敷設とは? わかりやすく解説

敷設

読み方:ふせつ
別表記:布設

「敷設」は「敷くようにして設置する」ことを意味する語。とりわけ広範囲または長距離におよぶ工事を伴うものを指すことが多い。主に鉄道道路水道管整備に関する文脈用いられることが多い。

「敷設」は単に「設置」と表現しても特に問題なく文意保てる水道管地中敷設するような場合は「埋設まいせつ)」とも表現できる

敷設の「敷」の字音読みで「ふ」、訓読みでは「し(く)」と読む。なお敷設は「布設」とも表記されることがある。「布」の字も「敷」と同様に「ふ」および「し(く)」と読む。なお「敷く」と表記する場合物体延べ広げるさまを指すことが多く、「布く」の表記は「広く行き渡らせる」という抽象的な動きを指すことが多い。

敷設(布設)と同じく「ふせつ」と読む字としては、「附設」や「付設」が挙げられる。「附設」と「付設」は純粋な異表記であり、意味・用法読み方など一切同じであるその意味は「何物に付属す形で設置するということである。

ふ‐せつ【敷設/布設】

読み方:ふせつ

[名](スル)広い範囲設置すること。「鉄道を—する」

「敷設」に似た言葉

敷設

読み方:フセツ(fusetsu)

装置設備など設置すること


敷設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 10:06 UTC 版)

ツイストペアケーブル」の記事における「敷設」の解説

個人ユーザ量販店購入可能なLANケーブルは、きりのいい数字長さ(30cm・50cm・1m・3m5m・7m・10m・20m・50m・100mなど)で、あらかじめ両端オスRJ-45コネクタ装着したものである一方で工事業者LANケーブル敷設する際は任意の長さ過不足なく設置するために、一般的にコネクタのない数十から数百メートルケーブル配線した後にケーブル切断し圧接工具用いて両端RJ-45コネクタ取り付ける(整端・成端と呼ぶ)。ケーブルコネクタ取り付ける作業では、被覆むきから圧接までの必要機材を取り揃え安価なツールセットや、配線コネクタ内部の溝に入れて閉じるだけで接続可能な工具不要のコネクタ登場している。敷設業務では、最低でも簡易な測定器(LANテスター)で導通短絡有無確認する必要があり、さらに高価な測定器ケーブル減衰漏話レベルなどの規格適合性確認をすることや、測定結果報告書要求されることもある。主要なケーブルメーカーは、自社製品ケーブル認定業者正しく施工し場合限りおおむね15年から25年製品保証をしている。

※この「敷設」の解説は、「ツイストペアケーブル」の解説の一部です。
「敷設」を含む「ツイストペアケーブル」の記事については、「ツイストペアケーブル」の概要を参照ください。


敷設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 08:45 UTC 版)

鉄道輸送」の記事における「敷設」の解説

線路は、鉄道会社が所有またはリースを受けている土地敷設されている。かつては線路平坦に敷設することが望まれたため丘陵地または山岳地帯遠回りするルート敷設されていることが多い。しかし、近年建設技術の向上により長大トンネル長大橋梁など建設が容易となったため、山岳地帯などでも一直線に線路敷設されかつての遠回り路線より所時間大幅に短縮することができるようになった。ただし、長大トンネル長大橋梁建設には多額の費用掛かるため、財政厳しい鉄道会社や初期投資回収が難しい路線では山岳河川避けて線路敷設されることも多い。また、都市部などの地上開発可能な土地がほとんど残っていない場所では線路地下敷設されたり、あるいは通りの上に高架線敷設することがある

※この「敷設」の解説は、「鉄道輸送」の解説の一部です。
「敷設」を含む「鉄道輸送」の記事については、「鉄道輸送」の概要を参照ください。


敷設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 04:45 UTC 版)

軌道法」の記事における「敷設」の解説

軌道法が「軌道ハ特別ノ事由アル場合ヲ除クノ他之ヲ道路ニ敷設スヘシ」(第2条)と規定し鉄道事業法鉄道道路への敷設を原則禁止している(同法61条)。 ただし、軌道法第2条但書鉄道事業法61但書により、国土交通大臣許可受けれ軌道道路以外に鉄道道路に敷設が可能であるそのため、軌道では大部分新設軌道である都電荒川線京福電鉄嵐山本線全線新設軌道である大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro) や東急世田谷線存在している。一方鉄道では一部道路併用区間有する江ノ島電鉄線存在している。

※この「敷設」の解説は、「軌道法」の解説の一部です。
「敷設」を含む「軌道法」の記事については、「軌道法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「敷設」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

敷設

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 11:28 UTC 版)

名詞

(ふせつ)

  1. 設備装置決められた場所設置すること。

動詞

活用

サ行変格活用
敷設-する

「敷設」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

敷設のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



敷設のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのツイストペアケーブル (改訂履歴)、鉄道輸送 (改訂履歴)、軌道法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの敷設 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS