チリとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 印刷用語 > チリの意味・解説 

チリ【chili/chilli】


チリ【Chile】


ちり【×塵】

細かいくずなどが飛び散ったもの。ほこり。また、小さなごみ。「塵一つない部屋

俗世間わずらわしさ世俗のよごれ。「浮世の塵を払う」

ほんの少しであること。多く、あとに打消しの語を伴って用いる。「塵ほども疑わない」


ちり【散り】

建築で、二つの材面がわずかにずれた部分

製本で、表紙中身よりはみ出ている部分上製本でみられる。

散ること。また、散らしたもの。

「この夕(ゆふへ)降り来る彦星の早漕ぐ舟の(かい)の—かも」〈・二〇五二


ち‐り【地理】

地球上の海陸山川の分布気候生物人口都市産業交通などの状態。

その土地事情やようす。「この辺の地理には通じている」

地理学」の略。


ちり

白身魚野菜・豆腐などを湯で煮て、ポン酢醤油をつけて食べる鍋料理(たい)ちり・(たら)ちり・河豚(ふぐ)ちりなど。ちり鍋


ちり【知里】


ち‐り【地利】

地勢上の便利さ地の利。「地利を得る」

土地から生じる生産物利益


チリ

汚れなどを防止するため、本文よりも表紙を少し大きく作っている本の表紙本文大きさの差の部分
本

地利

読み方:チリ(chiri)

荘園における年貢別称


チリ 【Chile】

南アメリカ南西部アンデス山脈太平洋にはさまれた共和国首都サンチアゴ一八一八スペイン領から独立。一五二〇年マゼラン発見インディオ抵抗激しく、四〇年スペイン人征服。チリはインディオ語で「」「地の果て」を意味する。住民多く白人系で、憲法信教の自由政教分離の原則確立しているが、一九二五年までカトリック国教であったため、住民大部分は同教である。キリスト教民主党も、政教分離のてまえ、キリスト教社会主義スローガンにせざるをえなくされている。

チリ

名前 ChiliThiryTilly

チリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 02:12 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
チリ共和国
República de Chile
国旗 国章
国の標語:Por la razón o la fuerza
(スペイン語:理性によって、または力によって)
国歌Himno Nacional de Chile(スペイン語)
チリの国歌
公用語 スペイン語
首都 サンティアゴ[注記 1]
最大の都市 サンティアゴ
政府
大統領 セバスティアン・ピニェラ
首相 なし
面積
総計 756,950km237位
水面積率 1.1%
人口
総計(2018年 18,952,000人(61位
人口密度 25人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2018年 153兆7,239億[1]チリ・ペソ
GDP(MER
合計(2018年2,981億[1]ドル(42位
1人あたり xxxドル
GDP(PPP
合計(2018年4,819億[1]ドル(43位
1人あたり 25,700[1]ドル
独立スペインより
1818年2月12日
通貨 チリ・ペソCLP
時間帯 UTC-3、-4、-6 (DST:-3、-5)
ISO 3166-1 CL / CHL
ccTLD .cl
国際電話番号 56
  1. ^ 立法府(国会)はバルパライソ

チリ共和国(チリきょうわこく、スペイン語: República de Chile)、通称チリは、南アメリカ大陸南西部に位置する共和制国家である。国土はアンデス山脈西側で南北に細長く、東にアルゼンチン、北東にボリビア、北にペルーと隣接する。西は南太平洋、南はフエゴ島を挟んでドレーク海峡に面している。首都サンティアゴ。アルゼンチンとともに南アメリカ最南端に位置し、国土の大部分がコーノ・スールの域内に収まる。太平洋上に浮かぶフアン・フェルナンデス諸島や、サン・フェリクス島サン・アンブロシオ島およびポリネシアサラ・イ・ゴメス島、パスクア島(イースター島)などの離島も領有しており、さらにアルゼンチンやイギリスなどと同様に「チリ領南極」として125万平方キロメートルにも及ぶ南極の領有権を主張している[2](「南極における領有権主張の一覧」参照)。OECD諸国の中で貧困率と経済格差は最も大きい[3]

国名

1600年ごろのラ・プラタ地方の地図。「Chili」「Chicas」と表記されている。

正式名称はRepública de Chile(レプブリカ・デ・チレ)。通称 Chile(チーレ [ˈt͡siːle]],或いはシーレ[ʃiːle])。公式の英語表記はRepublic of Chile。通称 Chile(チリ /ˈʧɪl(i)/

日本語の表記はチリ共和国。通称チリ。かつては「チリー」と表記されていたこともあった[4]漢字表記智利。日本語での初出は、西川如見『増補華夷通商考』(1708年宝永5年)に「チイカ」として紹介されるものとされる[5]。その後の江戸時代の文献では、谷川士清『倭訓栞』、斎藤彦麻呂『傍廂』が、それぞれ「智加」という漢字表記を用いている。

国名の由来は諸説ある。植民地時代初期は「Chili」と表記されていたが、17世紀スペイン人史家ディエゴ・デ・ロサーレス英語版によると、インカ人によるアコンカグアにある渓谷の呼称で、元は15世紀インカ帝国に征服される前、同地を支配していた先住民ピクンチェ族スペイン語版英語版の族長、「ティリ(Tili)」から転じたものとされている。このほか、先住民の言葉で「地の果て」「カモメ[6]ケチュア語で「寒い」を意味する「Chiri」、「雪」もしくは「地上最深の場所」を意味する「Tchili」、マプチェ族の言葉で同地に生息する鳥の鳴き声を表す擬音語「cheele-cheele」に由来するなどの説がある[7][8]

歴史

チリは1818年スペインより独立した。1990年ピノチェト軍事独裁政権崩壊後は、ラテンアメリカでは最も経済・生活水準が安定し、政治や労働でも最高度の自由を保っているとされてきたが、21世紀以降は国民の所得格差・不平等、教育への公的予算は中南米でも下位[9]となるなどの諸問題も抱えている。

政治

チリ大統領府、モネーダ宮殿
バルパライソの国民議会

政治制度は大統領元首とする共和制国家であり、三権分立を旨とする議会制民主主義を採用している。行政は大統領を長とする。大統領は4年任期で選挙により選ばれ、2期連続で就任することはできない。内閣の閣僚は大統領が任命する。2006年1月15日社会党ミシェル・バチェレが大統領に就任した。これはチリ史上初の女性大統領である[10]。2008年現在のチリ憲法は、アウグスト・ピノチェトを最高権力者とする軍政下に制定された1980年憲法である。特徴としては、大統領の権力が強められ、また国政への軍の最高司令官の参加が制度化された。しかし、1988年のピノチェト大統領の信任を問う国民投票に敗北したあと、憲法に対して大統領の権力を弱め、軍部の発言力を抑えるような修正がなされた。憲法の民主的な改正に関する議論は継続され、2005年に再改正された。

立法は、両院制であり、議会はバルパライソに所在する。上院は38議席であり、一般投票により選出され、任期は8年。2005年までそのほかに国家安全保障委員会や司法機関、共和国大統領、前大統領などが11名を任命する制度があったが、憲法改正によりこの11議席は廃止された。下院は120議席であり、任期は4年。法案が採択されるには、両院および拒否権を持つ共和国大統領の承認を得なければならない。また両者ともに法案を提議することができるが、これを施行する権限は大統領にしかない点が問題とされている。

司法の最高機関は最高裁判所である。憲法に関する判断は憲法裁判所が行い、憲法に反すると考えられた法律を差し止めることができる。

チリにも公権力の腐敗・汚職がないわけではないが、それは恒常的なものではなく、世界の「透明度」の高い国の上位30か国以内に過去10年間連続してランクづけされており、2017年度のトランスペアレンシー・インターナショナル(TI)による世界腐敗認識指数では26位[11]ウルグアイに次いでラテンアメリカで2番目であった。ラテンアメリカ諸国の中では腐敗しておらず、比較的しっかりした法治国家だと認識されている[12]

国際関係

チリと外交関係を有する諸国の一覧図

独立直後からチリは隣国のペルー、ボリビアに干渉を行ってきた。1836年から1839年までの連合戦争ではペルー・ボリビア連合に終始敵対し、これを崩壊させるのに大きな役割を果たした。その後、1879年にアタカマの硝石資源を巡ってペルー、ボリビア両国に宣戦布告し、この太平洋戦争によって両国から領土を得た。その影響でボリビアは現在でも国交がない。

19世紀を通してチリは経済的にはイギリスと、文化的にはフランスと関係が深かった。この時期にチリ海軍はイギリスの、法や教育はフランスの[13][14][15]、陸軍はプロイセンの影響を強く受けた。

1973年のクーデターにより、チリは軍事政権による人権侵害などのために国際的孤立に陥ったが、民政移管した1990年以来、チリは国際的孤立から復活した。2007年からチリは他の4か国とともにOECDの公式加盟国になることを打診している。

軍政期の1983年に長年緊張関係が続いており、何度も戦争直前にまで陥った隣国アルゼンチンがラウル・アルフォンシン政権の下でチリとの歴史的な和解を進めてピクトン島、レノックス島、ヌエバ島のチリ領有を認めると、パタゴニアをめぐってのチリの領土問題は解決した。また、太平洋戦争以来続いたペルーとの緊張も収まりつつある。しかし、太平洋戦争で併合したアントファガスタを返還するように求めるボリビアとの緊張はいまだに続いている。

なお、チリはイギリス、アルゼンチンと同様に南極大陸の一部に対して領有権(チリ領南極)を主張している。

2009年3月27、28日の両日、中部の都市ビニャデルマルで欧米(スペイン、イギリス、ノルウェーの首相、アメリカの副大統領[16]と南米(ブラジル、チリ、アルゼンチン、ウルグアイの大統領)の8か国による首脳会議が開かれた。首脳らは同会議を「進歩派首脳会議」と呼んでいる[17]。会議は、4月20日にロンドンで開かれる第2回20か国・地域首脳会合(G20金融サミット)に向けた意見調整を目的に行われた。各首脳は新たな世界秩序の形成に向けた展望を論議した。同会議は最終宣言を発表した。

対日関係

1897年に日本チリ修好通商条約が締結され、同年9月25日に外交関係を樹立。太平洋戦争末期の1945年4月11日にチリが対日宣戦布告し断交するものの、サンフランシスコ講和条約締結後の1952年10月17日、外交関係を再開した[18]。日本とチリは日本・チリ経済連携協定を締結している(2007年9月3日発効)。またともに環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP,TPP11協定)の署名国である[19]。ただし、チリは国内手続が未了のため、CPTPPはチリについては発効していない。

軍事

チリ陸軍の装備するレオパルド戦車
チリ海軍フリゲートアルミランテ・ブランコ・エンカラダ (FF-15)

チリの大統領は軍隊の指揮権を有し、軍は国防相と大統領の統制を受けている。また、チリでは徴兵制が実施され、国民は2年間の兵役の義務を有している。陸海空三軍のほかに憲兵カラビネーロス)が存在し[20][21]、規模は4万人ほどである。また、チリはブラジルに続いて南アメリカで2番目に大きな軍事予算を組んでいる。

伝統的にチリの軍隊は、「軍は憲法の番人である」として、他のラテンアメリカ諸国より政治に介入する頻度は比較的大きくなかったが、アジェンデがスト解決のために軍人を利用し始めたことから崩れ始め、1973年のピノチェト将軍らによるチリ・クーデターにより崩された[22]。その後、軍政期に軍はコンドル作戦や「汚い戦争」などを遂行し、自国民や近隣諸国の反体制派市民の拷問、殺害に携わったが、1990年の民政移管後は、それなりの規模と発言力を保ちながら国民との和解が進められた[23]

陸軍

チリ陸軍は兵員4万5,000人を有し、サンティアゴに司令部がある。6つの軍管区に分けられ、ランカグアに飛行旅団が、コリナに特殊部隊の司令部がある。チリ陸軍はラテンアメリカでも最も整備され、専門的かつ技術革新の進んだ軍隊の一つである。

海軍

チリ海軍海兵隊2,300人を含む兵員2万3,000人を有している。29隻の艦艇を有するが、水上戦闘艦艇は内8隻のフリゲートのみである。水上艦隊の母港はバルパライソにある。海軍は輸送と警戒にあたる航空機を保有しているが、戦闘機や爆撃機は有していない。4隻の潜水艦を運用し、潜水艦の基地はタルカワノにある。

空軍

チリ空軍は兵員1万2,500人を有し、それぞれイキケ、アントファガスタ、サンティアゴ、プエルト・モントプンタ・アレーナスに5つの飛行旅団を置いている。空軍は南極キング・ジョージ島の基地でも活動している。2006年にF-16が14機、2007年にも14機導入された。なお空軍は、軍政期は警察とともに反軍政派だった。

カラビネーロス

1973年9月の軍事クーデターに参加後、チリ国家警察(カラビネーロス・デ・チレ)は国防省と一体化した。民政移管後に、警察の実質的な指揮権は内務省の下に置かれたが、国防省の名目的指揮下に置かれたままとなった。40,964人[24] の男女が法の執行、交通整理、麻薬鎮圧、国境の管理、対テロ作戦などの任務にチリ国内で従事する。

地方行政区分

チリは、州監督官(Intendente)を長とする16の州(Region)に分けられる。州はさらにいくつかの県(Provincia)に分割され、それぞれに県知事(Gobernador provincial)が置かれる。県はさらに市町村(Comunas)に分けられ、市(町、村)長がいる[25]。監督官と知事は大統領により任命され、市(町、村)長は一般投票により選ばれる。

1974年に各州には北から南へ順にローマ数字が割り当てられた。しかし首都州は例外的に頭文字のRMとされたこと、またその後に新設された州には位置に関係なく割り振られたことから、当初の意義を失い2018年2月に廃止された[26]

旧番号 日本語表記 スペイン語表記 州都
XV アリカ・イ・パリナコータ州 Región de Arica y Parinacota アリカ
I タラパカ州 Región de Tarapacá イキケ
II アントファガスタ州 Región de Antofagasta アントファガスタ
III アタカマ州 Región de Atacama コピアポ
IV コキンボ州 Región de Coquimbo ラ・セレナ
V バルパライソ州 Región de Valparaíso バルパライソ
RM 首都州 Región Metropolitana de Santiago サンティアゴ・デ・チレ
VI リベルタドール・ベルナルド・オイギンス州 Región del Libertador General Bernardo O'Higgins ランカグア
VII マウレ州 Región del Maule タルカ
XVI ニュブレ州 Región de Ñuble チヤン
VIII ビオビオ州 Región del Biobío コンセプシオン
IX ラ・アラウカニア州 Región de la Araucanía テムコ
XIV ロス・リオス州 Región de Los Ríos バルディビア
X ロス・ラゴス州 Región de Los Lagos プエルト・モント
XI アイセン・デル・ヘネラル・カルロス・イバニェス・デル・カンポ州 Región Aisén del General Carlos Ibáñez del Campo コイアイケ
XII マガジャネス・イ・デ・ラ・アンタルティカ・チレーナ州 Región de Magallanes y de la Antártica Chilena プンタ・アレーナス

主要都市

主要な都市はサンティアゴ(首都)、バルパライソがある。

地理

チリの地図
地形図
チリ富士と呼ばれる南部のオソルノ山
南部の氷河

西部の太平洋との海岸線、東部のアンデス山脈、北部のアタカマ砂漠によって囲まれた国土は南北に細長く、北から南までの総延長は約4,630キロメートルに及ぶ。海岸線に沿ったペルー・チリ海溝では過去にしばしば超巨大地震チリ地震)が発生して、太平洋対岸にあたる日本三陸海岸等の環太平洋全域に津波で大きな被害が起きてきた歴史がある(→チリ地震 (1960年))。また、ペルー・チリ海溝に沿う形でプジェウエ=コルドン・カウジェ火山群などの活発な活火山を多数擁している。

北部の砂漠地帯(Norte Grande)では年間を通してほとんど雨が降らない。など鉱物資源に富む。ラ・セレナの南から地中海性気候の渓谷地域(Norte Chico)となり、チリの主要輸出品目の一つであるブドウなどの果物の栽培や、最近輸出量が増えてきたワインの生産に適している。19世紀後半から発展した歴史を有するこの国の主要地域であり、人口と農産物が集中する。Zona Central。バルディビアからプエルト・モントまでの南部地域(Zona Sur)は森林地帯の続く牧畜に適した湖水地方であり、火山地域である。年間を通して雨が多い。南緯40度以南(Zona Austral)にはパタゴニアと呼ばれ、沿海部は典型的なフィヨルド地形が形成されている。マゼラン海峡を越えて南にはフエゴ島が存在し、島の西半分がチリ領となっている。南極大陸の125万平方キロメートルの領有権を主張するが(チリ領南極)、南極条約で棚上げとなっている。チリはポリネシアにも領土を有し、サラ・イ・ゴメス島ロビンソン・クルーソー島とチリ本土から西に3,700キロメートルほど離れてラパ・ヌイイースター島)が存在する。最高地点はアンデス山脈のオホス・デル・サラード山海抜6,893メートル。チリの対蹠地は北・中部が中華人民共和国、南部はモンゴル国、最南部はロシアシベリアである。

気候

気候は幅広く、太平洋上に浮かぶラパ・ヌイ島(パスクア島、イースター島)の亜熱帯から、国土の北3分の1を占め、世界で最も乾燥した砂漠とされるアタカマ砂漠、中央部の肥沃な渓谷地域、そして元々は森林に覆われていた湿度は高いが寒い南部、ツンドラ気候が広がる最南部のパタゴニア地方に大きく分けられる。

チリは南北に大変長細い国であるため、北の方から順に砂漠気候ステップ気候地中海性気候西岸海洋性気候ツンドラ気候と気候が違っている(南半球であるため亜寒帯は存在しない)。寒流であるペルー海流の影響により、北部でもあまり気温は上がらない。また寒流は西岸砂漠の成因であり、アタカマ砂漠は世界で降水量が最も少ない地域となっている。

時間帯

チリ本土ではUTC-4マガジャネス・イ・デ・ラ・アンタルティカ・チレーナ州UTC-3)だが、パスクア島ではUTC-6となっている。また、マガジャネス・イ・デ・ラ・アンタルティカ・チレーナ州を除いて夏時間を実施している。

治安

チリは中南米の国の中では治安が良い国とされてきたが、(2013年時)近年は悪化傾向にあり、貧富の格差の拡大も相まって地方にも犯罪が波及しつつある。そのため防犯意識を持って行動する必要があるとされる[27]

経済

2013年のチリのGDPは2,770億ドルである[1]。世界38位であり、日本神奈川県よりやや小さい経済規模である[28]。同年の1人あたりのGDPは1万5,776ドルであり、ラテンアメリカ諸国の中では上位に位置する。ブラジル、コロンビアなどに比べ、国連ジニ指数は低いものになっている。

工業国

首都サンティアゴ・デ・チレの景観。サンティアゴ・デ・チレはチリ最大の都市であり、南米有数の世界都市である。

アジア太平洋経済協力(APEC)に加盟しており、メルコスール準加盟国であるゆえに南米共同体にも加盟している。また、ブラジルやアルゼンチンなどともにラテンアメリカで最も工業化された国の一つであり、域内ではベネズエラ、アルゼンチン、ブラジル、メキシコとともに中進国とされ、2007年からOECD加盟に向けて交渉を進め、2010年5月7日に加盟を果たした。

経済はほとんど輸出により成り立っている[29]。輸出品目の第2位は農業関連製品で、第1位は以前より世界一の生産量を誇るである。1970年代初頭は輸出品の70%を銅が占めていたが、現在は40%とその重要度は低下している。最近では、各地で産出される良質なワインサーモン木材パルプの輸出が始められた[30]

チリ北部の主要産業は鉱業であるが、南部には大規模な農業酪農がある。バルパライソといった主要港のある中央部にはサービス業工業が集中している。チリのサービス業部門は大きく、世界で最も自由化され先端をいく通信インフラが整っている。1990年代のにわか景気では、毎年7 - 12%の経済成長を記録したが、1997年アジア通貨危機以降は、年3%にまで落ち着いた。

近年、欧州連合(EU)、アメリカ合衆国カナダ、メキシコ、韓国などと自由貿易協定を結んでいる。日本のほかカナダ、メキシコやニュージーランドオーストラリアシンガポールなど一部の東南アジア諸国とはともにTPP11署名国である[19]

第一次産業

色と面積で示したチリの輸出品目(2009年)

農業では、果樹類の生産が特筆される。16世紀からポトシ市場向けにワインの原材料としてぶどうが広く生産されている。1970年代には過剰生産とワインの品質低下がたたって、一時生産量が低迷したが、ワインの品質改良などの地道な努力が功を奏し、1990年代以降は再び生産量を増やしている。日本のワイン輸入量の国別シェアで、フランスなど南欧諸国を上回り首位となっている(2018年)[31]

漁業については、東太平洋がアンチョビなどの好漁場であり、古くから活発に漁業が営まれてきた。気候地形の類似点から、北半球サケ類の移植が進められたが、自然放流により再生産を図る計画は失敗。しかし、代わりに始まったサケ類の養殖事業は大成功を収め、2005年には世界のサケ類の養殖生産高の3分の1、約60万トンを誇る規模(世界第2位)となっている。

林業については、国土の2割が森林となっており木材生産が盛んに行われてきたが、1980年代以降、アメリカ合衆国日本の業者が進出し、パルプ用の木材チップの生産を飛躍的に高めた。南部のパタゴニア地方を中心とした原生林での生産が有望視されているが、無秩序に近い環境破壊を訴える自然保護団体も存在し、先住民マプーチェ人をはじめとする現地の住民も無軌道な乱伐に反対している。

鉱業

鉱業については、地下資源、特に金属鉱物資源に恵まれている。2003年時点で、の採掘量は世界一であり、490万トンに達する。これは世界シェアの36.0%に相当する。は1,250トンであり、世界第6位、シェア6.7%である。金の世界シェアも1.5%である。このほか、亜鉛を産出する。

金属以外の無機鉱物資源では、ヨウ素硫黄、塩、カリ塩、リン鉱石が有望であり、リン鉱石以外は世界シェア1%を上回る。有機鉱物資源も見られるが、規模は小さい。たとえば、石炭の産出量は43万トンに留まる。19世紀に火薬の原料として世界最大の産出量があったアタカマ砂漠のチリ硝石は20世紀に入ると化学製品に押され役目が終わった。

観光

近年、観光業も成長を続けている。南部の森林地帯の荒々しい美しさ、北部のアタカマ砂漠の広漠とした風景、5月から9月にかけてのアンデス山脈スキーシーズンが観光客を惹きつけている。また、パタゴニアや、モアイなどの独自の観光資源を持つラパ・ヌイ島(イースター島)も観光地としての人気がある。その他にはビーニャ・デル・マルなどのビーチ・リゾートも存在するが、寒流であるペルー海流(フンボルト海流)の影響のため、チリの海は海水浴には適していない[32]

観光は、2005年にこの部門は国のGDPの1.33%に相当し、15億ドル以上を生成して13.6%増加した1990年代半ば以降、チリの主要な経済資源の一つとなっている。海外での観光振興では、チリは2012年に合計600万ドルの資金を投資した[33]

観光客が本土への全ての訪問の1.8%に達したとき、世界観光機関(WTO)によると[34]、チリのラテン語圏の外国人観光客のための政策は2010年に始まったという[35]。その年、国は1,636万ドルの売上高を挙げ、観光客は276万人に達した。これらの訪問者のほとんどは、アルゼンチンや大陸の国から来た人々であった[36]。しかし近年の最大の成長は、主にドイツなどのヨーロッパからの訪問者に対応したことである。2011年第1四半期中に、その年の終わりまでに合計306万人となった前年同期比9.2%の増加を表す104万人以上の観光客が来訪した。一方では、合計372万人のチリ人が、2011年に他の国を訪問した[37]

鉱業

硝石労働者
チュキカマタは露天掘りで世界最大の鉱山である。

チリのアントファガスタ州タフレタルでアメリカ大陸最古の酸化鉄採掘が始まった[38][39]。北部鉱山チャニャルシヨでは硝石と連続する石炭採掘がチリ経済を主要な役割へと導いた。[40][41]

鉱業は、国内15地域のうち13地域で存在し、25種類の製品を産する。特にタラパカ、アントファガスタ、アタカマ地域の主要な経済活動であり、コキンボ、バルパライソ、オヒギンス地域でも非常に重要である。マガヤネス地域では石油生産が重要である。

主な製品は銅で、世界の36%を供給する世界最大の生産国であり、世界の銅埋蔵量の28%を占めている。チリの輸出の30%を占める銅鉱山アカウントは1970年には60%以上をカバーしていた。世界最大の銅会社、国営コデルコは、チュキカマタ、エルテニエンテで世界最大の露天掘りおよび地下の主要鉱床で操業している。

鉄、モリブデン、硝石、銀 - 金のような他の資源開発も重要である。2012年に、鉱物の世界生産の37%がこの国に集中しており、さらにリチウムの世界埋蔵量の21.9%が存在する。ラピスラズリは、チリ北部コムバルバラ地域に原石が豊富に存在すると1984年に宣言された貴重な装飾用の石である。

農業と畜産

農業従事者は、2005年にはチリの労働者の13.2%を占めている。

ウアッソとトウモロコシ畑(1940年)

チリの主な農産物は、穀物であるオート麦トウモロコシ小麦果物 - リンゴ、ナシやブドウと野菜ニンニクタマネギアスパラガスなどである。果物や野菜の輸出は、アジアと欧州市場である。

水産

近年では、チリはノルウェーとともにサケの世界有数の輸出国となっている。

インフラストラクチャー

動力

チリでは、再生可能資源があまり多くないため化石燃料に依存しており、その価格と国際情勢に大きく左右される。2010年には、消費量の30%に相当する日量10640バレルの石油を南部で生産し、残りは輸入された。

ビオビオ州のラルコー水力発電所

また、国内で消費される天然ガスの約53%が輸入されている。推計によると、2009年の消費量、28.4億立方メートルの47.53パーセントに相当する13.5億立方メートルが輸入された。 2000年代のを通して、アルゼンチンはパイプラインを介して主要な輸入元であったが、2009年にキンテロ港に液化天然ガス(LNG)ターミナルが開設され、輸入元を世界中に多様化している。

チリでは、ノルテグランデ、電力中央相互接続システム、電力システム、アイセン電力システム、マガジャネスの相互接続システムの4つの電力システムがある。2008年には電力生産は、主に火力発電により、次に水力発電によって生成され、6万280ギガワット時であったと推定される。また、818ギガワット時は、アルゼンチン北部から電気を輸入する計画があったが、実際に輸入されたのは2009年であった。水力発電の発電量が少ないのは、ダムの建設による環境や生態系の破壊を防止するために、政府は水力埋蔵量の20%未満に抑えている。

チリの最初の水力発電は、トーマス・エジソンによって設計され、1896年にロタに建てられた南米で2番目の水力発電所であるチビリンゴ水力発電所である。

現時点では原子力発電所はないものの、2006年には原子力エネルギーの安全な使用の技術的実現可能性についての議論が始まった。再生可能な資源の候補としては、風力発電地熱潮力太陽光太陽熱などがある。

電気通信

アンデスを望むエンテルタワー

チリは、本島と南極基地を含め、国土の多くをカバーする通信システムを持っている。1968年にはエンテルチリ社が所有する、ラテンアメリカで最初の南極衛星通信地球局が稼働した[42]

2012年には327.6万の固定電話回線と2,413万の携帯電話加入者がいる[43][44]。チリは2009年、携帯電話100%普及率を達成した第三のラテンアメリカの国となった[45]。また、ネットブックスマートフォンタブレット-含む人あたりのモバイルブロードバンドサービスの消費量は、OECD平均に等しかった[46]。この現象は、他の要因の中で自由な競争、MVNOの市場参入や番号ポータビリティを保護するための政策が愛用した。

2010年の人間開発指数によれば、チリは100人あたり32.5のインターネットユーザーがいる[47]

1987年に国別トップレベルドメイン「.cl」が登録され、1993年に最初のラテンアメリカのWebサーバがチリに設置された[48][49]

世界は2011年にソーシャルネットワークに多くの時間を捧げた[50]。2013年には総人口の66.5%のインターネット普及率であり[51][52]ブロードバンド普及率は、ラテンアメリカ中で最高であった。

2014年に国内でのインターネットとの統合は、ラテンアメリカでもっとも大きかった[53]

交通

サンティアゴ地下鉄

航空

フラッグ・キャリアである、LATAM チリ航空が、イースター島を含むチリ国内のみならず、ヨーロッパオセアニア北アメリカなど世界各国への路線網を築いている。

チリそしてサンティアゴの表玄関となる空港アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港(Arturo Merino Benítez International Airport)で、ラン航空のハブ空港であり、近隣諸国やヨーロッパ、北アメリカなどの航空会社も乗り入れている。

鉄道

細長い国土を縦に貫く「チリ縦貫鉄道」と、そこから分かれてアンデス山脈や太平洋側の町を結ぶ「支線」が国内の鉄道を構成している。詳細はチリの鉄道を参照。

チリ国鉄が後述の近郊電車のほか、サンティアゴと中部のタルカ・チリャンの間に中距離電車を、コンセプシオンテムコの間に季節運行の夜行列車を走らせている。南部のプエルトモントを発着する夜行列車は「車両の老朽化」を理由として、2003年に運行が休止された。

サンティアゴ大都市圏にはメトロトレンスペイン語版と呼ばれる近郊電車が運行されているほか、サンティアゴの都心にはフランスの協力で建設された5路線の地下鉄(メトロ=Metro)があり、さらに数年以内には2路線の開通が予定されている。渋滞の影響を受けない交通機関として信頼されている。

また、バルパライソと郊外のビニャ・デル・マールの間にはMervalと呼ばれる近郊電車が、コンセプシオンとその近郊の間にはビオトレンスペイン語版と呼ばれる近郊電車が運行されている。

鉄道による貨物輸送も盛んであり、特に鉱石や木材、水産物などの運搬に重宝されている。

自動車

サンティアゴ近郊には高速道路網があるほか、パンアメリカンハイウェイが国内を通っており、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスや、ペルーの首都リマとの間を結んでいる。

社会

独立直後の1830年にようやく100万人を越えたチリの人口は、1960年のセンサスでは737万4,115人、1970年のセンサスでは888万4,768人、1983年年央推計では約1,168万人となった。

人口

1835年から2050年までのチリの人口グラフ(INE)
2015年のチリ人口ピラミッド
バルパライソ港付近の住宅街
チリのチーム

チリの人口は約1,750万人ほどであり[54]、1990年代から出生率の低下とともに人口増加率は低くなっている。2050年までには人口2,020万人に達すると見積もられている。国民の85%が都市部に居住し、そのうち40%が大サンティアゴ都市圏に居住している。

チリの国民は約95%がヨーロッパ系の白人もしくはメスティーソであり[55][56]、人口の52.7%[57] が純粋な白人であり、44.1%がメスティーソとなっている[58]

そのほか、インディヘナとしては、パスクア島(イースター島)にはポリネシア系の、北部のアンデス山岳地帯にはケチュア人やアイマラ人など、南部ビオビオ川以南の森林地帯にはマプーチェ人が、その他にはピクンチェ人、ウイリンチェ人、アタカメーニョ人、ディアグイタ人、ペウエンチェ人などが、クリストファー・コロンブスの到来以前より居住しており、こうしたインディヘナを合わせると全人口の5%ほどになる。また、きわめて少数であるが、植民地時代に連れて来られた黒人奴隷の子孫としてアフリカ系チリ人が存在するが、チリの黒人は人口の1%に満たない。

ヨーロッパからの移住は19世紀に加速した。特に南部のマプーチェ人の土地がアラウカニア制圧作戦により国家に併合されると、隣国のアルゼンチンやブラジルほどの規模ではないが、スペインやバスク地方バスク系チリ人)、クロアチアイタリアドイツフランスパレスチナパレスチナ系チリ人)などから移民が導入され、東ヨーロッパアイルランドアイルランド系チリ人)からも少数が移住した。日本からの集団移民は行われておらず、移住したペルーやボリビアなどから再移住した日系チリ人がごく少数存在するのみである。

言語

チリの公用語スペイン語チリ・スペイン語とチロエ・スペイン語)であり、日常生活でも広く使われている。そのほかにはインディヘナによってマプーチェ語や、ケチュア語アイマラ語、ラパ・ヌイ語、ウイリンチェ語などが話されており、植民地時代にマプーチェ人はアラウカナイゼーションを進めたため、マプーチェ語はチリ最大の非公用語言語となっている。また、移民のコミュニティ内でドイツ語イタリア語クロアチア語が話されることもある。

宗教

チリは伝統的にローマ・カトリックの国だったが、2002年のセンサスによればカトリックは国民の70%ほどとなっており、福音派、またはプロテスタントが15%、エホバの証人が1%、末日聖徒イエス・キリスト教会が0.9%、ユダヤ教が0.1%、その他が4.4%、無宗教が8.3%、ムスリム正教はそれぞれ0.1%以下である[59]

コピアポ鉱山落盤事故では閉じ込められた作業員が、聖書と十字架像を所望したり、聖書をもとに作られた映画が地上から提供されるなど、国民の間ではキリスト教が深く根付いていることが伺える。

婚姻

通常、婚姻によって改姓することはない(夫婦別姓)。社交上「de+夫の姓」を追加した複合姓を用いることもあるが、一般的ではなくなりつつある[60]

保健

平均寿命は78.8歳と先進国並み[61]ユニバーサルヘルスケアが達成され、医療支出の33%が自己負担である[61]

教育

チリの学生

チリの教育は、2009年の教育法(LGE)によって支配される。

19世紀にフランスとドイツの制度を参考に近代的教育制度が確立された。6歳から13歳までの8年間の初等教育と前期中等教育が無償の義務教育期間となり、その後4年間の後期中等教育を経て高等教育への道が開ける。

識字率は約96.4%[62] であり、これはアルゼンチン、ウルグアイキューバと共にラテンアメリカでもっとも高い部類に入る。

代表的な高等教育機関としては、チリ大学(1738年、1842年)、サンティアゴ・デ・チレ大学(1848年)、チリ・カトリック大学(1888年)などが挙げられる。

文化

スペイン人による征服以前のチリの文化はインカ帝国とマプーチェ人によるものが主流だったが、スペインによる征服後はスペイン人の文化的影響を強く受けた。19世紀初頭の独立後にはエリート層が憧れを抱いたイギリスフランスをはじめとするヨーロッパ諸国の文化の影響を受けた。また、19世紀後半のドイツ移民の影響により、特に南部のバルディビアプエルト・モントにはドイツのバイエルン地方の文化の影響が強い。また、ウアッソという独自の農村的文化アイデンティティを表す表象が存在する[63][64][65][66][67]

食文化

チョッリヤナ

チリ料理はスペイン植民地時代の料理に伝統を持つ。トマトジャガイモトウモロコシ牛肉羊肉が使われ、長い海岸線を有するために大海産国であることもあって魚介類を使う料理も多い。

代表的なチリ料理としてはカルネラ、カルボナーダ、アサード、クラント、ウミータ、パステル・デ・チョクロエンパナーダなどが挙げられる。北部のかつてペルー領だった地域ではセビッチェが食べられることもある[68]

チリはワインの大生産国として知られ、チリワインはアジェンデ政権末期に品質を落としたものの、高い品質で知られる。ワインの他の地酒としてはチチャやピスコ・デ・チレが挙げられる。また、南部ではアルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル南部などと同様にマテ茶を飲む習慣がある。

文学

チリは大衆的伝統の中で多くの詩人を生み出してきた[69]。これはチリの文学者の持つ長い歴史に相応して重要なことであり、特に詩の分野において傑出した人物としてはニカノル・パラ、ビセンテ・ウイドブロ、ホルヘ・テイジエール、エンリケ・リン、ゴンサロ・ロハス、パブロ・デ・ロカが挙げられ、ガブリエラ・ミストラルパブロ・ネルーダノーベル文学賞[70]、ミストラルは1945年に、ネルーダは1971年にそれぞれ受賞した。

小説の分野で代表的な作家としては、フランシスコ・コロアネ、マヌエル・ロハス、ホセ・ドノソルイス・セプルベダロベルト・ボラーニョイサベル・アジェンデホルヘ・エドワーズ、ゴンサロ・ロハス、マルセラ・パスなどが挙げられる。ホルヘ・エドワーズは1999年に、ゴンサロ・ロハスは2003年にセルバンテス賞を受賞した。マルセラ・パスはパペルーチョと呼ばれる児童文学の作家である[71][72][73]

音楽

チリのフォルクローレにおいてはクエッカと呼ばれるリズムが中央部で発達し[74]、そのほかに北部のケチュア人、アイマラ人にはワイニョなどが、南部のマプーチェ人や、パスクア島のポリネシア系住民にも独自のフォルクローレが存在する。

1960年代前半に特に活躍したフォルクローレグループとしてはロス・デ・ラモンが挙げられる。1960年代後半からは政治と強く結びついたフォルクローレ、ヌエバ・カンシオンが流行した。ビオレータ・パラビクトル・ハラインティ・イリマニ、イジャプー、キラパジュンなどが活躍していたが、1973年のクーデター後に軍事政権によって音楽家が殺害・拷問・追放されるとヌエバ・カンシオンは衰退することになった。

2009年12月5日、首都サンティアゴ・デ・チレでハラの葬儀が催され、数万人の市民が参加した。1973年当時、ピノチェト軍事独裁政府の弾圧によってハラの葬儀を公式に開催することができなかった。死後36年を経て公式の葬儀が行われ、バチェレ政権の閣僚や政党幹部らも参加した。

ポピュラー音楽においては、ロックは60年代に中産階級によって始められ、軍政期を通してインカ・ロックなどの形態で独自の発達をたどることになった。その後、80年代に軍事政権の言論弾圧が一時期弱まると[75]、ロックはフォルクローレよりも盛んになり、チリ・ロックはメキシコなどのラテンアメリカ市場でも成功するミュージシャンを生み出している。代表的なミュージシャンとしてはロス・ジョッカーズ、ロス・トレス、ロス・プリシオネロス、ロス・ブンケルス、ラ・レイ、クダイなどが挙げられる。フォルクローレに独自のプログレッシヴ・ロック的な風味を加えたバンド「Los Jaivas」は国外でも高く評価されており、1960年代後半にデビューして以来、現在も現役で活動している[76]

映画

チリ出身の著名な映像作家としては、『戒厳令下チリ潜入記』『サンディーノ』のミゲル・リティン、『クリムト』(2006)のラウル・ルイス、ボリス・ケルシア、アレハンドロ・ホドロフスキー(チリ出身)などが挙げられる。

世界遺産

チリ国内には、ユネスコ世界遺産リストに登録された文化遺産が6件存在する[77][78]

祝祭日

日付 日本語表記 現地語表記 備考
1月1日 新年(元日 Año Nuevo
3月4月 聖金曜日 Viernes Santo 移動祝日、復活祭前の金曜日
3月4月 聖土曜日 Sábado Santo 移動祝日、復活祭前の土曜日
3月4月 復活祭 Pascua de Resurrección 移動祝日
5月1日 メーデー Día del Trabajador
5月21日 海軍記念日 Combate Naval de Iquique
6月 聖体の祭日 Corpus Christi 移動祝日
6月29日 教皇ヨハネ・パウロ2世表敬記念日 San Pedro y San Pablo
8月15日 聖母被昇天 Asunción de la Virgen
9月18日 独立記念日 Primera Junta Nacional de Gobierno
9月19日 陸軍記念日 Día de las Glorias del Ejército
10月12日 アメリカ大陸発見の日(コロンの日) Descubrimiento de América
11月1日 諸聖人の日 Día de todos los Santos
12月8日 無原罪の聖母 Inmaculada Concepción
12月25日 クリスマス Navidad, Pascua

スポーツ

チリでも他のラテンアメリカ諸国と同じようにサッカーが大変盛んである。サッカーは19世紀にイギリス人によってチリにもたらされ、1933年にプリメーラ・ディビシオンが創設された。おもなプロクラブとしては、CSDコロコロCDコブレロアウニオン・エスパニョーラウニベルシダ・デ・チレウニベルシダ・カトリカなどが挙げられる。1962年にチリで開催されたワールドカップ(以下、W杯)ではチリ代表は3位に入賞した。また、1998年のW杯フランス大会に出場した際には、4チーム制による1次リーグを3引き分け(0勝:勝ち点3)で突破し決勝トーナメント(ベスト16)に進出すると言う珍しい記録を持つ[注釈 1]。現行のルールにおいて、8グループ上位2チーム勝ち上がりの1998年大会以降では初であり、現在まで唯一のケースである[注釈 2][注釈 3]

テニスも盛んで、2004年のアテネオリンピックでは、チリのニコラス・マスーフェルナンド・ゴンサレスオリンピック史上初となる金メダルを男子シングルスと男子ダブルスで獲得し、首都のサンティアゴ・デ・チレをはじめチリ国内では喜びのあまり異様な盛り上がりを見せた。

国技はロデオチリのロデオ)である。

科学技術

多数の科学刊行物によると、チリは2011年時点、ラテンアメリカで4位、世界で38位の科学的特許を持つ。また南極に4つの通年運用拠点、夏の間活動する8つの一時的な拠点を所有している。

天体観測においては、パラナル天文台、世界最先端の国際共同利用施設であるALMA、世界最大級の国際共同利用施設であるラ・シヤ天文台など12のステーションがあり、世界の天文観測施設の40%が集中している。しかし、ラスカンパナス天文台での巨大マゼラン望遠鏡やパチョン山での大型シノプティック・サーベイ望遠鏡の建設決定、OWL望遠鏡計画におけるE-ELTの建設決定、ALMAの拡大などにより、今後数十年で世界全体の約70%へと拡大する見込みである。

国の象徴

コピウエの花

チリの紋章には、国の動物であるコンドル(Vultur gryphus、山岳地帯に棲む大型の鳥)とアンデスジカ(Hippocamelus bisulcus、絶滅が危惧されている尾部の白い鹿)が描かれている。これらは国の標語である「理性によって、または力によって」とも関連がある。

国花はコピウエであり、この花は南部の森林地帯に自生している。

著名な出身者

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ このケースは、チリ以外の3チームに 1つの引き分け(勝ち点1)が必ず入るため、その3チームが1勝をあげた時点(例:3チームとも1勝1分け1敗=勝ち点4、だった場合)でリーグ最下位の4位、チリ以外に 1分け2敗(勝ち点1)のチームが出た場合でも 残り2チームが1勝以上してしまう(勝ち点4以上になる)ためにリーグ3位となり勝ち上がれない。自力での決勝トーナメント進出が難しい事はもとより、他力本願でも勝敗の星取表(○と●と△)の関係で、全通りの中で2分け1敗(勝ち点2)のチームが2つ出ると言う条件でしか可能性が無かった。
  2. ^ 6リーグ上位2チーム自動的勝ち上がり+3位チーム同士の成績上位4チームが勝ち上がる方式では、W杯イタリア大会で同じリーグ内で 3引き分けのチームが2つ出て、共に決勝トーナメントに進出したアイルランドとオランダの例がある(総得点も同じだったため、くじ引きによりアイルランドがグループ2位、オランダがグループ3位となった)。イタリア大会より以前は、勝利での勝ち点が2点だったり、大会によっては2次リーグが有ったりと、ルールの改変前である。
  3. ^ また、2010年のW杯南アフリカ大会でもニュージーランドが、このチリ以来2度目の3引き分けを記録しているがグループリーグで敗退している。そのため、勝ち上がった唯一の記録は破られていない。

出典

  1. ^ a b c d e World Economic Outlook Database, October 2014” (英語). IMF (2014年10月). 2015年1月3日閲覧。
  2. ^ Bureau of Western Hemisphere Affairs, Background Note: Chile”. United States Department of State. 2011年12月16日閲覧。
  3. ^ OECD: 経済格差の最も大きい国ランキング”. 南米ニュース. 2019年11月1日閲覧。
  4. ^ 下中彌三郎(編)『世界文化地理体系24 ラテンアメリカ』平凡社、1954年
  5. ^ 富田虎男「日本人のインディアン像 : その1. 徳川時代のインディアン像」(アメリカ研究シリーズ8巻1頁), 1986年3月30日, 2頁。
  6. ^ "Chile". Encyclopedia Americana. Grolier Online. 2005. 2005年3月2日閲覧The name Chile is of Native American origin, meaning possibly "ends of the earth" or simply "sea gulls."
  7. ^ Chile.com.La Incógnita Sobre el Origen de la Palabra Chile”. Chile.com (2000年6月15日). 2009年4月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年12月17日閲覧。Encyclopædia Britannica. “Picunche (people) - Britannica Online Encyclopedia”. Britannica.com. 2009年12月17日閲覧。
  8. ^ Encina, Francisco A., and Leopoldo Castedo (1961). Resumen de la Historia de Chile. 4th ed. Santiago. I. Zig-Zag. p. 44. http://img242.imageshack.us/img242/6293/chilenameuo6.jpg 
  9. ^ チリ、ラテンアメリカで最も格差のある国々内に入り続ける”. 南米ニュース. 2019年11月1日閲覧。
  10. ^ “Chile scraps Pinochet-era system”. BBC. (2005年8月16日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/4157908.stm 2009年12月31日閲覧。 
  11. ^ https://www.transparency.org/news/feature/corruption_perceptions_index_2017 2018-10-24 閲覧
  12. ^ Chile and Uruguay least corrupt countries in Latam 2009-03-25 閲覧
  13. ^ United Nations Member States”. United Nations. 2009年4月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月1日閲覧。
  14. ^ United Nations Member States”. United Nations. 2007年12月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月1日閲覧。
  15. ^ The San Francisco Conference: Chile Signs United Nations Charter”. 2010年5月14日閲覧。[リンク切れ]
  16. ^ Election (13 May 2010) Human Rights Council”. 64th Session. United Nations General Assembly. 2010年5月13日閲覧。
  17. ^ Chad, Chile, Lithuania, Nigeria and Saudi Arabia were elected to serve on the UN Security Council”. United Nations (2013年10月17日). 2013年10月17日閲覧。
  18. ^ チリ共和国(Republic of Chile)基礎データ 二国間関係 日本国外務省(2020年7月9日閲覧)
  19. ^ a b 環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉 日本国外務省(2020年7月9日閲覧)
  20. ^ Chilean Army Commander-in-Chief Visits WJPC”. 2014年5月19日閲覧。
  21. ^ Army War College Community Banner”. 2014年5月12日閲覧。
  22. ^ Carabineros de Chile”. Wayback.archive.org (2007年10月24日). 2012年3月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年7月13日閲覧。
  23. ^ Submarine Force”. Wayback.archive.org. 2007年6月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年7月14日閲覧。
  24. ^ Carabineros de Chile Archived 2012年3月12日, at the Wayback Machine., accessed on May 31, 2008
  25. ^ Organigrama”. Gobierno de Chile. 2007年12月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月15日閲覧。
  26. ^ Ley les quitó los números a las regiones: Ahora solo se conocerán por su nombre”. cooperativa (2018年3月7日). 2020年3月4日閲覧。
  27. ^ 安全対策基礎データ”. 外務省 (2013年5月14日). 2014年7月5日閲覧。
  28. ^ 内閣府による県民経済計算 (PDF)
  29. ^ Agencia Central de Inteligencia (2011年). “Labor Force (HTML)” (英語). 2011年5月1日閲覧。
  30. ^ Agencia Central de Inteligencia (2011年). “Labor Force - By occupation” (英語). 2011年5月1日閲覧。
  31. ^ 日経ヴェリタス』2019年11月17日50面【Econo Graphics】日本の2018年のワイン輸入量ランキング
  32. ^ Blanco, Hernán et al. (August 2007) International Trade and Sustainable Tourism in Chile. International Institute for Sustainable Development
  33. ^ “Zalaquett (UDI) aboga por aumento de recursos para fomentar el turismo chileno en el exterior”. UPI. (2013年1月5日). http://www.elmostrador.cl/noticias/pais/2013/01/05/zalaquett-udi-aboga-por-aumento-de-recursos-para-fomentar-el-turismo-chileno-en-el-exterior/ 2013年1月5日閲覧。 
  34. ^ Organización Mundial del Turismo (2010). “Regional Results: Americas” (英語) (PDF). UNWTO Tourism Highlights 2011 Edition. pp. 8 
  35. ^ Servicio Nacional de Turismo (s/f). “Estudios y estadísticas - Estadísticas - Llegadas de turistas extranjeros a Chile - Por nacionalidad: Turistas extranjeros entrados según nacionalidad, año 2011 (PHP)”. 2012年6月19日閲覧。[リンク切れ]
  36. ^ Servicio Nacional de Turismo (2011年4月1日). “Llegada de turistas extranjeros a Chile aumenta en un 9 %”. 2011年4月8日閲覧。
  37. ^ Servicio Nacional de Turismo. “Estudios y estadísticas - Estadísticas - Salidas de chilenos al exterior - Por destinos: Salidas de chilenos según país de destino, año 2011 (PHP)”. 2012年8月3日閲覧。[リンク切れ]
  38. ^ Rodríguez, F. (2011年5月20日). “研究ではアメリカで最も古い鉱山がタフレタルにあった確認し”. pp. 52. 2011年5月21日閲覧。[リンク切れ]
  39. ^ University of Chicago Press Journals. “Archaeologists uncover oldest mine in the Americas”. 2011年5月21日閲覧。
  40. ^ Morandé, Felipe (2012年8月6日). “Minería - ¿Sería posible un Chile sin esta actividad?”. 2013年7月3日閲覧。
  41. ^ Editorial: 200 años de tradición minera. Minería Chilena. (2010年7月). pp. 13. ISSN 0716-1042. http://www.mch.cl/revistas/PDF/MCH%20349.pdf 2012年5月25日閲覧。. 
  42. ^ エンテルチリ (s/f). “Estación terrena Longovilo: Introducción (HTM)”. 2011年5月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月9日閲覧。
  43. ^ Agencia Central de Inteligencia (2011年). “Telephones - Main lines in use (HTML)” (英語). 2015年4月15日閲覧。
  44. ^ Agencia Central de Inteligencia (2011年). “Telephones - Mobile cellular (HTML)” (英語). 2015年4月15日閲覧。
  45. ^ Troncoso Ostornol, José (2009-11-21). Chile alcanza 100 % de penetración de celulares. Economía y Negocios, El Mercurio. オリジナルの2010年1月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100110014835/http://www.mundomovilagencia.cl/2009/11/24/chile-alcanza-100-de-penetracion-celulares-superan-167-millones/ 2009年12月31日閲覧。. 
  46. ^ Christiansen Z., Axel (2012年5月10日). “チリは、家庭内のコンピュータや携帯普及率でOECD諸国に等しいです (SHTML)”. La Tercera. 2012年6月22日閲覧。
  47. ^ Programa de las Naciones Unidas para el Desarrollo (2010年11月4日). “国際人間開発指標:インターネットユーザー(100人あたり) (HTML)”. 2011年8月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月4日閲覧。
  48. ^ (PDF) 25 años de NIC Chile 1987-2012. Facultad de Ciencias Físicas y Matemáticas de la Universidad de Chile. (2012年6月). pp. 38. http://www.nic.cl/acerca/memoria25/MemoriaNICChile25anos.pdf 2014年1月1日閲覧。 
  49. ^ NIC Chile (s/f). “Estadísticas de nombres de dominio .CL (HTML)”. 2015年4月15日閲覧。
  50. ^ Christiansen, Axel (2011-07-22) (PDF). チリは、より多くの時間がソーシャルネットワーク上で費やした世界で3番目の国です. La Tercera. pp. 48. オリジナルの2011年10月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111010085938/http://papeldigital.info/lt/2011/07/22/01/paginas/048.pdf 2011年7月23日閲覧。. 
  51. ^ Internetworldstats.com (2015年). “Latin America Internet Usage Statistics - Latin America Internet Usage (HTM)” (英語). 2015年4月15日閲覧。
  52. ^ EMOL (2011年7月18日). “チリは、OECD諸国におけるブロードバンドの普及に4位です”. 2011年3月7日閲覧。
  53. ^ World Wide Web Foundation (2014年). “Web Index 2014 data” (英語). The Web Index. 2015年4月15日閲覧。
  54. ^ Instituto Nacional de Estadísticas (INE). “Preguntas frecuentes - Demografía - 77.-¿Cuál es la población estimada por sexo y edad? - Población total estimada al 30 de junio, por sexo (2000-2050) (PHP)”. 21 ene 2012閲覧。
  55. ^ Chile.
  56. ^ www.bartleby.com
  57. ^ Composición Étnica de las Tres Áreas Culturales del Continente Americano al Comienzo del Siglo XXI
  58. ^ 5.2.6. Estructura racial”. La Universidad de Chile. 2007年10月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年8月26日閲覧。
  59. ^ Chile - International Religious Freedom Report 2008”. United States Department of State. 2008年9月19日閲覧。
  60. ^ Chilean Culture, Cultural Atlas.
  61. ^ a b Health at a Glance 2015, OECD, (2015-11), doi:10.1787/19991312, ISBN 9789264247680 
  62. ^ UNESCO Institute for Statistics estimates based on its Global Age-specific Literacy Projections model, April 2008.
  63. ^ Valdivia Chile”. Allsouthernchile.com. 2009年9月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月1日閲覧。
  64. ^ International Web Solutions, Inc. <http://www.iwsinc.net>. “Latin America :: Chile”. Global Adrenaline. 2013年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月1日閲覧。
  65. ^ Learning About Each Other”. Learnapec.org. 2011年4月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月1日閲覧。
  66. ^ Chile Foreign Relations”. Country-studies.com. 2011年8月1日閲覧。
  67. ^ Food in Chile - Chilean Food, Chilean Cuisine - traditional, popular, dishes, recipe, diet, history, common, meals, rice, main, people, favorite, customs, fruits, country, bread, vegetables, bread, drink, typical”. Foodbycountry.com. 2011年8月1日閲覧。
  68. ^ Maria Baez Kijac (2003). The South American Table: The Flavor and Soul of Authentic.... Harvard Common Press. ISBN 978-1-55832-249-3. https://books.google.com/books?id=LlePAePLlqkC 2013年7月14日閲覧。 
  69. ^ Un mapa por completar: la joven poesia chilena - ¿Por qué tanta y tan variada poesía?”. Uchile.cl. 2009年12月17日閲覧。
  70. ^ Latin American Herald Tribune - Isabel Allende Named to Council of Cervantes Institute”. Laht.com. 2010年11月14日閲覧。
  71. ^ Grossman, Lev (2008年11月10日). “Bolaño's 2666: The Best Book of 2008”. Time. http://www.time.com/time/arts/article/0,8599,1857951,00.html 2010年4月28日閲覧。 
  72. ^ Sarah Kerr (2008年12月18日). “The Triumph of Roberto Bolaño”. The New York Review of Books. 2008年12月18日閲覧。
  73. ^ Wood, James (2007年4月15日). “The Visceral Realist”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2007/04/15/books/review/Wood.t.html 2010年4月1日閲覧。 
  74. ^ Memoria Chilena”. Memoriachilena.cl. 2015年3月9日閲覧。
  75. ^ Conjuntos Folkloricos de Chile”. Musicapopular.cl. 2007年10月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。1984年4月19日閲覧。
  76. ^ Martinez, Jessica. “Top Cultural Celebrations and Festivals in Chile”. USA Today. http://traveltips.usatoday.com/top-cultural-celebrations-festivals-chile-61003.html 
  77. ^ 世界遺産条約”. ユネスコ. 2015年10月31日閲覧。
  78. ^ チリ - 世界遺産リストに刻まプロパティ”. ユネスコ. 2015年10月31日閲覧。

参考文献

歴史

政治

地理

経済

  • 岡本哲史『衰退のレギュラシオン──チリ経済の開発と衰退化1830-1914年』新評論、東京、2000年12月。
  • 岡本哲史「チリ経済の「奇跡」を再検証する 新自由主義改革の虚像と実像」『ラテン・アメリカは警告する──「構造改革」日本の未来』内橋克人佐野誠編、新評論〈「失われた10年」を超えて──ラテン・アメリカの教訓第1巻〉、東京、2005年4月。

社会

  • 中川文雄、三田千代子編『ラテン・アメリカ人と社会』新評論〈ラテンアメリカ・シリーズ4〉、東京、1995年10月。ISBN 4-7948-0272-2

紀行

関連項目

外部リンク

政府

日本政府

観光

その他

座標: 南緯33度26分 西経70度40分 / 南緯33.433度 西経70.667度 / -33.433; -70.667


チリ

出典:『Wiktionary』 (2018/11/13 16:23 UTC 版)

固有名詞

チリ

  1. 南アメリカ南西部にある国。正式名称チリ共和国首都サンティアゴ

別表記

翻訳

名詞

チリ

  1. 唐辛子


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「チリ」に関係したコラム

  • CFDの銅相場の見方

    銅は、熱や電気を伝導したり、腐食に耐えられるなどの特性から工業用の金属として用いられています。銅の主な用途は送電線や電気製品などが挙げられます。銅は、工業用金属としては鉄、アルミニウムに続く消費量です...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チリ」の関連用語

チリのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



チリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2021 K'sBookshelf All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのチリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS