飛行とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 飛行 > 飛行の意味・解説 

ひ‐こう〔‐カウ〕【飛行】

[名](スル)

空中を飛んでいくこと。「山岳地帯の上空を飛行する」「太平洋横断飛行」

ひぎょう(飛行)


ひ‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【飛行】


ひ‐ぎょう ‥ギャウ 【飛行】

〔名〕

仏語五神通一つである神足通通力現われとして、空を自在に飛ぶこと。

存覚法語(1356)「人間果報にも金輪銀輪、飛行の至尊はまうすにおよばず」〔大智度論‐五〕

空中を飛んで行くこと。飛び去ること。また、あちこち飛び歩くこと。ひこう。〔日葡辞書(1603‐04)〕

所領財物などを剥奪没収されること。

葉黄記宝治二年(1248)閏一一月一日「山田庄飛行」


ひ‐こう ‥カウ 【飛行】

〔名〕

空中を飛んでゆくこと。

吾妻鏡嘉祿元年1225八月二日千鳥飛行、驚有御沙汰御占

紅毛雑話(1787)一「空中を飛行するさまを画たり」〔列仙伝主柱

② ⇒ひぎょう(飛行)


飛行

読み方:ヒコウ(hikou)

所領所業などが亡失すること。


飛行

作者ウィリアム・キトリッジ

収載図書三十四回の冬
出版社中央公論社
刊行年月1992.6


飛翔

(飛行 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/03 00:01 UTC 版)

飛翔(ひしょう、: flight フライト)あるいは飛行(ひこう)とは、空中を進むこと、空中を移動することである。


  1. ^ 広辞苑 第五版「飛行」
  2. ^ 広辞苑 第五版「飛翔」
  3. ^ ナショナルジオグラフィック ニュース
  4. ^ ユッタ・シュトレーター-ベンダー『天使 ― 浮揚と飛行の共同幻想』 青土社、1996
  5. ^ da Vinci, Leonardo (1505). Codex on the Flight of Birds. Turin: Biblioteca Reale.
  6. ^ [1]
  7. ^ “大陸間を休まず飛行できた巨大翼竜”. ナショナルジオグラフィック. (2010-19018). https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/3273/ 2020年7月12日閲覧。 
  8. ^ ピーター・スティーヴンス『自然のパターン・形の生成原理』金子 務 訳、白揚社、1987年、34頁
  9. ^ dictionary.com
  10. ^ 例えばReg Grantの書 Flight, Dorling Kindersley, 2010 が、コンコルドの最終飛行やコロンビア号やチャレンジャー号の事故も特に挙げている。
  11. ^ 『徹底図解 戦闘機のしくみ』 新星出版社 2008年10月5日 p.42
  12. ^ CNET「UAEのドバイ、自律飛行“空中タクシー”の試験運行を2017年第4四半期に開始」
  13. ^ CNET「ボーイング、最大積載量200kg超のドローンを試作--4対の二重反転ローターで飛行」
  14. ^ TECHCRUNCH「見よ、Ehangの有人ドローンが実際に飛ぶところを
  15. ^ マリンスポーツ「フライボード」中の男性溺死 香川産経WEST(2018年8月26日)2018年9月6日閲覧。


「飛翔」の続きの解説一覧

飛行

出典:『Wiktionary』 (2016/08/02 03:28 UTC 版)

名詞

ひこう

  1. を飛ぶこと。

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
飛行-する



飛行と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「飛行」の関連用語

飛行のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



飛行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの飛翔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの飛行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS