場所とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ところ > 場所の意味・解説 

ば‐しょ【場所】

読み方:ばしょ

何かが存在した行われたりする所。ある広がりをもった土地。「魚の釣れる—」「約束の—」

人がいる所。また、物が占めるために要する広さ。「立っている—もない」

相撲興行をする所。また、その期間。「初—」

[補説] 書名別項。→場所

[下接語] 秋場所在り場所居場所・岡(おか)場所・死に場所出場所夏場所初場所春場所本場所


ばしょ【場所】


場所


場所

作者瀬戸内寂聴

収載図書瀬戸内寂聴全集 第18巻 長篇
出版社新潮社
刊行年月2002.9


場所

作者小池真理子

収載図書雪ひらく
出版社文藝春秋
刊行年月2004.1

収載図書雪ひらく
出版社文藝春秋
刊行年月2007.3
シリーズ名文春文庫


場所

作者ローリー・リン・ドラモンド

収載図書あなたに不利な証拠として
出版社早川書房
刊行年月2006.2
シリーズ名ハヤカワ・ポケット・ミステリ

収載図書あなたに不利な証拠として
出版社早川書房
刊行年月2008.3
シリーズ名ハヤカワ・ミステリ文庫


場所

作者アンジェイ・スタシュク

収載図書ポケットのなかの東欧文学ルネッサンスから現代まで
出版社成文社
刊行年月2006.11


場所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/02 18:05 UTC 版)

場所(ばしょ)




「場所」の続きの解説一覧

場所(新劇場版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 15:14 UTC 版)

新世紀エヴァンゲリオンの用語一覧」の記事における「場所(新劇場版)」の解説

レベルEEEトリプルイーNERV本部セントラルドグマ最深部であり、旧作でいうターミナルドグマのこと。なお、新劇場版ではターミナルドグマセントラルドグマ位置関係逆転している。 ベタニアベース 北極にある特務機関NERV基地第3の使徒封印されていた。独自にマルドゥック計画」を進めていたが、ゲンドウ指示を受け加持工作によって第3の使徒仮設5号機喪失し計画頓挫した第3の使徒用いた研究行ってたらしくその結果として人類の力のみでは使徒止めることできないこと判明した。なお、ベタニアイエスラザロ生き返らせ町の名前辺獄エリア ベタニアベース内部エリア名。第3の使徒をここで食い止めようとしたが失敗したアケロン ベタニアベース上部呪詛文様刻まれ円柱が並ぶ場所。なお、アケロンは、地下流れる川(ステュクス)の支流とされる川の名前タブハベース 月面にあるゼーレ関連の基地Mark.06建造された場所であるが、NERV高司令のゲンドウでさえ着陸許可が下りなかった。なお、タブハイエスパンと魚奇跡起こした町の名前ゴルゴダベース 初号機搭載されたダミーシステムの搬送元。なお、ゴルゴダイエス処刑された場所。 カルヴァリーベース セカンドインパクト爆心地になった南極研究基地第3村だいさんむら) 『シン』登場するニアサードインパクト生き残った人々暮ら人口1000程度扇形庫転車台のある鉄道車両基地跡地で、一帯WILLE設置した曰く置き土産」)封印柱によってコア化免れており、元鉄道施設建屋立ち並んだプレハブ小屋住居になっているかつてのインフラはほとんどが修理不能として放棄されており、人々の生活KREDIT支援農耕採集頼っている。他にも生存者暮ら存在することが示唆されている。 一部天竜浜名湖鉄道天竜二俣駅モデルしており2021年8月1日から9月26日までの期間限定駅名標等が「第3村駅」に変更された。 マイナス宇宙 ガフの扉向こう側広がる空間のこと。

※この「場所(新劇場版)」の解説は、「新世紀エヴァンゲリオンの用語一覧」の解説の一部です。
「場所(新劇場版)」を含む「新世紀エヴァンゲリオンの用語一覧」の記事については、「新世紀エヴァンゲリオンの用語一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「場所」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

場所

出典:『Wiktionary』 (2021/11/27 06:16 UTC 版)

この単語漢字

第二学年
しょ
第三学年
湯桶読み

名詞

(ばしょ)

  1. あるもの存在する、又はある物事が行われる、一定の空間的な広がりところ
  2. (相撲) 相撲興行するところ、その期間、又は興行単位

発音(?)

語源

翻訳


「場所」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



場所と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「場所」に関係したコラム

  • CFD取引をスマホで行えるCFD業者の一覧

    携帯端末での取引のメリットは、電波を含む通信回線が確保されていれば場所を選ばずにどこでも取引ができるという点が挙げられます。朝から夜までオフィスにつめていて取引ができない場合でも、スマホがあれば取引が...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

場所のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



場所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの場所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの新世紀エヴァンゲリオンの用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの場所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS