ゼウスとは? わかりやすく解説

ゼウス

名前 Zeus

ゼウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 17:48 UTC 版)

ゼウス古希: ΖΕΥΣ, Ζεύς, Zeus)は、ギリシア神話主神たる全知全能の存在[1][2][注 1]。ローマ神話のジュピター(ユーピテル)、中国神話の天帝、キリスト教やイスラーム等の唯一神と同様な、「至上神 supreme god(スプリームゴッド)」の典型[4]。一般的に「至上神」[5]または「最高神」[6]は、創造的能力や人格的性質を持ち、全知全能だとされている[5]


注釈

  1. ^ 以下は、宗教文学研究者バーバラ・シュミッツの論文からの引用[1]
    アリステアスの議論における基礎原理は、神格the deity〕の機能である。アリステアスはそれを「全ての物事の創造者にして統括者」として描いている。 … 唯一神〔God〕は、ユダヤ教とギリシャ的文脈とで同じ機能を持っている。すなわち、唯一神は全ての物事の創造者にして統括者である。ただ唯一神の呼び名だけが違う。つまりギリシャ的文脈において、唯一神は「ゼウス」と呼ばれている。[1]
    (原文:Fundamental for the argumentation of Aristeas is the function of the deity, which he describes as “the overseer and creator of all things” (πάντωνἐπόπτην καὶ κτίστην). ... God has the same function in the Jewish as in the Greek context: He is the creator and overseer of all things. The only difference is God’s name: In the Greek context, God is called “Zeus”.[1]

    唯一神についての二つの概念〔ユダヤ系とギリシャ系〕は共に、遍在・全知・全能という特徴を持っている。[3]
    (原文:[B]oth concepts of God share the aspects of omnipresence, omniscience and omnipotence (Arist 132 and Arist 133).[3]

出典

  1. ^ a b c d Schmitz 2016, p. 705.
  2. ^ 里中満智子・名古屋経済大学助教授西村賀子解説 『マンガギリシア神話1 オリュンポスの神々』 中公文庫、2003年。
  3. ^ a b Schmitz 2016, p. 712.
  4. ^ Britannica Japan Co., Ltd. 2020, p. 「至上神」.
  5. ^ a b 松村 2020, p. 「至上神」.
  6. ^ 小学館 2020, p. 「最高神」.
  7. ^ 呉茂一『ギリシア神話(上)』、新潮文庫、1969。
  8. ^ a b ヘーシオドス 『神統記』 広川洋一訳、岩波文庫、1984。
  9. ^ a b 吉田敦彦『ギリシア神話の発想』1980
  10. ^ フェリックス・ギラン、『ギリシア神話』中島健訳、青土社、1991。
  11. ^ a b 『ギリシア神話』アポロドーロス
  12. ^ 『図書館』アポロドーロス
  13. ^ フェリックス・ギラン、『ギリシア神話』中島健訳、青土社、1991


「ゼウス」の続きの解説一覧

ゼウス (Zeus)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 08:53 UTC 版)

Fight of Gods」の記事における「ゼウス (Zeus)」の解説

ギリシア神話主神帯びた巨大な籠手近距離攻撃を行う。

※この「ゼウス (Zeus)」の解説は、「Fight of Gods」の解説の一部です。
「ゼウス (Zeus)」を含む「Fight of Gods」の記事については、「Fight of Gods」の概要を参照ください。


ゼウス (Zeus)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 04:20 UTC 版)

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の記事における「ゼウス (Zeus)」の解説

神々の父にして、全能神天空司る神。タレイアの父。普段は紺色縞模様スーツ着ている。かつて自身の兄弟次々に飲み込んでいった父であるクロノス打倒を掲げ救い出したポセイドンハデスと共にクロノス封印した

※この「ゼウス (Zeus)」の解説は、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の解説の一部です。
「ゼウス (Zeus)」を含む「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の記事については、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の概要を参照ください。


ゼウス (God)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 02:27 UTC 版)

Dick Figures」の記事における「ゼウス (God)」の解説

状の体に髭を生やした生物自称「神」初登場OMGでは夢で浮かれているブルー恫喝した。Zeusbagでは頂上で神を馬鹿にするレッドブルー待ち構えていた。大釜フリップワイン)の一気飲み勝負で勝ちを収めるも、飲みすぎ酔いつぶれところをレッド手で押され溶岩墜落した

※この「ゼウス (God)」の解説は、「Dick Figures」の解説の一部です。
「ゼウス (God)」を含む「Dick Figures」の記事については、「Dick Figures」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ゼウス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ゼウス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ゼウスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ゼウスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゼウス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのFight of Gods (改訂履歴)、パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 (改訂履歴)、Dick Figures (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS