儀式とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 行事 > 行事 > 儀式の意味・解説 

ぎ‐しき【儀式】

読み方:ぎしき

公事(くじ)・神事祭事慶弔などの、一定の作法形式執り行われる行事また、その作法

「儀式」に似た言葉

儀式

【仮名】ぎしき
原文ritual

医学では、恐れ恐怖不安感などの感情和らげるために行われる反復的な行為手洗いなど)のこと。これは強迫性障害ある人でしばしば認められる

儀式

作者竹西寛子

収載図書湖―竹西寛子自選短篇集
出版社学芸書林
刊行年月1989.5

収載図書竹西寛子著作集
出版社新潮社
刊行年月1996.6


儀式


儀式

作者林真理子

収載図書初夜
出版社文藝春秋
刊行年月2002.5

収載図書初夜
出版社文藝春秋
刊行年月2005.6
シリーズ名文春文庫


儀式

作者金蓮花

収載図書落花流水―竜の眠る海
出版社集英社
刊行年月2003.4
シリーズ名コバルト文庫


儀式

作者本間赤人

収載図書大阪下町風委員会
出版社スターツ出版
刊行年月2005.7


儀式


儀式

作者伏見佳夫

収載図書隣人は選べない
出版社文藝書
刊行年月2007.4


儀式


儀式(セレモニイ)

作者三枝和子

収載図書三枝和子 林京子 富岡多恵子
出版社角川書店
刊行年月1999.3
シリーズ名女性作家シリーズ


儀式

読み方:ギシキ(gishiki)

所在 愛媛県松山市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 05:33 UTC 版)

儀式(ぎしき)は、特定の信仰信条宗教によって、一定の形式、ルールに基づいて人間が行う、日常生活での行為とは異なる特別な行為をいう。宗教的色彩の薄いものは式典とも称される。




「儀式」の続きの解説一覧

儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 00:38 UTC 版)

誘拐」の記事における「儀式」の解説

2014年ウガンダ国内発生した誘拐事件は、未遂含め2,898件が発生。うち病院から新生児誘拐され事件236件であり、主に神への供物悪魔払いに使う目的で誘拐されている。

※この「儀式」の解説は、「誘拐」の解説の一部です。
「儀式」を含む「誘拐」の記事については、「誘拐」の概要を参照ください。


儀式(リチュアル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:15 UTC 版)

カードファイト!! ヴァンガード」の記事における「儀式(リチュアル)」の解説

自分のドロップゾーンに、グレード1ユニット規定の枚数以上ある場合に有効。

※この「儀式(リチュアル)」の解説は、「カードファイト!! ヴァンガード」の解説の一部です。
「儀式(リチュアル)」を含む「カードファイト!! ヴァンガード」の記事については、「カードファイト!! ヴァンガード」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 20:38 UTC 版)

スキタイ」の記事における「儀式」の解説

スキタイ人風習女神仕え去勢男性たちがおり、彼らはエナレス呼ばれた。また女性達地位高かったと言われ男装し女性戦士存在した

※この「儀式」の解説は、「スキタイ」の解説の一部です。
「儀式」を含む「スキタイ」の記事については、「スキタイ」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 01:37 UTC 版)

SIREN (ゲームソフト)」の記事における「儀式」の解説

数十年おきに羽生蛇村伝統的に行われている眞魚教秘祭8月1日深夜須田山中目撃した儀式であり、神代家の娘を神の花嫁として生贄にするという内容である。儀式は求導師によって司られ、失敗する災厄降りかかるとされる1976年行われた儀式は失敗しており、異界に取込まれ現実世界では土砂災害という形で表れた。この儀式は永遠の呪い受けた八尾贖罪という実態を持つものであり、自らの子孫である神代家姉妹のうち妹を「美耶子」と名付け初潮迎えた時期以って「実」として堕辰子捧げる儀式を数十年おきにおよそ1300年執り行ってきた。実となる少女八尾呪い受け継いで永遠の命を持っている。

※この「儀式」の解説は、「SIREN (ゲームソフト)」の解説の一部です。
「儀式」を含む「SIREN (ゲームソフト)」の記事については、「SIREN (ゲームソフト)」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 14:11 UTC 版)

カリンバ」の記事における「儀式」の解説

作物不出来や何か悪いこと起こると先祖に対していけないことをしたという解釈をして、先祖アドバイスを受けるために儀式を行う。儀式においては霊媒師ムビラ演奏によってトランス状態になり、先祖の霊乗り移る集まった人々忠告などを与える。ムビラ音楽乗って人々日没から夜明けまで一晩中踊る。

※この「儀式」の解説は、「カリンバ」の解説の一部です。
「儀式」を含む「カリンバ」の記事については、「カリンバ」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/09 00:38 UTC 版)

クラビー・クラボーン」の記事における「儀式」の解説

稽古中において高弟道場の名を受け継ぐことができるようになる師匠によるアユタヤの剣を使った祝福の儀式「クー」が披露される音楽演奏される中を真剣を用いて円形試合場演武が行われる。演武は真剣が相手の体に触れないように行われる勝敗選手の技量スタミナ決定される

※この「儀式」の解説は、「クラビー・クラボーン」の解説の一部です。
「儀式」を含む「クラビー・クラボーン」の記事については、「クラビー・クラボーン」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/12 08:33 UTC 版)

最高存在の祭典」の記事における「儀式」の解説

8時ポン・ヌフ大砲号令として鳴り響き人々参集求めた数十観衆動員され、テュイルリー宮の正面に向かって持った男と薔薇の花抱いた女たち行列進んだ国民衛兵配して整然と執り行われ祭典ではまず、「無信仰」を象徴する怪物の像が焼かれると「叡智(最高存在)」の像が姿を現し、その横には「美徳司祭」としてロベスピエール粛然として起立しロベスピエールが「最高存在」に敬意を表し明日から、なお悪行専制者と戦う」ことを誓いその後シャン・ド・マルスまで行進するという理神論的演出なされた演出画家ジャック=ルイ・ダヴィッドによってなされたが、ジャック・ルネ・エベールジョルジュ・ダントン粛清したロベスピエール指令にもとづく周到に練られた目的意識市民宗教の儀式であった。これらはキリスト教の神を否定していながら実際には完璧な宗教儀式外観呈していたとも評価されている。 これは確かに新し政治文化創造という点では革命運動頂点を示すものであり、ときに無秩序に発散される民衆運動エネルギー統制して公民道徳秩序適合させる意味合い有していた。ロベスピエールはこの試みに成功したが、しかし一方では革命運動支えていた下からエネルギー抑え込む結果ともなった。この祭典開催された約2か月後のテルミドールのクーデターロベスピエール自身失脚してギロチン刑に処せられることとなるが、これとともに一連の壮大な文化革命急速な退潮を示すこととなった

※この「儀式」の解説は、「最高存在の祭典」の解説の一部です。
「儀式」を含む「最高存在の祭典」の記事については、「最高存在の祭典」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/02 14:48 UTC 版)

義兄弟」の記事における「儀式」の解説

英語圏 英語圏では、Blood brother呼びblood oath呼ばれる宣誓儀式を行う。この儀式では、自らの指・手・腕のいずれかに傷を付け互いの傷同士重ね、血を交換する血液感染症(英語版)のリスクがあるスキタイ ワイン両者の血を混ぜ飲みあうことで義兄弟となった出典不明だが、ワイン動物の乳に置き換えることもあったようだ。 スカンジナビア 交差させ作られたアーチの下で血を流しあう。ギースリサガ英語版)、義兄弟サガ英語版)等に記載されている中国 三国志演義での桃園の誓いが有名(史実では義兄弟ではない)。 フィリピン 血の盟約という儀式を行うバルカン諸国・トルコ 兵士たち結束させるため、式典を通じて兵士たち一つ家族とする風習となった出典不明だが、腕を絡み合わせワインを飲む儀式と関連があるらしい。

※この「儀式」の解説は、「義兄弟」の解説の一部です。
「儀式」を含む「義兄弟」の記事については、「義兄弟」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 02:54 UTC 版)

ウムラ」の記事における「儀式」の解説

巡礼者イブラーヒーム (キリスト教におけるアブラハム) とその2目の妻ハージャル (ハガル) の生涯、および世界中ムスリムとの連帯象徴する一連の儀式を行う巡礼者イフラームの状態でメッカ近郊立ち寄り、以下のことを行う。 タワーフ (アラビア語: طواف‎、Tawaf) - カアバ神殿周り反時計回りに7周回る。男性急ぎ足で3周回った後、カアバ神殿にさらに近づいてゆっくりと4周回るべきであるとされている。 サアイー (アラビア語: سعي‎、Sa'i) - サファーとマルワの丘の間を7往復する。これはハージャルが渇き訴えたイスマーイール (イシュマエル) のため懸命に探した故事(創世記21:14-19)を追体験するものであるイスマーイール泣きながら足で地面を打つ (天使ジブリール (ガブリエル) が足または翼の先で地面打ったとも) と、そこからたちまち湧き出したという。このとき湧き出たのがザムザムの泉であるとされるハルク (Halq) またはタクスィール (Taqsir) - ハルク巡礼締めくくり頭髪完全に剃り上げるもので、男性が行う。タクスィールは女性が行うもので、頭髪一部1-2インチほど切り払う。これらはいずれも、肉体的な外見への賛美はすべて神の思し召しに従うことを意味している。これを行うため、ウムラ終わりまで頭髪や髭を切ったり剃ったりすることは避けられるこれらの儀式を行うことでウムラ成就しイフラームら出ることができる。儀式の一部ではないが、多くの巡礼者ザムザムの泉水を飲むウムラの儀式は、宗派ごとに幾分異なっている。 巡礼ピークは、ハッジの期間の前後のほかラマダーン末の10日間である。

※この「儀式」の解説は、「ウムラ」の解説の一部です。
「儀式」を含む「ウムラ」の記事については、「ウムラ」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 15:58 UTC 版)

飲尿」の記事における「儀式」の解説

シベリアコリャーク人Koryaks)は、彼らの呪術の儀式中にベニテングタケとともに尿を摂取する一部ヒンドゥー教徒は、儀式用神酒成分として牛の尿を使う。

※この「儀式」の解説は、「飲尿」の解説の一部です。
「儀式」を含む「飲尿」の記事については、「飲尿」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 03:36 UTC 版)

即位の礼」の記事における「儀式」の解説

日本国憲法施行後の「即位の礼」では、5つの儀式(国事行為が行われる。ここでは儀式を概説する剣璽等承継の儀けんじとうしょうけいのぎ)--- 皇位継承があった当日行われる儀式。新天皇や男性皇族宮殿正殿松の間入り新帝前に置かれた案()に三種の神器のうちの剣璽御璽国璽安置され新帝剣璽挟まれ退出する明治憲法下での剣璽渡御の儀(けんじとぎょのぎ)にあたる即位後朝見の儀そくいごちょうけんのぎ)--- 皇位継承当日か、後日行われる儀式。天皇即位初め三権の長をはじめとする国民の代表者と会う。正殿松の間天皇・皇后皇族入場し天皇の「おことば」の後、内閣総理大臣式辞がある。これは明治憲法下践祚後朝見の儀(せんそごちょうけんのぎ)に相当する即位礼正殿の儀そくいれいせいでんのぎ)--- 天皇即位を国の内外宣明する、いわば即位の礼中心といえる儀式で、戴冠式即位式相当し各国元首首脳らや国内の代表が参列する皇位継承当日とは日を隔て行われる宮殿正殿松の間高御座御帳台設置されて、それぞれ御装束」に身を包んだ天皇・皇后登り、諸皇族三権の長左右に控える。天皇の「おことば」があり、内閣総理大臣祝辞である「寿詞」を読み上げ歳を三唱し参列者一同がこれを唱和する祝賀御列の儀しゅくがおんれつのぎ)--- 即位礼正殿の儀終了後天皇・皇后皇居宮殿から赤坂御用地にある赤坂御所まで御料車パレードする儀式。 饗宴の儀きょうえんのぎ)--- 即位礼正殿の儀参列した内外賓客に対し謝意表してもてなすための宮中晩餐会即位礼正殿の儀当日始まり宮殿豊明殿長和殿にて数回開催される

※この「儀式」の解説は、「即位の礼」の解説の一部です。
「儀式」を含む「即位の礼」の記事については、「即位の礼」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 07:37 UTC 版)

純血+彼氏」の記事における「儀式」の解説

純血吸血鬼であるアキの血を求め吸血鬼紳士淑女集いアキ血を流すために行われるショーアキ血が流れるような中世拷問殺し合いなどを見て血の香り楽しんだりアキの姿を崇めたりする。

※この「儀式」の解説は、「純血+彼氏」の解説の一部です。
「儀式」を含む「純血+彼氏」の記事については、「純血+彼氏」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/12 17:35 UTC 版)

ネクロマンテイオン (アケローン川)」の記事における「儀式」の解説

死霊神託求める者は、まず豆、大麦パン豚肉牡蠣など、酩酊状態引き起こしやすい食べ物摂取する清めの儀式をして羊の生贄捧げ幾つも鉄の門をくぐりながら曲がりくねった狭い通路下っていく。その際に奉納品通路置いていく29日の間、地下独房閉じ込められ、そこでネクロマンサーから様々な質問をされる29日目に亡霊会うこと許され、そこで会話することができる。ネクロマンテイオンからは床を上下させる機構見付かっており、亡霊扮しネクロマンサー地下からエレベーター乗って現れることで、巡礼者亡霊現れた錯覚させたと思われる

※この「儀式」の解説は、「ネクロマンテイオン (アケローン川)」の解説の一部です。
「儀式」を含む「ネクロマンテイオン (アケローン川)」の記事については、「ネクロマンテイオン (アケローン川)」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/23 17:29 UTC 版)

仏説療痔経呪」の記事における「儀式」の解説

毎日お経本文を1回もしくは3回陀羅尼21もしくは108唱えるガン古代には痔とはガンのこと)など病苦災難取り除ける。もし布施放生行い精進料理食べるようにすると更に良い。 体にどこか痛い場所があれば、一杯の浄水を仏に供し、そして1回の経、108回の陀羅尼唱える。そしてそのを二杯に分け一杯飲み一杯痛いところに塗る。 注意供した浄水直接使用してはいけない。供した後は自身のコップ入れてから使用すること。

※この「儀式」の解説は、「仏説療痔経呪」の解説の一部です。
「儀式」を含む「仏説療痔経呪」の記事については、「仏説療痔経呪」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 13:40 UTC 版)

朝鮮寺」の記事における「儀式」の解説

代表的な年中行事としては4月8日仏生会7月7日七星祭、冬至の節分など(暦はいずれ旧暦)において数十人の信者集まり、儀式、祭が行われる。これらの年中行事においては呪術的な要素はあまり見られず、自身の家族における家内安全祈願中心となる。 これに対して災い生じた信者寺院巫女(ポサル)に依頼してその都度行われる神の儀式は、明らかにシャーマニックな特徴備えている。この儀式は、家族災い原因である祖先の霊呼び寄せ、舞や供え物供銭などでそれをもてなして災いかけないように頼み最後に霊を送り届ける一連の過程にそって執り行われる複数の霊が登場することも多く数日の儀式では15万円一週間ほどのものになる100万以上の費用依頼者から支払われる。この費用は、儀式の際に寺院泊り込む巫女飲食費や交通費、そして賽銭として儀式中で繰り返し供えられる金銭含まれている。後者供銭についてもポサルの収入となる。 賽神の儀式においては僧侶とポサルが並び、ポサルは舞や交霊とりおこなう。ポサルは信者から強い尊敬の念を持って遇されており、「先生」、「ポサル様」等の敬称呼称されている。それにたいして僧侶一般的な僧服等を身に着けているものの、賽神を仏教によって権威付け存在として扱われ宗派による儀式の違いなども存在しない数十存在すると見られるポサルの多く中年から老年女性であり、住職として朝鮮寺居住する者のほかに自宅祭壇設け巫行を行っているものも多い。その多く血縁師弟関係結ばれている

※この「儀式」の解説は、「朝鮮寺」の解説の一部です。
「儀式」を含む「朝鮮寺」の記事については、「朝鮮寺」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 22:14 UTC 版)

呪物崇拝」の記事における「儀式」の解説

理論的には呪物崇拝あらゆる宗教にあって存在するが、宗教研究でのこの概念用例は、伝統的な西アフリカ宗教的信仰や、そこから派生したヴードゥー教研究から導出された。 血液はしばしば、もっとも魔力の強い呪物あるいは呪物原料見なされた。アフリカ幾つかの地域では、白人髪の毛がまた魔力が強いと考えられていた。

※この「儀式」の解説は、「呪物崇拝」の解説の一部です。
「儀式」を含む「呪物崇拝」の記事については、「呪物崇拝」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 05:13 UTC 版)

おなり神」の記事における「儀式」の解説

イザイホー祭り中にて、兄を持つ妹がおなり神となる儀式が執り行われる。兄はイザイホー祭り前になると、妹に祭りの時身に付け神衣下着類作る白生地を贈る。祭り最終日に、トウツルモドキの冠を被った妹は座敷上がってカヤ敷物の上に座り、兄と向き合って神酒飲み交わす。それが終わると、立ち会ったノロトウツルモドキの冠を妹の頭から取って兄に渡す。これによって妹は兄を守護するおなり神となる。 神女に兄がいない際は、弟か甥かいとこがえけりの役をする

※この「儀式」の解説は、「おなり神」の解説の一部です。
「儀式」を含む「おなり神」の記事については、「おなり神」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 05:38 UTC 版)

イオマンテ」の記事における「儀式」の解説

冬の終わりに、まだ穴で冬眠しているヒグマ狩る猟を行う。冬ごもり間に生まれた小熊がいた場合、母熊は殺すが(その際前述のカムイ・ホプニレを行う)、小熊集落に連れ帰って育てる。最初は、人間の子と同じように家の中で育て赤ん坊と同様母乳やることもあったという。大きくなってくると屋外丸太組んだに移すが、やはり上等の食事与える。1年2年ほど育てた後に集落をあげての盛大な送り儀礼行い丸太の間で首を挟んでヒグマ屠殺し解体してその肉を人々にふるまう。 式場には祭場を使う。祭壇エムㇱ(宝刀)、弓矢、鎧、シントコなどで飾りクルミや団子、近代ではミカン備え、熊に酒を注ぎ与える。花矢で熊を射て遊ばせ」、最終的に丸太で熊の首を挟むことでクマ肉体と魂を分離するその折に一人アイヌが天に向かって一矢放ち全員一斉に叫ぶ。 宗教的には、ヒグマの姿を借りて人間の世界やってきたカムイ一定期間大切にもてなした後、見送りの宴を行って神々の世界にお帰り頂くものと解釈しているヒグマ屠殺し得られた肉や毛皮は、もてなし礼としてカムイ置いて行った置き土産であり、皆でありがたく頂くというわけである。地上大切にされた熊のカムイは、天界帰った後も再度肉と毛皮土産携え人間界訪れる。さらに人間界素晴らしさ伝え聞いたほかの神々も、肉や毛皮とともに人間界訪れる。こうしては豊猟に恵まれのである。熊の再訪を願うために、人間からの土産としてイナウトノト濁酒)、シト団子)を大量に捧げるイオマンテの宴で語るユーカラは、佳境入ったところでわざと中断する。神が続き聞きたがり、再訪することを狙うのである類似の熊送り儀礼は、樺太周辺のニヴフなど、ユーラシア・タイガの北極圏近い内狩猟民族広く存在している。イオマンテもその一種である。 北海道におけるイオマンテの儀式は1955年北海道知事名による通達によって「野蛮な儀式」として事実上禁止となった2007年4月通達撤回している。

※この「儀式」の解説は、「イオマンテ」の解説の一部です。
「儀式」を含む「イオマンテ」の記事については、「イオマンテ」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 20:02 UTC 版)

ロサル」の記事における「儀式」の解説

ロサル15日間にわたって催されるが、最初の3日間が主たる祭日である。初日には、チャンからつくられたチャンコルと呼ばれる汁物作られる二日目ケサル王(ギャルポ・ロサル(英語版))として知られるロサル伝統的に、ヴァジュラキラヤ(英語版)を祀る5日間の儀式に引き続いて祝われるウイグル人採ったキタイ・ウイグル暦を、モンゴル人チベット人採用したことで、ロサル中国春節モンゴルツァガーンサル同日または近い日付祝われるようになったが、この祝日チベット独自のものであり、成立インド中国からチベットへ影響及ぼされる以前の歴史遡るネパールヒマラヤ山脈地帯に住むシェルパ族も、チベット人々と同様ロサルを祝う。1950年中国によるチベット併合以前ロサルは、ナムギャル寺での朝の修正会によって幕を上げた護法善神のパルデン・ラモ(英語版)の法要であるこの儀式は、ダライ・ラマ高位のラマたちによって執り行われチベット高官参列したダライ・ラマ14世インド亡命後チベット僧院破壊され僧侶たちも多く投獄された。以降同国においてチベット仏教の儀式を大々的に執り行うことは難しくなった[要検証ノート]。 ロサルラダック文化英語版)でもあり、インド北部ラダックでも仏教徒によって祝われるチベットでは、この祝日関連する種々の慣習見られるロサル迎え数日前から、人々家で準備のために徹底的な大掃除が行われる。家々香しい花で荘厳され、壁には縁起の良いシンボルである太陽や月、卍が小麦粉描かれるヒマラヤスギツツジセイヨウネズが、香木として焚くために準備される借金清算され諍い収められ新し衣服準備され、カプセ(英語版のような特別な食べ物作られる温められチャン大麦ビールである)が飲まれるチベット語では「羊頭」と「年初」の音が似ることから色付きヤクバターから作った羊の頭を模した彫刻飾られるまた、五穀豊穣象徴する伝統的な飾りとして、「シェマル」(五穀バケツ)がある。これは、バケツの中を二分する木の仕切り板備えているバケツツァンパオオムギの種で満たされたうえで、オオムギの穂と色付きヤクバター飾り付けされる。 ブータンおいてもロサル祝われるが、その祝い方はチベットとは異なっている。ブータンにおけるロサル今日行われているような形になったのは、1637年のことである。初代シャブドゥンガワン・ナムゲルプナカ・ゾン英語版)の竣工式就任式執り行った際に国中ブータン人が、それぞれの地域から農産物持ち寄った。現在においても、この習わしは、ロサルのあいだに食べられる食材多様さその姿留めている」具体的には、縁起の良い食物とされるサトウキビや青バナナ英語版)を含め伝統的な料理食されるブータンでは伝統的にピクニック踊り、歌、ダーツ弓矢による射的ブータンにおけるアーチェリー英語版参照)、供養が行われる。

※この「儀式」の解説は、「ロサル」の解説の一部です。
「儀式」を含む「ロサル」の記事については、「ロサル」の概要を参照ください。


儀式(セレモニー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 06:56 UTC 版)

儀式(セレモニー)」の記事における「儀式(セレモニー)」の解説

作詞・作曲は、シンガーソングライター中島みゆき手掛けている。 楽曲提供した中島は、1989年発売アルバム回帰熱』にて、一部歌詞変えた形でセルフカバーしている。

※この「儀式(セレモニー)」の解説は、「儀式(セレモニー)」の解説の一部です。
「儀式(セレモニー)」を含む「儀式(セレモニー)」の記事については、「儀式(セレモニー)」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 10:03 UTC 版)

ブラックマトリクス」の記事における「儀式」の解説

戦闘前メニュー画面ではBP使って「儀式」を行なうことが出来る。儀式には「剣血」と「凝血」がある。「剣血」は武器秘められた潜在能力」を引き出すものであり、BP消費することでその武器潜在能力使用可能とする。ただし、武器には複数潜在能力があり、覚醒させても一度使用可能なのは一種類だけである。変更する他の潜在能力使用不可となるため、その都度設定しなければならない。「凝血」は全ての潜在能力覚醒させた武器にのみ可能。武器パラメーター上昇させるが、以降はその武器潜在能力変更することが出来なくなる。

※この「儀式」の解説は、「ブラックマトリクス」の解説の一部です。
「儀式」を含む「ブラックマトリクス」の記事については、「ブラックマトリクス」の概要を参照ください。


儀式(ぎしき)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 09:53 UTC 版)

山田くんと7人の魔女」の記事における「儀式(ぎしき)」の解説

生徒会室隣の部屋にある祭壇によって隠されている魔法陣の上7人魔女が手を繋いでその場にいる全員目を閉じることによって行える儀式の間のみ魔法陣中心にいる人と7人目の魔女以外の時間止まる7人目の魔女キスした時に願った事が叶う山田は「この学校から魔女能力消してくれ」と願ったが、儀式を行った際の7人能力失われただけで魔女能力黒崎や詫摩といった新たな7人受け継がれた

※この「儀式(ぎしき)」の解説は、「山田くんと7人の魔女」の解説の一部です。
「儀式(ぎしき)」を含む「山田くんと7人の魔女」の記事については、「山田くんと7人の魔女」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/29 04:53 UTC 版)

スカウト教育法」の記事における「儀式」の解説

スカウティング多くの儀式を持つ。それらは短く簡便でスカウトにとって魅力的なものとして設計されている一方で象徴主義底流している。例えば、カブスカウト開会セレモニー使われる"We DOB, DOB, DOB"のエールがある。これはカブスカウトにとってはおもしろエールであり、同時に"we Do Our Best"の略語である。

※この「儀式」の解説は、「スカウト教育法」の解説の一部です。
「儀式」を含む「スカウト教育法」の記事については、「スカウト教育法」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 17:07 UTC 版)

magico」の記事における「儀式」の解説

魔法の習得のためには、それぞれ定められた儀式の手に従う必要があり、強力な魔法ほど儀式も複雑かつ困難(習得者への負担、必要となる素材希少性など)になっていく。その反面儀式の内容わかっていれば、特別な知識必要ないものも多い。一度儀式を行えば無限に魔法使えるではなく魔法使用すれば使用するほど魔法の使用可能回数減っていきそれがゼロになればもう一度儀式を受けなければならない

※この「儀式」の解説は、「magico」の解説の一部です。
「儀式」を含む「magico」の記事については、「magico」の概要を参照ください。


儀式(イニシエーション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 17:07 UTC 版)

magico」の記事における「儀式(イニシエーション)」の解説

収集集めたものを使い儀式を行う

※この「儀式(イニシエーション)」の解説は、「magico」の解説の一部です。
「儀式(イニシエーション)」を含む「magico」の記事については、「magico」の概要を参照ください。


儀式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 21:25 UTC 版)

交流分析」の記事における「儀式」の解説

儀式は、社会的プログラミング基づく、補完的相互的)な一連の交流である。その定型性によって気遣い労力節約されることになる。儀式は、一般的に相互ストローク交換から形成される例えば、二人日常的なストロークの儀式を持っている可能性がある毎日会う度にそこでは、一方が「やあ」と言いもう一方が、次のような儀式的なストロークを持っているかもしれない。 A:「やあ」B:「やあ。元気?」A:「うん、いいよ。そっちは?」B:「うん、いいよ。じゃまた」 同じ日に彼らがまた会った時、彼らはどんなストローク交換しないかもしれない、あるいは、単にうなづき合うだけかもしれないいくつかの現象日常的な儀式と関連している: もしある人が、予想されているよりも少なストロークしか交換しなかった場合他の人は、彼が悩んでいるか、傲慢になっているかと感じるかもしれない。 もしある人が、予想されているよりも多いストローク交換した場合他の人は、彼が媚びてきているか、利用するために良い関係を作ろうとしているのではと感じるかもしれない。 もし彼らが長い間会ってなかったら未処理のストローク増えそれゆえ次回会ったときに、それを埋め合わせるくらいの大量ストローク交換するかもしれない

※この「儀式」の解説は、「交流分析」の解説の一部です。
「儀式」を含む「交流分析」の記事については、「交流分析」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「儀式」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

儀式

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 23:39 UTC 版)

発音

ぎ↘しき

名詞

(ぎしき)

  1. 神事祭事慶弔など一定作法形式従って行われる行事

翻訳


「儀式」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



儀式と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「儀式」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



儀式のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの儀式 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの誘拐 (改訂履歴)、カードファイト!! ヴァンガード (改訂履歴)、スキタイ (改訂履歴)、SIREN (ゲームソフト) (改訂履歴)、カリンバ (改訂履歴)、クラビー・クラボーン (改訂履歴)、最高存在の祭典 (改訂履歴)、義兄弟 (改訂履歴)、ウムラ (改訂履歴)、飲尿 (改訂履歴)、即位の礼 (改訂履歴)、純血+彼氏 (改訂履歴)、ネクロマンテイオン (アケローン川) (改訂履歴)、仏説療痔経呪 (改訂履歴)、朝鮮寺 (改訂履歴)、呪物崇拝 (改訂履歴)、おなり神 (改訂履歴)、イオマンテ (改訂履歴)、ロサル (改訂履歴)、儀式(セレモニー) (改訂履歴)、ブラックマトリクス (改訂履歴)、山田くんと7人の魔女 (改訂履歴)、スカウト教育法 (改訂履歴)、magico (改訂履歴)、交流分析 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの儀式 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS