東欧とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 地域 > 東欧の意味・解説 

とう‐おう【東欧】

読み方:とうおう

ヨーロッパ東部一般に、ポーランド・チェコ・スロバキア・ハンガリー・ルーマニア・ブルガリア・アルバニアなどの諸国をさす。東ヨーロッパ。⇔西欧(せいおう)。


東ヨーロッパ

(東欧 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/03 16:06 UTC 版)

東ヨーロッパ(ひがしヨーロッパ)は、ヨーロッパの東部地域を指す。東欧(とうおう)とも呼ばれる。欧州でも特に民族の構成が複雑で、文化や宗教も多種多様に存在する。


注釈

  1. ^ 国際連合統計局の分類より(地図)。および次の「Northern Europe」参照 [1] 2011年2月17日. 2011年4月2日閲覧。
    なお、日本の外務省欧州局は西欧課が担当する。外務省欧州局 2011年4月2日閲覧。

出典



「東ヨーロッパ」の続きの解説一覧

東欧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 14:19 UTC 版)

コーカソイド」の記事における「東欧」の解説

東欧ではハンガリー人マジャール人)がモンゴロイド黄色人種)であるフン族の子孫であるという説が存在するまた、ハンガリー語は、モンゴロイド系のウラル語族属し同じくモンゴロイド系のテュルク系民族との混血も多いとされる。ただ、ハンガリーという国名についてフン族との関連連想させるが、「ハンガリー」の語源について諸説あるものの、「フン族」との間に特別の因果関係はないと考えられている。フン族離散集合繰り返部族連合体であり、全員が必ずしもモンゴロイドとは言えいとする見方もある。ただ、フン族首長アッティラ会見したローマ側使節ローマカトリック教会僧侶)による報告書では、「アッティラと彼を取り巻将兵たちの目は小さくて、ひげが薄く、かつ身長低く胴長短足である」と記されていて、ヨーロッパ人初め見たモンゴロイド奇怪な容貌見えたことと、タタール人という言葉が、当時キリスト教でいう「地獄タルタロス」を連想させて、当時ヨーロッパ人震撼恐怖心を一層つのらせたことが、今に伝えられた。それは、近代ヨーロッパをはじめとする白人社会における黄禍論繋がっているまた、ブルガリアブルガリア人は、モンゴロイド属すテュルク系民族であるブルガール人血を引くとされる

※この「東欧」の解説は、「コーカソイド」の解説の一部です。
「東欧」を含む「コーカソイド」の記事については、「コーカソイド」の概要を参照ください。


東欧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 19:34 UTC 版)

世界の原子力発電所の一覧」の記事における「東欧」の解説

エストニアラトビアベラルーシクロアチアセルビアモルドバなどの諸国には原発が無い。

※この「東欧」の解説は、「世界の原子力発電所の一覧」の解説の一部です。
「東欧」を含む「世界の原子力発電所の一覧」の記事については、「世界の原子力発電所の一覧」の概要を参照ください。


東欧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 14:31 UTC 版)

血液の食用利用」の記事における「東欧」の解説

ポーランドのCzernina(英語版)と呼ばれるスープ血液澄んだ家禽出汁使われる。これには時折雄鶏ウサギ豚の血液使われることもある。 ハンガリーには豚の血液タマネギと共に炒めたhagymás vérや豚の血液ベーコン豚肉、米、タマネギ入れハーブや塩、香辛料味付けしたブラッド・ソーセージ一種であるvéres hurkaと呼ばれる料理がある。 ルーマニアには sângereteとよばれるブラッド・ソーセージ一種がある。 古代ギリシャスパルタでは豚足豚の血液、塩、酢が入ったメラス・ゾーモス食されていた。

※この「東欧」の解説は、「血液の食用利用」の解説の一部です。
「東欧」を含む「血液の食用利用」の記事については、「血液の食用利用」の概要を参照ください。


東欧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 23:28 UTC 版)

ビールテイスト飲料」の記事における「東欧」の解説

ロシアなどには麦芽などを原料にしたビール似たクワス呼ばれる飲料がある。クワスアルコール度数3 %以下のものが多いがノンアルコールのものもあり伝統的に夏季に飲むソフトドリンクとして扱われてきた。

※この「東欧」の解説は、「ビールテイスト飲料」の解説の一部です。
「東欧」を含む「ビールテイスト飲料」の記事については、「ビールテイスト飲料」の概要を参照ください。


東欧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 07:46 UTC 版)

非核兵器地帯」の記事における「東欧」の解説

冷戦終了後NATOの東方拡大までの間、非核兵器地帯化が模索された。

※この「東欧」の解説は、「非核兵器地帯」の解説の一部です。
「東欧」を含む「非核兵器地帯」の記事については、「非核兵器地帯」の概要を参照ください。


東欧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 14:19 UTC 版)

Axis powers ヘタリア」の記事における「東欧」の解説

東欧の国家

※この「東欧」の解説は、「Axis powers ヘタリア」の解説の一部です。
「東欧」を含む「Axis powers ヘタリア」の記事については、「Axis powers ヘタリア」の概要を参照ください。


東欧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 02:23 UTC 版)

「冠」の記事における「東欧」の解説

西方教会異な文化伝統有する東方教会広がる地域(東欧・東地中海)では、冠の形状用いられ方にも西欧との差が生じた正教会主教の冠はミトラ (宝冠)呼ばれる

※この「東欧」の解説は、「冠」の解説の一部です。
「東欧」を含む「冠」の記事については、「冠」の概要を参照ください。


東欧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 00:44 UTC 版)

ヨーロッパ出身の囲碁棋士」の記事における「東欧」の解説

この節では旧共産圏出身棋士たちを示すen:Diana Koszegi ( ハンガリー - 韓国棋院所属) en:Csaba Mero ( ハンガリー) en:Mariya Zakharchenko ( ウクライナ - 韓国棋院所属) タラヌ・カタリン ( ルーマニア - 日本棋院所属)

※この「東欧」の解説は、「ヨーロッパ出身の囲碁棋士」の解説の一部です。
「東欧」を含む「ヨーロッパ出身の囲碁棋士」の記事については、「ヨーロッパ出身の囲碁棋士」の概要を参照ください。


東欧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 14:01 UTC 版)

脱植民地化」の記事における「東欧」の解説

第二次世界大戦の後ドイツオーデル川ナイセ川東の地域ポーランドポモージェシレジアおよび西プロイセン獲得)、チェコスロヴァキアズデーテン山地獲得)、及びソ連東プロイセン獲得)に割譲したドイツ系地元民土地追われ一方で新しく支配権得た国からの人々それぞれの地域植民地化した。

※この「東欧」の解説は、「脱植民地化」の解説の一部です。
「東欧」を含む「脱植民地化」の記事については、「脱植民地化」の概要を参照ください。


東欧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 15:33 UTC 版)

全米民主主義基金」の記事における「東欧」の解説

批評によればNED1990年代に東欧でも資金提供行い資本主義への移行のためのショック療法プログラム導入などを進めた。ただし NED直接関与したではなく主に国際民間企業センター民間企業開発目的としてこれを進め通貨安定には何ら寄与しなかった。 ウィリアム・ブルム実際には NED は(ブルガリアアルバニア含め米国政府気に入らない体制不安定化させるための活動結びついていたと批判している 。

※この「東欧」の解説は、「全米民主主義基金」の解説の一部です。
「東欧」を含む「全米民主主義基金」の記事については、「全米民主主義基金」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「東欧」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

東欧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 05:32 UTC 版)

固有名詞

 とうおう

  1. ヨーロッパ東部地域ウクライナベラルーシモルドバロシアを指す。

関連語


「東欧」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



東欧と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東欧」の関連用語

東欧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東欧のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東ヨーロッパ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのコーカソイド (改訂履歴)、世界の原子力発電所の一覧 (改訂履歴)、血液の食用利用 (改訂履歴)、ビールテイスト飲料 (改訂履歴)、非核兵器地帯 (改訂履歴)、Axis powers ヘタリア (改訂履歴)、冠 (改訂履歴)、ヨーロッパ出身の囲碁棋士 (改訂履歴)、脱植民地化 (改訂履歴)、全米民主主義基金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの東欧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS