カイダンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 構造 > 階段 > カイダンの意味・解説 

階段

上下階を昇り降りするための構造物で、足がのる部分踏面、それに直角な部分蹴上げと呼ぶ。階段には形状によって、(1)らせん階段、(2)屈折階段、(3)折れ階段、(4)直(進)階段、(5)まわり階段などがある。建築基準法では踏面寸法が15cm以上、蹴上げ寸法が23cm以内内法寸法(階段の幅のこと)75cm以上と定められているが、この基準で階段を造ると、高齢者小さな子供には急な勾配となる。フラット35優良住宅取得支援制度の「バリアフリー性能基準」〔踏面は19.5cm以上、蹴込み(蹴上げ部分斜めにして、爪先すっぽり入るように踏面奥行きを広げた部分のこと)は3cm以上など〕を参考にしてプランニングするといいだろう。

戒壇

読み方:カイダン(kaidan

戒律授受する式場


カイダン

作者F十五

収載図書ショートショートの広場 12
出版社講談社
刊行年月2001.5
シリーズ名講談社文庫


カイダン

名前 Caidin



カイダンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カイダン」の関連用語

カイダンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カイダンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2019 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS