世評とは? わかりやすく解説

せ‐ひょう〔‐ヒヤウ〕【世評】

読み方:せひょう

世間の評判。「―に高い」


世評

作者菊池寛

収載図書日本掌編小説秀作下 花・暦篇
出版社光文社
刊行年月1987.12
シリーズ名光文社文庫


世評

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/17 03:02 UTC 版)

マーケットブリーダー」の記事における「世評」の解説

マーケットブリーダーは、必ずしも優秀な仔馬生産する必要がなく、高価格で売ることができる仔馬生産することが求められるすべてのマーケットブリーダー市場正しく判断すれば、彼らが生産する仔馬画一的血統になる。 オーナーブリーダー子馬生産する場合、必ずしも市場で高い価格がつくような仔馬生産する必要がない市場での人気に反して、単に自分好きであるとか思い入れがあるとかといった理由で種牡馬選択するともできるし、コスト抑えるために実績乏しく種付料が安い種牡馬選択するともできる将来繁殖牝馬として用いるために仔馬生産したり、自己の信念に基づいて市場では受け入れ難いような独自の配合試みたり、特徴的な系統繁殖試みることも可能であるこうした事情で、オーナーブリーダーは、長期的な展望のもとで優秀なサラブレッド育成しマーケットブリーダーではありえないような特別の高い成果をあげることがある、と好意的に評価が行われることがある。しかし、市場とは異な信念に基づいて独自の配合続けられ場合経営上困難な状況見舞われることもありその場合そ状況から抜け出すには長い年月要するマーケットブリーダーに対しては、短期的な利益追求するサラブレッド生産品種改良に必ずしも貢献しないとする批判が行われることもある。もっと単純に、彼らの生産するサラブレッド画一的面白みに欠ける、という視点でも批判対象になる。 一方でセリ市活況に代表されるサラブレッド価格の高騰市場改革試みがマーケットブリーダー台頭による成果であるという点も否定できない

※この「世評」の解説は、「マーケットブリーダー」の解説の一部です。
「世評」を含む「マーケットブリーダー」の記事については、「マーケットブリーダー」の概要を参照ください。


世評

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/22 05:02 UTC 版)

玉座のナポレオン」の記事における「世評」の解説

サロン作品市民不穏な印象与えた。それはアングル特異な表現スタイルのためだけではなくカロリング朝思わせるナポレオン戴冠衣装描写されていたからである。翌年自身の作品ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠』を仕上げダヴィッド容赦のない判断下し批評家一様に敵対的だった。色彩矛盾見つけて誤り指摘し彫刻的な安定感輪郭精度求め古典様式あら捜しをした。1806年ピエール=ジャン=バティスト・ショサールは『Le Pausanias Français』で、アングルの様式をゴシックだと非難したトルバドゥール様式この時始まりである。芸術史家のマージョリー・コーンは、「当時芸術史学究的な調査始まったばかりだった。芸術家批評家それぞれ共鳴し解釈し自分たちが歴史的文体発展として受け入れ始めていたもの利用する試み互いしのいでいた」と記したルーヴル美術館は、ナポレオンベルギーオランダイタリア戦役新たに得た略奪品満ちており、19世紀前半芸術家たちは、学び比較し古来傑作模写してヨーロッパ絵画の歴史全体に触れ機会に先例のないほど恵まれていた。その経歴初期からアングルは、自分の主題ふさわし歴史様式先達作品から自由に取り入れては、過去略奪する批評家批判浴びていた。

※この「世評」の解説は、「玉座のナポレオン」の解説の一部です。
「世評」を含む「玉座のナポレオン」の記事については、「玉座のナポレオン」の概要を参照ください。


世評

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/08 04:35 UTC 版)

スラッと女」の記事における「世評」の解説

デリク・グダー(Derek Guder)は『マンガ:ザ・コンプリート・ガイド』(Manga: The Complete Guide)において「独特にして表現力に富む描画と、当作品に登場する女性陣容姿優れているだけではなくユーモアふんだんに持ち合わせている事実とに賛辞呈し、このマンガ・シリーズに三ツ星評価与えている。「ストーリー・ライン喜劇的要素強調されており、生き生きとしたキャラクター表情笑い禁じ得ないそうでなければセックスシーン退屈に感じていたことだろう。」 ティモシー・パーパー(Timothy Perper)とマーサ・コーノグ(Martha Cornog)は表現豊かな英語版翻訳称賛し小夜子を「"官能的な魅力"と"魅惑的な美貌"とが複合した姿態の、"妖艶な女性"である」と評した。彼らはこのマンガ現代生活 - 特に仕事場における女性の役割や、"長きに渡る不断ガラスの天井"への風刺となっていると記述している。

※この「世評」の解説は、「スラッと女」の解説の一部です。
「世評」を含む「スラッと女」の記事については、「スラッと女」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「世評」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

世評

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 02:45 UTC 版)

名詞

せひょう

  1. 世間評判

発音(?)

せ↗ひょー


「世評」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



世評と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「世評」の関連用語

世評のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世評のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマーケットブリーダー (改訂履歴)、玉座のナポレオン (改訂履歴)、スラッと女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの世評 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS