美容とは? わかりやすく解説

び‐よう【美容】

読み方:びよう

顔やからだつき、肌などを美しく整えること。「全身—」

美しい顔かたち。美貌

「—花の如くであったと」〈花袋田舎教師


理容 美容 Barbar/Beauty salon

理容 (画像をクリックする拡大します)  

美容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/21 13:59 UTC 版)

美容(びよう)とは、身体容姿を理想的な美しさに近づけるために行われる試みや行為である。美容に含まれる範囲には化粧ヘアスタイリングなどのファッションとしての外見操作から、アンチエイジング美容整形といったヘルスケアウェルネスの領域にまで及ぶ[1]。狭義には美容師の業務や技能を「美容」と呼ぶ場合があるが、本項では一般人が自ら行う美容も含め、美容行為全般について述べる。


  1. ^ 西根栄一『生活者ニーズから発想する健康美容ビジネス』宣伝会議 2015年、ISBN 978-4-88335-330-9 pp.3-4.
  2. ^ a b ヴィガレロ, 2012 & 第17章.
  3. ^ a b c d 飯島伸子 (1988). “美容の社会学序説:美容行為の性差”. 桃山学院大学社会学論集 (桃山学院大学社会学会) 21 (2): 151-174. NAID 110004700809. 
  4. ^ 王財源 (2014). “中国古代「美」意識にみえる鍼灸美容の検討”. 関西医療大学紀要 (関西医療大学) 8: 1-11. NAID 110009879146. 
  5. ^ ヴィガレロ 2012, pp. 65–69.
  6. ^ ヴィガレロ 2012, pp. 122–127.
  7. ^ a b ヴィガレロ, 2012 & 第11章.
  8. ^ 原克『美女と機械:健康と美の大衆文化史』河出書房新社 2010年、ISBN 978-4-309-24507-2 pp.15-18.
  9. ^ a b c 大岳美帆、木村由香里『美容師・理容師になるには』 <なるにはBOOKS> ぺりかん社 2018年 ISBN 978-4-8315-1506-3 pp.52-71,158-159.


「美容」の続きの解説一覧

美容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 23:04 UTC 版)

マルーン (色)」の記事における「美容」の解説

染髪におけるヘアカラーリング剤色名など、毛髪の色の名称として用いられることがある

※この「美容」の解説は、「マルーン (色)」の解説の一部です。
「美容」を含む「マルーン (色)」の記事については、「マルーン (色)」の概要を参照ください。


美容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/08 14:58 UTC 版)

多血小板血漿」の記事における「美容」の解説

目の隈#治療」も参照 美容における若返り目的ではその効果証明した研究ほとんどないため試験計画され2016年ランダム化比較試験 (RCT) の結果報告されたが、40代20名で顔に1回注射し偽薬比較して真皮コラーゲン濃度有意に上昇させた。続いて20人のRCTで、注射でのPRP成長因子EGFIGF-1bFGF、GHK-Cuなど含有を顔半面割り当て6回施術し、半年後、共に表皮真皮の厚みに有意な改善があった。光老化24人でのRCTで、マイクロニードリングのみか、併用してPRP15%濃度トリクロロ酢酸 (TCA) によるピーリングを6回施術し、異常な組織化コラーゲンはいずれでも減少し表皮の厚みではTCA併用真皮改善ではPRP併用がより良好であった光老化19人でのRCT1回注射し、6か月後、皮膚科医による評価偽薬生理食塩水との差はなく、被験者による評価ではPRPシワ改善した

※この「美容」の解説は、「多血小板血漿」の解説の一部です。
「美容」を含む「多血小板血漿」の記事については、「多血小板血漿」の概要を参照ください。


美容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 05:28 UTC 版)

アルカリイオン水」の記事における「美容」の解説

酸性イオン水お肌引き締める収れん作用があるので、洗顔化粧水適している

※この「美容」の解説は、「アルカリイオン水」の解説の一部です。
「美容」を含む「アルカリイオン水」の記事については、「アルカリイオン水」の概要を参照ください。


美容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 16:52 UTC 版)

BSJ複合菌」の記事における「美容」の解説

腸内酸性化され有害な悪玉菌)が殺されるため、便通良くなり腸内環境改善される主張する者もいるが根拠不明体内老廃物排出されるため免疫力向上し病気になりにくい身体つくられる主張する者もいるが根拠不明美肌効果高くアトピー性皮膚炎などにも効果を発揮すると主張する者もいるが根拠不明

※この「美容」の解説は、「BSJ複合菌」の解説の一部です。
「美容」を含む「BSJ複合菌」の記事については、「BSJ複合菌」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「美容」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

美容

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 10:38 UTC 版)

名詞

 (びよう)

  1. 顔や体つき、肌などを美しくすること。
  2. 美しい顔体の形

類義語

関連語

翻訳


「美容」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

美容のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



美容のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
交通エコロジー・モビリティ財団交通エコロジー・モビリティ財団
Copyright(c) EcoMo Foundation
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの美容 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマルーン (色) (改訂履歴)、多血小板血漿 (改訂履歴)、アルカリイオン水 (改訂履歴)、BSJ複合菌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの美容 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS