脱走とは? わかりやすく解説

だっ‐そう【脱走】

読み方:だっそう

[名](スル)束縛されている所から抜け出して逃げること。「集団で—する」「—兵」


脱走

作者河野美奈

収載図書ショートショートの広場 '86
出版社講談社
刊行年月1986.7


脱走

作者ジョイス・ケアリー

収載図書20世紀イギリス短篇選 上
出版社岩波書店
刊行年月1987.7
シリーズ名岩波文庫


脱走

作者南条範夫

収載図書代表作時代小説 26(昭和55年度) 〔新装版
出版社東京文芸社
刊行年月1988.5

収載図書時代小説を読む 忍之巻
出版社大陸書房
刊行年月1990.12

収載図書日本妖忍列伝
出版社大陸書房
刊行年月1992.3
シリーズ名大陸文庫

収載図書第三の陰武者
出版社青樹社
刊行年月1997.9
シリーズ名青樹社文庫

収載図書必殺天誅剣―新選代表作時代小説 16
出版社光風出版
刊行年月1999.1
シリーズ名光風文庫


脱走

作者木下清

収載図書長白山脈
出版社青弓社
刊行年月1992.11


脱走

作者島紀彦

収載図書シベリア収容所人々
出版社講談社
刊行年月1996.6


脱走

作者右遠俊郎

収載図書右遠俊郎短篇小説全集
出版社本の泉社
刊行年月1999.1


脱走

作者谷譲次

収載図書谷譲次 テキサス無宿/キキ
出版社みすず書房
刊行年月2003.6
シリーズ名大人本棚


脱走

作者原田重三

収載図書脱走―短編小説
出版社山梨ふるさと文庫
刊行年月2004.3
シリーズ名シリーズ山梨文芸


脱走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 07:42 UTC 版)

脱走(だっそう)とは囚われている、あるいは束縛されているような場所から抜け出し、逃げだすことである。


  1. ^ “少年院脱走事件:手配の18歳を逮捕 大阪府警”. 毎日新聞. (2011年9月23日). オリジナルの2011年9月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110925012821/mainichi.jp/select/today/news/20110923k0000e040037000c.html 2011年9月24日閲覧。 
  2. ^ 「20名脱走し16名捕る 作業衣ハダシで」『朝日新聞』昭和26年5月21日


「脱走」の続きの解説一覧

脱走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 07:22 UTC 版)

トマス・ハインズ」の記事における「脱走」の解説

ハインズオハイオ刑務所から逃げ出す道を発見した小説『レ・ミゼラブル』読んだことがあり、ジャンヴァルジャンフランスパリ地下にある通路抜けたヴァルジャンの逃亡アイディア得たと言われている。ハインズ日光射すことが無くても下の方の独房乾燥して感じられカビ生えていないことに気付いた。このことでトンネル掘って逃げること可能だ考えた推定してたように独房下に空気室あること発見した後にトンネルを掘る作業を始めた。このトンネルはわずか18インチ (46 cm) の幅しかなく、重い石組み囲まれた4フィート (1.2 m) x 4フィート空気室にやっと入ることのできる大きさだった。ハインズモーガンと共に逃げることになる他の6人がトンネル掘りを行う間、獄吏トンネル見つからないように薄い土の板が使われた。トンネル掘りに6週間使った後で、その出口監獄内壁と高さ25フィート (7.6 m)ある外壁間の石炭集積所近くに出た脱獄の日の1863年11月26日モーガンはその独房を弟のリチャード・モーガン大佐入れ替わったその日は北軍新し軍隊指揮官コロンバスに来ることになっており、独房その時に検査されることが分かったので選ばれた毎日行われた夜中検査後でハインズモーガンおよびモーガン隊に居た5人の大尉脱獄トンネル使った監獄歩哨がこのときに起こった激しい嵐を避けていたという事実にも助けられ南軍士官達は金属製フック使って造作もなく高さ25フィートの壁を越えて逃亡したハインズ看守のためにメモすら残した。それには「忠実で油断の無い看守N・メリオン殿」とされ、「キャスル・メリオン、独房20号室、1863年11月27日1863年11月4日開始1863年11月20日完了1日当た労働時間3時間。道具2つ小さなナイフ。『辛抱強さ苦闘、その成果実った(ここのみフランス語)』私の栄誉ある6人の南軍兵の命令による」と続けられていた。残されたもの家捜しされ、オハイオ刑務所の別独房移された。ハインズモーガンと共に脱獄した中の2人ラルフ・シェルドン大尉とサミュエル・テイラー大尉4日後にケンタッキー州ルイビル捕まったが、他の3人(ジェイコブ・ベネット大尉L・D・ホッカースミス大尉およびオーガスタス・マギー大尉)はカナダ南部にうまく逃げおおせたハインズモーガン連れて南軍前線戻った最初にコロンバス中心街鉄道駅到着しシンシナティ行き切符買った。この2人シンシナティ駅に入る前に列車から飛び降りたシンシナティでも捕獲避け続け一晩ケンタッキー州バーズタウンベン・ジョンソンの家に滞在したテネシー州では、ハインズモーガンから北軍注意逸らしハインズ自身は再度捕まって絞首刑による死の宣告受けたハインズその夜見張りをしていた兵士と話をして、機会を捉えて兵士抑え逃げ出した数日後にもハインズ絞首刑にしようとした北軍兵から再度逃げた

※この「脱走」の解説は、「トマス・ハインズ」の解説の一部です。
「脱走」を含む「トマス・ハインズ」の記事については、「トマス・ハインズ」の概要を参照ください。


脱走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/31 16:46 UTC 版)

フォート・スタントン脱走事件」の記事における「脱走」の解説

1942年11月以前にも、いくつかの脱走未遂があった。フェンス登ったり作業の合間に抜け出したり、トンネルを掘るなどの脱走計画があったが、いずれも失敗終わり脱走を図った者は収容所に連れ戻されている。やがて多くのドイツ人収容者らは、自分たちが孤立した所にあり、メキシコからも100マイル以上離れているので、脱走しても逃れる先がないことを受け入れていった。しかし、それでもさらに4人が脱走を試みた1942年11月1日夜、ブルーノ・ダーテ(Bruno Dathe)、ヴィリー・ミヒャエル(Willy Michel)、ヘルマン・ルネ(Hermann Runne)、ヨハネス・グランツ(Johannes Grantz)の4人は、闇に紛れて収容所抜け出し国境目指して南へ向かった。彼らの脱走はまもなくして露呈しニューメキシコ州およびテキサス州警察による大規模な捜索始まった11月3日ガバルドン渓谷警戒にあたっていた牧場主の民警団(英語版)員ボブ・ボイス(Bob Boyce)が脱走者らを目撃したボイスはただちに保安官ジョー・ネルソンJoe Nelson)に率いられ団員25から成る民警団本隊へと通報した追跡の後、民警団は収容所から南へ14マイル位置するリンカーン国立森林公園英語版内の丘にて脱走者らを発見した報じられところによれば、馬に乗った民警団員近づいた時、ドイツ人達は川で水浴びをするか、草の上昼寝をしていたという。脱走者のうち1人ピストル武装していたために銃撃戦となり、最終的にドイツ人1人負傷した逮捕され脱走者らはすぐにフォート・スタントンへと送り返された。

※この「脱走」の解説は、「フォート・スタントン脱走事件」の解説の一部です。
「脱走」を含む「フォート・スタントン脱走事件」の記事については、「フォート・スタントン脱走事件」の概要を参照ください。


脱走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/13 22:33 UTC 版)

パパゴ大脱走」の記事における「脱走」の解説

1944年12月23日、脱走が始まった。ヴァッテンベルクと24人のドイツ将兵看守らに気づかれることなく23日21時00分24日2時30分の2回に分けてトンネル通り脱走したクロスカット運河まで抜けた捕虜達はソルト川(英語版)を目指して南へ向かった。ヴィルヘルム・ギュンター大佐(Wilhelm Günther)、ヴォルフガング・クラルス中尉(Wolfgang Clarus)、フリードリヒ・ウツゾリノ中尉(Friedrich Utzolino)の3将校は、木やゴム廃材組み合わせて折畳式のいかだを作りソルト川からヒラ川コロラド川下りカリフォルニア湾目指す計画建てた。しかし、当時ソルト川は水位が非常に浅くなっていたため、彼らはすぐにいかだを放棄せざるを得なくなった。彼らを含む捕虜は小グループ別れそれぞれでバス鉄道避けて逃走続けた24日19時00分、パーシャル大尉大勢捕虜姿を消していることに気づく。この直後から数百人の兵士FBI捜査官パパゴ族のインディアン・スカウト(英語版)などが捕虜捜索為に動員され地元紙Phoenix Gazette』は「アリゾナ州史上最大大捕物」(the greatest manhunt in Arizona history.)と報じたその後数日間間に飢え寒さ悪天候不慣れな地形などの理由からほとんどの捕虜逮捕された。1945年1月1日2人捕虜メキシコ国境から30マイルほどの地点パパゴ族によって逮捕されている。これと同時期、フリードリヒ・グッゲンベルガー(英語版)とユルゲン・クエート=ファズレム(Jürgen Quaet-Faslem)の両大尉が国境から10マイル以内地点逮捕されている。ギュンタークラルス、ウツゾリノの3人はヒラ・ベンド(英語版)の近く洗濯行おうとしていたところを地元カウボーイが軍へ通報し、まもなく逮捕された。 1945年1月28日、ヴァッテンベルク大佐逮捕される彼は部下のヴァルター・コツル(Walter Kozur)とヨハン・クレメル(Johann Kremer)を連れてフェニックス北部山岳地潜伏していた。彼らは洞窟拠点周辺探索し時には市街地にも潜入していたという。またクレメル数日おきに収容所向かい他の捕虜外へ連れ出して入れ替わる形で収容所内に戻っていたという。収容所内でクレメル情報収集および食料調達行った。しかし、1月22日行われた収容所抜き打ち検査によりクレメル逮捕される。その翌日には放置自動車中に隠れていたコツル逮捕されている。1945年1月27日、ヴァッテンベルクは身だしなみ整えてフェニックスへと向かった彼は持っていた75セント使いレストランで食事採った後、ホテルのロビー椅子数時間眠った夜になると再び街へ出たものの、そこで街路清掃員らに呼び止められた。清掃員らは言葉のアクセント不信感じた為に警察に通報し、翌28日9時00分にヴァッテンベルクは逮捕された。

※この「脱走」の解説は、「パパゴ大脱走」の解説の一部です。
「脱走」を含む「パパゴ大脱走」の記事については、「パパゴ大脱走」の概要を参照ください。


脱走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 08:43 UTC 版)

小倉黒人米兵集団脱走事件」の記事における「脱走」の解説

7月11日戦後初め開催される小倉祇園太鼓前夜祭の中、17時には2人黒人兵が近所の酒店訪れ見本一升瓶持ち去った18時頃、約200人の兵士基地西側有刺鉄線破り集団脱走した。脱走兵たち野戦服のままカービン銃拳銃手榴弾武装しており、周辺住民には演習と思う者もいた。基地周囲水田で、大量の兵士脱走する様は「黒いサル集団走り去るようだった」という。 脱走兵基地周辺の足立足原三郎丸熊本町に繰り出し酒店押し入り酒を盗み焼酎小瓶まで盗んで店舗破壊したり、民家箪笥ひっくり返すなどの狼藉働いた脱走兵女性もとめて家の扉をこじ開けようとしたが、住民は妻や娘を押入便所隠したりして脱走兵が去るのを待った隣接する福岡県立小倉ろう学校現・福岡県小倉聴覚支援学校)の寄宿舎にも白人1人を含む3人脱走兵侵入し舎監拳銃突きつけ女を出せ迫った脱走兵の数が2030人増えたが、舎監とっさにの方指さしたので脱走兵その方にあった小倉陸軍造兵廠宿舎向かった脱走兵学校立ち去った後、女子生徒浴室風呂桶中に隠して男性教諭寝ずの番をしたが、宿舎の方から女性悲鳴がしたという。このほかにも、各地女性悲鳴聞こえたという証言があり、悲鳴聞こえたところへ行くと髪が乱れ泥だらけの女性うずくまっていたという例は「いくらもあった」という。しかし、婦女暴行既遂報告は1件も無かった結論付けられており、被害者周囲がひた隠しにして表ざたならない暴行事件多数あったと伝えられる事件後、小倉警察署(現・小倉北警察署)で米軍立ち合いの元、市民からの被害申し立てが行われた。強盗窃盗暴行傷害強姦は、警察憲兵隊報告されたものだけで70数件にのぼり米国立公文書館にも窃盗強姦未遂42件の記録残されている。しかしこれらの事件小倉市警察検挙したのは殺人の1件のみで、強姦など申告されていない事件もあり、その真相不明である

※この「脱走」の解説は、「小倉黒人米兵集団脱走事件」の解説の一部です。
「脱走」を含む「小倉黒人米兵集団脱走事件」の記事については、「小倉黒人米兵集団脱走事件」の概要を参照ください。


脱走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 14:44 UTC 版)

ヴィリー・ヘロルト」の記事における「脱走」の解説

1945年3月ドイツオランダ国境からほど近いグローナウ(ドイツ語版)を巡る戦い最中ヘロルト脱走し、バート・ベントハイム(ドイツ語版方面へと徒歩で向かった。その最中ヘロルト側溝落ちた軍用車残骸発見する車内には大量の荷物残されており、箱の1つ開けてみると、勲章付いた真新しい空軍大尉軍服収められていたという(ただし、制服入手した経緯について目撃者がおらず、逮捕後の本人証言しかないため正確なことは分かっていない)。これを着用して大尉扮しヘロルトが更に北へ歩いていると、若い敗残兵に「大尉殿!」と呼び止められた。彼に部隊から逸れたので指示が欲しいと請われヘロルトは、自分の指揮下に入るように命じたその後道中敗残兵たちと合流しつつ北進続け、メッペン(ドイツ語版)に到達した時点ではおよそ30人兵士彼の指揮下に入っていた。彼らは「ヘロルト戦闘団Kampfgruppe Herold)」、「ヘロルト野戦即決裁判所(Standgericht Herold)」、「ヘロルト衛兵隊(Leibgarde Herold)」などの部隊名を自称した。 車を手に入れると敗残兵1人運転手指名した検問所では憲兵による書類提示要請拒否したため取り調べ受けたが、あまりにも堂々とした振る舞いのため、取り調べ担当将校ヘロルト空軍大尉信じ込みシュナップス注いで歓迎した。パーペンブルク(ドイツ語版)では、付近収容所脱獄囚捜索行っているとの報告を受け、市長および地元ナチス地区指導者会談したヘロルトは「自分に任務があり、法的な些事のために割く時間はない」として、脱獄囚即時射殺命じた

※この「脱走」の解説は、「ヴィリー・ヘロルト」の解説の一部です。
「脱走」を含む「ヴィリー・ヘロルト」の記事については、「ヴィリー・ヘロルト」の概要を参照ください。


脱走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 07:10 UTC 版)

ジョージ・ブレイク」の記事における「脱走」の解説

1961年5月ブレイク禁固42年言い渡された。1966年10月ブレイクは、獄中知り合ったアイルランド人テロリスト、ショーン・アルフォンス・バーク(en:Sean Bourke)の助け脱獄成功しバーク自宅に匿われた。 1967年1月ブレイクハンブルク飛びそこからKGB助けベルリンの壁経由してモスクワ渡った数日後バークモスクワ渡ったその後は、KGB大佐、また第1総局顧問となり、1974年からソ連科学アカデミーIMEMO働いたソ連崩壊後モスクワ在住し2007年にはプーチン大統領から勲章授与されている。2012年にはロシア新聞ブレイクインタビュー掲載された2020年12月25日モスクワで死去

※この「脱走」の解説は、「ジョージ・ブレイク」の解説の一部です。
「脱走」を含む「ジョージ・ブレイク」の記事については、「ジョージ・ブレイク」の概要を参照ください。


脱走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 06:53 UTC 版)

ゴローニン事件」の記事における「脱走」の解説

1812年文化9年)春、監視付の散歩許されるようになり、また牢獄から城下武家屋敷への転居が行われたが、このまま解放される見込みがない懸念したゴローニンらは、脱獄し小舟奪いカムチャツカ沿海州方面向かうことを密かに企てた当初はムールアレクセイ賛同したが、ムール翻意3月25日ムールアレクセイを除く6名が脱走。松前から徒歩で北に向かって山中逃げたが、4月4日木ノ子現在の上ノ国町)で飢えて疲労困憊となっているところを村人発見され捕まった松前護送され奉行尋問受けた後、徳山大神宮奥にあるバッコ沢(現在の松前町神内)の牢獄入れられた。

※この「脱走」の解説は、「ゴローニン事件」の解説の一部です。
「脱走」を含む「ゴローニン事件」の記事については、「ゴローニン事件」の概要を参照ください。


脱走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 07:41 UTC 版)

捕虜収容所」の記事における「脱走」の解説

スタラグ・ルフト IIIからの「大脱走」は、1944年3月24日夜に行われて76人の連合国兵士が脱走に関与したが、わずかに3人が再び捕縛されずに逃げたのみだった。 1944年8月5日起こったカウラ事件は、記録が残る歴史上最大の捕虜脱走事件であり、おそらくはそれまで最大の脱獄事件であると考えられている。少なくとも545人の日本人捕虜オーストラリア連邦ニューサウスウェールズ州カウラ付近収容所から脱走を企てた事件である。出典のほとんどで、234人が殺害された、あるいは自殺したとされている残り全員再び捕縛された[要出典]。 1944年12月23日起こったパパゴ大脱走は、アメリカ施設起こった最大の捕虜脱走事件だった。25人以上のドイツ人捕虜トンネル掘ってアリゾナ州フェニックス付近のキャンプ・パパゴ・パーク(英語版)から脱走し周囲の砂漠逃げた数週間後に全員が再び捕縛された。 ケニア山登るために、ケニアのナニュキ(英語版にあった354収容所から、Felice Benuzzi, Giovanni ('Giuàn') Balletto, Vincenzo ('Enzo') Barsottiが脱走した。Benuzziが、No Picnic on Mount Kenya英語版)として記録残している。山に登ろうとした後、3人収容所逃げ帰った[要出典]。

※この「脱走」の解説は、「捕虜収容所」の解説の一部です。
「脱走」を含む「捕虜収容所」の記事については、「捕虜収容所」の概要を参照ください。


脱走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 09:30 UTC 版)

のぼりべつクマ牧場」の記事における「脱走」の解説

1965年8月26日 - 柵の施錠外れてもしくは閉め忘れて16頭のクマが脱走、飼育していたウマ2頭、クジャク3羽が殺される被害出た脱走したクマ当日中に10頭を射殺、6頭を捕獲捕獲のために出動したハンター1人が足を噛まれ重傷飼育係軽犯罪法違反書類送検された。

※この「脱走」の解説は、「のぼりべつクマ牧場」の解説の一部です。
「脱走」を含む「のぼりべつクマ牧場」の記事については、「のぼりべつクマ牧場」の概要を参照ください。


脱走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 07:03 UTC 版)

シリア陸軍」の記事における「脱走」の解説

2011年10月1日亡命したシリア軍大佐Riad Assaadによると、高級将校を含む1万人の兵士シリア陸軍脱走していたという。脱走した兵士一部自由シリア軍結成して治安部隊兵士戦闘行いシリア内戦発展した。 しかし、2011年11月16日イギリス本拠を置くシリア人権監視団トップRami Abdel Rahmanは、シリア陸軍脱走した兵士1000人未満と推定した時を同じくしてFSA大隊司令官FSA陸軍脱走兵25000人を受け入れた主張したまた、2011年11月自由シリア軍またはフランス24ウェブサイトでは、シリア軍兵力20万人推定した。しかし、最も階級が高い脱走者1人であるMustafa al-Sheikh将軍によると、2012年1月シリア軍徴兵制含めて28万人推定されていた。 2012年3月15日までに、民主化デモ参加者取り締まりに不満を持ったさらに多くの兵士反旗を翻しトルコ当局2月20日以降の2万人を含む兵士6万人がシリア陸軍脱走した述べた脱走兵ほとんどは下級将校兵士であった付け加えられた。2012年7月5日までに、シリア人権監視団は「数万人」の兵士脱走した推定した2012年8月までに、陸軍総勢1,200人の准将のうち40人准将反政府軍へと脱走した2013年6月14日73人のシリア陸軍将校その家族、計約202人がトルコ避難求めたその中には、7人将軍20人の大佐含まれていた。 ロンドン国際戦略研究所によればシリア軍兵力2010年比較して離反、脱走、死傷者により2013年8月までに約半分減少しており、現在の兵力11万人数えるという。

※この「脱走」の解説は、「シリア陸軍」の解説の一部です。
「脱走」を含む「シリア陸軍」の記事については、「シリア陸軍」の概要を参照ください。


脱走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 01:48 UTC 版)

志村けん」の記事における「脱走」の解説

加藤茶付き人となるも、1年余りで一度脱走しバーテンダーなどのアルバイトをしていた。仲間伝えるのを忘れていたため、脱走したメンバー内で騒がれていた。戻って来た時にはいかりやの家に行きづらかった事から、加藤の家に行って頼み、いかりやへ口添えしてもらったところ、「二度弟子入りする奴は、よくよく好きなんだろう」と出戻り認めてくれた。その後、しばらく加藤付き人として、加藤家居候する。

※この「脱走」の解説は、「志村けん」の解説の一部です。
「脱走」を含む「志村けん」の記事については、「志村けん」の概要を参照ください。


脱走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 00:43 UTC 版)

アンリ・ジロー」の記事における「脱走」の解説

1942年4月17日要塞陰で髭を剃りチロル帽被って変装し逃亡しヴィシー政権下フランス逃れた4月28日には首班フィリップ・ペタン元帥会見したアドルフ・ヒトラーシャルル・ド・ゴール著書職業軍隊目指して」を読んで感銘を受けていたが、この著者ジローであると勘違いをしていた。さらに捕虜になった際、脱走をしないという誓約をしたと思いこんでいた。ヒトラージロー連合軍連携する可能性がある考え自発的にドイツへ投降することを求めたペタンフランス軍総司令フランソワ・ダルラン元帥同様にドイツへ投降求めたが、ジロー応じなかった。ジロー逃亡ドイツによるフランス人捕虜への警戒となって現れ待遇悪化した上に一時帰国出来なくなったジローその後南フランス滞在していたが、6月頃からアメリカによる接触が行われた。アメリカド・ゴール嫌っており、北アフリカにおける軍の協力者、しかも少将であるド・ゴールよりも上級者望んでいた。当初北アフリカ総督であったマキシム・ウェイガン大将接触したが、高齢であったこととペタンへの忠誠理由断った。その次の候補者となったのがジローであり、彼は連合軍占領においてフランス領北アフリカフランス領アルジェリアフランス領チュニジアフランス領モロッコ)における最高司令官役割期待されたジローはこの交渉応じ11月3日マルセイユからアメリカの特殊潜行艇に乗り込んで北アフリカ目指した

※この「脱走」の解説は、「アンリ・ジロー」の解説の一部です。
「脱走」を含む「アンリ・ジロー」の記事については、「アンリ・ジロー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「脱走」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

脱走

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 04:16 UTC 版)

名詞

だっそう

  1. 束縛されている場所から逃げ出すこと。

発音(?)

だ↗っそー

動詞

活用

サ行変格活用
脱走-する

「脱走」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



脱走のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの脱走 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトマス・ハインズ (改訂履歴)、フォート・スタントン脱走事件 (改訂履歴)、パパゴ大脱走 (改訂履歴)、小倉黒人米兵集団脱走事件 (改訂履歴)、ヴィリー・ヘロルト (改訂履歴)、ジョージ・ブレイク (改訂履歴)、ゴローニン事件 (改訂履歴)、捕虜収容所 (改訂履歴)、のぼりべつクマ牧場 (改訂履歴)、シリア陸軍 (改訂履歴)、志村けん (改訂履歴)、アンリ・ジロー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの脱走 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS