ユーモアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ユーモアの意味・解説 

humor

別表記:ヒューマーヒューマ、ユーモア

「humor」とは・「humor」の意味

「humor」とは、英語で「ユーモア」や「気まぐれ」という意味を持つ言葉である。日本語では、「ユーモア」や「おどけ」などと訳されることが多い。また、「humor」は名詞であり、複数形は「humors」となる。

「humor」の発音・読み方

「humor」の発音は/hjúːmər/で、「ヒューマー」または「ヒューマ」である。アメリカ英語では「ヒューマー」、イギリス英語では「ヒューマ」と読むことが一般的である。カタカナでは一般的に「ユーモア」として使われる

「humor」の語源・由来

「humor」の語源は、ラテン語の「umor」であり、「水分」や「液体」という意味がある古代ギリシャ医学では、体内4つ液体血液、黄胆汁、黒胆汁粘液)のバランスが人の気分性格影響する考えられていた。この考え方中世ヨーロッパ伝わり、英語に「humor」という言葉生まれた

「humor」の類語

「humor」の類語には、「wit」(機知)、「satire」(風刺)、「comedy」(喜劇)、「fun」(楽しみ)などがある。これらの言葉は、ユーモアを表現する際に使われることが多い。

「humor」を含む用語・関連する用語

「humor(電源タップ)」とは

「humor(電源タップ)」とは、ユーモラスなデザイン特徴電源タップである。充電器家電製品接続する際に、楽しい雰囲気演出できる。

「in your humor」とは

「in your humor」とは、「あなたのユーモアに任せて」という意味である。相手気まぐれやユーモアを尊重する際に用いられる表現である。

「humor(バックナンバー)」とは

「humor(バックナンバー)」とは、過去発行されたユーモア雑誌書籍のことである。古いユーモア作品を楽しむことができる。

「humor」の使い方・例文

1. He has a great sense of humor.(彼は素晴らしユーモアのセンス持っている。)
2. The movie is full of humor and wit.(その映画はユーモアと機知溢れている。)
3. She always finds humor in everyday situations.(彼女は日常状況でいつもユーモアを見つける。)
4. The author uses humor to convey serious messages.(著者はユーモアを使って真剣なメッセージ伝える。)
5. His humor often borders on satire.(彼のユーモアはよく風刺に近い。)
6. The humor in the play is subtle and clever.(その劇のユーモアは繊細で賢い。)
7. She appreciates his dark humor.(彼女は彼のブラックユーモア評価する。)
8. The humor of the situation was not lost on her.(その状況のユーモアは彼女に理解できた。)
9. His humor often offends people.(彼のユーモアはよく人々怒らせる。)
10. She uses humor as a coping mechanism.(彼女はユーモアを対処法として使う。)

ユーモア【humor】

読み方:ゆーもあ

人の心を和ませるようなおかしみ。上品で、笑いを誘うしゃれ。諧謔(かいぎゃく)。「—に富んだ会話」「—の通じない人」「ブラック—」


ユーモア

行政入力情報

団体名 ユーモア
所轄 東京都
主たる事務所所在地
従たる事務所所在地
代表者氏名 海中 久子
法人設立認証年月日 2000/09/08 
定款記載され目的
この法人は、高齢者との交流務め、和を図り互い助け合い目標食事サービスやミニデイサービス事業とおして地域福祉増進寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術・文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日 2008年0119日 
解散理由 社員総会決議(法第31条1項1号

ユーモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/05 08:09 UTC 版)

ユーモア: humor: Humor, フモーア)とは、人を和ませるような《おかしみ》のこと[1]日本語ではこうした表現は諧謔(かいぎゃく)とも呼ばれ、「有情滑稽」と訳されることもある[2]


注釈

  1. ^ 近年では例えばフランスのシャルリ・エブド誌の編集者たちが、そうした過ちを犯した。当人たちはユーモアを持っているつもりだったのだろうが、ユーモアのセンスを欠いていたのであり、フランスでは、(事件直後は同情論が強かったものの、その後)同誌の根本的な編集姿勢に対する批判、他者に対する配慮の欠如に対して批判も起きた。

出典

  1. ^ 大辞泉「ユーモア」
  2. ^ ブリタニカ国際大百科事典「ユーモア」
  3. ^ 外山滋比古「ユーモアのレッスン」(中公新書) 6頁
  4. ^ 「エスプリとユーモア」8頁
  5. ^ a b c d e 『日本大百科全書』【ユーモア】
  6. ^ 「ユーモアのレッスン」24-26頁
  7. ^ 「ユーモアのレッスン」27頁
  8. ^ 「エスプリとユーモア」4頁
  9. ^ 「エスプリとユーモア」10頁
  10. ^ 河盛好蔵「エスプリとユーモア」6頁
  11. ^ 「エスプリとユーモア」6頁
  12. ^ 「ユーモアのレッスン」9頁
  13. ^ Yue, Xiaodong; Jiang, Feng; Lu, Su; Hiranandani, Neelam (2016-10-04). “To Be or Not To Be Humorous? Cross Cultural Perspectives on Humor”. Frontiers in Psychology 7. doi:10.3389/fpsyg.2016.01495. ISSN 1664-1078. PMC PMC5048456. PMID 27757091. http://journal.frontiersin.org/article/10.3389/fpsyg.2016.01495. 
  14. ^ Kim, Hee Sun; Plester, Barbara A. (2019-01-07). “Harmony and Distress: Humor, Culture, and Psychological Well-Being in South Korean Organizations”. Frontiers in Psychology 9. doi:10.3389/fpsyg.2018.02643. ISSN 1664-1078. PMC PMC6330304. PMID 30666223. https://www.frontiersin.org/article/10.3389/fpsyg.2018.02643/full. 



ユーモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 15:04 UTC 版)

吉田茂」の記事における「ユーモア」の解説

寺内正毅首相に就任する際、寺内朝鮮総督時代にその秘書官であった吉田は、直接寺内から首相秘書官就任要請された。しかし吉田は「秘書官は務まりませんが、総理なら務まります」と返答したまた、ある日会いたくなかった客人に対して居留守使った吉田であったが、その客人居留守がばれた。抗議をする客人対し吉田は「本人がいないと言っているのだから、それ以上確かなことはないだろうと言い訳した1964年昭和39年11月宮中園遊会では、昭和天皇が「大磯はあたたかいだろうね」と吉田呼びかけた。吉田は「はい、大磯暖かいのですが、私の懐は寒うございます」と答えてその場笑わせている。

※この「ユーモア」の解説は、「吉田茂」の解説の一部です。
「ユーモア」を含む「吉田茂」の記事については、「吉田茂」の概要を参照ください。


ユーモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 05:41 UTC 版)

宮澤喜一」の記事における「ユーモア」の解説

森内閣国土庁長官扇千景作業服地味さ苦言呈し、もっと見栄え良いものにするよう部下指示したその後新し作業服を扇自らが着用してマスコミ披露したが、その件について感想求められ宮澤は「あの方何を着て似合うから」と答えその場沸かせた。一方2000年5月の「神の国発言」のときは、やはり記者会見首相発言対すコメント求められた際に、「神様大蔵省管轄外だから」と返答して記者団笑い誘った

※この「ユーモア」の解説は、「宮澤喜一」の解説の一部です。
「ユーモア」を含む「宮澤喜一」の記事については、「宮澤喜一」の概要を参照ください。


ユーモア(ギャグ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 07:33 UTC 版)

ワールドメイト」の記事における「ユーモア(ギャグ)」の解説

教祖深見東州は、元来ユーモアやギャグあふれたギャグ爆発宗教家」であるとされ、本部支部名にもギャグ混じりの名称を名付け公式ウェブサイト著書等でもギャグ連発されている。これらのユーモアが重視されているのは、「深見圧倒的な学識博覧強記知識裏付けられた深い思想教えがあるためでもある」と、教団述べている。 ワールドメイトによると、ユーモア(ギャグ)を発信する理由は、3つある。第一理由世界的宗教教祖と共に宗教間対話協調運動推進するためには、宗教的見地足跡認められるのみでなく、楽しくて面白人間性、すなわち“sense of humor”がないと評価されないためであるという。第二理由は、神道明るく楽しい宗教であり、神道にとって「派手でユニークで、ユーモラス爆発的に盛り上がる祭り」を、最重要要素であると捉えているためであるという。祭りとは、穢れ払いハレ」の状態に戻す儀式であると捉え非日常徹底追求し祭り魅力前面出して意義解説し実践している背景があるために、ギャグ爆発しているという。第三理由は、宗教暗く真面目で深刻で近寄りがたいとか、閉鎖的狂信的な儀式を行うイメージ持っている日本人一般的に多くいるために、無知から来る偏見へのアンチテーゼとしてであるという。

※この「ユーモア(ギャグ)」の解説は、「ワールドメイト」の解説の一部です。
「ユーモア(ギャグ)」を含む「ワールドメイト」の記事については、「ワールドメイト」の概要を参照ください。


ユーモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 19:06 UTC 版)

ラコニズム」の記事における「ユーモア」の解説

スパルタ人は、ドライ言葉少なウィット定評があり、今日ではラコニック・ユーモアと呼ばれている。これはアティック・ソルト(Attic salt)あるいはアティック・ウィット(Attic wit)と呼ばれるアテナイ洗練された、情に訴え精巧なユーモアに対比される後世さまざまな集団もラコニックなユーモアに定評得ている。例えサーガ見えアイスランド人、また英語圏では、オーストラリア人ニューイングランド人、北イングランド人などである。

※この「ユーモア」の解説は、「ラコニズム」の解説の一部です。
「ユーモア」を含む「ラコニズム」の記事については、「ラコニズム」の概要を参照ください。


ユーモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 07:49 UTC 版)

地下鉄のザジ」の記事における「ユーモア」の解説

地下鉄のザジ』が大ベストセラーとなり、作者クノーに初の商業的成功もたらした最大要因は、読者大い笑わせたことにある。『ザジ』の豊穣なユーモアは、大多数読者純粋な娯楽提供した当時フランスではドイツ占領下生まれた抵抗文学」の生真面目ヒロイズム実存主義影響され重々しい説教調の作品主流であり、文学久しく笑い忘れていた。そうした中にあって、『ザジ』のドタバタ喜劇調や卑語猥語飛び交うテンポ良いやりとりヒロインザジ連発する決め台詞「けつ喰らえ」に、読者たちはお腹の皮をよじらされ大い溜飲下げたのであるザジの「けつ喰らえ」(フランス語では « mon cul » )は、 「尻」を意味する俗語一人称所有形容詞付けた形であり、「やなこった」または「ふざけんな」といった意味になる。成人男性が口にするような悪態思春期少女言わせることで表現面白さ生じており、ロラン・バルトはこれを「本当らしさと常軌逸脱のあいだの均衡」と評している。この台詞は、ザジが話す相手が「ナポレオン」や「教師恩給」などといった神秘性高貴さ漂わせ紋切り型ニュアンス帯びてきたとたんに発せられ、その思い上がり暴力的にくじく効果発揮する

※この「ユーモア」の解説は、「地下鉄のザジ」の解説の一部です。
「ユーモア」を含む「地下鉄のザジ」の記事については、「地下鉄のザジ」の概要を参照ください。


ユーモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 05:22 UTC 版)

看護師・患者の関係性」の記事における「ユーモア」の解説

ユーモアは永続的な関係を築く上で重要です。 Astedt-Kurki氏、Isola氏、Tammentie氏、およびKervinen氏は、入院中のユーモアに関する経験について、患者団体ニュースレター通じて書くよう読者求めました手紙フィンランドからの13慢性的な病気クライアントから選ばれました。 依頼者は、彼らの手紙に加えて面接受けましたインタビューは、ユーモアが健康に重要な役割果たした報告しました麻痺した女性言った、「生きて生き残りたいのなら、ユーモアのセンスが必要です。 いくら傷ついても、あなたはそれを続けなければなりません。」 ユーモアは、前向きな見通しを見つけることによって起こったことをクライアント受け入れるのを助けました1人参加者は、「...あなたがいることができるように病気であり、横になること以外何もしないで、他の人が助けるために彼女の力ですべてをするなら、ユーモアは本当にあなたを気分良くさせます」 ユーモアは、特に男性において、防御メカニズムとしても機能します。 ある参加者は、「男性患者にとってユーモアは彼らの感情を隠す方法でもある」と述べた。 彼らが恐れていると彼らが認めるのは非常に難しいです。」 看護師ユーモアのセンス持っているとき、患者難し問題について話し合うのがより簡単であると思います。 「ユーモアのセンス持っている看護師、それはあなたが話すことができる一種看護師です、それはあなたが頼りにして助け求めることができる一種看護師です...」と参加者報告しました。 この研究は、ユーモアが一般に人々にとって重要であるならば、変化時にはそれが重要であり続けであろうという支持を貸す。

※この「ユーモア」の解説は、「看護師・患者の関係性」の解説の一部です。
「ユーモア」を含む「看護師・患者の関係性」の記事については、「看護師・患者の関係性」の概要を参照ください。


ユーモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 04:18 UTC 版)

エディタ戦争」の記事における「ユーモア」の解説

議論においてしばしば、edこそ「標準テキストエディタ」であることが指摘されている。 リチャード・ストールマン冗談Church of EmacsEmacs教会)を設立しvi vi viローマ数字6-6-6)を「エディタ」と称したが、必ずしも vi 利用反対の立場をとったわけではなくプロプライエタリソフトウェアアナテマ呼んだ(「viフリーソフトウェア版を使うことは罪ではなく苦行である」)。同教会は独自のニュースグループ持ち(alt.religion.emacs)、このパロディ化した宗教教義ポストしていた。 ストールマン冗談として自身St IGNU−cius(聖イグヌチウス; 聖イグナシアスにかけた洒落)と称したvi 信奉者対抗して Cult of vi設立した強硬なEmacsユーザーはこれを「(vi派によるより優れたemacs派の)猿真似」であると主張している。 vi入力モード問題について、Emacs 側は vi2つのモードを "beep repeatedly"(ビービー鳴らすモード)と "break everything"(何もかも台無しにするモード)と揶揄したvi 側は Emacsコマンド入力によって手根管症候群起きると揶揄しEMACS何らかの頭字語であるとして様々な元となる言葉考案した例えば "Escape Meta Alt Control Shift" など)。 ほかにも "Eight Megabytes And Constantly Swapping"(8メガバイトで常にスワップされている)あるいは "EMACS Makes Any Computer Slow"(EMACSはどんなコンピュータ低速にする。再帰的頭字語)、"Eventually Munches All Computer Storage"(結局全ての記憶容量食らい尽くす)の略だとも揶揄された。これらは Emacs が非常にリソース消費することを指したもので、当時としては 8メガバイトメモリは非常に大きかったEmacsディストリビューションには、こういった頭字語の一覧が付属している。 Emacs機能的に肥大していることを揶揄しvi側はEmacsを「偉大なオペレーティングシステムだが、きちんとしたエディタだけが欠けている」と評したUNIXユーザーの間では、Emacs複雑さへの揶揄もこめて、修飾キー押下しながら自分の名前を入力したらどうなるかを確認するという遊び行われていた。同様のゲーム」はEmacs前身であるTECOでも行われていた。 Word War viエディタ戦争題材としたディフェンダー風のシューティングゲームである。

※この「ユーモア」の解説は、「エディタ戦争」の解説の一部です。
「ユーモア」を含む「エディタ戦争」の記事については、「エディタ戦争」の概要を参照ください。


ユーモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 09:47 UTC 版)

ニューグローヴ世界音楽大事典」の記事における「ユーモア」の解説

この事典には実在しない人物登場する。 ダグ・ヘンリク・エスルム=ヘレルプ(Dag Henrik Esrum-Hellerup)1980年版に悪ふざけとして登場した。エスルム=ヘレルプの姓はデンマークコペンハーゲン郊外位置する村の名前由来する。この記事執筆したのはロバート・レイトンRobert Layton)である。うまく百科事典潜り込むことができたものの、エスルム=ヘレルプが登場するのは初版だけとなった。すぐにいたずらだとバレてしまい、記事除去され余ったスペースには図表挿入された。1983年デンマークオルガニストであるヘンリー・パルスマー(Henry Palsmar)が、コペンハーゲン歌唱学校である聖アンネ高校教え子集めてアマチュア合唱団立ち上げ、エスルム=ヘレルプ合唱団名づけた。 グリエルモ・バルディーニ(Guglielmo Baldini)は、1980年版にいたずら登場した作曲家の名前である。エスルム=ヘレルプとは異なり、バルディーニはその時に創られた人物ではない。彼の名前と伝記は、約100年前著名なドイツ音楽学者であるフーゴー・リーマン創作したのである。「ニューグローヴ事典」でのバルディーニの記事は、「フライブルク教区歴史アーカイブ Archiv fur Freiburger Diozesan geschichte」と思われるような形式論文架空出典となって示されている。うまく百科事典入り込めたが、バルディーニが登場するのは初版だけとなった。すぐにいたずらだとバレてしまい、記事除去された。 共同執筆者によって、1980年版用に書かれ音楽ごろ合わせ辞書的ユーモアに溢れた7つパロディ記事が、1981年2月ミュージカル・タイムズ紙に掲載されている。ここでもスタンリー・セイディ編集者務めていた。これらの記事実際に事典載ることはなかった。 Brown, 'Mother' (Mary) (b 1550; d Wapping 3 Jan 1611) Ear-flute Hameln [Hamelin] Khan't, Genghis (Tamburlaine) (b Ulan Bator, c1880; d New York, 22 Nov 1980) Stainglit (Nevers), Sait d'Ail (fl Middle Ages) – i.e. 'Stanley Sadie', following the example of Luis van Rooten Toblerone Verdi, Lasagne ['Il Bolognese'] (b Bologna, 10 Oct 1813; d Naples, 15 March 1867)

※この「ユーモア」の解説は、「ニューグローヴ世界音楽大事典」の解説の一部です。
「ユーモア」を含む「ニューグローヴ世界音楽大事典」の記事については、「ニューグローヴ世界音楽大事典」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ユーモア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ユーモア

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 23:30 UTC 版)

語源

名詞

ユーモア

  1. 上品洒落諧謔

「ユーモア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ユーモア」の関連用語

ユーモアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ユーモアのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2024 the Cabinet Office All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユーモア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの吉田茂 (改訂履歴)、宮澤喜一 (改訂履歴)、ワールドメイト (改訂履歴)、ラコニズム (改訂履歴)、地下鉄のザジ (改訂履歴)、看護師・患者の関係性 (改訂履歴)、エディタ戦争 (改訂履歴)、ニューグローヴ世界音楽大事典 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのユーモア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS