ムネーモシュネーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 宗教・信仰 > > 西洋の神 > ギリシア神話の神 > ムネーモシュネーの意味・解説 

ムネーモシュネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 03:40 UTC 版)

ムネーモシュネー古希: Μνημοσύνη, Mnēmosynē)は、ギリシア神話に登場する記憶を神格化した女神である。日本語では長母音を省略してムネモシュネとも表記される。


  1. ^ ヘーシオドス、133行-138行。
  2. ^ アポロドーロス、1巻1・3。
  3. ^ ヘーシオドス、51行-80行。
  4. ^ ヘーシオドス、915行-917行。
  5. ^ アポロドーロス、1巻3・1。
  6. ^ ヘーシオドス、51行-63行。
  7. ^ シケリアのディオドロス、5巻67・3。
  8. ^ 『パイアン』第7歌b16-20(断片52h)。


「ムネーモシュネー」の続きの解説一覧

ムネーモシュネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 02:31 UTC 版)

ばるぼら」の記事における「ムネーモシュネー」の解説

バルボラ母親自称する女。新宿の裏通りで骨董屋営んでいるが、店は扉ごと姿を消していることもある。

※この「ムネーモシュネー」の解説は、「ばるぼら」の解説の一部です。
「ムネーモシュネー」を含む「ばるぼら」の記事については、「ばるぼら」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ムネーモシュネー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ムネーモシュネーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ムネーモシュネーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのムネーモシュネー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのばるぼら (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS