少年院とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 施設 > 少年院の意味・解説 

しょうねん‐いん〔セウネンヰン〕【少年院】


少年院(しょうねんいん)

裁判手続・法制度関わる用語

家庭裁判所により少年院送致決定受けた者及び少年法規定により刑の執行を受ける者を収容して矯正教育を施すための施設のこと。初等中等・特別・医療4種類がある。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

少年院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/08 03:12 UTC 版)

少年院(しょうねんいん)は、保護処分の執行を受ける者及び少年院において懲役又は禁錮の刑の執行を受けることとされた者を収容するための施設。法務省矯正局が管轄する。




「少年院」の続きの解説一覧

少年院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 22:47 UTC 版)

矯正施設」の記事における「少年院」の解説

詳細は「少年院」を参照 家庭裁判所から保護処分として送致された、おおむね12歳以上20歳未満の者、または有罪判決受けた14歳以上16歳未満の者(少年院収容受刑者)を収容し矯正教育授け施設かつては初等少年院中等少年院特別少年院及び医療少年院4種があったが、現在は第一種第四種までにくみなおされた。

※この「少年院」の解説は、「矯正施設」の解説の一部です。
「少年院」を含む「矯正施設」の記事については、「矯正施設」の概要を参照ください。


少年院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/29 16:46 UTC 版)

ハーメルン」の記事における「少年院」の解説

ハーメルン=テュンデルンには、793人収容ニーダーザクセン唯一の少年院がある。これはドイツ最大の少年院でもある

※この「少年院」の解説は、「ハーメルン」の解説の一部です。
「少年院」を含む「ハーメルン」の記事については、「ハーメルン」の概要を参照ください。


少年院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 08:08 UTC 版)

学園都市 (とある魔術の禁書目録)」の記事における「少年院」の解説

10学区にある、能力使った犯罪者収容するための施設学園都市にある唯一の少年院で、世界で唯一の能力者収容施設だった。高さ15m近い壁に囲われ敷地半分に区切って男子房と女子房に分けており、学園都市存在しない反逆罪該当する罪を犯した者を入れ機密区画地下房も存在する施設内で火災起こ頻度が低いことから経費を削るために消防部門は除外されていて、消防署動くことになっている看守には暴走能力者止めるための護身具として旧型駆動鎧のMPS-79が配備されワイヤー型のAIMジャマーを始めとして25ほどの対能力者設備があり、能力ある程度弱体化させられるようになっている。ただ、完璧に無効化させるのは不可能なので、看守保険会社嫌われる職業ワースト3に入るほど危険な仕事とされる

※この「少年院」の解説は、「学園都市 (とある魔術の禁書目録)」の解説の一部です。
「少年院」を含む「学園都市 (とある魔術の禁書目録)」の記事については、「学園都市 (とある魔術の禁書目録)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「少年院」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「少年院」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



少年院と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「少年院」の関連用語

少年院のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



少年院のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2022 Houterasu All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの少年院 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの矯正施設 (改訂履歴)、ハーメルン (改訂履歴)、学園都市 (とある魔術の禁書目録) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS