惜敗とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > > 惜敗の意味・解説 

惜敗

読み方:せきはい

惜敗とは、惜敗の意味

惜敗とは、試合競技において、僅差負けることである。具体的に、どれほど点差があれば惨敗に当たるか、明確な基準があるわけではなく話者主観感情反映として用いられることが多い表現である。読み方は「せきはい」である。英語では、lose a close game表現する。

惜敗の対義語

惜敗の対義語としては、大差負けることを意味する「惨敗」(ざんぱい)や「大敗」(たいはい)などが挙げられる。「惨敗」は、形成覆す余地がないほどの差を付けられて負けることを意味する言葉である。また、僅差で勝つという意味では「辛勝」(しんしょう)が挙げられる。

せき‐はい【惜敗】

[名](スル)競技試合などで、わずかの差で負けること。「善戦むなしく惜敗する」

[補説] 「しゃくはい」と読むのは誤り


せき‐はい【惜敗】

〔名〕 惜しいところで負けること。試合勝負などで、ほんのわずかな差で負けること。

日本野球史(1929)〈国民新聞社運動部〉「二A対一早軍惜敗す」




惜敗と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「惜敗」の関連用語

惜敗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



惜敗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS