伏見とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > > 伏見の意味・解説 

ふしみ【伏見】

京都市南部の区名。旧伏見市豊臣秀吉伏見城を築き、江戸時代幕府直轄地。灘(なだ)と並ぶ酒造で知られ、伏見七名水と称される湧水があり、桃山近く御香水(ごこうすい)は霊水として名高い


伏見

読み方:フシミfushimi

分野 謡曲

年代 成立未詳

作者 作者未詳


伏見


伏見


伏見


伏見


伏見


伏見


伏見

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

伏見


伏見

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

伏見区

(伏見 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/13 17:55 UTC 版)

伏見区(ふしみく)は、京都市を構成する11の行政区の一つで、京都市の南部に位置する。




  1. ^ 浅井建爾『日本の道路がわかる辞典』日本実業出版社、2015年10月10日、初版、132-134頁。ISBN 978-4-534-05318-3
  2. ^ 伏見・桃山は江戸時代のタウンページで使われ定着した名称 歴史研究グループが発表”. 伏見経済新聞 (2016年11月19日). 2018年1月2日閲覧。
  3. ^ 京・伏見学叢書第3巻『伏見の現代と未来』(聖母女学院短期大学伏見学研究会編)あとがき ISBN 4-7924-0577-7, 清文堂出版.
  4. ^ この時、京都市は宇治郡宇治村にも京都市への編入を打診していたほか、笠取村は京都市への編入を希望していたが、いずれも実現しなかった。※詳しくは、宇治市#宇治市成立へ向けての合併と京都市への編入議論を参照。
  5. ^ 他区から伏見区へ転入した来られた方、伏見区内で転居された方 - 京都市 伏見区役所(2011年1月13日閲覧)
  6. ^ 区役所・支所・出張所の管轄区域 - 京都市 伏見区役所(2011年1月13日閲覧)
  7. ^ 伏見区役所・支所各課案内 - 京都市 伏見区役所(2011年1月13日閲覧)
  8. ^ 2019年現在人口の多い順に、横浜市港北区、福岡市東区、岡山市北区、仙台市青葉区、横浜市青葉区、横浜市鶴見区、札幌市北区、相模原市南区、横浜市戸塚区、京都市伏見区。
  9. ^ 区内の各地域は、京都市への編入前には4つのに属していた(淀のうち美豆は綴喜郡だったので厳密には5つ)。※詳しくは、#歴史を参照。
  10. ^ 警察もおなじ山科警察署の管轄である


「伏見区」の続きの解説一覧



伏見と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「伏見」の関連用語

1
96% |||||

2
76% |||||

3
76% |||||

4
76% |||||

5
76% |||||

6
76% |||||

7
76% |||||


9
76% |||||


伏見のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



伏見のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本音楽国際交流会日本音楽国際交流会
Copyrigrht for The Association for Intenational Exchange of JapaneseMusic
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伏見区 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS