配合とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 建材 > 配合 > 配合の意味・解説 

はい‐ごう〔‐ガフ〕【配合】

読み方:はいごう

[名](スル)

2種上のものを組み合わせること。混ぜ合わせること。「色素を—する」

結婚させること。また、夫婦。つれあい

夫婦ヲ—スル」〈和英語林集成


配合

読み方はいごうちょうごう
別名:調合
【英】:mix propoortion

コンクリートをつくるときの各材料使用割合または使用量。

配合

→「ブレンド」へ


調合

(配合 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/04 07:45 UTC 版)

調合(ちょうごう)とは、ある基準に沿って2つ以上のものから1つのものを作り出すことである。類語として配合がある。以下のようなものがある。




「調合」の続きの解説一覧

配合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 19:52 UTC 版)

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー」の記事における「配合」の解説

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド』や『ドラゴンクエストモンスターズ2 マルタのふしぎな鍵』と同様、2匹モンスターレベル10上のみ)を配合するシステム搭載されている。本作では配合結果1組あたり最大3パターン存在し、その中から好きな配合結果プレイヤー選択することができる。更に第3の性別万能」が登場しオスメスどちらの性別とも配合できる(ただし、万能同士配合することはできない)。

※この「配合」の解説は、「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー」の解説の一部です。
「配合」を含む「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー」の記事については、「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー」の概要を参照ください。


配合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 07:48 UTC 版)

エイシンヒカリ」の記事における「配合」の解説

父ディープインパクトと、母の父ストームキャット組み合わせは、2013年の日本ダービー制したキズナや、同年桜花賞アユサン2014年エリザベス女王杯優勝ラキシス共通している。

※この「配合」の解説は、「エイシンヒカリ」の解説の一部です。
「配合」を含む「エイシンヒカリ」の記事については、「エイシンヒカリ」の概要を参照ください。


配合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 04:33 UTC 版)

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2」の記事における「配合」の解説

前作同じく2匹モンスターでの配合の場合最大3パターン結果生じる。前作では親のスキル割り振らなかったスキルポイントは1/4しか子に受け継がれなかったが、今作ではスキル割り振り分と同じく1/2が子に受け継がれる。あるモンスター同士掛け合わせないと生まれないモンスターがいる。配合を有利にするや本がある。

※この「配合」の解説は、「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2」の解説の一部です。
「配合」を含む「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2」の記事については、「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2」の概要を参照ください。


配合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 01:55 UTC 版)

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド」の記事における「配合」の解説

タイジュの国の星降りのほこらで、仲間にしたモンスターの中から雄と雌のモンスターを1匹ずつ選び、「配合(はいごう)」をさせることができる。配合させるとモンスターが卵を1つ産み、卵からは新しいモンスター生まれる。配合すると親であるモンスターはいなくなってしまうが、生まれたモンスターには両親能力特技3DS版ではスキルスキルポイント)が受け継がれる。「配合」を行わない手に入らないモンスター存在するまた、自分仲間モンスター同士だけではなくゲームボーイ通信ケーブル用いて他のプレイヤーの仲間モンスター自分モンスターを「配合」させることもできる。これを「お見合いおみあい)」という。この場合は両プレイヤー1つずつ卵が手に入る上に、通常の配合に比べて生まれモンスター能力がやや高い。3DS版ではゲーム上のNPCとしかお見合いできない。 配合では先に選んだモンスター血統、それをベース組み合わせるモンスター相手となる。特殊な配合を除き血統選んだモンスターと同じ系統のもの(ドラゴン系血統ならドラゴン系)が子として生まれる。血統相手入れ替える生まれモンスターの種類変わり上記お見合いではそれぞれ自分モンスター血統となるため、互いに違う種類モンスターの卵を入手することが多い。3DS版では血統は関係なく、父親母親選びえすれば、その配合結果合った子供候補1 - 5種類表示され、その中から1種類を選ぶことになり、ジョーカー以降から実装された四体配合存在し、20pt以上割り振られスキル3種類以上子供に受け継がせないと更に「あくまの書」が生まれる。また、3DS版では雌雄同体個体存在し性別マークは♂と♀を組み合わせたもの)、雄とも雌とも配合できる便利な性別だが、雌雄同体同士配合することはできないので注意GB版では配合直前強制的にセーブされ、やり直しできないGB版では孵化有料(配合だけなら無料)だったが、3DS版では孵化無料行える。また、配合を行ってすぐに子供生まれ、『一晩待つ』という演出なくなった3DS版ではモンスターの卵を孵化させるのにも変更点があり、卵を渡す際に強制セーブが入る(その為、卵を渡す直前セーブし狙った子供孵すまで粘るという方法不可能)。しばらく経ってから再訪問することで卵からモンスター産まれる厳密には、卵を預けてから戦闘によって経験値を稼ぐ必要があり、ただ待っているだけでは卵は孵らない)。 当時の低年齢層の間では実在しないモンスター誕生させるためのデマ流行した

※この「配合」の解説は、「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド」の解説の一部です。
「配合」を含む「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド」の記事については、「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド」の概要を参照ください。


配合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/30 01:11 UTC 版)

バター茶」の記事における「配合」の解説

じっくり火にかけて煮出すため、茶葉水の比率重量比で1:100程度少量用いる。これは雲南省香港黒茶を飲む際の比率よりもかなり少ない。 四川省雲南省チベット民族官能評価で、塩の比率重量比で0.4%以下が好まれるギー比率茶葉同程度良いが、多少多くて風味大きな影響はない。

※この「配合」の解説は、「バター茶」の解説の一部です。
「配合」を含む「バター茶」の記事については、「バター茶」の概要を参照ください。


配合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 03:36 UTC 版)

WD-40」の記事における「配合」の解説

WD-40の配合法は企業秘密である。また、構成要素の完全な開示避けるため、特許取っていない。WD-40主な構成要素は、アメリカ化学物質安全性データシートによると以下の通りである。 50%:ストッダード溶剤(別名、ホワイトスピリットまたはミネラルスピリット。主にヘキサン多少ケロシン似ている25%液化石油ガス(おそらく、噴射用の高圧ガス。現在では、WD-40の相当な可燃性抑えるため二酸化炭素使用されている) 15%以上:鉱油(軽潤滑油10%以下:不活性成分 EU化学物質安全性データシートドイツ版には、以下の安全性関連原料挙げられている。 60-80%:水素化処理重質ナフサ石油製品1-5%:二酸化炭素 また、このデータWD-40使用する際のリスクとして、可燃性と、WD-40頻繁にさらされ場合人体皮膚への影響記載している。使用の際は、ニトリルゴムの手袋と安全メガネ装着が望ましい。WD-40燃えた際の消火には、避けたほうがよい。 「WD-40の主要原料魚油である」という良く知られ都市伝説がある。WD-40公式ウェブサイトには、石油ベース製品であると記されている。

※この「配合」の解説は、「WD-40」の解説の一部です。
「配合」を含む「WD-40」の記事については、「WD-40」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「配合」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

配合

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 05:57 UTC 版)

名詞

はいごう

  1. 複数のものを取り合わせること。また、取り合わせ
  2. 特別成分などを混ぜ合わせること。
  3. 結婚させること。めあわせること。

発音(?)

は↗いごー

動詞

活用

サ行変格活用
配合-する

「配合」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



配合と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「配合」の関連用語

配合のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



配合のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2024 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
UCCUCC
(C) 2024 UCC UESHIMA COFFEE CO.,LTD. All Rights Reserved
UCC上島珈琲コーヒー用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの調合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー (改訂履歴)、エイシンヒカリ (改訂履歴)、ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 (改訂履歴)、ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド (改訂履歴)、バター茶 (改訂履歴)、WD-40 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの配合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS