ユーモアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ユーモアの意味・解説 

ユーモア【humor】


ユーモア

行政入力情報

団体名称 ユーモア
所轄 東京都
主たる事務所所在地
従たる事務所所在地
代表者氏名 海中 久子
法人設立認証年月日 2000/09/08 
定款記載され目的
この法人は、高齢者との交流務め、和を図り互い助け合い目標に食事サービスやミニデイサービス事業とおして地域福祉増進寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日 2008年0119日 
解散理由 社員総会決議(法第31条1項1号

ユーモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 09:27 UTC 版)

ユーモア: humor: Humor, フモーア)とは、人を和ませるような《おかしみ》のこと[1]日本語ではこうした表現を諧謔(かいぎゃく)とも呼ばれ、「有情滑稽」と訳されることもある[2]


  1. ^ 大辞泉「ユーモア」
  2. ^ ブリタニカ国際大百科事典「ユーモア」
  3. ^ 外山滋比古「ユーモアのレッスン」(中公新書) 6頁
  4. ^ 「エスプリとユーモア」8頁
  5. ^ a b c d e 『日本大百科全書』【ユーモア】
  6. ^ 「ユーモアのレッスン」24-26頁
  7. ^ 「ユーモアのレッスン」27頁
  8. ^ 「エスプリとユーモア」4頁
  9. ^ 「エスプリとユーモア」10頁
  10. ^ 河盛好蔵「エスプリとユーモア」6頁
  11. ^ 「エスプリとユーモア」6頁
  12. ^ 「ユーモアのレッスン」9頁
  13. ^ 近年では例えばフランスのシャルリ・エブド誌の編集者たちが、そうした過ちを犯した。当人たちはユーモアを持っているつもりだったのだろうが、ユーモアのセンスを欠いていたのであり、フランスでは、(事件直後は同情論が強かったものの、その後)同誌の根本的な編集姿勢に対する批判、他者に対する配慮の欠如に対して批判も起きた。



ユーモア

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 23:30 UTC 版)

語源

名詞

ユーモア

  1. 上品洒落諧謔

「ユーモア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ユーモアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ユーモアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2022 the Cabinet Office All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユーモア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのユーモア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS