世界の七不思議とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 世界の七不思議の意味・解説 

世界の七不思議

原題:Seven Wonders of the World
製作国:アメリカ
製作年:1956
配給:ロビン・インターナショナル配給
スタッフ
監督:Tay Garnett ティー・ガーネット

Paul Mantz ポール・マンツ

Ankrew Marton アンドリュー・マートン

Ted Tetzlaff テッド・テズラフ

Walter Thompson ウォルター・トンプソン
製作:Lowell Thomas ローウェル・トーマス
原案:Lowell Thomas ローウェル・トーマス
脚本:Prosper Buranelli プロスパー・ブラネリ

William Lipscomb ウィリアム・リプスカム
撮影:Harry Squire ハリー・スクェア
空中撮影:Gayne Rescher ゲイン・レシャー
音楽:Emil Newman エミール・ニューマン

David Raskin デイヴィッド・ラスキン

Jerome Moross ジェローム・モロス
編集:Harvey Manger 

Jack Murray ジャック・マレイ
ナレーション:Prosper Buranelli プロスパー・ブラネリ

William Lipscomb ウィリアム・リプスカム
振り付け:Tetsuzo Shirai 
キャスト(役名
解説
シネラマ・ホリデー」に続くシネラマ第3作。今回の製作はローウェル・トーマス彼の原案に基づいてプロスパー・ブラネリウィリアム・リプスカムシナリオと解説を担当した監督は「真夏の曲線美」のテイ・ガーネット飛行家ポール・マンツ、「緑の火・エメラルド」のアンドリュー・マートン、「四十人の女盗賊」のテッド・テズラフ、それにウォルター・トンプソン撮影は「シネラマ・ホリデー」の共同撮影者1人ハリー・スクェア空中撮影ゲイン・レシャー音楽は「ギャングを狙う男」のエミール・ニューマンと、ジェローム・モロスデイヴィッド・ラスキン3人
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されいますのでご注意ください
第1部--古代の“世界の七不思議”のうち現存するのはエジプトのピラミッドスフィンクスだけ。シネラマは、まずここを訪れるが、再びニューヨークへ帰り今は現代新し七不思議求めて冒険の旅に出る。自由の女神像別れ告げたシネラマの旅は、最初に南米へ行く。人跡未到密林奥にナイヤガラ2倍もあるイグアズーの滝を眺めリオデジャネイロに入ってカーニヴァルと、コルコヴァの峰高聳え立つ救世主の像を見る。次にシネラマ・クリッパーは日本飛び富士山大仏を見、日本女性美しさ七不思議中に加える。カンボジアではアンコール・ワットインドではガンジス河畔の聖都ベレナスの珍し風物、タジ・マハルの廟を見る。ヒマラヤ山中の世界最高の避暑地ダージリンに行く列車急坂上るため絶え線路砂をかける。さて次はエジプトスエズ運河。そして聖書にあるシナイ山エジプト去って死海へ死海自然界不思議の1つパレスチナではキリスト生まれたというナザレの町、昇天したオリーヴスの丘を見る。第2部--暗黒大陸アフリカ来たシネラマの旅は、巨象恐ろしさ知り身長7尺の巨人が揃うワッシ族に驚く。サハラ砂漠ラクダ隊商ヴィクトリアの滝一転して今度アラビアへ。ここにはアラビアン・ナイト不思議--空虚の国、ラバル・カリがあり、アラビア人さえ横断したことのない無の世界である。奥地深く入り砂漠酋長訪ねラクダ隊の突撃見せてもらう。砂漠西に回ってイスタンブールオリンパスの丘、さらにギリシアパルテノン宮殿遺跡見て、やがて地中海水の都ナポリ、ヴェスビアスの火山ピサの斜塔建築学上の不思議である。旅の最後ローマ。セント・ピータース寺院ヴァチカン宮殿コロシウムなど。これで4大陸訪問した1つ残った北アメリカ終わりに見物世界一高いエンパイア・ステート・ビル紀元前1千年も前からあるといわれるヨセミテ公園アメリカ杉を見る。この木の下に立つと人間がいかにつまらないものかが分かる気がするという。

世界の七不思議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 15:04 UTC 版)

世界の七不思議(せかいのななふしぎ)とは、7つの建造物のことである。現在、一般的には、古代世界の七不思議として伝承されてきた、ギザの大ピラミッドバビロンの空中庭園エフェソスのアルテミス神殿オリンピアのゼウス像ハリカルナッソスのマウソロス霊廟ロドス島の巨像アレクサンドリアの大灯台の7つを指す。


  1. ^ a b 世界大百科事典. 平凡社 
  2. ^ 羅和辞典. 研究社 
  3. ^ Oxford Advanced Learner's Dictionary. Oxford University Press 
  4. ^ Ernst von Khuon (2018-07-10) (ドイツ語). Bau- und Kunstwerke der Antike: Die sieben Weltwunder:. BookRix. p. 17. ISBN 9783743866362. https://books.google.co.jp/books?id=ZYdXDwAAQBAJ 2020年11月2日閲覧。 
  5. ^ CNN Natural Wonders”. CNN (1997年11月11日). 2009年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月31日閲覧。
  6. ^ マイナビウーマン(2014年12月20日)


「世界の七不思議」の続きの解説一覧

「世界の七不思議」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

世界の七不思議のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界の七不思議のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界の七不思議 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS