言葉遊びとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 言葉遊びの意味・解説 

ことば‐あそび【言葉遊び】

読み方:ことばあそび

言語発音や意味を利用した遊び早口言葉なぞなぞ尻取り洒落(しゃれ)・はさみ言葉・さかさ言葉など。


言葉遊び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/31 14:26 UTC 版)

言葉遊びことばあそびは、言葉の持つ音の響きやリズムを楽しんだり、同音異義語を連想する面白さや可笑しさを楽しむ遊びである。学術用語では言語遊戯とも言う[1][2]


  1. ^ a b c 荻生 2007, pp. 13-16.
  2. ^ 言語遊戯』 - コトバンク
  3. ^ a b c 伊藤 2007, pp. 173-178.


「言葉遊び」の続きの解説一覧

言葉遊び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 08:30 UTC 版)

絶体絶命でんぢゃらすじーさんDS〜でんぢゃらすセンセーション〜」の記事における「言葉遊び」の解説

ワイヤレス通信により2-4人で遊べる。「いつ・どこで・だれが・なにをしながらどうした」のようにして文章作る最初のプレイヤーは「いつ」を、次のプレイヤーは「どこで」を、といった具合順番に1つずつ言葉選んでいき、文章完成させる完成後は文章再生される例1 - 「遠いあの日西日暮里で・じーさんが・ウンコ踏みながら・ケツからちくわ出したのじゃ」 例2 - 「日曜日作者家でボクが・かっこいいポーズしながらはなくそ

※この「言葉遊び」の解説は、「絶体絶命でんぢゃらすじーさんDS〜でんぢゃらすセンセーション〜」の解説の一部です。
「言葉遊び」を含む「絶体絶命でんぢゃらすじーさんDS〜でんぢゃらすセンセーション〜」の記事については、「絶体絶命でんぢゃらすじーさんDS〜でんぢゃらすセンセーション〜」の概要を参照ください。


言葉遊び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 15:28 UTC 版)

同音異義語」の記事における「言葉遊び」の解説

言葉の持つ音の響きリズム楽しんだり同音異義語連想する面白さ可笑しさを楽し遊びである。

※この「言葉遊び」の解説は、「同音異義語」の解説の一部です。
「言葉遊び」を含む「同音異義語」の記事については、「同音異義語」の概要を参照ください。


言葉遊び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/08 08:36 UTC 版)

インチキ外国語」の記事における「言葉遊び」の解説

言葉遊びとして外国語聞こえる言作ったり外国語をもじったりするのがよく見られる。「ハナモゲラ語」などが有名で古くから存在した饅頭指して「オストアンデル(押すと餡出る)」、蚊取り線香をさして「マーストカートル(回すと蚊取る)」、太った婦人指して「スワルトバートル(座ると場取る)」などがあった。夏目漱石の『吾輩は猫である』には美学者の迷亭が西洋料理店で「トチメンボー」を注文したインチキ外国人名を使って他人をからかうシーンが出る。 これに近い例で、日本語で意味を持つ語を外国語風に訛らせて商品名とする例は現在でも見られる園芸関係、薬品関係はこの手のインチキ外国語宝庫である。平成年代確認できる例では、発芽発根促進剤の「メネデール根出る)」、殺しの「アリナックス(無くす)」、ナメクジ駆除剤の「ナメトール(ナメクジ)取る)」、喉のの「ノドヌール(喉塗る)」など。さらにそのパロディ的なものにテデトール(手で取る)がある。 他にぎなた読み的な例に「重いコンダラ」(思い込んだら)、日本語単語ではある変なつなぎ方にした例に「ヒヤリ・ハット」がある。このように言葉切ったり伸ばしたりすることで外国語めいた言葉作ってしまう例もある。梅津伸幸書籍『マイクロソフト・シンドローム』(オーエス出版1998の中でマイクロソフトの手法を批判するためにバータリーとドロナーワという概念について論議している。前者場当たり後者泥縄からの変形である。 特撮もの怪獣怪人などのネーミング外国語風が使われるモスララドンなどは明らかに英語の語彙変化させたものである。これらはそれなりに格好良さを求めているが、ヤメタランス(やる気無くさせる能力を持つ)、オコリンボール(ボール生物群体気が荒い)、モットクレロン食いしん坊怪獣)などははっきりと日本語の語彙かを変形させ、冗談印象を与えるものであるまた、漫画『ドラえもん』ひみつ道具ニクメナインネムケスイトールなど)やゲーム『ポケットモンスター』登場するポケモンカメックスワンリキーなど)にも、これら日本語をもじった名称が多く登場する。 なお、SFファンタジーおいても現実に存在しない事象に対する言葉として多くの造語見られ往々にしてそれは外国語めいた趣をもつが、それらはまず異世界としての現実感もたらすための小道具であって冗談としては意識されない。ただ、中には明らかに現実の用語をもじってインチキ外国語めいた効果ねらった場合もある。手塚治虫の『未来人カオス』には主人公顔の宇宙人会話するシーンがあるが、ここでは会話通じないため宇宙人言葉全て意味不明カタカナ記されている。その中で主人公宇宙船の設計図を書きその間違い宇宙人指摘するシーンがあるが、そこでの宇宙人セリフが「クイテス・ミ」「ダッチョ モウチョ チョネンテン」である(講談社手塚治虫漫画全集131、p. 190-191)。前者ミステイク逆読み後者脱腸盲腸腸捻転のもじりである。

※この「言葉遊び」の解説は、「インチキ外国語」の解説の一部です。
「言葉遊び」を含む「インチキ外国語」の記事については、「インチキ外国語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「言葉遊び」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「言葉遊び」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

言葉遊びのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



言葉遊びのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの言葉遊び (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの絶体絶命でんぢゃらすじーさんDS〜でんぢゃらすセンセーション〜 (改訂履歴)、同音異義語 (改訂履歴)、インチキ外国語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS