1組とは? わかりやすく解説

1組(アメリカラウンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 20:09 UTC 版)

2006 ワールド・ベースボール・クラシック」の記事における「1組(アメリカラウンド)」の解説

会場カリフォルニア州アナハイムエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム 試合日時はアメリカ西部夏時間(UTC-7) 順位チーム名勝数敗数引分得点失点得失点差1 韓国 - ○2-17-32-1 3 0 0 11 5 - 2 日本1-2 - ●3-46-1 1 2 0 10 7 +4 3 アメリカ合衆国3-74-3 - ●1-2 1 2 0 8 12 0 4 メキシコ1-21-62-1 - 1 2 0 4 9 -4 日試合開始先攻スコア後攻試合時間観客動員試合詳細2006年3月12日 13:00 日本 3–4 アメリカ合衆国 3時0932,896人 Boxscore 2006年3月12日 20:00 メキシコ 1–2 韓国 2時間5742,979人 Boxscore 2006年3月13日 19:00 アメリカ合衆国 3–7 韓国 3時2721,288人 Boxscore 2006年3月14日 16:00 日本 6–1 メキシコ 2時間3616,591人 Boxscore 2006年3月15日 19:00 韓国 2–1 日2時間4439,679人 Boxscore 2006年3月16日 16:30 アメリカ合衆国 1–2 メキシコ 2時間5038,284人 Boxscore 3か国1勝2敗で並び大会規定による当該チーム間での失点率日本準決勝進出した第1ラウンドではアメリカカナダ日本韓国敗れるという波乱があったが、アメリカ日本の準決勝進出有力視されていた。しかし、韓国代表が3戦全勝準決勝進出決定した以外は混沌リーグ戦となったアメリカ日本辛勝したものの、韓国戦では先発ドントレル・ウィリスカナダと同様乱調最終戦メキシコにも負けて1勝2敗。日本アメリカ戦、韓国戦と惜敗して1勝2敗。メキシコアメリカにのみ勝利してやはり1勝2敗と戦績で3か国並んだために、ルールによって当該チーム間の(=それぞれ韓国戦を除いた)失点率が最も良かった日本準決勝進出となった日本ではアナハイム奇跡」と大きく報じられた。

※この「1組(アメリカラウンド)」の解説は、「2006 ワールド・ベースボール・クラシック」の解説の一部です。
「1組(アメリカラウンド)」を含む「2006 ワールド・ベースボール・クラシック」の記事については、「2006 ワールド・ベースボール・クラシック」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1組」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1組のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1組のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2006 ワールド・ベースボール・クラシック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS