失敗とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > > 失敗の意味・解説 

しっ‐ぱい【失敗】

読み方:しっぱい

[名](スル)物事やりそこなうこと。方法目的誤って良い結果得られないこと。しくじること。「彼を起用したのは―だった」「入学試験に―する」「―作」

[補説]  
2013年10月実施したあなたの言葉辞書載せよう。」キャンペーンでの「失敗」への投稿から選ばれた優秀作品

1回目許されて2回目怒られて、3回目仏様の顔が醜くゆがむこと。
門川ゆうきさん

飲酒した翌朝一切の記憶失っていること。
酒井響介さん

22時以降に炭水化物食べること
まつこさん

◆人の言動結果として現れる事実や状態のこと。その人がのちに成功することによって美化され傾向がある
くらげさん

挑戦することで得られる成果物一形態果実にはならない肥料することができる
kobo-qさん

多くの前例ありながら人間繰り返すもの。それにも関わらずいつかは克服できる夢見るもの。
老爺さん

成功するために避けては通れない経験。人を賢く優しく強く、そして前進させる
ケビンケイさん

人間なら誰でも冒すこと。それが早ければ早いほど、その後人生役立つので、若いうちできるだけ多くこれを経験した方がいい。これを恐れてならない
タイガーさん

努力した結果一つ逃避せず、挑戦した証拠内容には満足できないが、後悔のない状態。
佐藤翔太さん

どれだけ許容できるかで、人の懐の広さ知れるもの。
Taroさん

もう一度チャレンジする気持ち与えてくれるもの。
ゴーちゃんさん

本質見抜き、うまく向き合えたら、強い味方変わるもの
猫柳さん


失敗

読み方:シッパイ(shippai)

やりそこなうこと


失敗

作者自滔

収載図書台湾抗日小説
出版社研文出版
刊行年月1988.12
シリーズ名文選


失敗

作者小松左京

収載図書地には平和を
出版社阿部出版
刊行年月1991.3

収載図書京都府文学全集 第1期(小説編) 第4巻(昭和戦後編 2)
出版社郷土出版社
刊行年月2005.10

収載図書お茶漬の味 地には平和を短編小説集
出版社城西国際大学出版会
刊行年月2007.3
シリーズ名小松左京全集 完全版


失敗

作者星新一

収載図書きまぐれロボット
出版社理論社
刊行年月1999.6
シリーズ名新・名作の愛蔵版

収載図書きまぐれロボット
出版社理論社
刊行年月2005.6
シリーズ名フォア文庫

収載図書きまぐれロボット 改版
出版社角川書店
刊行年月2006.1
シリーズ名角川文庫


失敗

作者松本清張

収載図書危険な斜面 新装版
出版社文藝春秋
刊行年月2007.11
シリーズ名文春文庫


失敗

作者小野晃

収載図書ショートショート・ストーリー
出版社文芸社
刊行年月2008.3


失敗

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

失敗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/27 06:02 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「失敗」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「失敗」を含むページの一覧/「失敗」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「失敗」が役に立つかも知れません。

関連項目



失敗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/10 18:47 UTC 版)

2相コミット」の記事における「失敗」の解説

停止メッセージ応答した参加者がいた場合: 調整者は全参加者に「ロールバックせよ」というメッセージを送る。 各参加者Undoログ使ってトランザクションをする前の状態戻しトランザクション中に保持していた全ロックリソースを解放する。 各参加者調整者に「完了応答メッセージを送る調整者は全参加者から完了応答受け取った時点でトランザクション完了したものとする

※この「失敗」の解説は、「2相コミット」の解説の一部です。
「失敗」を含む「2相コミット」の記事については、「2相コミット」の概要を参照ください。


失敗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 14:41 UTC 版)

ソビエト連邦の宇宙開発」の記事における「失敗」の解説

宇宙開発における事故を参照 ソ連計画様々な事故や失敗に苦しんだソ連の宇宙計画五カ年計画という政府経済計画結びつきがあり、これは1961年始まったアメリカアポロ計画対応することを困難にさせた。なぜなら次の五カ年計画1964年まで待たなければならなかったからであるまた、集権的計画生産目標への固執が、中間管理者エンジニア装置欠点報告させることを困難にし、後の低質な品質管理へと繋がった1960年10月24日バイコヌール宇宙基地大陸間弾道ミサイルR-16発射台上で爆破数百人の命失われたニェジェーリンの大惨事)。 1961年3月23日初の宇宙飛行士事故発生した。ワレンチ・ボンダレンコ(英語版)が低圧高濃度酸素の中で火事によって死亡したのであるボスホート計画2度有人飛行の後、ソ連指導者交代ボスホート2号トラブルにより中止されるもし仮に中断されていなければ20日にも及ぶ長期宇宙滞在女性による宇宙遊泳命綱なしの宇宙遊泳などの「世界初」の名誉はソ連のものとなっていた可能性があるコロリョフコマロフガガーリンの死が3年間のうちに連続して起こり、これは明らかにソ連の宇宙計画暗い影落としたソ連世界初有人月探査大型ロケットN-1達成しようとしたが、4機とも試験飛行打ち上げられてすぐに爆発している。1969年7月20日アメリカ合衆国アポロ11号によって月に人類着陸させ、宇宙開発競争制した1975年4月5日2人宇宙飛行士サリュート4号に運ぶソユーズロケット2段目が動作不良起こし結果的に初の有人ランチアボート(launch abort, 緊急分離)を行った1980年3月18日ボストークロケット発射台の上爆発し58人が死亡した1983年9月2人宇宙飛行士サリュート7号へ運ぶためのソユーズロケット発射場爆破したが、ソユーズのカプセルアボートシステムが作動し2人助かった

※この「失敗」の解説は、「ソビエト連邦の宇宙開発」の解説の一部です。
「失敗」を含む「ソビエト連邦の宇宙開発」の記事については、「ソビエト連邦の宇宙開発」の概要を参照ください。


失敗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/17 17:02 UTC 版)

SES アストラ」の記事における「失敗」の解説

SES アストラ1997年開発依頼したアストラ1K当時最大の商用通信衛星だった。アストラ1K2002年11月26日プロトンロケット打ち上げられた。ロケット予定通り打ち上げられ待機軌道達して最終段の燃焼によって衛星静止軌道乗せようとした。しかし、最終段は点火せず、衛星待機軌道放たれ使い物にならなくなった。これを回復させる唯一の方法スペースシャトルを使うことだったが、断られた。2002年12月10日SES アストラ製造者のアルカテル・スペースとフランス国立宇宙研究センター依頼し衛星軌道から離脱させ、太平洋上で大気圏再突入させた。

※この「失敗」の解説は、「SES アストラ」の解説の一部です。
「失敗」を含む「SES アストラ」の記事については、「SES アストラ」の概要を参照ください。


失敗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 07:28 UTC 版)

ロックマンエグゼ5」の記事における「失敗」の解説

ロックマン含め味方ナビリベレート中の戦闘や敵のフェイズ攻撃HPが0になるとデリートにはならないが、次のフェイズ終了まで行動不能となる。さらにその次のフェイズHP少しだけ回復して再び行動可能になる

※この「失敗」の解説は、「ロックマンエグゼ5」の解説の一部です。
「失敗」を含む「ロックマンエグゼ5」の記事については、「ロックマンエグゼ5」の概要を参照ください。


失敗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/21 22:15 UTC 版)

A-train (衛星コンステレーション)」の記事における「失敗」の解説

OCO - 2009年2月24日トーラスXLロケット打ち上げられたが、フェアリング分離失敗し海上墜落したAqua15分前方飛行予定であった。 Glory英語版) - 2011年3月5日トーラスXLロケット打ち上げられたが、OCOと同様フェアリング分離失敗し海上墜落したCALIPSOAura の間を飛行予定だった。

※この「失敗」の解説は、「A-train (衛星コンステレーション)」の解説の一部です。
「失敗」を含む「A-train (衛星コンステレーション)」の記事については、「A-train (衛星コンステレーション)」の概要を参照ください。


失敗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/10 04:22 UTC 版)

ダッソー メルキュール」の記事における「失敗」の解説

ダッソー社では、純然たる短距離機であるメルキュールシュド・カラベルダグラスDC-9後継機として宣伝しており、1980年代までに1,500機の販売目論んでいたが、1970年代襲ったオイルショックを含むいくつかの要因によって発生した不景気に加え最大ペイロードでの航続距離がわずか400マイル(約640 Km)の短距離特化型のために潰し効かず、高バイパス比のターボファンエンジン換装等のテコ入れ策も不発終わったことが祟りメルキュール販売成績原型機2機・量産型10機の生産という大失敗終了したダッソーでは、エンジンCFM56換装し、胴体延長して190クラスとするメルキュール200航続距離を2,200 Km延長した140クラスメルキュール200Cの開発計画したが、様々な経緯のため1974年フランス政府からの補助金打ち切られ実現しなかった。なお、メルキュール高バイパス比のターボファンエンジン換装容易な構造だったのはこのプラン名残であり、競合機であった737その後に地上高の低い機体力業で対応させたのとは対照的な仕様となっている。 商業的に失敗したメルキュールであったが、その後フランス欧州各国とともに設立したエアバスは、メルキュールベース開発したエアバスA320A320neo737ライバル評されるレベル成功果たしており、まったくの無駄に終わったわけではないといえるまた、注文集まらエールアンテールのみで運用されていたメルキュールは、1995年4月29日最後の2機が引退したが、のべ360,000時間飛行時間とおよそ440,000便で4400万人乗客運んだうえで、死亡事故ゼロの実績残した

※この「失敗」の解説は、「ダッソー メルキュール」の解説の一部です。
「失敗」を含む「ダッソー メルキュール」の記事については、「ダッソー メルキュール」の概要を参照ください。


失敗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 20:19 UTC 版)

村上世彰」の記事における「失敗」の解説

村上2020年8月現在、過去10年間2度大きな失敗を経験している2011年ギリシャ国債への投資2013年中国マイクロファイナンス事業への投資である。前者では当時ギリシャ財政危機陥りギリシャ国債額面半値以下に下がっており、額面通り償還されれば年率300を超えるようなリターンとなる状況であった他の類似ケースなどを参考にして国外資産など原資3割程度回収できる踏んだ。しかし、結果シナリオ通りにはいかず、大きな損失出した後者は、2015年から中国経済急激に減速し債権焦げ付き急増。さらに、現地運営者債権焦げ付き比率隠蔽して事態悪化させた。しかし、村上後悔はしなかった。ただ、「よく自分わからないこと」に投資をするのは、期待値正確に導き出すことができないため、やめよう決意した。この2件で、村上自分で直接状況確認した肌で感じることができ意見言え自分ネットワークの中である程度リスクコントロールできるような案件や、会社側改善策などを働きかけられるような案件以外はやるべきではないという教訓得た

※この「失敗」の解説は、「村上世彰」の解説の一部です。
「失敗」を含む「村上世彰」の記事については、「村上世彰」の概要を参照ください。


失敗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/09 09:01 UTC 版)

ラテン通貨同盟」の記事における「失敗」の解説

当初より、金と銀世界市場における相対価値変動ラテン通貨同盟緊張させた。今日では貴金属価値変動することによって、複本位制基づ通貨影響が出ることは避けられないこととし認識されている。ラテン通貨同盟設立され1865年当時は、銀の金に対する相対的な価値上昇し続けており、その最高点迎えようとしていた。1873年には、銀の価値大きく下落し、それに伴ってラテン通貨同盟諸国、特にフランスベルギーの銀の輸入量急激に増加した1873年までに銀の価値の下落によって、金と銀価値の比が同盟内の基準である、15.5:1であるときには、金ではなく銀を鋳造する方が利益が出るようになった実際1871年から1872年間ずっとフランス造幣局五百万フラン分の銀貨コイン兌換するために受け取っているが、1873年だけで一億五千四百フラン分の銀貨受け取っているラテン通貨同盟参加国銀貨流入恐れ1874年1月30日パリにおいて一時的に銀への兌換自由に行えないよう制限した1878年までに銀の価値が戻る様子見られなかったため、銀貨鋳造完全に中断された。1873年より後事実上金本位制となった法律上は銀での支払い認められていたが、慣習として金での支払い要求され強制された。5フラン銀貨は「本質的に銀行券と同じ立場になった結局ラテン通貨同盟様々な理由でうまくいかなかった。自国通貨価値下落させる国がいくつかあったこともその理由のひとつである。この問題に関しては教皇領財政担当官であるジャコーモ・アントネッリが有名である彼は銀の純度不適切な硬貨鋳造しそれらの硬貨他国適切に鋳造され硬貨交換したグレシャムの法則)。さらに重要なことは、新たな銀山発見とより進んだ製錬技術によって銀の供給量増加したため、ラテン通貨同盟固定され金と銀レートでは、銀の金に対する価値実際よりも高くなってしまった。特にドイツの商人は、ラテン通貨同盟諸国に銀を持ち込み銀貨鋳造して割安なレート金貨交換することで知られていた。このような経済不安定化するような手段対抗するため、1878年には、ラテン通貨同盟はその通貨純粋な金本位制にせざるを得なかった。 フィナンシャルタイムズによると、ラテン通貨同盟もう一つ主要な問題は、複本位制に基づいて紙幣印刷することを禁止できなかったことであったフランスイタリアはこの問題につけ込んで紙幣発行し自国事業投資した。これは、「他の同盟国通貨によって保証された紙幣を発行することで、他の同盟国強制的に財政浪費コスト一部負担させる目的で行ったものであるギリシャ問題引き起こしたBBCによると、ギリシャ政府何度も自国硬貨含まれる金の量を減らしたために、その経済慢性的に弱ったそれゆえギリシャは元々の合意反し他の同盟国通貨に対して自国通貨価値切り下げた1908年ギリシャラテン通貨同盟から除名された。しかし、1910年ギリシャは再びラテン通貨同盟加わった。 たとえ新し銀貨鋳造中止されたとしても、存在している銀貨流通し続け金と銀価値変動悩みの種であった20世紀初め、第一次世界大戦激化し政治大きく乱れたそのためラテン通貨同盟実質的にはその終焉迎えたその後法律上存在したが、1927年公式に解散したラテン通貨同盟基準に基づいて作られた最後のコインは、1967年作られたスイスの半フラン、1フラン、2フラン硬貨である。

※この「失敗」の解説は、「ラテン通貨同盟」の解説の一部です。
「失敗」を含む「ラテン通貨同盟」の記事については、「ラテン通貨同盟」の概要を参照ください。


失敗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/08 22:42 UTC 版)

GEM (ロケットモータ)」の記事における「失敗」の解説

1995年8月5日にコリアサット 1(英語版)を搭載したデルタ II 7925の打ち上げ時に空中点火した GEM-40分離失敗したブースター分離失敗による重量超過衛星予定軌道よりも低い軌道投入されたが、衛星推進剤を使うことで予定軌道への遷移成功した1997年1月17日にはデルタ IIデルタ241)がGEM-40致命的な不具合により打ち上げ13後に自爆装置作動して爆発した空軍の調査により、打ち上げ以前にモーターケースが損傷しており、点火直後にケース割れたことが判明した

※この「失敗」の解説は、「GEM (ロケットモータ)」の解説の一部です。
「失敗」を含む「GEM (ロケットモータ)」の記事については、「GEM (ロケットモータ)」の概要を参照ください。


失敗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/08 17:52 UTC 版)

アラブ・イスラム共和国」の記事における「失敗」の解説

だが署名したものの、実用的なところまで進まず結局統合実現せず案という程度に留まってしまった。だがリビアアラブ連邦共和国参加しており、両国1989年アルジェリアモロッコモーリタニアアラブ・マグレブ連合結成している。アラブ・イスラム共和国実現はされなかった。 このようにアラブ諸国アラブ連盟もつくり、徐々に統一へと動いていった。だが北アフリカなどで2011年からアラブの春起こり、国の政情安定していない

※この「失敗」の解説は、「アラブ・イスラム共和国」の解説の一部です。
「失敗」を含む「アラブ・イスラム共和国」の記事については、「アラブ・イスラム共和国」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「失敗」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

失敗

出典:『Wiktionary』 (2021/07/31 13:18 UTC 版)

発音

名詞

(しっぱい)

  1. うまくいかなかったこと。やりそこなうこと。しくじること。

対義語

成句

翻訳

動詞

する (しっぱいする)

  1. やりそこなうしくじる

活用

翻訳


「失敗」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



失敗と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「失敗」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「失敗」の関連用語


2
98% |||||

3
90% |||||

4
72% |||||

5
72% |||||


7
72% |||||

8
72% |||||

9
72% |||||

10
72% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



失敗のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの失敗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2相コミット (改訂履歴)、ソビエト連邦の宇宙開発 (改訂履歴)、SES アストラ (改訂履歴)、ロックマンエグゼ5 (改訂履歴)、A-train (衛星コンステレーション) (改訂履歴)、ダッソー メルキュール (改訂履歴)、村上世彰 (改訂履歴)、ラテン通貨同盟 (改訂履歴)、GEM (ロケットモータ) (改訂履歴)、アラブ・イスラム共和国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの失敗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS