カオスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > カオスの意味・解説 

カオス

英語:chaos

カオス(英: chaos)またはケイオスとは、「混沌」を意味する英語である。無秩序で、さまざまな要素入り乱れ一貫性見出せない、ごちゃごちゃした状況様相形容する表現として用いられることが多い。

昨今の日本語表現としては、いかにも雑然としていてまとまりのない様子や、およそ関係なさそう要素無作為に入りじってるように見受けられる状況指して「カオスだ」とか「カオス状態だ」という形で用いられることが多い。「混迷する」「混迷を極める」という意味で「カオスになる」という風に表現されることもある。

「まじカオス」のように俗っぽく用いられる場合は特に「理解に苦しむ」「狂気じみている」というニュアンス込めて用いられることも多い。

「カオス」の語源ギリシア語の Χάος(khaos)である。これは元々は宇宙コスモス)が成立する以前秩序なき状態を意味する語だった。英語では chaos表記し「ケィオス」に近い発音をする。ちなみにドイツ語における Chaosカタカナ表記の「カオス」に近い発音である。

日本語の「混沌」という言葉は、「渾沌」とも表記するが、もともと「渾沌」は古代中国神話における「天地分かれる前の状態」のことであり、また、神話登場する異形の神(帝)の名である。渾沌の顔には目耳鼻口の七穴がなく、七穴を設けたところ死んだ、と伝えられる。

人の集団において、統率者がおらず、集まった人が皆それぞれ自己主張して好き勝手振る舞っているような状況も「カオス」と形容されることがある。これと似た状況を指す言い方に「サバト」という表現もある。サバト(sabbat)は「魔女の夜宴」に由来する語であり、混乱無秩序というよりも淫靡瀆神的な乱痴気騒ぎを指すニュアンス色濃い

「カオス」に類似した意味合いの語として「無秩序」「雑然」などの表現挙げられる国語表現としては特にニュアンス違いがあるというわけでもない。

力学分野では、初期値極めて微少誤差増幅され結果値を乱雑なものにするため値の予測事実上不可能であるよう条件を扱う理論を「カオス理論」(chaos theory)という。

カオス【(ギリシャ)chaos】

ギリシャ人考えた、宇宙発生以前のすべてが混沌(こんとん)としている状態。混沌無秩序ケーオス。⇔コスモス

特定の規則微分方程式に従う系に生じる、不規則乱雑予測不可能挙動。系自体決定論的だが、系の変化初期条件極めて鋭敏反応し、数値計算誤差時間推移とともに増幅される非線形性をもつため、計算精度をいくら向上させても、事実上、正確に予測できない現象を指す。確率的乱雑さとは異なるため、決定論的カオスともいう。


カオス

【英】chaos

カオスとは、カオスとは、「個々単位で見れば規則に従った秩序ある変化見せるが、総体で見れば複雑で不規則予測できない変化見せる」ような現象のことである。

カオス(Chaos)を和訳すれば「混沌」「無秩序」といった意味になる。基本単位別個観察すれば、特定の力学的関係や法則にしっかり則っている、という点において、「ランダム」な状態と区別される。カオスの一例としては、気流水流乱れ神経の応答時間が示す波形などを挙げることができる。理工学から生物学はじまり、社会学経済学分野にいたるまで、カオスの現象見出される。

カオスは、一見して把握予見不可能であるよう思われるが、それでも方程式直すなどして理論的究明することが可能であるという立場がある(「カオス理論」)。カオス現象発生要因を分析抽象することによって、カオスの発生しない状態を再構築する試みや、逆に人為的には生み出しにくい複雑な動きをカオスの発生委ねるといった試みが行われている。

また、カオス素子研究し、その仕組み解明することによって、カオスを数理化してコンピュータ演算利用しようという試みなされているパソコンでは、画像ファイル圧縮や、電子メールなどに用いられる暗号化ソフト仕組みに、カオス理論応用されている

ちなみにChaosを「カオス」と表記するのはギリシア語発音由来しており、英語では「ケィオス」の表記に近い発音をする。


カオス chaos

惑星表面の、高低の不規則な丘や谷が入り交じった地形を表す用語。

カオス

作者竹内海南江

収載図書アフリカの女
出版社幻冬舎
刊行年月1999.2
シリーズ名幻冬舎文庫


カオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 10:35 UTC 版)

カオス古希: Χάος[1])とは、ギリシア神話における原初のである。




「カオス」の続きの解説一覧

カオス

出典:『Wiktionary』 (2021/10/15 03:17 UTC 版)

名詞

カオス (かおす)

  1. 混沌無秩序ぐちゃぐちゃな状態。

翻訳


「カオス」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カオス」の関連用語

カオスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カオスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリカオスの記事を利用しております。
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2022.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカオス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのカオス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS