経済協力とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 契約 > 協力 > 経済協力の意味・解説 

経済協力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/12 13:35 UTC 版)

アルジェリアとロシアの関係」の記事における「経済協力」の解説

アルジェリアロシアの経済協力は、政治軍事面での協力関係比較するそれほど密接とは言いがたいが貿易額拡大傾向見せている。 年貿易取引額 (100万USドル)2002 175 2003 292 2004 184 2005 360 2006 591 上図アルジェリアロシア二国間貿易高である。2005年は3億6500ドルロシアからアルジェリアへの輸出高は36100ドルであり、主要貿易産品穀物金属パルプ工作機械である。 両国の経済協力関係で大きな比重占めてきたのが、エネルギーガス産業関係である。2000年以降ロシアアルジェリアにおけるエネルギー分野開発突出した役割演じた2001年ロスネフチアルジェリア南東部Illizi油田ガス田開発開始しし、2005年、2006年にもパイプライン敷設した2003年、ストロイトランスガス社はアルズーにパイプライン建設している。2006年アルジェリア国営炭化水素株式会社(SONATRACH、ソナトラック社)とルクオイル炭化水素に関する相互協定締結したルクオイルアルジェ駐在員事務所設置する予定である。. ガスプロムアルジェリア進出している。 2006年5月ガスプロム首脳部アルジェリア訪問し液化天然ガス事業合弁事業交渉開始した石油と天然ガスにおける戦略的提携は、欧州連合におけるアルジェリアロシアエネルギー面での地位強化した。. 2010年10月6日、ドミトリー・メドヴェージェフロシア大統領は、アルジェリア公式訪問した。首脳会議では両国間における国際ガス市場における協力体制について協議された。

※この「経済協力」の解説は、「アルジェリアとロシアの関係」の解説の一部です。
「経済協力」を含む「アルジェリアとロシアの関係」の記事については、「アルジェリアとロシアの関係」の概要を参照ください。


経済協力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:46 UTC 版)

日本とアルジェリアの関係」の記事における「経済協力」の解説

2011年3月日本発生した東日本大震災において在アルジェリア日本大使館にてメデルチ(アラビア語版、英語版外務大臣弔問記帳とともにアルジェリア政府は、日本に対して義援金1,000万米ドル寄付行なった一方で2013年度までの日本からアルジェリアへの経済協力は有償資金無償資金および技術による協力合計230億円を超える

※この「経済協力」の解説は、「日本とアルジェリアの関係」の解説の一部です。
「経済協力」を含む「日本とアルジェリアの関係」の記事については、「日本とアルジェリアの関係」の概要を参照ください。


経済協力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/19 18:01 UTC 版)

日本とジャマイカの関係」の記事における「経済協力」の解説

ジャマイカ日本からのJICAなどからのさまざまな経済援助受けている。ひとつは、日本NGOによる経済資金提供1995年から2013年まで合計80案件560アメリカドル供与された。またもうひとつは、日本2013年における開発援助委員会における五番目のジャマイカへの援助国であり、2012年まで有償資金協力が534.21億円、無償資金協力が16.33億円が技術協力が86.33億円となっている。

※この「経済協力」の解説は、「日本とジャマイカの関係」の解説の一部です。
「経済協力」を含む「日本とジャマイカの関係」の記事については、「日本とジャマイカの関係」の概要を参照ください。


経済協力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 20:49 UTC 版)

仏印進駐」の記事における「経済協力」の解説

フランス領インドシナ経済モノカルチャー経済であり、輸出入半分以上本国依存していた。しかし大戦の勃発により本国との連絡途絶しイギリス付近植民地フランス領インドシナとの貿易禁止するとたちまち経済危機陥った。そこに現れ日本が、フランス領インドシナにとって最も重要な貿易相手となった大戦中、日本輸入額の半分、多い時は6割をフランス領インドシナとの貿易でまかなったこのためフランス領インドシナ対日貿易圧倒的な黒字であった。しかしアメリカ側通商攻撃激化すると、インドシナからの物資日本運搬することは極めて困難になった。

※この「経済協力」の解説は、「仏印進駐」の解説の一部です。
「経済協力」を含む「仏印進駐」の記事については、「仏印進駐」の概要を参照ください。


経済協力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 06:43 UTC 版)

日本とチャドの関係」の記事における「経済協力」の解説

2019年チャド対日貿易額輸出0.22億円、輸入4.6億円であり、チャド赤字である。主要品目輸出品植物性原材料革製品となっており、輸入用品医薬品機械類などである。 チャドの主要援助国は旧宗主国であるフランスアメリカ合衆国スイスイタリアなどとなっており、日本主要国から外れている。しかし、2017年まで日本チャド対し70億円を超える経済援助実施援助内容としては、チャド国土三分の二砂漠であるという地理的制約、また蝗害干ばつといった災害の影響深刻な食糧不足にたびたび見舞われてきた事から、日本何度食糧援助実施してきた。治安面での支援実施されており、2019年10月にはンジャメナにてチャド対す治安対策のための無償資金協力書簡交換された。

※この「経済協力」の解説は、「日本とチャドの関係」の解説の一部です。
「経済協力」を含む「日本とチャドの関係」の記事については、「日本とチャドの関係」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「経済協力」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「経済協力」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



経済協力と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「経済協力」の関連用語

経済協力のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



経済協力のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアルジェリアとロシアの関係 (改訂履歴)、日本とアルジェリアの関係 (改訂履歴)、日本とジャマイカの関係 (改訂履歴)、仏印進駐 (改訂履歴)、日本とチャドの関係 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS