メキシコとは? わかりやすく解説

メキシコ【Mexico】


メキシコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/23 07:33 UTC 版)

メキシコ合衆国(メキシコがっしゅうこく、スペイン語: Estados Unidos Mexicanos)、通称メキシコは、北アメリカ南部に位置する連邦共和制国家。北にアメリカ合衆国と南東にグアテマラベリーズと国境を接し、西は太平洋、東はメキシコ湾カリブ海に面する。首都メキシコシティ


注釈

  1. ^ これより早い1871年に締結された日清修好条規は平等条約ではあったが、その内容は両国がともに欧米から押し付けられていた不平等条約の内容を相互に認め合うという極めて特異な内容であった
  2. ^ ブラウン管ガラス、フェライト磁石などの材料となる

出典

  1. ^ CATÁLOGO DE LAS LENGUAS INDÍGENAS NACIONALES Inali.gob.mx. Retrieved July 18, 2014.
  2. ^ a b UNdata”. 国連. 2021年11月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e World Economic Outlook Database” (英語). IMF. 2021年10月16日閲覧。
  4. ^ Juan Montes (2012年11月23日). “メキシコ大統領、国名変更を提案-「米国の弟分ではない」”. WSJ日本版. オリジナルの2019年7月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190711075225/http://jp.wsj.com/layout/set/article/content/view/full/553077 2019年7月11日閲覧。 
  5. ^ 国本伊代編著 『現代メキシコを知るための60章』 明石書店 <エリア・スタディーズ 91> 2011年 238ページ
  6. ^ When Did Mexico Gain Independence?”. WorldAtlas. 2020年10月20日閲覧。
  7. ^ a b c d 豊田紳 日本比較政治学会(編) 「組織化された野党不在の下の競争選挙実施による支配政党の崩壊」 『競争的権威主義の安定性と不安定性』 ミネルヴァ書房 日本比較政治学会年報 第19号 2017年、ISBN 9784623080465 pp.157-160.
  8. ^ 大統領選挙、ロペス・オブラドール氏の当選が確実(メキシコ)ビジネス短信―ジェトロの海外ニュース”. 2022年10月19日閲覧。
  9. ^ “メキシコ大統領、「信任」選挙で投票率18% 9割支持も”. 日本経済新聞. (2022年4月12日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN103QI0Q2A410C2000000/ 2022年4月13日閲覧。 
  10. ^ “大統領罷免に向けた国民審査を実施、投票率は18%弱にとどまる”. 日本貿易振興機構. (2022年4月12日). https://www.jetro.go.jp/biznews/2022/04/14133de30dab0efc.html 2022年4月13日閲覧。 
  11. ^ Ventas 2009: México, Autoblog Español, (2010-02-01), http://es.autoblog.com/2010/02/01/ventas-2009-mexico/ 2010年12月5日閲覧。 
  12. ^ 国本伊代編著 『現代メキシコを知るための60章』 明石書店 <エリア・スタディーズ 91> 2011年 76ページ
  13. ^ a b 国本伊代編著 『現代メキシコを知るための60章』 明石書店 <エリア・スタディーズ 91> 2011年 74ページ
  14. ^ 2014 Global Cities Index and Emerging Cities Outlook (2014年4月公表)
  15. ^ a b c d 「メキシコ発:毎年恒例の税無効訴訟が起きるワケ」『日経ビジネスオンライン』2008年3月31日付配信、日経BP社
  16. ^ ビジネス特集 “肥満大国”解消なるか 希少糖が世界を救う!? - NHK
  17. ^ メキシコ基礎データ”. 2019年3月10日閲覧。
  18. ^ Mexican Culture, Cultural Atlas.
  19. ^ サンティジャン・フランコ・ヘスス, 畑克明「メキシコの教育制度」『島根大学教育学部紀要. 教育科学』第38巻、島根大学、2004年、 1-9頁、 ISSN 0287251X2020年4月13日閲覧。
  20. ^ 外務省 (2017年11月). “諸外国・地域の学校情報”. 外務省. 2019年12月6日閲覧。
  21. ^ world fact book”. CIA. 2020年7月15日閲覧。
  22. ^ ロイター『メキシコの富豪スリム氏、世界長者番付で3年連続1位』
  23. ^ 世界各国の平均年収(月収)
  24. ^ 独立行政法人日本学生支援機構[リンク切れ]
  25. ^ 安全対策基礎データ”. 外務省 (2012年11月27日). 2014年7月5日閲覧。
  26. ^ ユネスコ世界遺産センター メキシコの世界遺産
  27. ^ Artículo 74, Ley Federal del Trabajo, UNAM, https://www.juridicas.unam.mx/legislacion/ordenamiento/ley-federal-del-trabajo#31767 
  28. ^ Canada, Mexico and USA selected as hosts of the 2026 FIFA World Cup™-国際サッカー連盟公式HP、2018年6月13日
  29. ^ Players Born in Mexico - Baseball-Reference.com 2020年3月27日閲覧。



メキシコ(2008-2012)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/06 16:34 UTC 版)

マイケル・パリス」の記事における「メキシコ(2008-2012)」の解説

08年の5月3日メキシコシティでジョー・リダーとタッグ組みエル・ジェネリコクレイジー・ボーイ相手にディザスター・トータル・ウルトラバイオレット(DTU)に初参戦し、ジェネリコのブレーンバスター敗北一時的に離脱2009年7月にトゥランシンゴでクレイジー・ボーイエクストリーム・タイガーとの3wayマッチ復帰するエクストリーム・タイガーにより敗北その後DTUのイベント出場、DTU王座賭けてアレロ・ボーイとラゲデと3wayマッチ行なうもアレラ・ボーイにフォール負けしてしまう。その後離脱し2009年夏頃からAAA参戦テディ・ハートエレクトリック・ショック組み、ラ・パーカー、ジャック・エヴァンスエクストリーム・タイガーとの6人タッグマッチ出場するも、エクストリーム・タイガーのダブル・フットスタンプでピンフォール負けしてしまう。

※この「メキシコ(2008-2012)」の解説は、「マイケル・パリス」の解説の一部です。
「メキシコ(2008-2012)」を含む「マイケル・パリス」の記事については、「マイケル・パリス」の概要を参照ください。


メキシコ (2003 - 2004, 2008 - 2010)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 21:04 UTC 版)

ロッキー・ロメロ」の記事における「メキシコ (2003 - 2004, 2008 - 2010)」の解説

2003年7月4日CMLLアレナ・メヒコ大会にて、ハバナ・ブラザー1号リングネーム登場。ハバナ・ブラザー2号3号らとロス・ハバナ・ブラザーズというトリオチームを結成し活動を開始する9月12日、ボラドールJr.から勝利を収め復活したCMLL世界スーパーライト級王座獲得したが、11月14日行われた防衛戦ヴィールス敗れ王座から陥落。翌2004年CMLL離脱したことで、ロス・ハバナ・ブラザーズとしての活動停止。しばらくアメリカ日本のプロレス団体転戦していたが、12月5日行われた大会にてCMLL復帰10日行われたアレナ・メヒコ大会でヴィールスから勝利を収めスーパーライト級王座返り咲くことに成功。しかしそのままCMLL定着することはなく再び離脱し王座返上空位となった王座2005年トミー・ウィリアムズ獲得したが、ロメロ2006年1月21日ウィリアムズから勝利し3度目戴冠果たした2008年2月1日、グレイ・シャドウなる覆面レスラーとしてCMLL再々参戦したが、CMLLでの待遇悪さに不満を抱き始め10月5日CMLLライバル団体であるAAA移籍。同団体主催プエブラ大会にてサプライズ登場しショーン・ウォルトマンアレックス・コズロフと共にD-ジェネレーションMEX結成する2010年7月4日、ヒールユニット、ラ・レギオン・エクストランヘラに加わりルード転向したが、9日会社から減俸言い渡されたことに対して不満を募らせAAA退団した

※この「メキシコ (2003 - 2004, 2008 - 2010)」の解説は、「ロッキー・ロメロ」の解説の一部です。
「メキシコ (2003 - 2004, 2008 - 2010)」を含む「ロッキー・ロメロ」の記事については、「ロッキー・ロメロ」の概要を参照ください。


メキシコ (北米と分類される時もある。)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 17:35 UTC 版)

日本の国際関係」の記事における「メキシコ (北米分類される時もある。)」の解説

詳細は「日本とメキシコの関係を参照 メキシコ : (中米諸国の中で最も関係が深い。)明治開国以降に結ばれた日墨修好通商条約は、それまで列強各国不平等条約苦しめられてきた日本にとって、初めての平等条約である。その関係で数ある諸外国大使館の中で国政中枢地区ともいえる永田町在るのは、メキシコ大使館のみである。多数日本企業進出するど経的な関係も深い。ラテンアメリカでは、グアテマラ次の1894年日本人移民日系メキシコ人)が移住した国であり、今でも1万人ほどの日系人が同国居住している。2004年9月17日、「日本・メキシコ経済連携協定」が両国間署名された。これは小泉純一郎首相当時)が世界経済安定化を図るために行った政策の一環であり、両国にとって歴史的なものであった

※この「メキシコ (北米と分類される時もある。)」の解説は、「日本の国際関係」の解説の一部です。
「メキシコ (北米と分類される時もある。)」を含む「日本の国際関係」の記事については、「日本の国際関係」の概要を参照ください。


メキシコ(1917年に廃止)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 23:16 UTC 版)

世界の死刑制度の現状」の記事における「メキシコ(1917年廃止)」の解説

メキシコ内戦終結後1917年憲法死刑廃止規定された。しかし軍隊内で発生した軍法会議では死刑制度維持されていた。ただし最後に死刑執行が行われたのは1937年の事であった。それでも死刑の廃止には異論根強くあり、全面的に死刑廃止されたのは2005年の事であった。ただし、麻薬組織などに対して治安機関はしばしその場でメンバー処刑している。

※この「メキシコ(1917年に廃止)」の解説は、「世界の死刑制度の現状」の解説の一部です。
「メキシコ(1917年に廃止)」を含む「世界の死刑制度の現状」の記事については、「世界の死刑制度の現状」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「メキシコ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

メキシコ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 00:25 UTC 版)

固有名詞

メキシコ

  1. 北アメリカ大陸南部にある正式名称メキシコ合衆国首都メキシコシティ

別表記

複合語

翻訳


「メキシコ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「メキシコ」に関係したコラム

  • FXで取引される通貨ペアの種類と一覧

    FX(外国為替証拠金取引)で取引される通貨ペアは、日本においては米ドル/円をはじめとする円を基軸通貨とした通貨ペアが主に取引されています。 USD/JPY・・・米ドル/円 EUR/JPY・・・ユーロ/...

  • FXの通貨ペアの値幅一覧

    FX(外国為替証拠金取引)の値幅とは、通貨ペアが値上がり、あるいは、値下がりする際の最小の為替レートのことです。例えば、USD/JPYの値幅は0.001円です。USD/JPYが1ドル79.595円の場...

  • FXのJPYやUSDの意味は

    FX(外国為替証拠金取引)の通貨ペアで使われているJPYやUSDには次のような意味があります。例えばJPYの場合は「JP」が日本の国名コードでISO 3166-1-alpha-2によって定められていま...

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • CFDの銅相場の見方

    銅は、熱や電気を伝導したり、腐食に耐えられるなどの特性から工業用の金属として用いられています。銅の主な用途は送電線や電気製品などが挙げられます。銅は、工業用金属としては鉄、アルミニウムに続く消費量です...

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メキシコ」の関連用語

メキシコのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



メキシコのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメキシコ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマイケル・パリス (改訂履歴)、ロッキー・ロメロ (改訂履歴)、日本の国際関係 (改訂履歴)、世界の死刑制度の現状 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのメキシコ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS