道路とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 通路 > 道路の意味・解説 

どう‐ろ〔ダウ‐〕【道路】

人や車などの通行するみち。往来


道路

建築基準法上の道路とは、道路法による道路、都市計画法などによる道路、建築基準法規定施行された際に現存していた道路、位置指定道路みなし道路2項道路)などがある。→私道みなし道路

道路

読み方:どうろ

  1. 府県官吏巡回スルコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・大阪府

分類 大阪府

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 00:12 UTC 版)

道路(どうろ、ラテン語 strata、 フランス語 route、ドイツ語 Straße、英語 road、スペイン語 calle)とは、車両などが通行するための道[1]、人や車両の交通のために設けられた地上の通路[2]である。


注釈

  1. ^ また三国時代の史書『魏志倭人伝』の中で、当時の日本の様子について、「土地は険しく、樹木が生い茂り、細々とした道路が続いていた」といった旨の記述があり、「道路」の文字が使われている[4]
  2. ^ 私道など、一部の個人所有物を除く。
  3. ^ 漢は紀元前206年 - 220年の間にあった中国の王朝
  4. ^ 太閤下水(背割下水)が街路に面して建つ家屋の間を通っており、それが町名の区分となっている

出典

  1. ^ デジタル大辞泉
  2. ^ 広辞苑第六版「道路」
  3. ^ a b 武部健一 2015, pp. 21–23.
  4. ^ 浅井建爾 2015, p. 12.
  5. ^ a b c 峯岸邦夫 2018, p. 12.
  6. ^ a b c d e f 峯岸邦夫 2018, p. 34.
  7. ^ a b 浅井建爾 2001, p. 76.
  8. ^ 特別史跡「三内丸山遺跡」三内丸山遺跡 道路?”. 三内丸山遺跡. 2016年7月5日閲覧。
  9. ^ a b c d 浅井建爾 2001, p. 78.
  10. ^ a b 武部健一 2015, p. 2.
  11. ^ 武部健一 2015, pp. 7–8.
  12. ^ a b c 武部健一 2015, pp. 5–6.
  13. ^ a b 浅井建爾 2001, pp. 80–81.
  14. ^ a b 武部健一 2015, pp. 8–9.
  15. ^ 峯岸邦夫 2018, p. 2018.
  16. ^ a b 武部健一 2015, pp. 14–15.
  17. ^ a b 武部健一 2015, p. 16.
  18. ^ 武部健一 2015, pp. 17–18.
  19. ^ a b c d e f 峯岸邦夫 2018, p. 36.
  20. ^ a b c d 武部健一 2015, pp. 18–19.
  21. ^ a b c d e f 峯岸邦夫 2018, pp. 18–19.
  22. ^ a b c d e 峯岸邦夫 2018, pp. 20–21.
  23. ^ a b c d 峯岸邦夫 2018, pp. 22–23.
  24. ^ a b c d e 窪田陽一 2009, p. 18.
  25. ^ a b c d ロム・インターナショナル(編) 2005, p. 217.
  26. ^ a b c d e f 窪田陽一 2009, p. 19.
  27. ^ 窪田陽一 2009, pp. 19–20.
  28. ^ 窪田陽一 2009, p. 20.
  29. ^ 窪田陽一 2009, p. 21.
  30. ^ a b 木村俊文「協働で守る農地・道路 - 長野県栄村 -」『農中総研 調査と情報』第4巻、株式会社農林中金総合研究所、2008年1月、 ISSN 1882-2460
  31. ^ “農家・地域住民等参加型の直営施工推進マニュアル” (プレスリリース), 農水省, (2005年8月), https://www.maff.go.jp/j/nousin/seko/top/t_rikai/t_chokuei/pdf/manual.pdf 
  32. ^ 「日本の未来が見える村 長野県下條村、出生率「2.04」の必然」 『日経ビジネス』 、2009年2月10日http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090209/185533/ 



道路

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:11 UTC 版)

名詞

(どうろ)

  1. ある地点から他の地点通じる、車両交通のために設けた地上地下高架のみち。

翻訳

関連語


「道路」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




道路と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

道路のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



道路のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2022 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2022 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの道路 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの道路 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS