インクラインとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 設備 > インクラインの意味・解説 

インクライン【incline】

読み方:いんくらいん

斜面勾配(こうばい)の意》傾斜面レール敷き動力台車動かして船・貨物を運ぶ装置京都市東山区蹴上(けあげ)にあったものが有名。勾配(こう 
ばい)鉄道

インクラインの画像
京都府、インクラインの台車

インクライン (いんくらいん)


インクライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 06:06 UTC 版)

琵琶湖疏水」の記事における「インクライン」の解説

高度差越えて水運可能にするため、インクラインが日本初施設として建設された。蹴上南禅寺船溜を結ぶ蹴上インクライン当時世界最長という。下流伏見にも鴨川運河建設のときに設置された。蹴上のものは運転休止後に放置され1978年山ノ内浄水場取水敷設のためレールはがされたが、地元運動もあって後に形態復元され1996年水路閣などと共に国の史跡指定された伏見のものは国道24号拡幅用地転用され現存しない。

※この「インクライン」の解説は、「琵琶湖疏水」の解説の一部です。
「インクライン」を含む「琵琶湖疏水」の記事については、「琵琶湖疏水」の概要を参照ください。


インクライン(工事用)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 16:16 UTC 版)

桜谷軽便鉄道」の記事における「インクライン(工事用)」の解説

2016年4月完成南山線より低い位置にある倉庫南山線風の峠駅(入線分岐1番線の間)を結んでいるインクライン。倉庫南山線物資輸送使用される工事(貨物)用であるため乗車はできず、一般客は動いているところを見ることもない。こども人車軌道立体交差しており、インクラインがこども人車軌道の上越え構造となっている。

※この「インクライン(工事用)」の解説は、「桜谷軽便鉄道」の解説の一部です。
「インクライン(工事用)」を含む「桜谷軽便鉄道」の記事については、「桜谷軽便鉄道」の概要を参照ください。


インクライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 14:52 UTC 版)

閘門」の記事における「インクライン」の解説

インクラインは斜路使って船を昇降するための装置車輪付き台車使ってレール上を運ぶドライ方式入れたタンクに船を浮かべてレール上を運ぶウェット方式がある。 初期のインクラインは台車用いドライ方式だった。台車引き上げ船台marine railwaypatent slip)という。 紀元前1000年頃の古代中国には人力あるいは家畜引っ張って小舟引き上げ装置存在した17世紀にはヨーロッパで車輪付き台車使った装置提案されるようになった19世紀初頭運河航行する船は馬によって曳かれる木造の艀(はしけ)だったため石造斜路簡単に移動でき、動力はさらに水力蒸気機関使われるようになった。しかし、初期のドライ方式のインクラインは、19世紀後半になるとイギリスでの鉄道発展による運河時代終焉発展がみられなくなり蒸気船大型化運搬も困難となっていたが、張ったタンクに船を入れて台車で運ぶウェット方式使われるようになった

※この「インクライン」の解説は、「閘門」の解説の一部です。
「インクライン」を含む「閘門」の記事については、「閘門」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「インクライン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



インクラインと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

インクラインのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インクラインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ダム協会日本ダム協会
Copyright 2022 JAPAN DAM FOUNDATION All rights reserved.
ダム事典は、財団法人日本ダム協会によって運営されているダム便覧のコンテンツのひとつです。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの琵琶湖疏水 (改訂履歴)、桜谷軽便鉄道 (改訂履歴)、閘門 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS