母の日とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 行事 > > 母の日の意味・解説 

はは‐の‐ひ【母の日】

母の愛をたたえ、母に感謝する日。5月第2日曜日米国始まる。《 夏》「—や大きな星がやや下位に/草田男


ははのひ 【母の日】


母の日

母の日の由来

母の日・父の日もともとは、一人アメリカ人少女アンナ・ジャービス」が、亡くなった母の追悼をしたいという想いから教会カーネーション配ったことがはじまり。この風習アメリカのほとんどの州に広まり1914年当時アメリカ大統領だったウィルソン5月第2日曜日を母の日と制定しました。

ひとくちMEMO

5月第2日曜日は母の日。日頃感謝の気持ちを込めてカーネーションを贈るのが定番ですが、最近では品物を贈ることが増えてきているようです感謝金品に、賞状用紙使った感謝状付けて贈るのもよいでしょうお返し不要ですが、遠方であれば電話手紙お礼心を伝えると喜ばれます。ちなみに白いカーネーション亡き母偲ぶという意味があるので避けたほうが無難です

感謝金品に、賞状用紙使った感謝状付けて贈るのもよい。特にお返し不要だが、遠方であれば電話手紙お礼心を伝える。

ご贈答のマナー

贈答様式 贈り 献辞表書き 慶弔用品
母の日に感謝金を贈る 身内 お母さんありがと
感謝
のし袋花結び
金封赤白祝結び
母の日に感謝品を贈る 身内 のし紙花結び

使用例(のし紙/金封/のし袋の様式)

のし紙/金封/のし袋の様 使い方
のし紙:使用例 金封:使用例


母の日

作者丘修三

収載図書ショート・ストーリーズ
出版社文渓堂
刊行年月1992.4
シリーズ名ぶんけい創作児童文学


母の日

作者金堀常美

収載図書モカコーヒーを、ブラック
出版社新風舎
刊行年月2004.5
シリーズ名新風舎文庫


母の日

作者丹羽文雄

収載図書・母の日・妻―丹羽文雄短篇集
出版社講談社
刊行年月2006.1
シリーズ名講談社文芸文庫


母の日

読み方:ハハノヒ(hahanohi)

五月第二日曜日母の愛感謝をささげる

季節

分類 人事


母の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 01:38 UTC 版)

母の日(ははのひ)は、日頃のの苦労をねぎらい、母への感謝を表すアメリカでは以下のアン・ジャービスへの教会での追悼にさかのぼり、毎年5月の第2日曜日に祝い、日本もそれに倣っているが、その起源は世界中で様々であり日付も異なる。例えばスペインでは毎年5月第1日曜日、北欧スウェーデンでは毎年5月の最後の日曜日に当たる。




「母の日」の続きの解説一覧

「母の日」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



母の日と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

母の日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



母の日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2022
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの母の日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS