南太平洋とは? わかりやすく解説

みなみ‐たいへいよう〔‐タイヘイヤウ〕【南太平洋】

読み方:みなみたいへいよう

太平洋のうち、赤道以南海域

[補説] 作品名別項。→南太平洋

「南太平洋」に似た言葉

みなみたいへいよう〔みなみタイヘイヤウ〕【南太平洋】


南太平洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/14 22:30 UTC 版)

南太平洋(みなみたいへいよう、英語: South SeasまたはSouth Pacific[1])、西欧では南の海(South Sea)という用語が使われた地域で、赤道より南の太平洋の部分を指すのが最も一般的である[2]。この南の海という用語は、オセアニアと同義に使われることもあり、さらに狭義にはポリネシア、またはハワイ諸島、ニュージーランド、イースター島に囲まれたポリネシアン・トライアングルを指すこともある。太平洋諸島の住民は一般的に、特にオーストラリアでは、南洋諸島民(South Sea Islanders)と呼ばれている。




「南太平洋」の続きの解説一覧

南太平洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 07:46 UTC 版)

非核兵器地帯」の記事における「南太平洋」解説

南太平洋非核地帯条約ラロトンガ条約1985年8月6日調印1986年12月発効ムルロア環礁行われていたフランス核実験強く意識域内加盟国は、太平洋諸島フォーラム加盟16国と地域自治領)のうち13批准域内の未加盟国ミクロネシアマーシャル諸島パラオ五大国署名2011年時点ではフランス中国イギリスロシア批准アメリカ署名のみで批准していない。

※この「南太平洋」の解説は、「非核兵器地帯」の解説の一部です。
「南太平洋」を含む「非核兵器地帯」の記事については、「非核兵器地帯」の概要を参照ください。


南太平洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 16:31 UTC 版)

ヒーアマン (駆逐艦)」の記事における「南太平洋」解説

サンディエゴでの慣熟訓練の後、ヒーアマンはギルバート諸島の戦い参加するため1943年10月21日第5艦隊加わった11月20日、ヒーアマンはハリー・W・ヒル英語版少将南方攻撃部隊一員としてタラワ沖に到着した。ヒーアマンは環礁内にいた小型艇1隻を砲撃沈めた後、2日間にわたって上陸部隊強力な砲撃支援行った作戦後、ヒーアマンは修理訓練のために真珠湾戻り1944年1月23日兵員輸送船団の護衛のため戻るまで過ごした船団クェゼリン環礁上陸する予備部隊運んでいた。 クェゼリンの戦いの間、ヒーアマンは2週間わたって環礁近海哨戒地上部隊航空支援を行う護衛空母護衛行った。それから2月にはエニウェトクの戦い参加、ヒーアマンは上陸部隊乗せた船団護衛するとともに、ジャプタン島とメリレン島への上支援砲撃行ったマジュロ移動後、ヒーアマンはソロモン諸島フロリダ島パーヴィス湾へ向かい1944年3月18日第3艦隊39任務部隊Task Force 39)に加わる。そして翌月エミラウ島上陸のために兵員補給物資輸送する船団護衛と、ビスマルク諸島ニューハノーバー島周辺沿岸物資輸送を行う敵舟艇掃討従事した。ヒーアマンはまた6月11日ニューアイルランド島ファンガラワ湾(セブアノ語版)で燃料集積所砲撃を、さらに6月26日までの間には第30.4任務集団Task Group 30.4)のためにマーシャル諸島カロリン諸島アドミラルティ諸島そしてソロモン諸島海上交通路対潜哨戒実施後者功績によりヒーアマンは従軍星章英語版)1個を受章している。 1944年の夏、ヒーアマンは艦隊船団護衛多忙な時を過ごしニューヘブリディーズ諸島エスピリトゥサント島ニューカレドニアヌーメアに至るまで各地活動した9月6日にヒーアマンはパーヴィス港を発ち今度パラオ諸島の戦い参加するウィリアム・サンプル(William Sample少将護衛空母部隊護衛行った

※この「南太平洋」の解説は、「ヒーアマン (駆逐艦)」の解説の一部です。
「南太平洋」を含む「ヒーアマン (駆逐艦)」の記事については、「ヒーアマン (駆逐艦)」の概要を参照ください。


南太平洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 07:57 UTC 版)

ロジャース&ハマースタイン」の記事における「南太平洋」解説

詳細は「南太平洋 (ミュージカル)」を参照 1949年4月7日ブロードウェイ・ミュージカル『南太平洋』が開幕し5年上上演され続けた。『バリハイ(英語版)』、『春よりも若く英語版)』、『魅惑の宵』などの使用楽曲スタンダードとなった1948年ピューリッツァー賞 フィクション部門受賞したジェームズ・ミッチェナーの『南太平洋物語英語版)』の2本の短編を基にしている。1950年ロジャース&ハマースタイン共同著者ジョシュア・ローガンと共にミュージカル『南太平洋』でピューリッツァー賞 戯曲部門受賞したオリジナル・キャストにはメアリー・マーティン(ネリー)、オペラ・スターのエツィオ・ピンツァエミール)などがいる。ほかにファニタ・ホール、マイロン・マコーミック、ベタ・セント・ジョンなどが出演していた。1958年映画『南太平洋(英語版)』がローガン監督により製作されミッツィー・ゲイナーロッサノ・ブラッツィジョン・カーレイ・ウォルストンファニタ・ホール出演した。ブラッツィ、カーホールはほかの歌手が歌の吹替行なった

※この「南太平洋」の解説は、「ロジャース&ハマースタイン」の解説の一部です。
「南太平洋」を含む「ロジャース&ハマースタイン」の記事については、「ロジャース&ハマースタイン」の概要を参照ください。


南太平洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 04:21 UTC 版)

大洋」の記事における「南太平洋」解説

国際水路機関 (IHO) の定義は以下の通りである。 西:タスマニア島サウスイースト岬 -(東経14655分線)- 南極大陸 南西および北西タスマン海南・東・北西限 -珊瑚海南東・北東限 - ソロモン海ビスマルク海東・北限 - 東南アジア諸島からニューギニア島経て赤道まで 北:ギルバート諸島ガラパゴス諸島を除く赤道 東:ティエラ・デル・フエゴ -(ホーン岬沿う子午線 (67°16'W))- 南極大陸マゼラン海峡入り口に当たるヴァージネス岬からエスピリトゥサント岬 南:南極大陸 南太平洋についても、IHO2000年にその南限を南緯60度線とし、これより南の海域を南極海とする大洋の再定義を行った。しかしこれも批准には至っていない。

※この「南太平洋」の解説は、「大洋」の解説の一部です。
「南太平洋」を含む「大洋」の記事については、「大洋」の概要を参照ください。


南太平洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 01:51 UTC 版)

海の王子」の記事における「南太平洋」解説

鉄の獅子の襲来」に登場頻発する海難事件に際して波間巨大な獅子現れ、船を引き寄せ飲み込む」という噂が広まっていた。事件取材向かったハナさんの船も襲われ、そして同じく調査向かったはやぶさ号鉄の獅子ライオン溶鉱炉遭遇する

※この「南太平洋」の解説は、「海の王子」の解説の一部です。
「南太平洋」を含む「海の王子」の記事については、「海の王子」の概要を参照ください。


南太平洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 02:38 UTC 版)

火山の一覧」の記事における「南太平洋」解説

オロヘナ山(Orohena : 2241m、タヒチ島) バヌアツヤスール山(361m、バヌアツ共和国タンナ島ベンボウ火山アンブリム島マラム火山マルム火山)、アンブリム島1913年噴火クワエ海底火山) - 1458年噴火マナロ山ロンベンベンとも) - アンバエ島(英語版)にある火山火山湖ブイVuiまたはVoui)湖がある。 トファ山(英語版) : 515m、トンガ共和国ハアパイ諸島トファ島) カオ島(英語版)。(1190m、山としての名前はない、南緯1940分、西経175度1分。トンガ共和国ハアパイ諸島フンガ・トンガ=フンガ・ハアパイ(Hunga Ha'apai)。トンガ共和国首都ヌクアロファ北西63キロメートルにある海底火山2009年3月16日噴火海上出現2014年12月20日から噴火し新島出現

※この「南太平洋」の解説は、「火山の一覧」の解説の一部です。
「南太平洋」を含む「火山の一覧」の記事については、「火山の一覧」の概要を参照ください。


南太平洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 00:33 UTC 版)

たけしの挑戦状」の記事における「南太平洋」解説

BANK お金預けたり両替したりする事ができる。へそくりがある。 MIYAGE 土産物を買う事ができる。 EQUIPMENT 装備を買う事ができる。 RESORT CENTER ハンググライダー気球セスナ、船に乗ったスキューバダイビングをする事ができる。 リョンガ島・メロネン島・タンヒョー島・チョバリン島 ハンググライダーなどでの飛行時に登場する島々。 島の名は攻略本掲載されたものでゲーム本編では登場しない赤い国 ハンググライダーなどでの飛行時、4つ目の島の先にある国。恐らく旧ソ連モデル。但し着陸不可能で、行き着いた最後ゲームオーバー確定土人の家 / 現地の家 原住民住処バーチャルコンソール並びにTAITO CLASSICS版は、「どじんのいえ」から「げんちのいえ」に表記変更されている。ただし、住民外観始めとするグラフィックに変更は無い。 隠れ家 残留日本兵住処洞窟 宝が隠されている場所。

※この「南太平洋」の解説は、「たけしの挑戦状」の解説の一部です。
「南太平洋」を含む「たけしの挑戦状」の記事については、「たけしの挑戦状」の概要を参照ください。


南太平洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 17:08 UTC 版)

報国丸 (特設巡洋艦)」の記事における「南太平洋」解説

1941年昭和16年12月8日太平洋戦争開戦マルケサス諸島南東海面迎えた。.mw-parser-output .geo-default,.mw-parser-output .geo-dms,.mw-parser-output .geo-dec{display:inline}.mw-parser-output .geo-nondefault,.mw-parser-output .geo-multi-punct{display:none}.mw-parser-output .longitude,.mw-parser-output .latitude{white-space:nowrap}南緯14度52西経13319分 / 南緯14.867度 西経133.317度 / -14.867; -133.317地点であった真珠湾攻撃マレー沖海戦速報傍受しながら、第二十四戦隊シドニーパナマ間の大圏航路捜索する12月13日南緯2238西経11814分 / 南緯22.633度 西経118.233度 / -22.633; -118.233の地点東航する米貨物船ヴィンセントVincent 、6,210トン)を発見した同船戦隊警告受けたがこれを無視して逃走しようしたため砲撃するヴィンセント降伏したのち砲撃撃沈しようとしたが、積荷木材のためになかなか沈まず雷撃により撃沈した38名の乗員捕虜としたが、SOS発信して警報が発せられたのを受信警戒厳重になる事が予想されたため、ニュージーランド寄り航路捜索転じることとなった12月21日漂泊して整備行い年明け1942年昭和17年1月1日水上偵察機発進させて新たな獲物捜索乗り出した。しかし報国丸水上偵察機が行不明となり、その捜索行っていたところ、その水上偵察機が翌1月2日米貨物船マラマ(Malama 、3,275トン)を発見して爆撃を行う。救援求めるマラマの無線傍受した報国丸愛国丸は、その方向にむかう。日没寸前にマラマを発見して同船撃沈し乗員38名を救助して捕虜とした。「報国丸」は魚雷1本を発射し命中させている。また、報国丸水上偵察機は未帰還となった。マラマはすでにSOS発信しており、ラロトンガ島受信局がこれを受信して警報が発せられたのを傍受しツアモツ諸島北西海域移動する折りしも雨季差しかかった事や、マーシャル諸島近海アメリカ海軍空母機動部隊潜水艦出現兆候見られたことにより、トラック泊地への帰投決した2月4日トラック帰投後、次期作戦のため日本本土回航されるが、2月11日九州南方ソ連貨物船キムKim、5,113トン)を臨検するも、疑わしい所がなかったため釈放した2月12日大分港到着し日系人1名を含む捕虜76名を大分航空隊引き渡した後、2月14日に呉に帰投武田少将第二十四戦隊司令官)は連合艦隊旗艦戦艦大和訪問し連合艦隊参謀長宇垣纏少将海兵40期)に作戦報告をおこなう。南方作戦目途がつくと、大本営3月1日付の大海指第60号で海上交通破壊作戦実施強化するよう指示し、その中には特設巡洋艦潜水艦共同作戦により、大西洋インド洋における連絡や敵交通線の破壊擾乱実施せよ」との項目もあった。3月10日付で第二十四戦隊解隊され、報国丸愛国丸は連合艦隊付属身分となったその後報国丸愛国丸は一時的に第六艦隊隷下第八潜水戦隊司令官石崎少将付属となり、甲先遣支隊伊10伊16伊18伊20伊30報国丸愛国丸)に所属した。これは同戦隊インド洋アフリカ大陸方面での通商破壊協力するためである。報国丸愛国丸の両船とも、この任務のために燃料魚雷潜水艦補給するための設備設け、その改装間中主砲3年式14cm単装砲に換装した。南太平洋での通商破壊戦訓から、今次作戦より拿捕した船舶回航班を乗せることになった

※この「南太平洋」の解説は、「報国丸 (特設巡洋艦)」の解説の一部です。
「南太平洋」を含む「報国丸 (特設巡洋艦)」の記事については、「報国丸 (特設巡洋艦)」の概要を参照ください。


南太平洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 06:13 UTC 版)

ラ・ペルーズ伯ジャン=フランソワ・ド・ガロー」の記事における「南太平洋」解説

ラ・ペルーズ次に立ち寄ったのは、現在のサモア諸島だった(1787年12月6日)。一行サモア離れる直前給水向かって浅瀬動けなくなったボートサモア人襲撃し、アストロラブ号の艦長ド・ラングルと科学者ラマノンを含む12名が殺され20名が負傷したラ・ペルーズ上陸隊の生き残りから悲報聞いた島民への報復攻撃自制しトンガへ、そしてオーストラリアへ向けて探検続けた1788年1月26日ボタニー湾到着。そこには新植民地建設目的としたイギリス艦隊が、数日前到着していた。指揮官アーサー・フィリップ提督はより適した入植地乗艦と共に北上した後だったが、イギリス船員の話で入植先がポート・ジャクソン現在のシドニーの港)であることをラ・ペルーズ知ったイギリス人たちは礼儀正しく一行迎えたが、フランス探検隊援助をする余裕はなかった。ラ・ペルーズは、自分記録手紙イギリスシリウス託しヨーロッパへ送り上陸して食料新鮮な手に入れ3月10日ニューカレドニア島サンタクルーズ諸島ソロモン諸島ルイジアード諸島、そしてオーストラリア西岸南岸目指し出航した。彼は1789年6月にはフランスへ帰国することができるだろうと期待書き綴ったが、ラ・ペルーズを含む一行全員その後消息を絶った幸運なことに、出発する前、ラ・ペルーズ価値ある探検の記録詳細パリへ送っており、死後出版された。

※この「南太平洋」の解説は、「ラ・ペルーズ伯ジャン=フランソワ・ド・ガロー」の解説の一部です。
「南太平洋」を含む「ラ・ペルーズ伯ジャン=フランソワ・ド・ガロー」の記事については、「ラ・ペルーズ伯ジャン=フランソワ・ド・ガロー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「南太平洋」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「南太平洋」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



南太平洋と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「南太平洋」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「南太平洋」の関連用語

南太平洋のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



南太平洋のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの南太平洋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの非核兵器地帯 (改訂履歴)、ヒーアマン (駆逐艦) (改訂履歴)、ロジャース&ハマースタイン (改訂履歴)、大洋 (改訂履歴)、海の王子 (改訂履歴)、火山の一覧 (改訂履歴)、たけしの挑戦状 (改訂履歴)、報国丸 (特設巡洋艦) (改訂履歴)、ラ・ペルーズ伯ジャン=フランソワ・ド・ガロー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS