ニカラグアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 共和国 > ニカラグアの意味・解説 

ニカラグア【Nicaragua】


ニカラグア 【Nicaragua】


ニカラグア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/04 06:16 UTC 版)

ニカラグア共和国(ニカラグアきょうわこく、スペイン語: República de Nicaragua)、通称ニカラグアは、中央アメリカ中部にあるラテンアメリカ共和制国家[3]。北西はホンジュラス、南はコスタリカと国境を接し、東はカリブ海、南西は太平洋に面している。また、カリブ海のコーン諸島ミスキート諸島を領有する。首都マナグア


注釈

  1. ^ 2005年に成立したニカラグア自由同盟スペイン語版英語版(ALN)とは異なる組織。
  2. ^ 選挙期間中、最有力候補であったMRSのエルティ・レウィテスが心臓病で急逝するという事件があった。重い心臓病を患った人間が一国の大統領選挙に出馬する事が非現実的であり、レウィテス夫人が死体解剖を拒否するという不自然さから、国民の一部からオルテガ候補に毒殺されたのではないかという疑問の声が上がっている。

出典

  1. ^ Nicaragua” (英語). ザ・ワールド・ファクトブック. 2022年8月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e World Economic Outlook Database, October 2021” (英語). IMF (2021年10月). 2021年11月9日閲覧。
  3. ^ ニカラグア、強まる独裁色 反体制派を相次ぎ拘束(写真=ロイター)”. 日本経済新聞 (2021年6月28日). 2022年3月3日閲覧。
  4. ^ 外務省: 堀義貴公使の中米5ヶ国着任”. 外務省. 2022年11月4日閲覧。
  5. ^ 「軍、反政府派を制圧 戦車・ヘリも動員」『朝日新聞』1978年(昭和53年)9月2日朝刊13版7面
  6. ^ 「逮捕者500人超える 米の支援で開き直りか」『朝日新聞』1978年(昭和53年)9月6日朝刊13版7面
  7. ^ a b c ニカラグア基礎データ”. 外務省. 2023年7月1日閲覧。
  8. ^ a b c ニカラグア共和国”. 外務省. 2023年7月1日閲覧。
  9. ^ “ニカラグアの暴動、深い憂慮を表明”. Qnewニュース. (2018年7月3日). https://qnew-news.net/news/2018-7/2018070305.html 2018年7月10日閲覧。 
  10. ^ 「デモ隊と治安部隊が衝突、28人死亡 中米ニカラグア」朝日新聞デジタル(2018年4月23日)
  11. ^ a b 「ニカラグア共和国」『世界年鑑2016』(共同通信社、2016年)346頁
  12. ^ 柴田大輔. “<ニカラグア写真報告>裏切られた革命(3)「息子はFSLNに殺された」…抵抗の声あげる母親に会った”. アジアプレス・ネットワーク. 2022年3月2日閲覧。
  13. ^ 「革命の英雄」が独裁者に変貌したニカラグアの惨状”. WEDGE Infinity (2018年9月5日). 2022年3月2日閲覧。
  14. ^ 柴田大輔. “<ニカラグア写真報告>裏切られた革命(5)コスタリカに逃れた人々その1…息子デモ参加で家に放火され脱出”. アジアプレス・ネットワーク. 2022年3月2日閲覧。
  15. ^ 第2版, 日本大百科全書(ニッポニカ),ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,百科事典マイペディア,旺文社世界史事典 三訂版,精選版 日本国語大辞典,世界大百科事典. “ニカラグアとは”. コトバンク. 2022年3月3日閲覧。
  16. ^ ニカラグアが台湾と国交断絶を宣言した意図 | 中国・台湾”. 東洋経済オンライン (2021年12月21日). 2022年3月3日閲覧。
  17. ^ “Taiwan President to Stop in US”. ワシントン・ポスト. (2007年1月5日). http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/05/AR2007010502229.html 2017年6月19日閲覧。 
  18. ^ ニカラグア、台湾と断交 中国と国交を締結”. 日本経済新聞 (2021年12月10日). 2021年12月10日閲覧。
  19. ^ 「中米ニカラグア、米州機構を脱退 大統領選非難に反発」朝日新聞デジタル(2022年4月26日)2022年7月4日閲覧
  20. ^ 反米勢力軍事拠点化の恐れ」産経新聞』朝刊2022年6月15日(国際面)2022年7月6日閲覧
  21. ^ ニカラグア、露軍駐留許可 大統領令 米の「裏庭」波紋も『読売新聞』朝刊2022年6月14日(国際面)
  22. ^ 「ロシア、中南米で米けん制 ニカラグアで軍駐留許可」『日本経済新聞』朝刊2022年7月5日(国際面)2022年7月24日閲覧
  23. ^ 大城, 麻木乃 (2013年6月20日). “ニカラグアに円借款”. 日刊工業新聞 (東京): p. 3 
  24. ^ 小坂法美(国際協力機構)「ニカラグア小学校教師の自己認識による教授的力量の変容 ライフヒストリー法による分析」『国際教育協力論集』 広島大学教育開発国際協力研究センター第11巻 第2号 2008年 pp.61-74
  25. ^ アメリカ中央情報局(CIA)『ザ・ワールド・ファクトブック[1][リンク切れ]2009年3月30日閲覧
  26. ^ 外務省:海外安全ホームページ[リンク切れ]2014年12月21日閲覧
  27. ^ 外務省:海外安全ホームページ[リンク切れ]2014年12月21日閲覧



ニカラグア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 08:23 UTC 版)

死の部隊」の記事における「ニカラグア」の解説

詳細は「コントラ」および「コントラ戦争」を参照 アメリカ資金援助によって親米反政府民兵コントラ」が誕生し虐殺引き起こしていた。

※この「ニカラグア」の解説は、「死の部隊」の解説の一部です。
「ニカラグア」を含む「死の部隊」の記事については、「死の部隊」の概要を参照ください。


ニカラグア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/22 14:26 UTC 版)

ビジャヌエバ」の記事における「ニカラグア」の解説

ビジャヌエバ (チナンデガ県)(英語版) : チナンデガ県自治体

※この「ニカラグア」の解説は、「ビジャヌエバ」の解説の一部です。
「ニカラグア」を含む「ビジャヌエバ」の記事については、「ビジャヌエバ」の概要を参照ください。


ニカラグア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 02:06 UTC 版)

野球場」の記事における「ニカラグア」の解説

同国出身名投手デニス・マルティネスの名を冠したエスタディオ・デニス・マルティネス国内最大野球場(サッカー場兼ね多目的スタジアム)であり、中南米でも最大規模収容能力(約3100収容)を持つ。ただし、資料によっては25000人という表記もある。全体的に球場コンディション悪くデコボコ内野グラウンド荒れた、薄暗い照明など劣悪な環境試合が行われている。

※この「ニカラグア」の解説は、「野球場」の解説の一部です。
「ニカラグア」を含む「野球場」の記事については、「野球場」の概要を参照ください。


ニカラグア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/14 14:19 UTC 版)

学校制服」の記事における「ニカラグア」の解説

ニカラグアでは、ペルーほど制服統一されていないのかもしれないが、農村部学校にも、日本最近女子高制服のようなチェック柄のおしゃれなジャンパースカート吊りスカート制服として採用されている学校がある。色はほとんどの場合青系の色である。

※この「ニカラグア」の解説は、「学校制服」の解説の一部です。
「ニカラグア」を含む「学校制服」の記事については、「学校制服」の概要を参照ください。


ニカラグア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 19:06 UTC 版)

日本国外の日本庭園」の記事における「ニカラグア」の解説

ニカラグア日本友好公園マナグア2005年、8,119m2。外交関係開設70周年記念として造園富士山とニカラグアのモモトンボ火山模した山の間に枯山水広がり日本から移植され竹林日本様式公営図書館文化会館などがある

※この「ニカラグア」の解説は、「日本国外の日本庭園」の解説の一部です。
「ニカラグア」を含む「日本国外の日本庭園」の記事については、「日本国外の日本庭園」の概要を参照ください。


ニカラグア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 19:06 UTC 版)

ホンダ・ウェーブ」の記事における「ニカラグア」の解説

ニカラグア共和国では販売代理店のENIMOSAが、2022年7月現在で「Wave-100S」を販売している。「Wave-100S」は総排気量は109.1ccで、ディスク前輪制動装置及びキャスト・ホイール装着する

※この「ニカラグア」の解説は、「ホンダ・ウェーブ」の解説の一部です。
「ニカラグア」を含む「ホンダ・ウェーブ」の記事については、「ホンダ・ウェーブ」の概要を参照ください。


ニカラグア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 16:18 UTC 版)

ケスィージョ」の記事における「ニカラグア」の解説

ニカラグアにおいて、ケスィージョは、分厚いトウモロコシトルティーヤで具を包んだ料理を指す。具にはやわらかいチーズ玉ねぎピクルス用いられサワークリーム液状にしたチーズと酢がソースとして使われる。 この料理レオン県発祥とされているが、ナガロテ(英語版)またはラ・パス・セントロ(英語版)を発祥の地とする説もあり、論争繰り広げられている。 この二者大きな違いは、ラ・パズ・セントロの方で紫タマネギ使われていることである。ケスィージョ道ばた軽食として売られる他、ケスィーレラス(quesilleras)と呼ばれる売り子女性通り販売しているときもある。最も有名なケスィージョ屋台群はレオンマナグアの間を結ぶ高速道路にある 。 ケスィージョにちなん言葉遊びとして、「もちろん」を意味する claro que siを claro quesillosにもじったフレーズがある。というのもケスィージョの具はたれやすく、ビニール覆われることが多いからである。食べ終わった後のケスィージョ包み丸められて街の片隅捨てられ、その穴は最終的にケスィージョ包みあふれかえる

※この「ニカラグア」の解説は、「ケスィージョ」の解説の一部です。
「ニカラグア」を含む「ケスィージョ」の記事については、「ケスィージョ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ニカラグア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ニカラグア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ニカラグアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ニカラグア」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニカラグア」の関連用語

ニカラグアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニカラグアのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニカラグア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの死の部隊 (改訂履歴)、ビジャヌエバ (改訂履歴)、野球場 (改訂履歴)、学校制服 (改訂履歴)、日本国外の日本庭園 (改訂履歴)、ホンダ・ウェーブ (改訂履歴)、ケスィージョ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのニカラグア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS