素嚢乳とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 素嚢乳の意味・解説 

素嚢乳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/07/08 06:31 UTC 版)

素嚢乳(そのうにゅう、: Crop milk)は、素嚢の内壁から分泌され、育雛の際に吐き戻しによって子に与えられる液体で、主に鳥類ハト目において見られる[1]ため、英語ではピジョン・ミルク(pigeon milk、鳩乳の意)とも呼ばれるが、 フラミンゴにも見られる。


  1. ^ Levi, Wendell (1977). The Pigeon. Sumter, S.C.: Levi Publishing Co, Inc. ISBN 0-85390-013-2. 
  2. ^ Bird Milk 鳥類の素嚢乳(英語)


「素嚢乳」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「素嚢乳」の関連用語

素嚢乳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



素嚢乳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの素嚢乳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS