympic Participants)1992年 YUG一部ユーゴスラビア1996年 - 2002年 SCG一部セルビア・モンテネグロ2004年 - 2006年 再度使用 2008年 SUI スイス SVK スロバキア TCH一部チェコスロバキア1920年 - 1992年 SWE スウェーデン TUR トルコ UKR ウクライナ RUS一部ロシア1900年 - 1912年 URS一部ソビエト連邦1924年 - 1988年 EUN一部EUN1992年

※この「加盟国」の解説は、「ヨーロッパオリンピック委員会」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「ヨーロッパオリンピック委員会」の記事については、「ヨーロッパオリンピック委員会」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/09 00:38 UTC 版)

ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体」の記事における「加盟国」の解説

CELAC5つ異な公用語をもつ、33の国からなる18の国がスペイン語公用語とする(面積56%、人口63%を占める) アルゼンチン ボリビア チリ コロンビア コスタリカ キューバ ドミニカ共和国 エクアドル エルサルバドル グアテマラ ホンジュラス メキシコ ニカラグア パナマ パラグアイ ペルー ウルグアイ ベネズエラ 12の国が英語を公用語とする(面積の1.3%、人口1.1%を占める) アンティグア・バーブーダ バハマ バルバドス ベリーズ ドミニカ国 グレナダ ガイアナ ジャマイカ セントルシア セントクリストファー・ネイビス トリニダード・トバゴ セントビンセント・グレナディーン 1つの国がポルトガル語公用語とする(面積42%、人口34%を占める) ブラジル 1つの国がフランス語公用語とする(面積0.1%、人口の1.6%を占める) ハイチ 1つの国がオランダ語公用語とする(面積の0.8%、人口0.1%を占める) スリナム 12の国が南アメリカ位置し面積87%および人口68%を占める。残り21国は中央アメリカ及びカリブ海位置する

※この「加盟国」の解説は、「ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体」の記事については、「ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/04 02:41 UTC 版)

欧州連合の政治」の記事における「加盟国」の解説

詳細は「欧州連合加盟国を参照 2007年以降欧州連合には27の加盟国があり、これらは欧州連合の諸機関権限委譲している。権限委譲しているかわりに、加盟国は理事会採決における票数欧州議会における議席数欧州委員会委員などが割り当てられている。加盟国の政体それぞれで異なっており、大統領制君主制連邦制ミニ国家などがあるが、すべての加盟国はコペンハーゲン基準言及される民主主義人権尊重自由市場経済有することを遵守しなければならない。加盟国は長い期間を経て増えていて、1958年の原加盟6か国始まりこれからも増え続けることが見込まれている。 加盟国の中には特定の領域欧州連合における統合枠組み外にある国があり、たとえばユーロ圏は全27か国16か国のみで構成されていたり、またシェンゲン協定には欧州連合の加盟国では21か国参加している。しかしながらこれらに参加していない加盟国もブロック加わ手続進められている。また欧州連合加盟していない多くのでも、ユーロシェンゲン協定単一市場防衛といった欧州連合活動かかわっている

※この「加盟国」の解説は、「欧州連合の政治」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「欧州連合の政治」の記事については、「欧州連合の政治」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/25 02:13 UTC 版)

国際総合格闘技連盟」の記事における「加盟国」の解説

加盟コミッション以下の通り

※この「加盟国」の解説は、「国際総合格闘技連盟」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「国際総合格闘技連盟」の記事については、「国際総合格闘技連盟」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/23 17:49 UTC 版)

欧州航空航法安全機構」の記事における「加盟国」の解説

以下に加盟国の一覧を示すカッコ内ユーロコントロールへの加盟年。加盟年順。

※この「加盟国」の解説は、「欧州航空航法安全機構」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「欧州航空航法安全機構」の記事については、「欧州航空航法安全機構」の概要を参照ください。


加盟国


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 23:04 UTC 版)

ユーラシア特許庁」の記事における「加盟国」の解説

アルメニア アゼルバイジャン ベラルーシ カザフスタン キルギス モルドバ ロシア連邦 タジキスタン トルクメニスタン (9か国ウクライナジョージア条約署名した批准していないバルト三国及びウズベキスタンはこの条約参加していない。

※この「加盟国」の解説は、「ユーラシア特許庁」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「ユーラシア特許庁」の記事については、「ユーラシア特許庁」の概要を参照ください。


加盟国


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/20 08:43 UTC 版)

東南アジア諸国連合地域フォーラム」の記事における「加盟国」の解説

加盟国は ASEAN 10か国16か国1機構ASEAN加盟国 インドネシア カンボジア シンガポール タイ フィリピン ブルネイ ベトナム マレーシア ミャンマー ラオス その他の国・機構 アメリカ合衆国 インド オーストラリア カナダ 韓国 北朝鮮 スリランカ 中国 日本 ニュージーランド パキスタン パプアニューギニア バングラデシュ 東ティモール モンゴル ロシア 欧州委員会

※この「加盟国」の解説は、「東南アジア諸国連合地域フォーラム」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「東南アジア諸国連合地域フォーラム」の記事については、「東南アジア諸国連合地域フォーラム」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/04 00:22 UTC 版)

国際移動通信衛星機構」の記事における「加盟国」の解説

加盟国は93か国2009年9月現在)。日本設立当初からの加盟国である。

※この「加盟国」の解説は、「国際移動通信衛星機構」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「国際移動通信衛星機構」の記事については、「国際移動通信衛星機構」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/23 10:21 UTC 版)

国際電気通信衛星機構」の記事における「加盟国」の解説

2013年6月現在、ITSOの加盟国は149か国である。多国間条約国際電気通信衛星機関に関する協定」に批准することでITSOに加盟する

※この「加盟国」の解説は、「国際電気通信衛星機構」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「国際電気通信衛星機構」の記事については、「国際電気通信衛星機構」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/22 21:16 UTC 版)

欧州自由貿易連合」の記事における「加盟国」の解説

現在4か国いずれも欧州連合には加盟していない。 アイスランド共和国 ノルウェー王国 - ノルウェーは、1972年1994年二度国民投票EU加盟条約批准否決したスイス連邦 - スイスは、1997年2001年2度国民投票EUとの加盟交渉開始案を否決したリヒテンシュタイン公国

※この「加盟国」の解説は、「欧州自由貿易連合」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「欧州自由貿易連合」の記事については、「欧州自由貿易連合」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/11 19:23 UTC 版)

国際なぎなた連盟」の記事における「加盟国」の解説

2013年現在次の13か国が加盟国している。 No.地域加盟国加盟年月1 アジア 日本 1990年 2 南北アメリカ アメリカ合衆国 1990年 3 ブラジル 1993年 4 カナダ 2007年 5 ヨーロッパ フランス 1990年 6 オランダ 1990年 7 スウェーデン 1990年 8 ベルギー 1990年 9 チェコ 1999年 10 ドイツ 2007年 11 イタリア 2009年 12 オセアニア ニュージーランド 1990年 13 オーストラリア 1999年

※この「加盟国」の解説は、「国際なぎなた連盟」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「国際なぎなた連盟」の記事については、「国際なぎなた連盟」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 00:56 UTC 版)

欧州共同体」の記事における「加盟国」の解説

詳細は「欧州連合加盟国」および「欧州連合の拡大を参照 3つの共同体の加盟国は同じでパリ条約その後条約署名した6カ国は「内側の6カ国」と呼ばれた(「外側の7カ国」は欧州自由貿易連合形成した国々)。設立したのは、フランス西ドイツイタリアベネルクス3国ベルギーオランダルクセンブルグ)の6カ国である。である。最初の拡大1973年で、デンマークアイルランド英国加盟した1980年代には、ギリシャスペインポルトガル加盟した1993年11月EU発足後2013年7月までにさらに16カ国加盟させるまでに拡大した設立時の加盟国は緑色それ以降の加盟国は青色表示されている。1957年当時東ドイツ形成していた国は共同体加盟していなかったが、1990年ドイツ再統一により共同体加盟している。 加盟国加盟 ベルギー 1957年3月25日 イタリア 1957年3月25日 ルクセンブルク 1957年3月25日 フランス 1957年3月25日 オランダ 1957年3月25日 西ドイツ 1957年3月25日 デンマーク 1973年1月1日 アイルランド 1973年1月1日 イギリス 1973年1月1日 ギリシャ 1981年1月1日 ポルトガル 1986年1月1日 スペイン 1986年1月1日 加盟国は各機関に何らかの形で代表されている。また、理事会自国政府代表する1名の閣僚構成されている。また、各国それぞれ1名の欧州委員を持つ権利有するが、欧州委員会では自国利益ではなく共同体利益代表することになっている2004年以前は、大国フランスドイツイタリアイギリス)には2人委員がった。欧州議会では、議員には人口応じた議席数割り当てられているが、1979年以降直接選挙選ばれており、国籍ではなく政治的忠誠心によって議席獲得している。欧州司法裁判所を含む他のほとんどの機関では、何らかの形で委員国籍分かれている。

※この「加盟国」の解説は、「欧州共同体」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「欧州共同体」の記事については、「欧州共同体」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 03:16 UTC 版)

独立国家共同体」の記事における「加盟国」の解説

国名CIS加盟CISへの加盟批准CIS憲章批准CISにおける現在の状況ユーラシア経済共同体(EurAsEC加盟CIS内経統合派)集団安全保障条約(CSTO) 加盟CIS軍事統合派)民主主義経済発展のための機構(GUAM) 加盟CIS軍事分離派中央アジア協力機構 (OCAC) 加盟 ベラルーシ 1991年12月8日 1991年12月10日 1994年1月18日 創設時加盟国 加盟国(2000年以降) 1993年12月31日 - - ロシア 1991年12月8日 1991年12月12日 1993年7月20日 創設時加盟国 創設時加盟国(2000年以降) 1992年5月15日 - 加盟国(2004年以降) アルメニア 1991年12月21日 1992年2月18日 1994年3月16日 加盟国 オブザーバー(2003年以降) 1992年5月15日 - オブザーバー(脱退?) アゼルバイジャン 1991年12月21日 1993年9月24日 1993年12月14日 加盟国 - 1993年9月24日1999年撤回 創設時加盟国(1997年以降) - カザフスタン 1991年12月21日 1991年12月23日 1994年4月20日 加盟国 創設時加盟国(2000年以降) 1992年5月15日 - 創設時加盟国(2002年以降) キルギス 1991年12月21日 1992年3月6日 1994年4月12日 加盟国 創設時加盟国(2000年以降) 1992年5月15日 - 創設時加盟国(2002年以降) モルドバ 1991年12月21日 1994年4月8日 1994年6月27日 加盟国 オブザーバー(2003年以降) 未批准 創設時加盟国(1997年以降) - ウズベキスタン 1991年12月21日 1992年1月4日 1994年2月9日 加盟国 加盟国(2006-2008)脱退(2008年以降) 1992年5月15日 加盟国 (1999-2005)脱退 (2005年以降) 創設時加盟国(2002以降) タジキスタン 1991年12月21日 1993年6月26日 1993年8月4日 加盟国 創設時加盟国(2000年以降) 1992年5月15日 - 創設時加盟国(2002年以降) ウクライナ 1991年12月8日 1991年12月10日批准 創設時加盟国(1991-2014)脱退(2014年以降) オブザーバー(2000年以降) 未批准 創設時加盟国(1997年以降) オブザーバー(脱退?) トルクメニスタン 1991年12月21日 1991年12月26日批准 正式加盟国(1991-1993)参加国(1993-2007)準参加国(2007年以降) - 未批准 - - ジョージア 1993年12月3日 1993年12月3日 1994年4月19日(2008年撤回) 加盟国(1993-2008)脱退(2008年以降) - 1993年12月9日1999年脱退 創設時加盟国(1997年以降) - 2018年現在独立国家共同体加盟しているのはロシアカザフスタンタジキスタンウズベキスタンキルギスベラルーシアルメニアアゼルバイジャンモルドバの9か国である。ソ連構成した15国のうちバルト三国CIS設立前独立したため加盟せず、2004年5月1日欧州連合加盟したCIS加盟条約12か国批准しており、1993年1月22日CIS憲章制定されるまでは、CIS創設協定CIS主な規約となっていた。CIS憲章2章7項によって、加盟国はCIS憲章批准した国家公式に定められた。この憲章ウクライナトルクメニスタンの2か国批准していないため、この両国正式な加盟国とはなっていない。しかしトルクメニスタン憲章批准にもかかわらず一貫してCIS招かれており、まるで加盟国のような状態にある。2005年8月26日にはトルクメニスタンCIS資格を「準加盟国」に変更し国連認識する中立状態に合致するようにした。ウクライナ創設時参加国のひとつであり、1991年12月には加盟批准したものの、CIS憲章批准拒否した。これは、ロシアソビエト連邦唯一の法的な後継国家となることに同意しなかったためだったこのため前述の憲章によればウクライナCISの加盟国ではなかったものの、CISへの参加認められ続けていた。1994年には、ウクライナCIS経済連合の準会員となっていた。またジョージア1994年CIS憲章批准し加盟したものの、2008年批准撤回し脱退した。 しかし2014年クリミア危機によってロシアとウクライナの関係極度に悪化しウクライナ2014年3月19日脱退宣言2016年11月には、パヴロ・クリムキン外相が、同国ニュースチャンネル112ウクライナとのインタビューで、脱退向けた準備進めていることを確認したCIS側は脱退承認せず、2019年現在でも公式サイトによればウクライナ参加国のままである。 なお、議長国持ち回り務めるが、客員参加国でも議長国となることが可能である実際に2012年トルクメニスタン議長国務めている。また2014年議長国ウクライナであったが、2014年ウクライナ騒乱およびその後クリミア危機影響で議長国の座から退いた2014年議長国ベラルーシ2013年議長国)とカザフスタン2015年議長国予定)が共同で務めた

※この「加盟国」の解説は、「独立国家共同体」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「独立国家共同体」の記事については、「独立国家共同体」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 06:55 UTC 版)

子どもの性的搾取及び性的虐待からの保護に関する条約」の記事における「加盟国」の解説

2021年8月時点で条約は以下の47ヶ国により批准されている。 アルバニア アンドラ アルメニア オーストリア アゼルバイジャン ベルギー ボスニア・ヘルツェゴビナ ブルガリア クロアチア キプロス チェコ デンマーク エストニア フィンランド フランス ドイツ ジョージア ギリシャ ハンガリー アイスランド イタリア ラトビア リヒテンシュタイン リトアニア ルクセンブルク ポーランド 北マケドニア マルタ モルドバ モナコ モンテネグロ オランダ ノルウェー ポルトガル ルーマニア ロシア サンマリノ セルビア スロバキア スロベニア スペイン スウェーデン スイス チュニジア トルコ イギリス ウクライナ 条約欧州評議会参加国念頭に置いて策定されているが、条約欧州評議会オブサーバーであれば世界のどの国であっても加盟することができる。しかしサイバー犯罪条約とは対照的に欧州評議会以外の国では2020年批准したチュニジア除いて署名批准されていない

※この「加盟国」の解説は、「子どもの性的搾取及び性的虐待からの保護に関する条約」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「子どもの性的搾取及び性的虐待からの保護に関する条約」の記事については、「子どもの性的搾取及び性的虐待からの保護に関する条約」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 01:41 UTC 版)

国際連合教育科学文化機関」の記事における「加盟国」の解説

ユネスコ加盟国は195か国である。この表では加盟国とその加盟日時を記す。 アフガニスタン (1948年5月4日) アルバニア (1958年10月16日) アルジェリア (1962年10月15日) アンドラ (1993年10月20日) アンゴラ (1977年3月11日) アンティグア・バーブーダ (1982年7月15日) アルゼンチン (1948年9月15日) アルメニア (1992年6月9日) オーストラリア (1946年11月4日) オーストリア (1948年8月13日) アゼルバイジャン (1992年6月3日) バハマ (1981年4月23日) バーレーン (1972年1月18日) バングラデシュ (1972年10月27日) バルバドス (1968年10月24日) ベラルーシ (1954年5月12日) ベルギー (1946年11月29日) ベリーズ (1982年5月10日) ベナン (1960年10月18日) ブータン (1982年4月13日) ボリビア (1946年11月13日) ボスニア・ヘルツェゴビナ (1993年6月2日) ボツワナ (1980年1月16日) ブラジル (1946年11月4日) ブルネイ (2005年3月17日) ブルガリア (1956年5月17日) ブルキナファソ (1960年11月14日) ブルンジ (1962年11月16日) カンボジア (1951年7月3日) カメルーン (1960年11月11日) カナダ (1946年11月4日) カーボベルデ (1978年2月15日) 中央アフリカ共和国 (1960年11月11日) チャド (1960年12月19日) チリ (1953年7月7日) 中国(1946年11月4日) コロンビア (1947年10月31日) コモロ (1977年3月22日) コンゴ共和国 (1960年10月24日) クック諸島 (1989年10月25日) コスタリカ (1950年5月19日) コートジボワール (1960年10月27日) クロアチア (1992年6月1日) キューバ (1947年8月29日) キプロス (1961年2月6日) チェコ (1993年2月22日) コンゴ民主共和国 (1960年11月25日) デンマーク(1946年11月4日) ジブチ (1989年8月31日) ドミニカ国 (1979年1月9日) ドミニカ共和国 (1946年11月4日) エクアドル (1947年1月22日) エジプト (1946年11月4日) エルサルバドル (1948年4月28日) 赤道ギニア (1979年11月29日) エリトリア (1993年9月2日) エストニア (1991年10月14日) エチオピア (1955年7月1日) フィジー (1983年7月14日) フィンランド (1956年10月10日) フランス (1946年11月4日) ガボン (1960年11月16日) ガンビア (1973年8月1日) ジョージア (1992年10月7日) ドイツ (1951年7月11日) ガーナ (1958年4月11日) ギリシャ (1946年11月4日) グレナダ (1975年2月17日) グアテマラ (1950年1月2日) ギニア (1960年2月2日) ギニアビサウ (1974年11月1日) ガイアナ (1967年3月21日) ハイチ (1946年11月18日) ホンジュラス (1947年12月16日) ハンガリー (1948年9月14日) アイスランド (1964年6月8日) インド (1946年11月4日) インドネシア (1950年5月27日) イラン (1948年9月6日) イラク (1948年10月21日) アイルランド (1961年10月3日) イスラエル (1949年9月16日) イタリア (1948年1月27日) ジャマイカ (1962年11月7日) 日本 (1951年7月2日) ヨルダン (1950年6月14日) カザフスタン (1992年5月22日) ケニア (1964年4月7日) キリバス (1989年10月24日) 朝鮮民主主義人民共和国 (1974年10月18日) 韓国 (1950年6月14日) クウェート (1960年11月18日) キルギス (1992年6月2日) ラオス (1951年7月9日) ラトビア (1991年10月14日) レバノン (1946年11月4日) レソト (1967年9月29日) リベリア (1947年3月6日) リビア (1953年6月27日) リトアニア (1991年10月7日) ルクセンブルク (1947年10月27日) 北マケドニア (1993年6月28日) マダガスカル (1960年11月10日) マラウイ (1964年10月27日) マレーシア (1958年6月16日) モルディブ (1980年7月18日) マリ (1960年11月7日) マルタ (1965年2月10日) マーシャル諸島 (1995年6月30日) モーリタニア (1962年1月10日) モーリシャス (1968年10月25日) メキシコ (1946年11月4日) ミクロネシア連邦 (1999年10月19日) モルドバ (1992年5月27日) モナコ (1949年7月6日) モンゴル (1962年11月1日) モンテネグロ (2007年3月1日) モロッコ (1956年11月7日) モザンビーク (1976年10月11日) ミャンマー (1949年6月27日) ナミビア (1978年11月2日) ナウル (1996年10月17日) ネパール (1953年5月1日) オランダ(1947年1月1日) ニュージーランド(1946年11月4日) ニカラグア (1952年2月22日) ニジェール (1960年11月10日) ナイジェリア (1960年11月14日) ニウエ (1993年10月26日) ノルウェー (1946年11月4日) オマーン (1972年2月10日) パキスタン (1949年9月14日) パラオ (1999年9月20日) パレスチナ (2011年11月23日) パナマ (1950年1月10日) パプアニューギニア (1976年10月4日) パラグアイ (1955年6月20日) ペルー (1946年11月21日) フィリピン (1946年11月21日) ポーランド (1946年11月6日) ポルトガル (1974年9月11日) カタール (1972年1月27日) ルーマニア (1956年7月27日) ロシア (1954年4月21日) ルワンダ (1962年11月7日) セントクリストファー・ネイビス (1983年10月26日) セントルシア (1980年3月6日) セントビンセント・グレナディーン (1983年1月14日) サモア (1981年4月3日) サンマリノ (1974年11月12日) サントメ・プリンシペ (1980年1月22日) サウジアラビア1946年11月4日) セネガル (1960年11月10日) セルビア (2000年12月20日) セーシェル (1976年10月18日) シエラレオネ (1962年3月28日) シンガポール (2007年10月8日) スロバキア (1993年2月9日) スロベニア (1992年5月27日) ソロモン諸島 (1993年9月7日) ソマリア (1960年11月15日) 南アフリカ (1994年12月12日) 南スーダン (2011年10月27日) スペイン (1953年1月30日) スリランカ (1949年11月14日) スーダン (1956年11月26日) スリナム (1976年7月16日) スワジランド (1978年1月25日) スウェーデン (1950年1月23日) スイス (1949年1月28日) シリア (1946年11月16日) タジキスタン (1993年4月6日) タンザニア (1962年3月6日) タイ (1949年1月1日) 東ティモール (2003年6月5日) トーゴ (1960年11月17日) トンガ (1980年9月29日) トリニダード・トバゴ (1962年11月2日) チュニジア (1956年11月8日) トルコ (1946年11月4日) トルクメニスタン (1993年8月17日) ツバル (1991年10月21日) ウガンダ (1962年11月9日) ウクライナ (1954年5月12日) アラブ首長国連邦 (1972年4月20日) イギリス(1997年7月1日) ウルグアイ (1947年11月8日) ウズベキスタン (1993年10月26日) バヌアツ (1994年2月10日) ベネズエラ (1946年11月25日) ベトナム (1951年7月6日) イエメン (1962年4月2日) ザンビア (1964年11月9日) ジンバブエ (1980年9月22日) 2012年現在リヒテンシュタインユネスコ加盟国ではないが、国内委員会存在する

※この「加盟国」の解説は、「国際連合教育科学文化機関」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「国際連合教育科学文化機関」の記事については、「国際連合教育科学文化機関」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 08:58 UTC 版)

北欧理事会」の記事における「加盟国」の解説

国名紋章国旗加盟資格議会加盟状況以来代表メンバーEFTA / EU / EEAとの関係NATOとの関係デンマーク 正式加盟 フォルケティング 主権国家 1952年 20 EU加盟国EEA加盟国 設立フィンランド 正式加盟 エドゥスクンタリクスダーゲン主権国家 1955年 20 EU加盟国EEA加盟国 パートナーシップ アイスランド 正式加盟 アルシング 主権国家 1952年 7 EFTA加盟国EEA加盟国 設立ノルウェー 正式加盟 ストーティング 主権国家 1952年 20 EFTA設立EEA加盟国 設立スウェーデン 正式加盟 リクスダーゲン 主権国家 1952年 20 EU加盟国EEA加盟国 パートナーシップ フェロー諸島加盟 レクティング デンマーク自治地域 1970年 デンマーク20のうち2 最小限 デンマーク一部としてのNATO領域 グリーンランド加盟 Inatsisartut(ランスティングデンマーク自治地域 1984年 デンマーク20のうち2 海外国と地域OCTデンマーク一部としてのNATO領域 オーランド加盟 ラグティング フィンランド自治地域 1970年 フィンランド20のうち2 EU加盟国領土 非武装地帯 また、 エストニアラトビアリトアニアオブザーバーとして参加している。 デンマークスウェーデン、フィンランドに関しては、欧州連合EU)の加盟国である。グリーンランドデンマーク欧州共同体(ECEU前身加盟期にEC参加していたが、その後自治政府脱退踏み切り、現在もEU加盟していない。ノルウェーアイスランドEU加盟していないが、アイスランドは、近年加盟向けた動き活発化している。オーランド諸島は、フィンランドと共にEU含まれるフェロー諸島EU含まれない

※この「加盟国」の解説は、「北欧理事会」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「北欧理事会」の記事については、「北欧理事会」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 00:52 UTC 版)

自動車基準調和世界フォーラム」の記事における「加盟国」の解説

欧州各国EUのほか、日本1977年から継続参加)、アメリカ合衆国カナダオーストラリア南アフリカ中国韓国等も加盟している。

※この「加盟国」の解説は、「自動車基準調和世界フォーラム」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「自動車基準調和世界フォーラム」の記事については、「自動車基準調和世界フォーラム」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 14:10 UTC 版)

民主主義と民族の権利のための共同体」の記事における「加盟国」の解説

加盟国及び加盟予定同士相互承認をしている。この内アルツァフ共和国除いた3ヵ国ロシア連邦への編入求めている。 アブハジア共和国 (ジョージア内の自治共和国国連加盟国承認は5ヵ国) 南オセチア共和国 (ジョージア内の自治州国連加盟国承認は5ヵ国) 沿ドニエストル共和国 (モルドバ内。国際的承認は無い) アルツァフ共和国 (アゼルバイジャン内。国際的承認は無い)

※この「加盟国」の解説は、「民主主義と民族の権利のための共同体」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「民主主義と民族の権利のための共同体」の記事については、「民主主義と民族の権利のための共同体」の概要を参照ください。


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 12:17 UTC 版)

国際連合」の記事における「加盟国」の解説

詳細は「国際連合加盟国を参照 国連への加盟は、国連憲章掲げ義務受諾し、かつ国連によってこの義務を履行する意思能力がある認められるすべての平和愛好国に開放されている。加盟は、安保理勧告に基づいて総会承認する憲章4条)。憲章には加盟国の資格停止除名規定があるが、これまでこれらが発動されことはない。 ほとんどの加盟国が、国連における意思決定参加するため、ニューヨーク国連代表部置いている。その長である外交官常駐代表(英語版)といい、それに次ぐ者を次席代表という。なお、国連大使常駐代表と同義ではなく次席代表を含め複数外交官大使として任命されている場合があるアメリカは5名、日本3名イギリスは2名の国連大使派遣している。

※この「加盟国」の解説は、「国際連合」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「国際連合」の記事については、「国際連合」の概要を参照ください。


加盟国


加盟国


加盟国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 09:16 UTC 版)

道路交通に関する条約 (1949年)」の記事における「加盟国」の解説

2019年3月1日現在、以下の国及び地域本条約に加盟している。 国際国外運転免許証運転できる国一覧表ヨーロッパ中近東南北アメリカアフリカアジア大洋州特別行政区等アイスランドアイルランド アルバニア 英国 イタリア オーストリア オランダ ギリシャ キルギス サンマリノ ジョージア スウェーデン スペイン スロバキア スロベニア セルビア チェコ共和国 デンマーク ノルウェー ハンガリー バチカン フィンランド フランス ブルガリア ベルギー ポーランド ポルトガル マルタ モナコ モンテネグロ ルクセンブルク ルーマニア ロシア連邦 リトアニア アラブ首長国連邦イスラエル キプロス シリア トルコ ヨルダン レバノン アメリカ合衆国アルゼンチン エクアドル カナダ キューバ グアテマラ ジャマイカ チリ トリニダード・トバゴ ドミニカ共和国 ハイチ バルバドス パラグアイ ベネズエラ ペルー アルジェリアウガンダ エジプト ガーナ コートジボアール コンゴ共和国 コンゴ民主共和国 シエラレオネ ジンバブエ セネガル 中央アフリカ共和国 チュニジア トーゴ ナイジェリア ナミビア ニジェール ブルキナファソ ベナン ボツワナ マダガスカル マラウイ マリ 南アフリカ共和国 モロッコ ルワンダ レソト インド大韓民国 カンボジア シンガポール スリランカ タイ バングラデシュ フィリピン マレーシア ラオス人共和国 日本国内で運転不可オーストラリアニュージーランド パプアニューギニア フィジー *香港*マカオ *フランス海外領土フランス領ポリネシア等) *アルバ *キュラソー島 *シント・マールテン *ケイマン諸島 *マン島 *ガーンジー *ジャージー *ジブラルタル *アメリカ合衆国の海外領土グアムプエルトリコ等) ・上記加盟国以外で国際免許証での運転を認める国もある。

※この「加盟国」の解説は、「道路交通に関する条約 (1949年)」の解説の一部です。
「加盟国」を含む「道路交通に関する条約 (1949年)」の記事については、「道路交通に関する条約 (1949年)」の概要を参照ください。


加盟国