アイロニーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > アイロニーの意味・解説 

アイロニー【irony】

読み方:あいろにー

《「イロニー」とも》

皮肉。あてこすり

反語逆説

修辞学で、反語法

ソクラテス問答法無知装いながら、知者自認する相手問答重ね、かえって相手無知であることをあらわにし、その知識見せかけのものでしかなかったことを悟らせる


アイロニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 02:57 UTC 版)

アイロニーもしくはイロニー: irony, : Ironie)とは、表面的な立ち居振る舞いによって本質を隠すこと、無知の状態を演じること。この言葉の語源は、ギリシア語のエイローネイアー εἰρωνεία「虚偽、仮面」[1]、「よそわれた無知[2]である。


  1. ^ a b 大屋憲一、細谷昌志編『キルケゴールを学ぶ人のために』世界思想社、1996年:所収、源宣子『イロニーとフモール』
  2. ^ 川崎寿彦/著「アイロニー irony」『世界大百科事典1』より(平凡社、1988年)ISBN 4-582-02200-6


「アイロニー」の続きの解説一覧

アイロニー

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 20:12 UTC 版)

名詞

  1. 皮肉反語
  2. ソクラテス問答法

語源

英語:irony音写

関連語




アイロニーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アイロニー」の関連用語

アイロニーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アイロニーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアイロニー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアイロニー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS